2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 2020/12/12:西村由紀江コンサートツアー2020~ゆきえさんとクリスマスvol.10~ | トップページ | 2020/12/14:ラグビーワールドカップ・フランス大会抽選会 »

2020/12/13:白毛馬GI制覇!

◆横浜:はれのちくもり:8253歩

 ようやく朝から晴れて、パンジー、ビオラも元気になってきた。おだやかなので、久しぶりに歩いてディアナへ。朝からゲスト多数でサロンもにぎやかで何より。シクラメンを飾って、コーヒーをいただき、お昼すぎに帰宅。

Img_8768

 午後は、中山、阪神、香港、ばんえいと忙しい。阪神JFは、デムーロが突っ込んできてできあがった!と思ったら、ぱたっと止まって3着。ワイドだけ。まぁ、でも勝ったのがルメールのサトノじゃなくて、白毛のソダシだったから許そう。ブチコの初仔。みけさんと中山へ参戦してから4年半、もう子供が活躍、それもGI制覇だものねぇ。

Img_8774_20201222112101

 競走馬の白毛といえば、子どもの頃にはじめてニュースで知ったハクタイユーが第1号で、当時は、突然変異だから体質が弱いと思われていたのだから、なんとかデビューにこぎつけただけでも大したもの。そして、毛色も遺伝するかどうかもわからなかったのだけれど、種牡馬になったら、その子供のハクホウクンも白毛に出て、tckで勝利。

 サンデーサイレンス産駒のシラユキヒメの誕生から、一気に流れが変わる。自身は勝てなかったけれど、子供のユキチャンが交流重賞制覇。そして、キングカメハメハをつけたブチコは、まだら模様になってしまったけれど、力のあるところを示して、芦毛のクロフネをつけたら、また真っ白な子が生まれた。ソダシは、サンスクリット語で、純粋、輝きを意味するとのこと。新馬、札幌2歳S、アルテミスS、阪神ジュベナイルフィリーズと4戦4勝でGI制覇。最優秀2歳牝馬も確定だろう。

Img_8777

 それにしても、この白毛初の快挙も金子オーナー。ディープインパクトで3冠、アパパネで牝馬3冠、ソダシの母の父クロフネ、母の母の父キングカメハメハもすべて金子オーナーというのだから恐るべしの一言だ。

 コロナ禍で遠征も少ない中で、香港で日本馬2勝。ダノンスマッシュ、ノームコアともに、日本では、川田や横山典が乗っても、もうひと押し足りないイメージがあったけれど、最後までいい脚で快勝。ムーアにパートン。やっぱり世界の名手は上手いと思わざるをえないよねぇ。

Img_8790

 JRAの負けをばんえいターコイズ特別で少し取り返して、バルコニーから東の空を眺めるも、雲がかかって、流星群は見えず。早々に就寝。

Img_8791

 

« 2020/12/12:西村由紀江コンサートツアー2020~ゆきえさんとクリスマスvol.10~ | トップページ | 2020/12/14:ラグビーワールドカップ・フランス大会抽選会 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020/12/12:西村由紀江コンサートツアー2020~ゆきえさんとクリスマスvol.10~ | トップページ | 2020/12/14:ラグビーワールドカップ・フランス大会抽選会 »

(PR)







(PR2)