2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 2021/3/11:陣ケ下渓谷公園で「ありがとう185系踊り子記念弁当」をいただく | トップページ | 2021/3/13:ダブルレインボー♪ »

2021/3/12:185系の思い出

◆横浜:くもり:3105歩

 予報より雨の降り出しが遅れて、晴れ間がのぞくこともあったので、上京して東京駅のステーションギャラリーにでも参戦しようかと思ったけれど、よく考えたら、明日がダイヤ改正で、今日が現行ダイヤ最終日、すなわち「185系踊り子」の最終日だ。撮り鉄な方々他でいかにも混み合いそうなので、すでにお別れ乗車も済んで、昨日は、記念弁当もいただいた小生は、おとなしく自宅で185系を追想する。

Img_1979

 伊豆方面へは、学生時代から年に何度も行く機会があったので、当然、頻繁に「踊り子」号のお世話にもなったのだけれど、185系といえば、実家から横浜のオフィスへ通っていた時代の、521Mがもっとも記憶に残る。特急型だけれど、普通列車にも使えるようにというコンセプトの185系、朝の下り、東京発伊東行きの普通列車に使われていたのだ。特急型としては物足りない185系も、普通列車、それも定期券で乗れるのならラッキーということで、何度もお世話になった。ただ、品川からだと座れるかどうかが微妙で、デッキに立つことも多かった。確実に座りたいときは、少し早いけど、品川始発の列車を選んだり、その後には、急行「東海」号がやってきたりとか、いろいろなつかしい。

Img_1977

 185系といえば、もうひとつ、「新幹線リレー号」も記憶に残る。踊り子号は、緑のタテのストライプが、当時は斬新で話題になったけれど、こちらは、新幹線に合わせたのかオーソドックスな横のライン。今振り返れば、大宮暫定開業の期間は、わずか2年半だけれど、当時は、新幹線の東京(上野)乗り入れが本当に待ち遠しかったものだ。無事に新幹線が上野まで開業した後は、185系は、「新特急」として、「なすの」、「谷川」など、東北・上信越方面の特急で活躍。なすの号にも何度かお世話になった。首都圏近郊の行楽特急のブランド化は、いいアイデアだと思ったのだけれど、小田急や東武の特急車両に比べると、やっぱり185系では、ちょっと見劣ったよね。

Img_1978

 この他、今日でオール2階建の215系、さらにはあれだけの数を誇ったDD51もJR貨物の定期運用から引退するらしい。そして、例年のダイヤ改正なら、寂しい話題の翌日は、華々しい新線や新列車がデビューして、さっそく乗りに行くところなのだけれど、今年のダイヤ改正は、明るい話題がほとんど何もないのが、残念。

Img_2015

 

« 2021/3/11:陣ケ下渓谷公園で「ありがとう185系踊り子記念弁当」をいただく | トップページ | 2021/3/13:ダブルレインボー♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021/3/11:陣ケ下渓谷公園で「ありがとう185系踊り子記念弁当」をいただく | トップページ | 2021/3/13:ダブルレインボー♪ »

(PR)







(PR2)