2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 2021/11/14:うし様来浜 | トップページ | 2021/11/16:体重体組成計来る。 »

2021/11/15:古代東海道をテクテク

◆横浜・東京:はれ:11349歩:東京都心の最高気温=20.4度

 秋晴れの月曜日。東証続伸を確認して、10時前のみなとみらい線で出発。自由が丘、旗の台と2回乗り換えて、池上線の洗足池駅からスタート。

Img_9382

Img_9383_20211115180501

 中原街道沿いだから、洗足池は、何度も通ったけれど、ちゃんと眺めるのは初めてかもしれない。縁が直線になっているのは、昔、人工的にせき止めてできた池だからとのこと。

Img_9387

 中原街道を都心方向へ向かい、すぐに右へ分岐して、長原の商店街へ。何気ない地味な商店街だけれど、この道が、江戸時代は、品川道、そして、江戸以前は、京から東国へ向かう東海道(以下「古代東海道」)だったというから、わからないものだ。

Img_9389

Img_9390

 古代東海道は、奈良の飛鳥から東国へ向かい、終点は、常陸国、今の茨城県だったとのことで、ルートもいろいろ変遷があるようだけれど、平安時代頃には、丸子橋付近で多摩川を渡り、洗足までは、今の中原街道を通ってから、この商店街沿いの道で品川方面へ向かったという。(ちなみに、品川付近では、今の東海道より一般内陸側の二本榎通りだったとか)

Img_9392

 残念ながら、古の面影を感じさせる風情は、特にないのだけれど、よく観察すると、両側が谷になっていて、この道が尾根筋であること、そして、それほど広くない道にもかかわらず、ほぼ一直線に引かれ、環七とクロスしてもそのまま直進していることなど、かなり昔から道があったことは、なんとなくわかる。そして、今では、品川区と大田区の区境にもなっているようだ。

Img_9396

Img_9397_20211115180501

Img_9399

Img_9400

 しばらく進むと、道標が。「西せんぞく・おくさわ道、南いけかみ道、北めくろ道、東しながわ道」。これは、江戸時代後期、天保2年に建てられた道標だから、しながわ道になっている。そういえば、先日、斉須さんと歩いた自由が丘付近にも、道標があったね。

Img_9404_20211115180501

Img_9407

Img_9408

Img_9406_20211115180501

 第2京浜(国道1号)もまっすぐ越えてから、少し寄り道。スリバチ地図によれば、このあたりで、品川用水が立会川をアーチ橋でまたいでいたというのだけれど、痕跡はあまり残っていなかった。このあたりは、北馬込。そういえば、馬込っていう地名も何やら歴史を感じるよね。

Img_9410_20211115180501

Img_9412_20211115180701

Img_9413

 このまま直進すれば、西大井の駅まですぐなのだけれど、まだ時間があるので、右手の谷へ降りていく。如来寺下の谷は、なかなかのスリバチで、あっちもこっちも階段ばかり。一度谷底へ降りてから、あらためて環七方向へ坂を登ると、新幹線と横須賀線がクロスしていて、何やら撮り鉄な方の姿も。

Img_9415

Img_9417

Img_9418

Img_9422

Img_9426

Img_9427

Img_9449

Img_9451

Img_9452

 品川道へ戻って、西大井駅の手前の緑は、伊藤博文のお墓だというけれど、非公開。お札にもなったくらいなのに、お墓が非公開なのは、何か事情があるのかしらん。

Img_9455_20211115180701

 踏切を渡って、西大井駅。この先の古代東海道は、推定ルートが2つに分かれて、大井町から品川へ向かうようだけれど、今日のところはこれで無事にゴール。だいたい1万歩♪

Img_9458

Img_9460

Img_9466

20211115y

20211115x

 

« 2021/11/14:うし様来浜 | トップページ | 2021/11/16:体重体組成計来る。 »

旅・ブラタモリごっこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021/11/14:うし様来浜 | トップページ | 2021/11/16:体重体組成計来る。 »

(PR)







(PR2)