2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2021/3/31:吾妻山公園~旧吉田茂邸~明治記念大磯邸園を散策

◆横浜・二宮・大磯:はれ:18868歩:横浜の最高気温=21.6度

 めずらしく、期末試験の夢を見た。年度末だからかしらん。そんな3月最終日、桜前線は記録的なスピードで北上して、なんともう仙台も満開とのことだけれど、神奈川の桜もけっこう長持ちしている。今日も朝からいいお天気で、気温も上がりそうということで、昨日からいろいろ検討したのだけれど、8時半すぎの湘南新宿ライン(東海道線)で西へ向かい、40分ほどで二宮駅へ。

Img_2612_20210403085801

 菜の花と富士山でおなじみの吾妻山公園、桜の季節は初めて。上着を脱いで山を登る。今日も霞がかかって、富士山は見えないけれど、桜は盛大♪穏やかな山頂でしばし休憩。

Img_2617

Img_2614

Img_2615_20210403085801

Img_2642

Img_2633

Img_2647

 帰りは階段で二宮駅へ降りる。駅に何やら撮り鉄の姿が、と思ったら、EF65が!しかも伊豆箱根鉄道の車両か何かを牽引しているようだ。ブルートレインでお世話になったEF65も今や貴重な存在だよね。

Img_2651

 いつもなら早々に帰浜なのだけれど、今日はここからが本番。国道1号線を大磯へ向かって歩く。

Img_2654

Img_2656

Img_2657

Img_2661

Img_2662

 てくてく30分くらい歩いて、プリンスホテルの入口をすぎて、ようやく旧吉田茂邸に到着。小生、戦前の昭和史は、主に半藤さんのお世話になったけれど、戦後史となると、もっぱら戸川猪佐武さんの「小説吉田学校」にお世話になっているので、どうしても吉田びいきになりがち。映画の森繁久彌さんのイメージが焼きついている。

Img_2672

 旧吉田邸は、プリンスホテルの別館として使われた後、大磯町が中心になって、公園として整備する計画を検討している最中に残念ながら、焼けてしまって、4年前に再建。一体が公園としてきれいに整備された。お庭だけなら無料で、焼け残ったサンルームも見られるけれど、せっかくなので、家の中へ。2階からの眺めがいいね。ここで、あれこれ人事とか考えたのかしらん。

Img_2665

Img_2669

Img_2670

Img_2667

 公園は、国道の反対側の旧三井別邸地区とも一体になっていて、展望台もあるようなのだけれど、もう登りはしんどいし、もう一つ目的地があるので、先を急ぐ。国道1号沿いをさらに東へ進み、海との距離も近くなってきたあたりで、ようやく明治記念大磯邸園へ到着。

Img_2676_20210403085901

Img_2690

 個人的には、大磯というと、吉田茂と伊藤博文のイメージがあるのだけれど、その他にも、陸奥宗光、大隈重信、西園寺公望なんかの別荘もあって、明治の政界の奥座敷と呼ばれていたらしい。その割には、メジャーな見どころがないなぁと思っていたのだけれど、明治150年を期に、公園として整備が始まり、ようやく第1期がオープン。とりあえず陸奥宗光別邸跡に建つ旧古河別邸と旧大隈重信別邸が外観だけ見られる。このあたりは、戦後は、古河家のものになっていたらしい。

Img_2677

Img_2679

Img_2686

Img_2688

 庭の松林の向こうは海で、なかなかいい雰囲気なのだけれど、今はまだ入れない。伊藤博文邸跡の旧滄浪閣や、西園寺公望別邸跡の旧池田成彬邸など、第2期を含めた公園全体の完成が待ちどおしいけど、惜しいのは、間にひとつマンションが建ってるんだよね。うまく隠しながら工事しているみたいだけれど、海側には、西湘バイパスもあるし、どう整備していくのか、完成したらまたゆっくり確認したいね。

Img_2693

 大磯の駅も桜がなかなかいい感じ。帰宅して、浦和の桜花賞に参戦して小勝。夜は、お肉をしゃぶしゃぶ。明日もお天気はよさそう。どこの桜を見に行くかな。

Img_2694_20210403085901

Img_2697_20210403085901

2021/3/29:天山湯治郷へ参戦♪

◆横浜・箱根:はれ:7104歩:横浜の最高気温=22.8度

 夜の間に雨はあがり、朝からよく晴れて、気温もぐんぐん上昇、ということで、9時7分発の東海道線で西へ。途中、沿線の桜がどこも盛大。

Img_2545

 大磯あたりまで来たときに、二宮で降りて、吾妻山公園の桜、という考えも一瞬よぎったのだけれど、当初の予定通り、小田原へ出て、ロマンスカーで2週間ぶりに箱根湯本へ。月曜だけれど、春休みということで、ソコソコのにぎわい。

Img_2551

 もっとも、温泉街循環バスは、先月同様、大幅減便のままで、お客さんの数も同じくらい。1ヶ月ぶりの天山湯治郷は、ちょうど桜も見頃。いや、少し散り始めていて、横浜より早いくらい。温泉効果かしらん。

Img_2572

Img_2557

Img_2554

Img_2568

 露天風呂は、前回同様、ゆったり入れて、みなさんマナーもよく静か。ちょうど、桜の花びらがはらはらと舞い降りてきたりして、実にいい感じ。

 おなじみの湯上りラウンジで缶ビア。ここの湯上りラウンジは、日当たりがよくて、実に気持ちがいい。今日もテラスを独占できて、kindleで読書が進む。お湯ももちろんすばらしいのだけれど、正直、このラウンジでくつろぐために来ているといっても過言ではないね。

Img_2561

Img_2562

 そして、もうひとつのお目当ては、もちろん、じねん蕎麦「すくも」さん。お通しセットがブックフルは残念だけれど、小瓶ビアに、蕎麦味噌、とろろ蕎麦。ホント、ここのお蕎麦は都心の名店にも負けないと思う。幸い、Go To EatかながわLINEクーポンが使える。一時はどうなることかと思ったけれど、だいぶ残高が減ってきたよ。3月末期限が6月末まで延長されたので、どうにか使い切れそうだ。。。

Img_2569

Img_2570

 いつもは、別館の露天に行くのだけれど、今日はラウンジでだいぶゆっくりしてしまったので、本館の方のお風呂にもう一度入って、14時前のバスで箱根湯本へ出て、帰りは普通列車で小田原へ。

Img_2571

Img_2573

 小田原からは、先月と同じ「踊り子10号」。もっとも、先月は185系お別れ乗車だったけれど、今日はもうE257系だ。正直、座席は、普通列車グリーン車の方が快適な気がするけれど、大船のみ停車で37分だから速いことは速い。

Img_2579

Img_2580

 今日から、NHKBSで、「映像の世紀」の再放送が始まった。今日はホットプレートで、お肉と野菜をジウジウと焼きながら見て、早々に就寝。

 

 

 

2021/3/16:珠玉の空間☆至福の時間♪箱根本箱(2)

◆箱根→横浜:はれ:5362歩

 昨晩は23時すぎくらいまではがむばって起きていて、その後は、寝たり起きたりしながら読書。6時すぎに起床して、さっそく入浴。適温に管理されているので、すぐに入れる。今日もよく晴れて、実に気持ちがいい朝。あまりに快適なので、結局、大浴場にも行かずにすませてしまったけれど、帰宅後に確認したら、源泉が別だったみたいなので、これは、ちょっと失敗。

Img_2107_20210321194601

 3部制の朝食は、8時15分からの第2回で。野菜たっぷりのヘルシーなコースを美味しくいただく。

Img_2111

Img_2113

 再び入浴して、チェックアウトの11時まで読書。まぁ、結局、あれもこれも読み散らかすという形になってしまうけれど、それもまたよし。ただ、2日目の午前中は、どうしても落ち着かない感じになるんだよね。いっそのことチェックアウトは9時とかでもいいから、前日に12時くらいに入れる方がたっぷり楽しめる感じがするね。

Img_2115

 本を返却台にまとめて戻して、チェックアウト。せっかくだから箱根を観光してもいいのだけれど、今日もまた強風。すでにロープウェーが運休したりもしているようなので、強羅公園だけひやかして、おとなしく登山電車で下る。でも、登山電車は車窓を見ているだけで、十分楽しめるよね。富士山登山電車の構想が浮上しているようだけれど、どうせならスイスみたいに山の上まで行かれるようになるといいんだけどね。

Img_2116

Img_2118

Img_2124

Img_2127

 小田原駅まで戻って、名代箱根そばをいただき、東海道線で帰宅。いやぁ、すばらしかった☆

 

 

 

2021/3/15:珠玉の空間☆至福の時間♪箱根本箱(1)

◆横浜→箱根:はれ:4568歩

 今週前半は、お天気がよくて暖かそう。そこで昨日、かねがね気になっていた箱根本箱さんのサイトをチェックすると、空室あり。しかも火曜以降よりも、月曜日の方がだいぶお安い。う~む、これは行くしかないか!ということで、急きょポチっと!

 横浜から東海道線グリーン車、小田原からロマンスカー、箱根湯本から登山電車、強羅からケーブルカーと乗り継いで無事に到着。少しでも長く滞在したいので、15時ピタリにチェックイン☆

Img_2043

Img_2049

Img_2051

Img_2052

Img_2057

Img_2059

Img_2065

Img_2070

 吹き抜けのロビーは、両側の壁がびっしりと本棚で埋まり、そのまま2階にも上がれる。スワンチェアなどもあるし、よく見ると、本棚の中にもお席があって、本に埋もれながら読むこともできるようになっている。本のセレクトも、建築、デザイン、旅、グルメなどなどいい感じに充実。期待どおり、いやそれ以上の、まさに珠玉の空間。1日でそんなにたくさんは読めないと分かっていても、ついあれもこれもと抱えてしまう。至福の時間。

Img_2071

Img_2072

Img_2078

Img_2079

Img_2101

Img_2102

 マウンテンビューのお部屋は、バルコニーに露天風呂もあって快適。遠くには海も見える。さっそく第1回入浴を済ませて、読書。まずは、安西水丸さんの作品集をパラパラと。第2回入浴。読書。

Img_2074

Img_2075

Img_2077

Img_2076 

Img_2082

 夕食は2部制。夜をゆっくり楽しみたいので、小生は、17時半スタートの1回目。オープンキッチンのカウンターが人気のようだけれど、小生は個室でゆっくり。湯上がりの湘南ビアをいただきながら、充実の前菜がいろいろ。ラヴィオリのおだしも美味しい。そして赤ワインをいただきながら、メインの天城軍鶏まで、神奈川、伊豆の食材を使ってどれも美味しかった。

Img_2083

Img_2084

Img_2086

Img_2089

Img_2087

Img_2091

Img_2093

 2階のラウンジでは、コーヒーもいただけるけれど、長い夜に備えて、オプションのほろ酔いセットもリクエスト。白州のミニボトルとおせんべいのセットがさっそく到着。至福の時間。あまり飲みすぎて寝てしまってもいけないので、オレンジジュースで割ってちびちびと飲みながら、第3回入浴、読書、第4回入浴、読書・・・zzz

Img_2095

Img_2103

Img_2105

 

 

2021/2/22:天山湯治郷へ♪

◆横浜・箱根:はれ:9256歩:小田原の最高気温=22.1度

 バカ陽気2日目。何やら花粉も盛大になってきたけれど、せっかくなので、横浜駅9時7分の東海道線で出発する。小田原からは、200JPYでロマンスカー、1年ぶりの箱根へ。

Img_1407

Img_1412

Img_1413

Img_1415

Img_1418

Img_1420

 温泉街を回るシャトルバスも大幅減便だけれど、10時45分発のBコースは、ほぼ満席。15分くらいで天山湯治郷へ到着。

Img_1434

Img_1433

 さっそく露天風呂へ。平日午前中にもかかわらず、ソコソコお客さんはいるけれど、広い大浴場はゆったり。おひとりさまがほとんどで、みなさん無言でマナーよく静かに入浴。修行僧みたい。

 考えてみたら、温泉に入るのは、昨秋の道後温泉以来だから、なんと3ヶ月ぶり。こんなに温泉にごぶさたしたのはいつ以来だろう。ここは、お湯もすばらしいんだけれど、日当たりのいい湯上がりのデッキが実に気持ちいい。缶ビアをいただきながら、kindleで読書。やっぱりこういう時間が必要だよね。

Img_1423

Img_1427

 さらに、ここはお蕎麦もとても美味しい。おつまみ4点セットでもう一度ビア。重ねせいろ。川沿いのテラス席でいただく。ほんと暖かくて気持ちがいいね。Go To EatかながわのLINEクーポンも使えた。

Img_1429

Img_1431

 別館の露天風呂も堪能して、お休み処でもうひと休みして帰路に。帰りは、小田原から踊り子号。3月で定期運用から引退する185系、昨年の河津がお別れ乗車になるかと思ったてたけど、最後にもう1回乗れてよかった。国鉄時代から40年、緑のストライプは、当時は斬新だったよね。お疲れさまでした。

Img_1438

Img_1439

Img_1445

Img_1450

Img_1461

 

 

2021/2/16:三浦海岸の河津桜を堪能♪

◆横浜・三浦:はれ:11637歩:横浜の最高気温=14.9度

 爆弾低気圧が去って、風は強いけれど、朝から快晴。野菜ジュース、鮭、海苔、漬物、味噌汁、玄米。東証続伸を確認して出発。

 例年、2月中旬は、踊り子号で、伊豆の河津へ、河津桜を見に行くのだけれど、諸般の事情により、今年は、京急で出発する。三崎口行きの特急は、横浜で車内はガラガラになるけれど、ところどころにカワヅザクラ目当てとおぼしきおばさんのグループがいる。

 1時間乗って、車窓に海が見えてきて、終点のひとつ前の三浦海岸駅で下車。駅前の河津桜もけっこう盛大だ。

Img_1130

Img_1135

Img_1136

Img_1137

Img_1131

 三崎口方向へ10分くらい歩くと、線路沿いに盛大な桜並木。濃いピンクの桜と黄色の菜の花のコントラストも本家の河津と同じで、快晴の青い空によく映える。周辺は小松が池公園という公園になっていて、少し高台に上がれば、富士山もくっきり。規模は川沿いに数キロ続く伊豆の方が上だろうけど、一面ピンクの眺めは、なかなかこちらも負けていない。これなら、来年からも参戦したいね。

Img_1140

Img_1141

Img_1143

Img_1147

Img_1151

Img_1153

Img_1152

Img_1160

 諸般の事情により、桜まつりは中止になったようだけれど、別に屋台の食べ物とかおみやげが目当てで来ているわけではないから、ほどよいにぎわいで、ゆっくり見られるのがかえってありがたいくらい。(地元にお金が落ちないけど)。場所によって咲き具合がちがうけれど、まだしばらくは楽しめそうだ。

Img_1178

Img_1184

Img_1186

Img_1191 

Img_1193

Img_1199

 東証連日の大幅続伸。もっとも、大引前に急ブレーキ。安倍さんが退陣表明したときのような急な下げ方で何ごとかと思ったけど、理由はよくわからない。まだはもうなり、もうはまだなり。。。

Img_1223

20210216a

 

2021/1/18:吾妻山公園に参戦

◆横浜・二宮:くもり時々はれ:7940歩

 予報より少し雲が多いのが気になるけれど、予定通り8時半すぎに出発して、横浜駅から東海道線で西へ。グリーン車の2階席は独占。40分ほどで二宮到着。

 毎年恒例の吾妻山公園の菜の花と富士山。冬型が強まった方が富士山がきれいなのは分かっているのだけれど、あんまり北風が冷たいのも寒い。明日の方がよさそうと思いつつも、今日もまぁ晴れ予報だし・・・と思ったのだけど。。。

 年々階段がシンドくなるので、行きは多少は傾斜が緩い梅沢口から登る。なんとか頂上にたどりついたけど、富士山は見えず。むぅ。。。人気者の猫もいないよ。

Img_9953

Img_9955

Img_9957

Img_9959

Img_9960

 まぁ、菜の花は満開だし、気を取りなおして、海を眺めつつしばし休憩して撤収。帰りは、階段で駅へ一気に降りる。

Img_9965_20210127091101

Img_9962

Img_9958

Img_9966

Img_9967

Img_9968

Img_9969

 帰りもグリーン車はガラガラ。辻堂付近の踏切で自動車が立ち往生とのことで終了かと思われたが、2分の遅れで無事に横浜駅へ。みなとみらい線では、真っ昼間に回送が来るから何ごとかと思ったら、新車の試運転。でも、これが本格投入されると、いよいよ7000系が引退しちゃうんだよね。

Img_9975

Img_9986 

 東証続落。勢4勝。夜は、BSでレジェンド福本氏(再)~妄想トレインを堪能して、早々に就寝。

20210118

 

2020/12/3:さかざきちはるの本づくり展に参戦♪

◆横浜・市川:くもり:8853歩

 例によって、11時の開店と同時に香露庵に参戦して、空いているうちにきざみ鴨せいろ。旨い。

Img_8498

 横須賀線グリーン車で市川へ。今年はなんだかんだよく千葉方面に来る。黄色い電車に乗り換えて一駅、本八幡で下車。

 グーグルさんにだまされて、細い路地をごにょごにょと15分くらい歩いたけど、結局は、ニッケコルトンプラザの近く、生涯学習センターの2階にある、市川市文学ミュージアムに到着。suicaペンギンでおなじみのさかざきちはるさんの本づくり展に待望の参戦だ。

Img_8526

Img_8503

 ペンギン系ツイッターのTLでは、みなさん、けっこう訪問されているようにみえたけど、寒い平日の昼間ということで、先客もなく、ゆったり鑑賞。「ぴーちゃんの歌」の原画を中心に、suicaペンギンはもちろん、ちびゴジラやチーバくんなどなど。なぜこんな地味なところでひっそりと開催されているのかわからないけれど、キュートすぎて悶絶する。

Img_8505

Img_8506

Img_8508

Img_8511_20201207080401

Img_8516

Img_8518

Img_8522

Img_8523

Img_8514_20201207080401

 売り切れていたサイン本がちょうど再入荷したとのことで、さっそく購入して、本八幡まで戻る。午後から晴れて気温も上がってくるはずだったのだけれど、どんより曇ったままで、北東の風が冷たい。

Img_8525

Img_8524

 当初の予定では、この後は、京成で船橋競馬場へ、というか、愛馬キングオブポップ号の船橋競馬出走予定に合わせて、今日の市川参戦を計画したのだけれど、寒いし、面倒になってきたので、総武快速線で帰浜。

 そのキングオブポップ号、いわゆる後方ママ。休み明けとはいえ、あまりにもあんまり。参戦しなくてよかった。仕方がないので、メインのクイーン賞を買うも大敗。寝よう。

 

2020/3/11:天山湯治郷へ♪

◆横浜・箱根:はれ:8343歩

 3・11から9年。またあのときともちがう社会不安に覆われる今日この頃。そういえば、昨日3・10は東京大空襲の日だし、たしか地下鉄サリン事件は3・20だったよね。。。

 それはそれとして、今日はポカポカ陽気ということで、気分転換に出かけることにする。もろもろ検討して、リスクの少なそうな天山湯治郷へ。東海道線グリーン~箱根登山鉄道~バスで2時間。途中、小田原の駅で、「コロナでOFFろう」というポスターに驚く。何ごとか?と思うと、小田原コロナワールドというのがあって、温泉やら映画館やらボーリング場などの複合施設らしい。これは厳しそうだよねぇ。。。

Image10_20200312083001

Image2_20200312083001

Image8_20200312083001

 湯本の駅前は、以前に比べるともちろん減っているけれど、少しは観光客もいる。天山湯治郷はいうと、まぁ普段から平日は空いていたから、お客さん激減という感じでもないかな。

Image7_20200312083001

Image9_20200312083001

 まずは源泉かけ流しの温泉でリフレッシュして、湯上がり処で缶ビア。ここの湯上がり処が、ただベンチがあるだけなんだけど、日当たりもよくて、雰囲気が実にいいんだよね。ウィルス騒ぎや、相場のことを忘れて、ぼーっとするのにホントいいんだ。

Image_20200312083001

Image1_20200312083001

Image4_20200312083001

 敷地内のお蕎麦さんへ。ここのお蕎麦がまた旨いんだよ。ホント、都心の蕎麦屋とも十分に戦える味で、おろし蕎麦1000JPY、おかわりお蕎麦500JPY。風の通るお外のお席で日本酒と焼き味噌とともに美味しくいただくよ。

Image6_20200312083001

Image5_20200312083001

 最後は、こちらも敷地内の別館ともいうべきお風呂を堪能して撤収。帰りは、ロマンスカー~東海道線グリーン車で。14:46には1分間の停車訓練だ。

Image3_20200312083001

 高校野球中止、いったん再開した宝塚中止。ムーミンバレーパークは再開。そういえば、週末の社杯ゴルフも結局中止になった。今は正解は誰にもわからないし、みんなそれぞれの立場で、リーダーが悩んだ末に責任もって決断しているのだから、直接の利害関係者以外が、あーだこーだ外野から批判するのは避けたいね。

 

 

2019/1/19:吾妻山公園に参戦♪

◆東京・横浜:はれのちくもり:8525歩

 6時50分起床。いちご、バナナ、ヨーグルト、ブロッコリー、チーズトースト、コーヒー。

 教会に行く母と別れて、品川駅へ。当初は、帰宅してひきこもりの予定だったけれど、雨上がり雲ひとつない快晴となったので、二宮まで東海道線に乗って、吾妻山公園に参戦する。車窓からも富士山がみえるので、これなら大丈夫そうだ。

Image12_20200119163401

Image6_20200119163401

 駅前からおなじみの階段を300段。日曜ということで、なかなかのにぎわい。年輩の方々を追い越して軽快に登っていくも、中盤で一杯に。。。

Image2_20200119163401

Image9_20200119163401

 なんとか頂上へ到達。雲もほとんどなく、菜の花も満開で最高のタイミング。本格的なカメラを抱えた方、ペットを連れて楽しむ方など様々。風もなく穏やかでいい気持ち。ビアでも持ってくればよかったかな。

Image_20200119163401

Image4_20200119163401

Image1_20200119163401

Image10_20200119163401

Image5_20200119163401

Image11_20200119163401

Image14_20200119163401

Image3_20200119163401

Image8_20200119163401

 小1時間堪能して、下山して、帰りのグリーン車でビア♪途中、茅ヶ崎付近で、サフィール踊り子を発見♪

Image13_20200119163401

Image7_20200119163401

 帰宅して、16時10分すぎ、ほぼ同時に、勢6敗、バルコラベーロ号大敗。寝よう。

Photo_20200119163401

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)