2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2021/2/16:三浦海岸の河津桜を堪能♪

◆横浜・三浦:はれ:11637歩:横浜の最高気温=14.9度

 爆弾低気圧が去って、風は強いけれど、朝から快晴。野菜ジュース、鮭、海苔、漬物、味噌汁、玄米。東証続伸を確認して出発。

 例年、2月中旬は、踊り子号で、伊豆の河津へ、河津桜を見に行くのだけれど、諸般の事情により、今年は、京急で出発する。三崎口行きの特急は、横浜で車内はガラガラになるけれど、ところどころにカワヅザクラ目当てとおぼしきおばさんのグループがいる。

 1時間乗って、車窓に海が見えてきて、終点のひとつ前の三浦海岸駅で下車。駅前の河津桜もけっこう盛大だ。

Img_1130

Img_1135

Img_1136

Img_1137

Img_1131

 三崎口方向へ10分くらい歩くと、線路沿いに盛大な桜並木。濃いピンクの桜と黄色の菜の花のコントラストも本家の河津と同じで、快晴の青い空によく映える。周辺は小松が池公園という公園になっていて、少し高台に上がれば、富士山もくっきり。規模は川沿いに数キロ続く伊豆の方が上だろうけど、一面ピンクの眺めは、なかなかこちらも負けていない。これなら、来年からも参戦したいね。

Img_1140

Img_1141

Img_1143

Img_1147

Img_1151

Img_1153

Img_1152

Img_1160

 諸般の事情により、桜まつりは中止になったようだけれど、別に屋台の食べ物とかおみやげが目当てで来ているわけではないから、ほどよいにぎわいで、ゆっくり見られるのがかえってありがたいくらい。(地元にお金が落ちないけど)。場所によって咲き具合がちがうけれど、まだしばらくは楽しめそうだ。

Img_1178

Img_1184

Img_1186

Img_1191 

Img_1193

Img_1199

 東証連日の大幅続伸。もっとも、大引前に急ブレーキ。安倍さんが退陣表明したときのような急な下げ方で何ごとかと思ったけど、理由はよくわからない。まだはもうなり、もうはまだなり。。。

Img_1223

20210216a

 

2021/1/18:吾妻山公園に参戦

◆横浜・二宮:くもり時々はれ:7940歩

 予報より少し雲が多いのが気になるけれど、予定通り8時半すぎに出発して、横浜駅から東海道線で西へ。グリーン車の2階席は独占。40分ほどで二宮到着。

 毎年恒例の吾妻山公園の菜の花と富士山。冬型が強まった方が富士山がきれいなのは分かっているのだけれど、あんまり北風が冷たいのも寒い。明日の方がよさそうと思いつつも、今日もまぁ晴れ予報だし・・・と思ったのだけど。。。

 年々階段がシンドくなるので、行きは多少は傾斜が緩い梅沢口から登る。なんとか頂上にたどりついたけど、富士山は見えず。むぅ。。。人気者の猫もいないよ。

Img_9953

Img_9955

Img_9957

Img_9959

Img_9960

 まぁ、菜の花は満開だし、気を取りなおして、海を眺めつつしばし休憩して撤収。帰りは、階段で駅へ一気に降りる。

Img_9965_20210127091101

Img_9962

Img_9958

Img_9966

Img_9967

Img_9968

Img_9969

 帰りもグリーン車はガラガラ。辻堂付近の踏切で自動車が立ち往生とのことで終了かと思われたが、2分の遅れで無事に横浜駅へ。みなとみらい線では、真っ昼間に回送が来るから何ごとかと思ったら、新車の試運転。でも、これが本格投入されると、いよいよ7000系が引退しちゃうんだよね。

Img_9975

Img_9986 

 東証続落。勢4勝。夜は、BSでレジェンド福本氏(再)~妄想トレインを堪能して、早々に就寝。

20210118

 

2020/12/3:さかざきちはるの本づくり展に参戦♪

◆横浜・市川:くもり:8853歩

 例によって、11時の開店と同時に香露庵に参戦して、空いているうちにきざみ鴨せいろ。旨い。

Img_8498

 横須賀線グリーン車で市川へ。今年はなんだかんだよく千葉方面に来る。黄色い電車に乗り換えて一駅、本八幡で下車。

 グーグルさんにだまされて、細い路地をごにょごにょと15分くらい歩いたけど、結局は、ニッケコルトンプラザの近く、生涯学習センターの2階にある、市川市文学ミュージアムに到着。suicaペンギンでおなじみのさかざきちはるさんの本づくり展に待望の参戦だ。

Img_8526

Img_8503

 ペンギン系ツイッターのTLでは、みなさん、けっこう訪問されているようにみえたけど、寒い平日の昼間ということで、先客もなく、ゆったり鑑賞。「ぴーちゃんの歌」の原画を中心に、suicaペンギンはもちろん、ちびゴジラやチーバくんなどなど。なぜこんな地味なところでひっそりと開催されているのかわからないけれど、キュートすぎて悶絶する。

Img_8505

Img_8506

Img_8508

Img_8511_20201207080401

Img_8516

Img_8518

Img_8522

Img_8523

Img_8514_20201207080401

 売り切れていたサイン本がちょうど再入荷したとのことで、さっそく購入して、本八幡まで戻る。午後から晴れて気温も上がってくるはずだったのだけれど、どんより曇ったままで、北東の風が冷たい。

Img_8525

Img_8524

 当初の予定では、この後は、京成で船橋競馬場へ、というか、愛馬キングオブポップ号の船橋競馬出走予定に合わせて、今日の市川参戦を計画したのだけれど、寒いし、面倒になってきたので、総武快速線で帰浜。

 そのキングオブポップ号、いわゆる後方ママ。休み明けとはいえ、あまりにもあんまり。参戦しなくてよかった。仕方がないので、メインのクイーン賞を買うも大敗。寝よう。

 

2020/3/11:天山湯治郷へ♪

◆横浜・箱根:はれ:8343歩

 3・11から9年。またあのときともちがう社会不安に覆われる今日この頃。そういえば、昨日3・10は東京大空襲の日だし、たしか地下鉄サリン事件は3・20だったよね。。。

 それはそれとして、今日はポカポカ陽気ということで、気分転換に出かけることにする。もろもろ検討して、リスクの少なそうな天山湯治郷へ。東海道線グリーン~箱根登山鉄道~バスで2時間。途中、小田原の駅で、「コロナでOFFろう」というポスターに驚く。何ごとか?と思うと、小田原コロナワールドというのがあって、温泉やら映画館やらボーリング場などの複合施設らしい。これは厳しそうだよねぇ。。。

Image10_20200312083001

Image2_20200312083001

Image8_20200312083001

 湯本の駅前は、以前に比べるともちろん減っているけれど、少しは観光客もいる。天山湯治郷はいうと、まぁ普段から平日は空いていたから、お客さん激減という感じでもないかな。

Image7_20200312083001

Image9_20200312083001

 まずは源泉かけ流しの温泉でリフレッシュして、湯上がり処で缶ビア。ここの湯上がり処が、ただベンチがあるだけなんだけど、日当たりもよくて、雰囲気が実にいいんだよね。ウィルス騒ぎや、相場のことを忘れて、ぼーっとするのにホントいいんだ。

Image_20200312083001

Image1_20200312083001

Image4_20200312083001

 敷地内のお蕎麦さんへ。ここのお蕎麦がまた旨いんだよ。ホント、都心の蕎麦屋とも十分に戦える味で、おろし蕎麦1000JPY、おかわりお蕎麦500JPY。風の通るお外のお席で日本酒と焼き味噌とともに美味しくいただくよ。

Image6_20200312083001

Image5_20200312083001

 最後は、こちらも敷地内の別館ともいうべきお風呂を堪能して撤収。帰りは、ロマンスカー~東海道線グリーン車で。14:46には1分間の停車訓練だ。

Image3_20200312083001

 高校野球中止、いったん再開した宝塚中止。ムーミンバレーパークは再開。そういえば、週末の社杯ゴルフも結局中止になった。今は正解は誰にもわからないし、みんなそれぞれの立場で、リーダーが悩んだ末に責任もって決断しているのだから、直接の利害関係者以外が、あーだこーだ外野から批判するのは避けたいね。

 

 

2019/1/19:吾妻山公園に参戦♪

◆東京・横浜:はれのちくもり:8525歩

 6時50分起床。いちご、バナナ、ヨーグルト、ブロッコリー、チーズトースト、コーヒー。

 教会に行く母と別れて、品川駅へ。当初は、帰宅してひきこもりの予定だったけれど、雨上がり雲ひとつない快晴となったので、二宮まで東海道線に乗って、吾妻山公園に参戦する。車窓からも富士山がみえるので、これなら大丈夫そうだ。

Image12_20200119163401

Image6_20200119163401

 駅前からおなじみの階段を300段。日曜ということで、なかなかのにぎわい。年輩の方々を追い越して軽快に登っていくも、中盤で一杯に。。。

Image2_20200119163401

Image9_20200119163401

 なんとか頂上へ到達。雲もほとんどなく、菜の花も満開で最高のタイミング。本格的なカメラを抱えた方、ペットを連れて楽しむ方など様々。風もなく穏やかでいい気持ち。ビアでも持ってくればよかったかな。

Image_20200119163401

Image4_20200119163401

Image1_20200119163401

Image10_20200119163401

Image5_20200119163401

Image11_20200119163401

Image14_20200119163401

Image3_20200119163401

Image8_20200119163401

 小1時間堪能して、下山して、帰りのグリーン車でビア♪途中、茅ヶ崎付近で、サフィール踊り子を発見♪

Image13_20200119163401

Image7_20200119163401

 帰宅して、16時10分すぎ、ほぼ同時に、勢6敗、バルコラベーロ号大敗。寝よう。

Photo_20200119163401

 

2020/1/16:首都圏外郭放水路に参戦!

◆横浜→春日部→大宮→横浜:くもり時々はれ:11865歩

 二度寝、三度値して、久しぶりの目覚ましが鳴る直前、6時43分起床。野菜ジュース。朝風呂。昨日のチャーハン、梅干し、漬物、豚汁。

 8時すぎの上野東京ラインで出発。ラッシュのピークの上り電車は久しぶりだけれど、15号車は、まぁ身動きとれないほどではなかった。新橋で座れて、浦和付近で先行列車安全点検で少し遅れて大宮到着。

 大宮からは、東武野田線改め、アーバンパークラインさん。岩槻、春日部を過ぎて、南桜井駅で下車。もちろん初めて。ここからイオンバスで10分。本日の目的地は、首都圏外郭放水路・龍Q館。以前から気になっていた地下神殿へ待望の初参戦だ。

Image7_20200116190301

Image22_20200116190301

Image5_20200116190301

Image1_20200116190301

Image23_20200116190301

Image28_20200116190301

 利根川、江戸川、荒川に囲まれ、何度も水害に見舞われてきた中川・綾瀬川流域を洪水から救うために作られた首都圏外郭放水路。国道16号の地下50mに延長6キロのトンネルを掘り、中川ほかの河川の水を5本の立坑から流して、調整池にためて、ポンプで江戸川へ流すという壮大なプロジェクト。昨年の台風19号と翌週の大雨でも大活躍したとのことだ。

Image24_20200116190301

Image25_20200116190301

Image14_20200116190301

 見学コースはいくつかあって、事前予約制。もっともオーソドックスな11時からの地下神殿コースに参戦。昨年来の水害で注目が高まり、見学者も増えているとのことで、ガイジンさんも含め40名くらいはいるようだ。

Image6_20200116190301

Image21_20200116190301

Image20_20200116190301

 龍Q館内で概要の説明を受けて、いよいよ地下神殿・調圧水槽へ。116段の階段を降りると。。。いやぁ、これはすごい!

Image19_20200116190301

 長さ177m、幅78m、高さ18mの巨大水槽。実際、何度もここに盛大に水が溜まったというからすごい。そして、土砂を取り除くために、年に何度かブルドーザーを降ろして掃除しているというのもびっくりだ。スマホ用アプリがあって、カメラで背景を映すと、水が入ってくる様子を体験できるのもおもしろい。

Image26_20200116190301

Image18_20200116190301

Image3_20200116190301

Image29_20200116190301

Imagea

Imagea1

 さらに立坑の見学。高所恐怖症の小生には、これは怖いよ。。。手すりにつかまりながら恐る恐る。。。他の4つの立坑は、河川の水を受けるためだけれど、ここにある立坑は、トンネルを流れてきた水が上がってきて水槽にたまるところ。3センチの網をくぐって魚が入ってくることもあるらしく、その後に数十センチに育ったこともあるとか。立坑をじっくり見学するコースもあるようだけど、小生には無理だわ。。。

Image11_20200116190301

Image9_20200116190301

Image31_20200116190301

 1時間の見学を終えて、帰りはバスで春日部へ。せっかくのアーバンパークラインなので、鎌ヶ谷に転戦してヤングの自主トレでも見ようかと思ったけれど、実はかなり遠いようなので断念して大宮へ。となれば、せっかくなので、てっぱくに参戦。まずは2階の日本食堂さんで遅めのランチをいただく。

Image2_20200116190301

Image15_20200116190301

 平日の昼間ということで、ゆったりと観戦して、suicaペンギングッズなども散財して、上野東京ライングリーン車でゆったり帰宅。

Image_20200116190301

Image12_20200116190301

Image4_20200116190301

Image13_20200116190301

Image10_20200116190301

Image16_20200116190301

Image17_20200116190301

Image27_20200116190301

 

 

2019/11/1:天山湯治郷を堪能♪

◆横浜→箱根湯本→横浜:はれ:7555歩

 7時半起床。野菜ジュース、ハムエッグ、ザーサイ、きゅうり、納豆、玄米。

 今日も気持ちのよい秋晴れということで、9時発の東海道線グリーン車で小田原へ。小田原からは、箱根登山鉄道、200JPYで小田急のロマンスカーに乗れる。台風の被害で、箱根湯本から先は運休中だが、湯本は大きな被害はなさそう。強羅方面への代行バスには、外人さんも含め長い行列。

Image4_20191101185601

 温泉街シャトルバスB線で、久しぶりに天山湯治郷へ。あいかわらずここのお湯はいい。そして、湯上がりのラウンジというほどでもないのだけれど「まちあいどこ」もいい。ポカポカ陽気。缶ビア。

Image_20191101185601

Image5_20191101185601

Image7_20191101185601

 お昼は、別棟の蕎麦屋「すくも」さんへ。過去2回は、定休日にあたってしまっていたので、待望の初参戦。ここの蕎麦がまた旨い。いや、これは旨いよ。おろしそば1000JPYをいただいたのだけれど、あまりに美味しいので、お蕎麦をおかわり。500JPY。

Image6_20191101185601

Image3_20191101185601

 さらに別棟の「かよい湯治一休」へ。こちらは、大きな檜風呂からの眺めがいい。極楽だよ。

 天山に戻って「ざしきぼっこ」でうたた寝して、第3回入浴を済ませて、シャトルバス、箱根登山鉄道、湘南新宿ライン特別快速と乗り継いで17時すぎには帰宅。あまりメジャーじゃないけれど、ここはホントくつろげるよ。

Image2_20191101185601

 シウマイ弁当をいただきJSPORTSで3位決定戦を堪能して早々に就寝。

Img_1835

 

 

2019/7/23:朝風呂、麻雀、卓球、花札。

◆箱根→東京→横浜:くもり時々はれ:3345歩

 6時起床。

 母「あんまり眠れなかった。」

 妹「怪獣みたいないびきかいてたくせに何言ってるんだ。お兄ちゃん、隣でよく眠れたね。」

 ということで、とりあえず朝風呂。ここの温泉は適温で、露天風呂もホント気持ちいいし、男性客が少ないので、空いてるから実にゆっくりできる。

 ほんの少しだけめいっこの夏休みの宿題をみてから、朝食は洋食。食後に第3回麻雀、第2回卓球、第1回花札。11時チェックアウト。

Image11_20190723190601

Image12_20190723190601

Image13_20190723190601

 御殿場アウトレット参戦のプランもあったのだけれど、断念して、小田原方向へ山を下って、小田原厚木道路から東名へ入って、海老名でラーメンをいただき、目黒駅で解散。深夜のブラタモリ再放送に備えて昼寝。

Image14_20190723190601

 

 

2019/7/22:ポーラ美術館に参戦♪

◆横浜→川崎→箱根:くもり時々雨:4102歩

 一夜明けて、選挙結果について、細かいところではいろいろあるけれど、まぁ、総論としては遺憾の一言に尽きるので詳細は割愛して、8時52分発のみなとみらい線で自由が丘経由、たまプラーザへ。母、妹、めいっこと合流して、妹の運転で東名を西へ。

Image1_20190723185501

 御殿場インターから、箱根の山へ分け入って、ポーラ美術館に参戦。実はここは初めて。おなじく印象派が充実しているひろしま美術館とのコラボ企画で、「印象派、記憶への旅」が開催中。ひろしま美術館も行ったことがないので、ありがたい企画である。

Image2_20190723185501

 ランチを先に済ませてから、モネ、ゴッホ、シスレー他、多数の印象派を堪能。広々とした館内に多数の作品があって、平日ということでゆったり鑑賞できるのもありがたい。一部作品をのぞき撮影もOK。しかしながら、母といっしょに観ることはめったにないし、モネ好きになったというめいっこともいろいろ話しながら鑑賞していると、

Image3_20190723185501

「館内、声が響きますので、もう少しお静かに・・・」

 と。。。

 母は普段は声大きいけど、この時は、それなりに静かに話していたよ。だいたい、音楽会じゃないんだから、そんなに無言で鑑賞する必要ないでしょ。日本の美術館って、ホントおかしいよね。オルセーやルーブルだって、普通にぎわって、ざわざわしてるよ。母は、アンケートで苦情を書いてたけど、こういうのって、館長とかは気にしてなくて、現場の係の人だけが勝手に静かにしなきゃいけないと思ってたりするから、変わっていってほしいよね。

Image4_20190723185501

Image5_20190723185501

 カフェで休憩してから、大平台のみなと荘さんへ。おなじみの港区の保養所で、母は安く泊まれるし、ゲストも2食付きで十分リーズナブルなお値段。それに、港区がバブル期に作った保養所ということで、部屋も広くて館内も充実。

Image6_20190723185501

 さっそく入浴。麻雀。夕食は赤ワインで乾杯して、おなじみの溶岩焼きをじうじうと焼く。食後の卓球はめずらしく好調。さらに第2回入浴、第2回麻雀は、めいっこの後ろについてコーチ屋。22時半すぎに就寝。

Image7_20190723185501

Image8_20190723185501

Image9_20190723185501

Image10_20190723185501

 

 

2019/7/6:江戸東京たてもの園を堪能♪

◆横浜→小金井→横浜:くもり:12158歩

 昨日の日記の最後に、「世論調査の結果を発表しないで当日を迎えさせてくれれば」って書いたばかりなのに、寝床で日経電子版をチェックすると、いきなり「自公、改選過半数の勢い」って、いくらなんでもさぁ。どんな調査したんだか知らないけど、まだ自分の選挙区に誰が出てるか知らない人だっているはずだよ・・・

 湘南新宿ラインで上京して中央線に乗り換えて武蔵小金井駅。下車するのはたぶん初めて。駅南側には、高層マンションが建設中。

Image2_20190706181201

 kecoさんと合流して、西武バスで北上して、都立小金井公園、これがけっこう大きな公園なのだけれど、その中にある、江戸東京たてもの園さん。江戸東京博物館の別館ということで、本館に行ってからずっと気になっていたのだけれど、待望の初参戦。

 明治村の東京版という感じで、広い敷地の中に、江戸から東京の貴重な建物が多数復元されていて、中にも入れるので、かなり楽しい。

 まずは、西ゾーン。「田園調布の家」は、関東大震災後に田園都市構想の元に開発された当時の郊外住宅。今でも軽井沢の別荘地にでもいけばありそうな感じの家。その隣は、上大崎にあった前川國男さんの自邸で、戦争中に建てたので、制限がいろいろ厳しい中でも、工夫された間取り。

Image3_20190706181201

Image4_20190706181201

 さらに奥には、茅葺き屋根の江戸の農家もあって、かまどに火が入っている。それぞれの家には、ボランティアの方がいて、いろいろ教えてくれるのだけれど、おしつけがましくなく、自然な感じでとてもいい。

Image5_20190706181201

 センターゾーンのハイライトは、高橋是清邸。赤坂の公園はおなじみだけれど、あそこから持ってきた家は、想像以上に大きい。邸内には、彼の歩みが書いてあったけれど、けっこう波乱万丈な人生だよね。小説とかないのかしらん。

Image7_20190706181201

Image6_20190706181201

 そして、東ゾーンは、戦前から戦後の東京の町並みが再現。銭湯、花屋、荒物屋、乾物屋、醤油屋などなどあって、これがまたkecoさんになじみのある神田周辺とか、小生の実家近くの白金近辺のお店がけっこうあってより楽しい。内装もなるべく当時を再現していて、「トリスを飲んでHawaiiへ行こう!」のポスターなんかもあったりしてね。60代以上で東京育ちの人だったら、ホント、かなり楽しめると思うよねぇ。

Image10_20190706181201

Image11_20190706181201

Image12_20190706181201

Image13_20190706181201

Image14_20190706181201

Image15_20190706181201

Image16_20190706181201

 最後に西ゾーンの洋館内のカフェでハヤシライスとアイスコーヒーをいただき休憩して、帰りは、公園前の玉川上水沿いに少し歩いてからバスで武蔵小金井の駅へ。天気もなんとかもってくれてよかったし、実に楽しかった。

Image18_20190706181201

Image17_20190706181201

 それにしても、ここは1993年に開設されてたっていうのに全然知らなかったよ。もっと人気が出てもいいと思うよねぇ。ガイジンさんにもオススメなのにほとんどいなかったし。たぶん前にやってるんだろうけど、ぶらぶら美術館あたりで、山田五郎さんあたりにじっくり解説してもらいたいものだねぇ。

Image9_20190706181201

Image8_20190706181201

 

 

 

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)