2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2024/2/5:球春到来♪ANAトラベラーズダイナミックパッケージで行くファイターズ名護キャンプ2024(3)

◆横浜:くもり一時はれ:12258歩:那覇の最高気温=23.0度/東京都心の23時の積雪=8cm

 最終日。今朝も雨模様。そして、南岸低気圧で、関東は、午後から夜にかけて本格的な雪の予報。帰りの飛行機が飛べるのか、かなり怪しいけれど、とりあえずチェックアウトして、沖縄道を南へ。今日は、練習が休日ということで、観光。久々に南風原北ICで降りて、カーナヴィに表示されない細い道をGoogleさんを信じて登ると、ニライ橋、カナイ橋へ。絶景ポイントなのだけれど、あいにくのお天気が残念。

Img_0936_20240214085601

Img_0940_20240214085601

Img_0945_20240214085601

 世界遺産、斎場御嶽(せーふぁうたき)へ。ここは初めて。琉球王国最高の聖地なのだという。森の中を歩くと、洞窟や鍾乳石などがあって、6つの拝所になっている。よくわからないけれど、たしかに神々しい厳かな雰囲気がある。本土で言えば、高千穂のような感じだろうか。

Img_0947_20240214085601

Img_0946_20240214085601

Img_0948_20240214085701

Img_0950_20240214085701

Img_0951_20240214085701

 併設の道の駅風のところで、今回初の沖縄そばをいただいて、平和祈念公園へ。kecoさんは、初参戦とのことだけれど、小生も10年ぶりくらい。沖縄戦の様々な資料、そして、平和の礎。御嶽とはまた別の意味で厳粛な気持ちにさせられる。

Img_0954_20240214085701

Img_0961

Img_0957_20240214085701

Img_0958_20240214085701

Img_0962_20240214085701

 15時前にヤリス号を返却。関東は、雪が本格的に降り始めたらしい。帰りのANA472便は、この時点で50分のディレイが確定。ラウンジで待機するしかないけれど、一応、折り返しなる飛行機は、羽田を出発したようだ。

 16時10分に天候調査。関西か中部へ向かう可能性のある条件付き運航、遅延も60分に拡大したけれど、一応18時に出発だ。

Img_0966

 機長のごあいさつ。

「東京地方、南岸低気圧の接近で、天気は雪。気温は2度。風も強くなってきています。」

「がんばってはみるつもりですが、安全第一です。」

「着陸をやり直しす可能性もあります。」

「この飛行機777は、揺れに強い飛行機ですので、ご安心ください。」

 そうか、777は、揺れに強いのか。

 静岡くらいまで来て、19時半くらいにベルト着用ランプが点灯。そして、ここから、揺れる、揺れる。ジェットコースターのように上がったり、下がったり。でも、777は揺れに強いからね。幸い、10分くらいで抜けたけれど、個人的には、歴代3位くらいの揺れじゃないかしらん。。。

 この頃、みけさんの家では、雷も鳴って、ブレーカーも落ちたとのことだけれど、我らが777は、20時すぎに無事に羽田に着陸。いやぁ、よかった、よかった。

2

Photo_20240214090001

Img_0978_20240214085701

 首都高速は通行止めも多く、スリップした車に絡んでの渋滞も多く、バスは怪しいので、京急へ。ダイヤはめちゃくちゃだけれど、なんとか動いている。品川方面へ急ぐkecoさんを見送ると、次は、横浜方面の急行がやってきた。地上へ出ると、横なぐりの大粒の雪。それでも、なんとか横浜駅へ。みなとみらい線も大幅に乱れつつも、10分くらい待つと各駅停車がやってきた。近年は、早め早めの計画運休が多く、世間もそれをよしとする風潮だけれど、今回は、大雪の中、各社奮闘している。ANAさんも、京急も、みなとみらい線もがむばってくれて、あと100m。最後の最後、雪道をキャリーケース引いて歩くのが想像以上に大変だと初めて気づいたけれど、22時すぎ、無事に帰宅。

Img_0983_20240214085701

 

 

2024/2/4:球春到来♪ANAトラベラーズダイナミックパッケージで行くファイターズ名護キャンプ2024(2)

◆横浜:くもり一時はれ、にわかあめ:12377歩:名護の最高気温=24.1度

 2日目。7時起床。夜中にけっこう雨が降った気配があって、朝もまだ残っている。ラウンジで、おなじみのニコちゃんマークのオムレツで朝食。

Img_0875_20240208132501

Img_0872_20240208132501

 まずは、国頭のファームキャンプへ。名護とちがって、こちらは、ブルペンが見学できるのがいい。育成の孫くんが登場。さらに、ドラ1の細野くんも。そういえば、昨日の夜見かけた外人さんが、何やらスタッフとして働いていて、マシンなどセットしている。ネットで検索しても、「謎の外国人ケネディ」との情報しか出てこない。(後にファイターズと提携しているレンジャースの育成担当スタッフのケネディさんと判明)

Img_0876_20240208132501

Img_0878

Img_0894_20240208132501

Img_0901_20240208132501

 メイン球場で、LiveBPが始まる頃には、雨が上がって、いい感じになってきた。達くん、畔柳くん、福島くんと期待の若手3人。いい球を投げているように見えたのだけれど、卓さんの打球が、畔柳くんを直撃。そのまま担架で運ばれてしまったけれど、大丈夫だろうか。。。

 名護は、今日も紅白戦。注目のザバラ投手。160キロ!まぁ、名護のスピードガンはかなり怪しいけれど、見た目にも速い。ヒットも打たれていたけれど、フォームも落ちてたし、ちょっと楽しみ。まぁ、いざ勝ちパターンで出てきたら、劇場になりそうだけど、とりあえず、今はね。

Img_0917_20240208132501

Img_0912_20240208132501

Img_0913_20240208132501

Img_0915_20240208132501

Img_0920

 明日が休日ということで、試合後は、サブグランドで若手の特守。野村くん、細川くん、奈良間くん。谷内コーチの球出しで、基本型からたっぷりと。こういうの見ると、試合でエラーしても、責められないなぁとも思うだよね。

Img_0922_20240208132501

Img_0926_20240208132501

 1、2軍たっぷり見学して、オクマへ。今年は、大浴場で選手には、会えなかった。ラウンジでビアをいただき、和食処「いじゅ」で、トンカツ御膳をいただきながら、今年の遠征計画をぼちぼち検討。部屋に戻って、大河ドラマを観て、早めに就寝。

Img_0931_20240208132501

Img_0933_20240208132501

Img_0932_20240208132501

Img_0934_20240208132501

 

2024/2/3:球春到来♪ANAトラベラーズダイナミックパッケージで行くファイターズ名護キャンプ2024(1)

◆横浜→東京→那覇→名護→国頭:くもり時々はれのち雨:13191歩:名護の最高気温=25.5度

 4時55分起床。いよいよ今日から、沖縄キャンプへ参戦。ファイターズキャリーケースを転がしながら出発。5時43分のみなとみらい線から京急で羽田空港第1・第2ターミナルへ。早朝から空港はけっこうなにぎわい。ラウンジで天むすをいただいて、7時45分のANA463便でKecoさんと合流。搭乗を取りやめた人がいて、荷物を降ろすのに時間を要したとかで、30分近い遅延。。。

Img_0850

Img_0852

 トヨタレンタカーさんは、いつもの空港近くの店が終了してしまったようで、再開発進む瀬長島近くの那覇空港シーサイド店で、ヤリス号をゲットして出発。雲は多いけれど、たしかに暖かい。例年、結局、長袖に上着になってしまうことが多いのだけれど、今年は、半袖大丈夫そうだ。

 沖縄道を飛ばして、北へ。許田インター渋滞の情報もあったけれど、ETCレーンは、大したことなく、無事に、名護漁港駐車場へ到着。海沿いを歩くと、汗ばむほど。

Img_0853_20240206141501

 1年ぶりのタピックスタジアム。今年は、ファイターズ直営?のシャウエッセンが登場。650JPYでさすがに美味しい。

Img_0856

Img_0855

 キャンプ3日目にして、早くも紅白戦。ちょうど到着直前に有薗くんがホームランを打ったようで、見られずに残念。そして、5回で試合が終わる頃には、風が冷たい北寄りに変わって、雨が・・・

Img_0858

Img_0859_20240206141501

Img_0860

 半袖余裕が一転、冷たい雨に濡れながら、漁港まで歩くハメに。弁当忘れても傘忘れるなだね。もっとも、北風も強いので、傘があってもダメだったかも。

 58号をさらに北上して、オクマへ。何回泊まっても、コテージのグレードがイマイチ理解できないのだけれど、今年は、ラウンジが使えるタイプで、室内もリニューアルされていい感じ。

 さっそく大浴場で温まって、ラウンジでビア。夕食は、ブッフェへ。

Img_0867_20240206141601

Img_0870

 例によって、ファームの選手多数とすれちがうのだけれど、育成選手も増えて、名前が覚えられない。さらに、通訳と一緒にいる外国人も。外国人は1軍(名護)のはずだけど、誰だろう?

 部屋に戻って、選手名鑑サイトをチェックしながら、ライオンズの野手不足、イーグルスの高齢化、ホークス3軍、4軍の肥大化など、他球団の余計な心配をあれこれしつつ、ゆっくり就寝。

Img_0864_20240206141601

 

2023/2/13:球春到来♪ファイターズ沖縄キャンプ(3)去りがたい名護

◆国頭→名護→那覇→横浜:はれ:17143歩:名護の最高気温=25.0度

 6時45分起床。今日も暖くていいお天気。朝日を受けながら、朝食会場まで歩くのなんて、かなり久しぶりじゃないかしらん。

Img_0995_20230215142001

 9時にチェックアウトして、58号線を飛ばして、名護へ。海の色もいい感じだ。漁港の駐車場から球場へ歩くと、汗ばむ陽気。ただし、今日は風が強め。

Img_0996_20230215142001

Img_0997

Img_0998_20230215142001

Img_0999_20230215142001

 今日は1日練習日ということで、スタンドに陣取って、ゆっくりと見学。ファイターズDEナイトでおなじみの斎藤こずゑさんもすぐ近くに。

Img_1022

Img_1013_20230215142001

 ドラフト1位の矢沢くんがブルペン入りということで、早めに移動してみたけれど、ブルペンは、かなり手前にロープが張られてしまって、一般の人は見えない感じ。ブルペンが見られないのは残念すぎる。仕方がないので、サブグランドで軽めに投げているポンセ選手をチェック。

Img_1011_20230215142001

Img_1010_20230215142001

 サインプレーの後は、チーム打撃。「ノーアウト1,2塁!」などと指定してから、マシンの球を打つ。ランナーや守備もついているけれど、どちらかというと、打者のための練習のようだ。

 お昼は、宮里そばへ。めずらしく、ほとんど並ばずに入場できた。ソーキそば700JPY。値上がりしたような気はするけど、それでもまだリーズナブルだし、食べログ3.49の味は健在。今日は平日だからか、トーストを食べている人は少なかった印象。

Img_1024_20230215142001

 球場に戻って、行程練習。風もやや収まって、Tさんのシャツにパーカーで、バッティングやノックをぼんやりと見ているだけで、実に気持ちがよくて、幸せな気分になるね。

Img_1027_20230215142001

Img_1023

Img_1032_20230215142101

Img_1030

 帰りの飛行機は、16:55なのだけれど、ANAのパックツアーだと15時15分にレンタカーを返却しないといけないので、13時半前には、球場を出ないといけない。後ろ髪を引かれる思いで、駐車場へと向かい、高速と飛ばして、那覇へ。空港道の終点から空港方向へ工事が始まったので、いずれは、もう少し延びるような。ラウンジでオリオンビア。お約束のディレイは10分なら、まぁやむを得ないと思ったら、実際は離陸に手間どって、けっこう遅れた。STARWARS仕様の機内では、GAORAが見られるみたい待機なので、19時すぎたら、キャンプ中継と思ったら、映らず。仕方がないので、ヨーダ氏にご挨拶をすませて、あいかわらずISDNなみのスピードのネットをチェックしなごら、19時半すぎに羽田到着。

Img_1035

Img_1036

Img_1037_20230215142101

Img_1038_20230215142101

 キャンプを見れば、もうシーズンが待ち遠しくなる。新球場での開幕まであと一月半だ。

 

2023/2/12:球春到来♪ファイターズ沖縄キャンプ(2)国頭〜金武町練習試合~絶景の大宜味スカイテラス♪

◆国頭→金武→大宜味→国頭:くもり時々はれ:10957歩:名護の最高気温=24.4度

 7時起床。卵職人不在の朝食ヴァイキング。選手も宴会場へ朝食を食べに行く時間なので、窓の外をたくさん通るのだけれど、育成も増えて、顔と名前が一致しない選手もけっこう増えてきた。そういえば、昨年は、選手の食事もお弁当で、部屋に持ち帰って食べていたから、だいぶ普通のスタイルが戻ってきて何よりだ。

Img_0938_20230215084601

Img_0941

 今日は、まずは、国頭でファーム練習見学。雲は多いけれど、雨の心配はなさそうで、気温も20度くらいありそうで、テンションが上がる。コンディショニングの後、サインプレー。有薗くんや阪口くんも元気そうだ。

Img_0943_20230215084601

Img_0951_20230215084601

Img_0955_20230215084601

Img_0968_20230215084601

Img_0960

Img_0963

 今日は、1軍は、イーグルスのキャンプ地の金武町での練習試合。金武町のスタジアムは、行ったことがないので、様子を見に行くことに。宜野座まで1区間だけ高速を使って、ちょっと迷って、なんとか到着。駐車場が心配されたけれど、周辺の病院や施設に適当に停めてよいようで、なんとか確保。全体が立派なスポーツ公園になっていて、浦和レッズさんも来ていたようだ。

Img_0971

Img_0973

 客席はさすがに名護ほどは多くないので、日曜日の練習試合ということで、椅子席はブックフル。傾斜の緩い芝生席をなんとか確保。

Img_0975_20230215084601

 楽天は、若手中心だけれど、ファイターズは、固定されつつあるレギュラー候補が先発。五十幡くんは、今日も出塁したけれど、今日も牽制死。まぁ、この時期だからいいけど、あまりにも多いね。加藤豪くんは、今日もいいバッティングで楽しみだ。

Img_0976

Img_0977_20230215084601

Img_0979_20230215084601

 お席もないので、3回まで見て、まずまず安心したところで、早めに撤収。国頭の手前の大宜味村に、絶景のカフェがあるというので、参戦することに。海沿いの国道58号線から、塩屋湾に沿って集落の方へ少し入ると、案内標識は出てきたのだけれど、これが、経験したことのないようなすごい傾斜の道。ヴィッツ号では不安になるような急傾斜を10分くらい登っていくと、頂上付近に「天空のレストラン 大宜味スカイテラス」が!

Img_0982_20230215084801

 ホテル併設のレストランで、午後のカフェタイム。一昨年のオープンでまだそれほど知られていないようで、日曜の午後だけれど、すんなり入場を許される。そして、テラス席からの眺めが、すばらしい。塩屋湾、58号線、海を越えて、古宇利大橋、さらにその奥には伊江島もみえる。標高230mとのことだけれど、海沿いの国道から急に上ってきただけあって、遮るものがないので、本当に眺めがいい。モンブランとグァバジュースで南国気分。惜しむらくは、目の前の松がちょっとね。松島とか天橋立みたいになっちゃう。椰子の木とかだったらよかったんだけど(@_@)

Img_0988_20230215084701

Img_0989

 しばしくつろいで、ホテルへ戻ると、金武町の試合は、その後、エラーなどもあって、13点もとられて大敗したという。早めに撤収して、カフェでのんびりして大正解だ。

Img_0991_20230215084701

Img_0990_20230215084701

 夕方になっても、いいお天気で、大浴場からは、海へ沈む夕日がビューティフル。湯上がりのビアは、今日は、和食の「いじゅ」さんで。トンカツ御膳をいただき、早々に就寝。

Img_0992_20230215084701

Img_0994_20230215084701

 

 

2023/2/11:球春到来♪ファイターズ沖縄キャンプ(1)名護紅白戦

◆横浜→那覇→名護→国頭:くもり一時雨:12755歩:名護の最高気温=22.4度

 今年も沖縄キャンプ遠征の季節がやってきた。昨晩は、遠足の前の子どものように今いち寝つけなかったけれど、無事に5時に起床。

 今回は、ファンクラブ特典のオプションで購入した、新ロゴ入りのキャリーケースのデビュー戦。コロコロ転がして、横浜から、直通のエアポート急行で羽田空港第2ターミナルへ。

 大型ビジョンが撤去されて、あまりにもあんまりな第2ターミナル。今回は、自動荷物預け機を体験。これは、意外と簡単だった。しかしながら、保安検査場は、早朝からかなりの混雑で、優先検査場も長い列。ラウンジでおにぎりひとつだけ食べて、早々に58番ゲートへ。

Img_0924_20230214174101

Img_0925_20230214174101

 7時35分発の沖縄行463便でkecoさんと合流。明らかにキャンプ遠征とわかる人も多く、ほぼ満席。ベイスターズキャンプ参戦のYo子さん一行も、偶然同じ飛行機だ。

Img_0928_20230214174101

 1年ぶりの那覇空港。今日もどんより曇っているけれど、例年より空気は温かい。レンタカーに送迎もかなりの混雑。トヨタレンタカーさんには、自動チェックイン機が導入されていて、免許証と顔写真の認証なども行われるのだけれど、最後に紙をカウンターに持っていくとのことで、ちょっと中途半端ではある。

Img_0929

 いつもは、裏手からすぐに出発するのだけれど、本日は、エレベーターで3階へ上がって、ヴィッツ号をゲット。3階までお客さんを案内するのは、めずらしいとのこと。まだ海外に行きずらい方も多いので、我も我もとシーズンオフの沖縄に集結しているのかしらん。

 空港道から沖縄道を北上して、おなじみの名護漁港の駐車場へ。昨年からシャトルバスがなくなってしまったので、球場まで歩く。雲も多いけど、なんとかお天気は持ちそうだ。

Img_0934_20230214174101

 朝早く出発しても、名護に着くのは、どうしてもお昼すぎになってしまうけれど、今日は、ちょうど13時から紅白戦。先発の田中正義や、ルーキーの金村くんは見られなかったけれど、3回くらいに間に合った。

Img_0931

 レギュラーの紅組では、期待の加藤豪将くんが好調。賢介みたいに打てるセカンドになってくれたら楽しみ。白組では、万波くんが、弾丸ライナーをレフトスタンドへ叩き込んだ。やっぱり魅力あるよねぇ。

Img_0930_20230214174101

Img_0932

 試合終了間際に雨がポツポツ来たので、まだ初日だし、早めに撤収して、オクマへチェックイン。今年は、メインコテージの1階。何回来てもコテージの種類とグレードがイマイチ理解できないけれど、例年は、まず暖房をつけるところから始まるのに、今年は、窓を開けて、ベランダでくつろげるのだからありがたい。

Img_0933_20230214174101

Img_0937

 さっそく、おなじみの大浴場へ。ファイターズ2軍のキャンプ宿舎でもあるオクマ、お風呂で選手に遭遇するのも楽しみのひとつだけれど、今年は、中島卓さん!ジャグジーと水風呂をゆっくり繰り返して調整に余念がなかった。

 夕食は、ディナーブッフェ。湯上がりのオリオンビアとともに堪能して、明日以降に備えて、早々に就寝。

Img_0936

 

 

2022/2/7:2年ぶりのファイターズ沖縄キャンプ観戦♪(3)

◆国頭→名護→那覇→横浜:くもり:9235歩:名護の最高気温=20.0度

 7時起床。昨日までよりは、空気が少し温んできた。朝食ヴァイキングをいただく頃には、空も晴れていい感じに。昨年は、ラウンジの朝食で、オムレツにお絵かきをしてくれたけど、今年は、サンプルだけ。

Img_2236

Img_2234_20220212090301

Img_2235

 9時すぎにチェックアウトを済ませて、最終日は、国頭でヤングを見守る。育成選手も増えたので、国頭のメムバーもだいぶ増えてきたのだけれど、よりによって、今日は、キャッチャーが新人育成の速水くん以外、全員名護に呼ばれている。どうやら、赤星臨時コーチの講義を聞くために呼ばれたようだ。遅れて合流した清宮くんの姿もあったけれど、別メニュー。伊藤くんや、渡邉くん、淺間くんも別メニューで投内連携の内野手は6人だけ。サードのルーキー2人、有園くんと阪口をじっくりと見る。うっかりすると、すぐ外野にコンバートされちゃうけど、5年後くらいでいいから、この2人は、大型内野手として育ててほしいねぇ。

Img_2239

Img_2238_20220212090301

Img_2259

 お昼前に、球場を後にして、58号線を南下して、なごアグリパーク内のクックハルさんでランチ。アグリパークというのは、農業試験場のような感じだけれど、その一角で、地元やんばるの野菜をたっぷり使ったランチをいただける。人参の天ぷら、大根のマリネなどヘルシーで、お米も地元産のようだ。

Img_2269

Img_2270

 旅作でレンタカーを同時に予約すると、返却時間が飛行機の出発の90分以上前に設定されてしまう。今回は、距離計算なので、セルフ給油問題もなく、15時前にヴィッツ号を返却。いつも工事中だった印象のある那覇空港のラウンジは、以前の何倍にも広くなったけれど、東京と離島便以外は、欠航ばかりという状況なので、ガラガラ。その東京便も乗客は62名。

Img_2271

 追い風に乗って、帰りは2時間。高木美帆ちゃん無念の銀メダルを確認したところで、羽田到着。2年ぶりのキャンプ見学、こんなご時世の中、なんとか無事に帰宅できそうで、まずは一安心。

Img_2273

 帰宅して、入浴して、ひと息ついて、ジャンプ混合団体。沙羅ちゃん大ジャンプ!個人戦の後、「もう私の出る幕ではないのかも・・・」などと落ち込んでいたので、心配だったけれど、見事なジャンプで、よかった、これならメダル争いも!と思ったら、まさかの失格・・・ジャンプのスーツ失格は、それほどめずらしいことではないのだけれど、よりによって、4年一度の五輪のそれも団体戦でとは・・・原田雅彦級のあまりにもあんまりになってしまった。。。かわいそうすぎる。。。早々に就寝するしかないようだ。。。

 60.4Kg(+0.5)

 

2022/2/6:2年ぶりのファイターズ沖縄キャンプ観戦♪(2)

◆国頭→名護→国頭:くもり時々はれ:16291歩:名護の最高気温=17.0度

 7時起床。めずらしく、朝からkecoさんの寝起きがよい。日の出が遅いのもあるけれど、雲は多めで、今日も寒そう。

Img_2185

 それでも、まずまず充実の朝食ヴァイキングをいただいて、お部屋に戻る頃には、晴れ間もでてきて、いい感じになってきた。

Img_2186_20220211084801

Img_2187

Img_2191_20220211084801

Img_2192_20220211084901

Img_2197_20220211084901

 9時すぎに出発して、58号線で名護へ。今日も漁港へ停めて、歩く。今日は、午後から紅白戦ということで、お客さんの出足もいいようだ。

Img_2198

Img_2201

 ブルペンの方へ歩いてみるけれど、マスコミ限定エリアになっていて、ファンは見られないようになってしまった。投球を近くで見るのも醍醐味のひとつなのだけれど、残念。仕方なく、サブグランドの方へ散策すると、投手陣が練習中。金子千尋投手も元気そうで何よりだ。最後にもう一花期待したいなぁ。

Img_2203

Img_2205_20220211084901

Img_2206_20220211084901

Img_2208_20220211084901

 屋台のやきとり丼など購入して、スタンドに戻ると、13時開始予定の紅白戦が14時15分開始に延期とのこと。国頭では、ドラ1の達投手がピッチングとのことで、だったら、国頭を見てから、ゆっくり来ればよかった。練習メニューが直前までアップされないので、なかなか完璧には立ち回れない。

Img_2211

 仕方がないので、グッズショップをひやかす。新しいユニを開幕までに購入しておきたいところだけれど、背番号入りが10人くらいしかなくて、それ以外は、刺繍の番号やアルファベットを購入して、圧着してもらわないといけない。5、6、7は、退場してしまったし、1は監督だし、ルーキーのは出来合いのものはなくて、悩ましい。「KAMIKAWABATA」なんて、作ったら、アルファベットだけで、けっこうなお値段になってしまうので、結局、今回は断念。グランドには、栗山前監督も登場して、ビッグボスと何やら話している。

Img_2210_20220211084901

 そして、紅白戦。初回、いきなり満塁のシチュエーションから始まる。タイブレークか?で、内野ゴロで、ダブルプレー?と思ったら、また次の打者も満塁。四球2つで押出し。ここで、生田目くん降板。どうやら、1死満塁のシチュエーションでのケース打撃のような感じで、投手は、結果にかかわらず打者3人で交代。3人の投手が9人の打者を終えるまでが先攻の攻撃。攻守交代の後、また同じ3人が3セットということのようだ。

Img_2216

 なるほど、これはけっこう理にかなっている。キャンプ初期の紅白戦は、貧打戦になることが多いし、そうなると、18人のうち数名以外は、待ち時間ばかりだし、攻守交代の時間ももったいない。この方式なら、守備側は、内野は、バックホームか?併殺か?、外野もタッチアップ警戒など、常に緊張感があるし、攻撃側も打者1人、走者3人、ネクスト1人と、ヒマになっている人が少ない。1時間半くらいで、両軍打者18人分が終わったけれど、退屈することがなかった。守備位置もいろいろ試して、外野のポジショニグやリードのとり方など、ビッグボス自らマイクで指示を出していた。投手陣では、2年目の左腕、根本くんがいい感じで楽しみ。

Img_2214_20220211084901

Img_2217_20220211084901

Img_2221 

「全体練習終了後、正面で記念撮影をしまーす!」

 と、突然ビッグボスが呼びかけて、はて、コロナ禍で大丈夫かしらんと思っていたら、30分後くらいに、

「ごめんなさい、コロナで撮影はダメって言われたので、子供限定で帽子を100個くばりまーす!」

 とのこと。キャンプ最初の日曜日、その場その場で、なんとかできるファンサービスを一生懸命考えてくれているのが伝わってくる。帰り際、けっこうな列ができていたけれど、ビッグボス自ら、子供に帽子をかぶせてくれていた模様。全員に無事行き渡っているとよいのだけれど。

Img_2223_20220211084901

Img_2213

 空気はひんやりだけど、結局、今日はけっこう陽も出て気持ちのよい1日。オクマに戻ると、雲から夕日が降り注いでいい感じ。大浴場で疲れを癒やして、オリオンビアをいただきながら、昨日と同じようなヴァイキングをいただいて、お部屋に戻る。小林陵侑選手、見事金メダル!

Img_2226_20220211084901

Img_2228

Img_2230_20220211084901

Img_2231_20220211084901

 

2022/2/5:2年ぶりのファイターズ沖縄キャンプ観戦♪(1)

◆横浜→那覇→名護→国頭:くもり時々はれ:14677歩:名護の最高気温=17.3度

 5時15分起床。YCAT6時10分発のバスで羽田空港第2ターミナル。ラウンジでひと休みして、国際線仕様のB787で、kecoさんと合流。いよいよ2年ぶりのファイターズ沖縄キャンプへ参戦する。

Img_2157

 土曜日ということで、定員の少ない国際線仕様に変更された機内はソコソコの搭乗率だけれど、例年のようにいかにもキャンプ見に行きます風のファンはさすがに少ない。横風用の遠い滑走路から無事に離陸して、機内では、ANAマスク着用で、3時間。2年ぶりの那覇空港に無事に到着。

Img_2160

Img_2162

Img_2163

 どんより曇っているのは、いつものことだけれど、モアっとする温さがなく、北風が冷たい。もちろん横浜よりは、温度は高いけれど、15度くらいのようで、これでは、ダウンジャケットもマフラーもそのままだ。

 トヨタレンタカーさんヴィッツ号の手続きも早々に終わって、空港道から沖縄道をスムーズに北上するうちに、晴れ間が出てきて、ようやくワクワク感が高まってくる。

 おなじみの漁港に車を止めるけれど、シャトルバスがいない。係のおじぃに尋ねると、イオンにも臨時駐車場が用意されて、シャトルバスは、そちらからしかないという。ビッグボス効果で駐車場を増設したらしいとは聞いていたけれど、漁港の駐車場を拡張したのかと思いこんでた。うっかり。仕方がないので、漁港から球場まで海岸沿いを歩く。20分くらいかかるけれど、気持ちのいい海岸線だ。

 2年ぶりのタピックスタジアム。サブグランドもきれいになった。ただ、コロナ禍ということで、ファンの入場できるエリアは限定され、名護は指定席、国頭は自由席で、それぞれ無料だけれど、事前予約の定員制。もちろん早々にゲットしておいたけれど、今日と明日の名護はすでに完売で、当日券はないようだ。

Img_2164

Img_2165

Img_2169

 おなじみの宮里食堂で沖縄そばをいただいてから、スタンドで行程練習を見学。映像付きのピッチングマシーンは、今日は藤浪ではなくて、左ピッチャーの画像になってる。そして、お、ビッグボスも、スタンドの方へやってきたよ!

Img_2171_20220210090601

Img_2172

Img_2176

 行程練習を一通り見学して、今日のところは、早めに引き上げる。例によって、本部半島をぐるっと回ってしまったので、オクマに着いたのは17時すぎ。今回は、奥の方のメインコテージ。もう10年くらい来ているのだけれど、未だにコテージのランクつけやプランがいまいちつかめない。一応、今回のメインコテージが標準タイプで、グランドコテージと平屋のガーデンヴィラが格上、ファイターズファーム選手の泊まるパームコテージが格下のようだけれど、その他にもメゾネットがあったりして、毎回微妙にちがう。今回も、頼みもしないのにベッドが3つあるよ。。。

Img_2178

Img_2179

 いつもなら、真っ先に大浴場へ向かうのだけれど、いかんせん寒いので、断念。マンボウ中ということで、レストランは、朝食会場でもあるサーフサイド・カフェと鉄板焼しか営業していないので、オリオンビアをいただきながら、サーフサイド・カフェのディナーブッフェ。スタッフの方によれば、直前にキャンセルが増えて、お客さんは、コロナ前の3割くらいで、平日は、お客様よりスタッフの方が多いくらいで・・・というから、切ない。ファイターズ選手も、会議室でのブッフェスタイルでのお食事ではなくて、各自とったお料理をお部屋に持ち帰って食べるスタイル。休日の外出もままならないようだし、ストレスがたまるよねぇ。

Img_2181 

Img_2183

 今回は、端っこの方のコテージのせいか、お部屋のWifiがつながらないのは、遺憾。。。仕方がないので、五輪で沙羅ちゃんを応援するも無念4位。早々に就寝するしかないようだ・・・

 

2020/2/9:ANA旅作で行く♪オクマリゾート&ファイターズキャンプ(3)

◆国頭→名護→那覇→横浜:くもり時々はれ一時あめ:7221歩:名護の最高気温=17.8度

 7時起床。北の大地ではマイナス36度とか大変なことになっているらしいけれど、こちらも北風が冷たい。あなたは何か聞いてないか?問題、卓田アナは浪人じゃなくて留年らしい問題など検討しつつ、今日もケチャップアートを堪能しつつ朝食を美味しくいただき、9時にチェックアウト。長袖にセーターにジャムパーにマフラーだから横浜を出たときと同じスタイルだよ。。。

Image3_20200212205001

 最終日は、国頭の2軍キャンプでヤングを見るのだけれど、球場に到着するとまた雨が降ってきてしまった。しばらくクルマで待機してキャッチボールが始まった10時頃にスタンドへ。

 今日も1軍の練習に何人か参加しているので、野手はルーキー中心。育成選手も含めてけっこう増えたので、背番号と名前と顔が一致しないけれど、ショートの上野くんの守備は楽しみだ。清宮くんは、まだ送球ができないようで、捕る練習だけ。

Image5_20200212205001

Image4_20200212205001

Image6_20200212205001

 ブルペンへ行くと、育成落ちした高山くんがひとりで投げていたところへ。田中瑛斗くんが登場。右の本格派として期待したいのだけれど、高卒3年目、まだもう少しかかりそうな感じだね。そうこうしていると、今度は、宮西が登場して軽く投球練習。オーラが違うねぇ。観戦OKエリアで見ていたのだけれど、サウスポーということもあって、「視界に入るから」と退場を命じられてしまった(@_@)

Image_20200212205001

Image9_20200212205001

Image8_20200212205001

Image1_20200212205001

 さらに上沢くんも登場。打球が膝を直撃する怪我から10ヶ月。まだ軽めではあるけれど、よくここまで来たよねぇ。本人も笑顔で何より。今シーズン中復帰くらいのつもりで焦らずに進んで欲しいものだね。

Image7_20200212205001

 瑛斗くんにうわっちとごひいき2人の投球を見られてkecoさんもご満悦ということで、そろそろ撤収の時間。寒いので、久しぶりに大宜味村の道の駅の美ゅうびゅうで温かいお蕎麦でもいただこうかと思ったら、遺憾ながら終了。仕方がないので、名護まで出て、昨年と同じく真打田仲そばを美味しくいただき、ランダムプレイなのにバリエーションの少ないkecoさんのiPhoneのミュージックを聴きながら、高速を飛ばして那覇へ。帰る頃になると太陽が出てくるのもおなじみのパターンだけど、リニューアルして広くなった那覇空港のラウンジでビアをいただき、帰りは2時間でひとっ飛び。宜野座の阪神戦では、佑ちゃんや、万波くん、エビちゃんが活躍というニュースも入ってきた。今年は開幕までもうあと1ヶ月ちょっと。楽しみだね。

Image2_20200212205001

 

より以前の記事一覧