2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2022/11/9:再会、只見線♪

◆会津若松→小出→浦佐→大宮→横浜:くもりのちはれ:5499歩:小出の最高気温=16.7度

 5時起床、5時半チェックアウト。

 今回の旅の目的は、11年ぶりに全線運転再開となった只見線。11年前、2011年の大雨で橋梁が流されるなど大きな被害が出た只見線は、JR東日本でも屈指の超閑散線区ということで、正直、復旧は絶望的と思われたのだけれど、福島県と地元市町村の熱意と負担により、紆余曲折を経て、奇跡的に全線運転再開。10月の再開直後は、鉄道150周年パスなどの期間とも重なり、週末などはかなりの混雑と聞いていたけれど、会津若松6時8分始発の小出行、キハ110単行に、無事に席を確保して一安心。朝の小出方面ということで、通学利用などもなく、乗り鉄風の方中心で、座席は8割方埋まった。何しろ全線を走る列車は1日に3本しかないのだ。

Img_9255_20221115080701

Img_9256

Img_9257_20221115080701

Img_9260_20221115080801

Img_9261

 途中ようやく夜が明けて、会津宮下で、上り列車と交換して、さらに山間部へ。あいにく雲は多めだけれど、只見川沿いの車窓はすばらしい。スマホで撮るだけでも何やら幻想的な風景だ。

Img_9263

Img_9265_20221115080801

Img_9267

Img_9272_20221115080801

Img_9277

Img_9278_20221115080801

Img_9281_20221115080801

Img_9296_20221115080801

Img_9300_20221115080901

Img_9305_20221115080901

 会津川口では、国鉄色リバイバル塗装のキハE120と行き違い。そして、ここからが運転再開区間となり、9時7分只見到着。ここまで、ごく一部、途中の撮影ポイントらしき駅で撮り鉄の方が降りたけれど、乗り鉄の方は、終点の小出まで乗る。何しろ、次の列車は、7時間後なのだ。車内は暖房が効きすぎて、暑いくらいなので、23分間停車の只見では、構内をのんびり散策。

Img_9308_20221115080901

Img_9306_20221115080901

Img_9311_20221115080901

Img_9317_20221115080901

Img_9314_20221115080901

Img_9318_20221115080901

Img_9320

Img_9321_20221115080901

Img_9322_20221115080901

 只見から次の大白川までは、六十里越えの難所で、一駅30分。実は、只見線は、国鉄末期のローカル線廃止の候補にもリストアップされていたのだけれど、この峠の並行する道路が冬期通行止めということで、特例として存続が許された経緯がある。周囲には、水力発電のダムもあって、首都圏へ貴重な電力も供給しているはずだ。

Img_9323

Img_9324_20221115080901

 越後平野が近づいてくると、お天気もよくなって、暑い車内で、少しうとうとしたところで、終点の小出到着。只見線4時間半の旅が終わる。ちなみに、小出から会津若松方面へ乗る場合は、始発は、5時36分。小出の駅前には、かなりくたびれたビジネスホテルが1軒のみ。次の13時12分なら、東京を朝でても間に合うけれど、終点の会津若松に着く頃には真っ暗だ。

Img_9327

 小出は、上越線の駅で、かつては、特急「とき」や寝台列車も通っていたので、ホームは長いけれど、今では、1時間に1本程度、ローカル列車が2~4両でやってくるのみ。30分ほど待って、11時10分の上り列車で2駅。浦佐で降りる。

Img_9328

 浦佐は、上越新幹線の中でも、なぜここに駅が?というほどの寂しいところで、30分の待ち時間を持て余す。

 11時56分発のとき318号は、5割くらいの乗車率。上越新幹線も北陸と同じE7系になったので、全席AC電源、長大トンネル内でもJRWifiがソコソコつながるのでだいぶ便利にはなった。

Img_9331

 ちょっと節約のために、大宮で下車。鉄道博物館とかRAIRYARDさんに寄ってしまうと、そんな差額はすぐ吐き出してしまうのだけれど、誘惑を断って、上野東京ラインでまっすぐ帰宅。直後に高崎内人身事故でダイヤが乱れたようなので、ぎりぎり逃げ切った。

Img_9333

 ということで、無事に只見線との再会旅を終えて、夜は、ロジータ記念、道営スプリント大敗を確認して、早々に就寝。

Img_9252_20221115080701

2022/11/8:全国旅行支援で行く!リバティ会津~湯西川温泉~会津鉄道

◆東京→湯西川温泉→会津若松:くもり一時はれ:6031歩:会津若松の最高気温=13.7度

 6時15分。ちょうどスカイツリー越しのビューティフルな日の出とともに起床。

Img_9189_20221114080901

Img_9192_20221114080901

 浅草に泊まったのは、実はおまけで、今日からが旅の本番。東武の浅草駅まで歩いて、9時30分発のリバティ会津113号で出発。ずいぶん前から購入しておいたのだけれど、平日だし、ガラガラだろうと思ったら、なんと前3両の会津田島行きは、満席だというからびっくり。(後ろ3両の東武日光行は空席あり)旅行支援恐るべしということなのかもしれないけれど、地方鉄道の苦境が伝えられる中、まずは喜ばしい。

Img_9200_20221114080901

Img_9204

Img_9203

 AC電源ありで、東武線内はWifiも使えて、まずは快適な車内。東武日光行を切り離す下今市では、SL大樹も見えた。

Img_9207_20221114081001

Img_9209_20221114081001

 鬼怒川温泉をすぎて、野岩鉄道に入り、湯西川温泉で下車。地下ホームからエレベーターで地上に上がったところが、道の駅になっていて、紅葉もいい感じだけれど、なんと2階は、日帰り温泉というからすばらしい。しかも源泉かけながしでなかなかのお湯。外は曇り空で冷えこんでいるけれど、露天風呂と内湯でゆっくりと温まる。

Img_9215

Img_9216

Img_9222

Img_9225

Img_9220_20221114081001

Img_9226_20221114081001

 ちょうど1時間半後に次のリバティがあって、ここからは、特急券なしで乗れるみたい。終点の会津田島からは、会津鉄道に乗り換え。猫のラッピングがすごいと思ったら、らぶ駅長というので有名らしく、残念ながら最近2代目がお亡くなりになったばかりとのこと。

Img_9230

Img_9232

Img_9237_20221114081001

Img_9238_20221114081001

Img_9240_20221114081001

Img_9243

 空がグレーなので、写真は今ひとつ映えないけれど、車窓の紅葉はなかなかのもの。途中の湯野上温泉からは、お客さんもけっこう乗ってきた。西若松からJRに乗り入れて、会津若松到着。ここもけっこう久しぶりだねぇ。

Img_9245_20221114081001 

Img_9248_20221114081001

 本日も全国旅行支援ということで、ワシントンホテルさんは、4000円ちょっとで泊まれて、3000円分のクーポンをいただいたので、駅へ戻って、NewDaysで買い出し。ホテルに戻って、ビアでひと息ついたところで、コンちゃんFAを確認。残念。正直、あんまり他球団で活躍するイメージないんだけどなぁ。。。

Img_9250_20221114081001

 皆既月食。自宅なら、向きもお天気もばっちりだったと思われるけれど、西向きのお部屋なので、早々に就寝するしかないようだ。。。


 

2022/4/12:白石川堤一目千本桜☆

◆仙台→柴田→大河原→福島→横浜:はれ:10289歩:白石の最高気温=27.6度

 6時半に目覚ましをかけておいたけれど、例によって早々に目が覚めた。野菜生活とサンドイッチだけつまんで、早々にチェックアウト。いい感じに晴れた。今日もかなり暖かくなる予報だけれど、さすがにこの時間はまだひんやり。

Img_3852

 7時すぎの東北本線で出発。新幹線不通区間だけれど、在来線は通常運転。通勤・通学とは逆方向ということもあって、車内はそんなに混んでいない。

 船岡駅で下車。いつもは、大河原から北へ向かって歩いたけれど、今回は、船岡から南へ歩く。おなじみの白石川堤一目千本桜。いやぁ、見事に満開。1日延ばしてちょうど見頃になってくれたんじゃないかな。後で調べたら、中井精也さんも未明の東北道を飛ばして、急遽駆けつけていたというから、間違いないだろう。弘前、角館、十和田、北上など東北には、すばらしい桜の名所がたくさんあるけれど、小生のベストワンは、なんといっても、ここ。そして、船岡と大河原の中間あたり、白石川の向こうの桜並木と蔵王の山が川に映り込むところがハイライト。今日は、空もけっこう青くて実にいい感じだ。やったね。

Img_3854_20220414075601

Img_3856_20220414075601

Img_3858

Img_3861_20220414075601

Img_3865

Img_3864_20220414075601

Img_3867_20220414075601

Img_3871

Img_3896_20220414075701

Img_3891_20220414075701

Img_3900_20220414075701

Img_3912

Img_3925

Img_3899

Img_3914

 大河原までは約3キロのちょうどよい散歩コースで、全区間がたっぷり満開の桜並木。2時間近くゆっくり堪能して、大河原駅からふたたび東北本線。白石で乗り換えて福島へ。並行する新幹線は、14日の運転再開に向けて、復旧工事というか、最終チェックをしているよう。福島が近づくと、小さめのさくらの木が増えてくる。これは、さくらんぼ畑かしらん。

Img_3915

Img_3926_20220414075701

Img_3927_20220414075701

Img_3942

Img_3943

Img_3944

Img_3949_20220414075701

 福島駅からの東北新幹線は、山形からのつばさ号と福島始発のやまびこ号が1時間に1本ずつという臨時ダイヤ。11時すぎのつばさ256号は、全席指定。冷房が効いた車内は、7割くらいの乗車率。文藝春秋を読みながら、うとうとしているうちに、1時間40分弱で無事に東京駅到着。

Img_3951

 久しぶりの東京駅だけれど、うろうろしていると、いろいろ誘惑がありそうなので、峠の釜めしと大相撲焼き鳥だけ購入して、東海道線でまっすぐ帰宅。開花状況とお天気がぴったりはまって、見事な桜を堪能できたね。

 61.4Kg(+0.1)

 

2022/4/11:福島・夜の森公園の桜並木☆

◆横浜→いわき→富岡→広野→仙台:はれ時々くもり:11859歩:広野の最高気温=21.9度

 1日延期した遠征。suicaペンギンリュックを背負って、横浜駅から上野東京ライン。ダイヤが多少乱れていたけれど、無事に品川で9時45分発のひたち7号に乗り換えて北へ。

Img_3764_20220413072501

Img_3765

 終点のいわきから、普通列車に乗り換えて、さらに北へ。13時すぎに、夜ノ森駅到着。駅前もさっそく桜が満開だ。

Img_3770

Img_3780

Img_3779

Img_3786_20220413072501

 福島・夜の森公園の桜並木。東北各地の桜を見てきた小生だけど、ここは初めて。かねがね参戦したいと思っていたのだけれど、なんといっても、ここはあの福島第一原発から直線距離で10キロもないのだ。震災から9年、常磐線が全線復旧して、夜ノ森駅が再開された後も、まだ桜並木の一部は、帰宅困難区域になっていて、11年目の今年、ようやく全域が立ち入りOKに。昨日までの週末は、無事に桜まつりも行われたようだ。ちなみに、駅には、今も線量計があって、0.174μSv/hの表示。胸部レントゲンが1回0.06mSvというから、えーと、2週間ここにずっと立ってると、レントゲン1回分っていう計算かしらん。。。あってるかな?

20220411q

Img_3781

 線路を渡って、まずは、北側の桜並木へ。いやぁ、これは盛大だ!レントゲンくらい浴びてでも見に来る価値があるよ。ボリュームもたっぷりだし距離も長い。ただ、空がねぇ。。。晴れてはいるんだけど、イマイチ青くないのが残念。

Img_3788_20220413072601

Img_3792_20220413072601

Img_3795_20220413072601

Img_3794_20220413072601

Img_3797_20220413072601

 さらに南側の桜並木へ。こちらも盛大。駅から1キロ四方くらい、どこもホントに盛大だ。震災から11年目の春、もちろんこの間も桜はずっと咲き続けていたのだけれど、ようやく見られるようになって、本当によかった。でも、やっぱり、震災の傷跡も、いろいろ目には入ってくるよね。

Img_3807_20220413072601

Img_3808_20220413072601

Img_3814

Img_3813_20220413072601

Img_3815

Img_3816_20220413072601

 夜ノ森駅は普通列車しか止まらなくて、本数も少ない。次の仙台方面への列車は当分ないので、いったん逆方向へ。Jヴィレッジ駅をすぎて、広野駅へ戻って、ここからあらためて、ひたち号で北へ向かう。広野駅にも線量計があるのだけれど、20キロくらい離れただけで、やっぱり線量は半分くらいになっている。除染が進んて立ち入りOKになったといっても、まだこれだけの差はあるんだねぇ。。。

Img_3831

Img_3817

Img_3835_20220413072601

Img_3836_20220413072601

 車窓からもう一度夜ノ森を眺めて、原ノ町へ。本来は仙台行きのひたち号なのだけれど、先日の地震でまた被害が出て、ここから先の区間は、徐行運転ということで、車両はそのままで、ここからは、全席自由席の快速扱いになる。ホント、次から次へと試練があるけれど、幸い、今週半ばには、通常ダイヤに戻る予定だ。時速30キロくらいでゆっくり走っているうちに日も暮れてきたけれど、相馬をすぎて、岩沼で東北本線に合流するあたりからは、スピードアップして、18時すぎに無事に仙台駅到着。

Img_3837

Img_3845

 さっそく駅ナカの寿司ストリートへ。夕食時だけれど、新幹線がまだ福島ー仙台間不通ということで、出張の人は少ないのだろう。牛タンストリートともども、どのお店もすぐに入れる。今回は、「三陸前」さんに入場して、グラスビアをいただき、せっかくなので、フカヒレもついた豪華な三陸の極セットを奮発。旨い。

Img_3849_20220413072601

 念願の桜を見て、美味しいお寿司をいただけば、あとはもう早々に就寝するだけということで、今回は駅から近いJALシティさんへ。

 

2021/11/11:三陸鉄道リアス線を行く♪

◆釜石→宮古→久慈→八戸→三沢→横浜:くもり時々はれ一時あめ:5435歩:久慈の最高気温=15.7度

 昨日はけっこう歩いたし、部屋の温湿度も、ベッドも枕も悪くはなかったと思うのだけれど、1時に目が覚めて、うし日記を読み、3時に目が覚めて、中嶋悟さんの私の履歴書を読み、5時に目が覚めるとダウが下がっている。もう眠れないかと思ったら、4度寝して、妙な夢をみて、6時すぎに起床。

 朝食は、ヴァイキングをやめての個別スタイル。まぁまぁ標準的な内容。7時半チェックアウト。爽やかな秋晴れだ。

Img_9248_20211111204401

Img_9249

 本日は、釜石から三陸鉄道で北へ。釜石ー宮古間がJRの山田線から移管されてからは、待望の初乗り。

Img_9250_20211111204401

 釜石発7:50の久慈行きは、1両。釜石までは、学生さんたちを運んできたようだけれど、釜石からの乗車は数人。ワールドカップのスタジアムがみえる鵜住居、井上ひさしさんでおなじみの吉里吉里、そして、岩手船越駅は、本州最東端の駅とのこと。

Img_9251_20211111204401

Img_9252

Img_9253_20211111204401

Img_9254

Img_9255

Img_9259_20211111204401

Img_9260_20211111204401

Img_9264_20211111204401

Img_9265_20211111204401

Img_9266_20211111204401

Img_9269 

Img_9270

 陸中山田を過ぎて、宮古の生活圏に入ってくると、通勤、通院、お買い物風の方が乗ってきて、多少にぎやかになったところで、9時14分宮古着。

Img_9274_20211111204401

Img_9275_20211111204401

Img_9276

Img_9279_20211111204401

 宮古からは、北リアス線、9分の停車で、列車はそのまま直通。また、車内は数人になってしまった。国鉄ローカル線廃止の第3セクター転換第1号として、設立時から応援してきたし、東日本大震災からもなんとか復興してきただけに、これからも鉄道を維持できるようにがむばってほしいけれど、前途は安心はできないようだ。

 新田老駅は、震災後、内陸に移転した市街地から便利なように開業した新しい駅、さらには、絶景ポイントとして知られる大沢橋梁では、一時停車して撮影タイム。終点の久慈の手前では、虹もかかった♪途中少しウトウトはしたけど、3時間16分、のんびり楽しい三鉄の旅が終了。

Img_9281_20211111204401

Img_9282_20211111204401

Img_9283_20211111204401

Img_9285_20211111204401

Img_9287_20211111204401

Img_9290_20211111204401

Img_9292

 久慈からは、JRの東日本の八戸線。接続もよくすぐの出発。キハ40でも登場するのかと思ったら、何やら最新型のきれいな気動車の2両編成。そして、もう一度海岸に虹がかかった♪八戸が近づくにつれて、さすがに三陸鉄道よりは、お客さんは増えてきたけど、まぁボックスに1人か2人という程度。

Img_9294_20211111204401

Img_9293_20211111204401

Img_9295_20211111204401

Img_9296_20211111204401

Img_9297

 12時46分、終点八戸の2つ手前の本八戸で降りて、無事に5時間近くの列車の旅終了。退屈することもなく、腰が痛くなることもなかった。

Img_9298

 本八戸駅の方が八戸駅よりは、市街地に近いはずなのだけれど、寂しい駅前。Newdaysさんで、もう一度ペンギンタオルをゲットしてから、空港連絡バスで三沢空港へ向かう。

Img_9299_20211111204401 

Img_9300_20211111204401

 久しぶりの三沢空港、やっぱりUSな方が多いね。JAL無料航空券の羽田便は、ほぼ満席だけれど、なぜかお隣が来なくてラッキー。そして、都心へは、新ルートでの進入。窓側のお席からは、東京の街をゆっくり眺められる。スカイツリー、都庁、新国立競技場、実家、レインボーブリッジ。すぐ向こうに同時進入の飛行機がみえるのもいい。そして、旅の締めくくりは、夕暮れの富士山で大団円。

Img_9301

Img_9304

Img_9306

Img_9308_20211111204401

Img_9310_20211111204401

Img_9311_20211111204401

Img_9314

Img_9318_20211111204401

 

 

2021/11/10:JR東日本株主優待割引で行く紅葉の中尊寺~高田松原津波復興祈念公園

◆横浜→東京→一ノ関→平泉→気仙沼→陸前高田→釜石:くもり時々はれ一時雨:12711歩:陸前高田の最高気温=16.5度

 目覚ましをかけて、日の出前の5時20分起床。6時2分のみなとみらい線~横須賀線で上京。以前、通勤でよく使ってた列車。

Img_9153

 今回は、JR東日本の株主優待4割引ということで、乗車券は、横浜市内→一ノ関。いったん東京駅で途中下車して、Newdaysさんで、お買い物をして、今日から配布開始のsuicaペンギンタオル第2弾を無事にゲット。

Img_9247

 7時16分発のはやぶさ101号、乗車率4割くらいで、3人がけ独占、AC電源、Wifi付きだから、快適な旅。仙台までは、大宮のみ停車だけれど、仙台から先は各駅停車になるめずらしいタイプで、今回のプランには最適な列車。低気圧の影響が微妙に残って、にわか雨という予報も出ているけれど、今のところは、気持ちよく晴れている。

Img_9159

Img_9157

Img_9168

 9時21分に一ノ関到着。西口のトヨタレンタカーさんから、ちょっとくたびれたヴィッツ号で出発。もっとも。今回も車種おまかせプラン4125JPYだから文句はいえない。

 三陸方面が主目的だけれど、せっかくなので、中尊寺に参戦。早い時間から、修学旅行でけっこうにぎわっていて何より。見頃はすぎたかと期待していなかったけれど、紅葉も場所によっては、けっこうきれいだ。

Img_9173

Img_9175

Img_9177

Img_9179_20211110185501

Img_9180

Img_9181

Img_9183_20211110185601

Img_9184

Img_9185

 地図が古そうであまり信用できないナヴィをたよりに田舎道で少しショートカットしてから、国道284号線へ出て、気仙沼へ。仙台駅の寿司ストリートでおなじみのあさひ鮨さんの本店があるので、参戦してみる。おそらく津波の被害の大きかった市内中心部、新しく区画整理されたっぽい一角にある。消毒、検温、連絡先記入、アクリル板となかなか徹底している。

Img_9187_20211110185601

Img_9188_20211110185501

 せっかくなので、フカヒレも入って8貫2750JPYのセットを奮発。調子に乗って、前沢牛にぎりも追加。世の中、高くて美味しいお寿司は、東京にいくらでもあるんだろうけど、小生としては、これくらいで十分満足。ごちそうさまでした♪

Img_9189

Img_9190_20211110185601

 陽も射すけれど、にわか雨もぱらつくお天気の下、国道45線を北上して、陸前高田へ。震災後、仕事でもプライベートでも何回か来たのだけれど、奇跡の一本松周辺が、祈念公園として整備が完了して、津波伝承館もオープンしてからは、初めての参戦。台風、そしてコロナ禍で延び延びになって、ようやく実現。

Img_9192_20211110185601

Img_9194_20211110185601

 大きな堤防の内外には、また松も植えられて、きれいに整備された公園を歩く。広島の平和記念公園とか、沖縄の平和祈念公園と同じように厳粛な気持ちになるけれど、3・11は、同時代に体験しているから、より感慨深いものがある。あのとき、自分がどこにいて何をしていたか、そして、翌月に陸前高田のお客様のところへ行ったときのこととか、鮮明に覚えているものね。

Img_9214_20211110185601

Img_9202

Img_9206

Img_9207

Img_9209

Img_9212

Img_9213_20211110185601

Img_9197

Img_9198_20211110185601

 無料の高速として整備された三陸道でさらに北上して、久しぶりの釜石へ。台風で中止になったワールドカップからもう2年だね。今夜は、あの時キャンセルしたフォルクローロさんにお世話になる。温泉じゃないけど、気持ちのいい展望露天風呂を満喫して、道の駅で勝ってきた三陸珍味をつまみにビアをいただき、早々に就寝。

Img_9217

Img_9218_20211110185601

Img_9219

Img_9220

Img_9221

Img_9224

Img_9226

Img_9223_20211110185601

 

2021/8/30:うみの杜水族館に参戦♪

◆山形→仙台→横浜:霧のちはれ:6907歩:仙台の最高気温=31.0度

 7時起床。8時チェックアウト。なんと雨が降っている。幸い、トヨタレンタカーさんは、ホテルの1階だから傘いらず。おなじみの車種おまかせプラン。これは、ヤリス号かな。

Img_7157

 帰りの新幹線は、仙台からにして、久しぶりに蔵王の御釜でも見て行こうと思っていたのだけれど、この天気では眺めは期待できそうもない。雨はすぐに止んだけれど、蔵王エコーラインに入って、山を登るにつれて、今度は霧が出てきて、どんどん濃くなってきた。撮影した場所は、これでもまだマシな方で、御釜へのリフトや駐車場への分岐のあたりが一番ひどくて、運転も大変。しかも外気温も18度くらいと冷えてきた。残念ながら、とても散策する雰囲気ではない。

Img_7154

Img_7155

 分水嶺を越えて、宮城県側に入って、道が下りになったと思うと、あっさり霧も晴れて、気温も上がってきた。村田ICから東北道に入って、仙台南道路から、仙台東部道路と、仙台市の外周をまわって、仙台港インターで降りる。このあたりは、津波の被害の大きかったところだね。

 うみの杜水族館に初参戦。入場すると、まずは、大水槽。夏休みも終わりかけの月曜の午前中だけれど、それなりにお客さんがいる。(後で調べたら、どうも昨日、地元のテレビでなにかやったみたい)

Img_7218

Img_7159

Img_7161

Img_7162

Img_7163

Img_7167

 ちょうど、イルカショーの時間だったので、スタジアムで観戦。なかなか盛大。

Img_7169

Img_7179

Img_7180

 さらに、カメさんとクラゲさんも見て、ぼちぼち帰ろうかと思ったら、あやうくペンギンを見逃すところだった。キングペンギンは、ヒナもいるし、ジェンツーペンギン、フンボルトペンギン、ミナミイワトビペンギンなどかなり充実。なかなか見応えがあるね。2200JPYとけっこうなお値段だけれど、建物も新しくてきれいだし、おすすめできる水族館だ。

Img_7186

Img_7187

Img_7188 

Img_7197

Img_7205

Img_7209

Img_7215

Img_7217

 新幹線口でレンタカーを返して、おなじみの「寿司ストリート」へ。立ち食いの「仙令鮨」さんが食べログ3.64で人気のようだけれど、あまり密でない「三陸前」さんのカウンターへ。こちらは、食べログは、3.46のようだけれど、フカヒレの入った豪華なセットをノンアルコールビアで美味しくいただく。

Img_7219

 14時31分発の「はやぶさ24号」。帰りも「トクだ値50%OFF」のグリーン車。乗車率は20%くらいかしらん。

 新幹線の特急券を大宮までにしたのは、ほんの少し安いからというよりは、レールヤードさんでお買い物でもしようかと思ったからなのだけれど、結局、面倒くさくなって、上野東京ライン乗り場へ直行。17時すぎには無事に帰宅して、早々に就寝。

Img_7222

 

2021/8/29:TIMELESS SESSIONS in 山形 -Piano Classic-♪♪♪

◆横浜→山形:くもりのちはれ:5152歩:山形の最高気温=32.5度

 例によって、直前まで迷っていたのだけれど、これ以上ひきこもっていても、人生もったいないので、やはり予定どおり出かけることにする。10時55分のみなとみらい線で出発。11時11分の横須賀線は、新車で、東京駅へ。子供連れの姿も多少はあるけれど、8月末の日曜にしては、やはり、かなりさびしい。

Img_7129

 12時ちょうど発のつばさ137号のグリーン車。モバイルsuicaでそのままピッと乗れるやつで便利。グリーン車といっても、「トクだ値50%OFF」なので、普通車の定価よりもずっと安い。もっとも、このご時世、空いてる方が安心かなと思って、グリーン車にしたのだけれど、普通車もガラガラ。

Img_7132

Img_7133

20210829x

Img_7134

 横浜は、雲が多くて湿気もあって、嫌な暑さだったけれど、北へ向かうにつれて、青空になってきた。久しぶりの山形駅新幹線ホームについたときは、空気が心地よく感じたのだけれど、実際は気温は32度くらいあったようで、横浜より高いくらい。でも、湿度は、30%台でだいぶちがう。

Img_7139

Img_7141

Img_7142

Img_7143

Img_7145

Img_7144

 駅ナカでお弁当を買う。牛肉ど真ん中が売り切れで、地元のナントカ牧場の豚丼。駅の西口を出た目の前が、リッチモンドホテルで、ちょっと先がセブンイレブン。お買い物を済ませてチェックインして、入浴して汗を流す。そして、今日の目的地のやまぎん県民ホールは、ホテルの目の前。部屋の窓からホワイエのお客様が見えるくらい。半径50メートルくらいのこれだけ狭いエリアで完結すれば、まぁ、遠征といっても、山形の方にもそれほどリスクはかけてないと思うので、許してね。ちなみに、明日お世話になるトヨタレンタカーさんは、ホテルの1階にある。

Img_7148

Img_7151

20210829a

 ということで、開演30分くらい前にお部屋をでて、1分で会場へ。本日は、「TIMELESS SESSIONS in 山形-Piano Classic-」。武部聡志さんのプロデュースで、渡辺美里、佐藤竹善、一青窈、川崎鷹也という豪華競演。武部さんと美里は、これまであまり接点がなかったような気がするから、これはやっぱり、見逃せないよ。そして、川崎鷹也さんっていう人は、松本隆さんの50周年アルバムで「君は天然色」を歌ってた人だ。

Img_7150

Img_7147

 事前にネットから個人情報登録とか、面倒だったけど、その分すんなり入場できて、お席は、通路側の前から2列目という良席!クラシックスタイルということで、お隣を空けない100%入場。もちろんマスク着用、声出しNGで、みなさんマナーよく鑑賞。

 いやぁ、ライヴは、最高でした。若い順に出てきて、2曲くらい演って、次の人とコラボしながら交代っていうよくあるスタイルだけど、何しろみなさん歌がうまいから、どんな組み合わせのコラボもすばらしいし、川崎さんも竹善さんも声が高いから女性ヴォーカルの曲もできるし、ホント、楽しかった。川崎さんは、ひとりだけ若いけれど、臆するところなくとてもよかったし、竹善さんの声は久しぶりに聴いたけど、うっとりするよ。そして、武部さんのピアノはもちろんだけど、ギターの石成さんっていう方もまたすばらしかった。

 主な演目は、「君は天然色」、「もらい泣き」、「SPIRIT OF LOVE」(武豊の結婚式のために佐藤竹善さんが作った曲なんだって)、「少年時代」、「10years」、「BELIEVE」などなど。そして、アンコールは、まず武部さんのピアノソロで、ユーミンの「春よ、来い」♪、川崎鷹也さんと佐藤竹善さんで「木蘭の涙」♪♪、一青窈さんが加わって3人で「ハナミズキ」♪♪♪、そして、最後に美里も加わって、全員で「My Revolution」♪♪♪♪いやぁ、ホント、最高のLIVEでした。武部さん、みなさん、ありがとう☆

20210829

 

 

 

2020/11/5:ひたち号で帰京

◆仙台→東京→横浜:はれ:4760歩

 けっこうよく眠れて6時起床。いきなりiPhoneがバージョンアップされてしまい、何やら混乱する。ただでさえバテリーが終了しているのに余計なことしないで欲しかった。

 気持ちよい秋晴れ。7時から朝食。ブッフェをとりやめているようだけれど、和洋とりまぜてなかなか充実のメニューで美味しい。

Image13_20201108062901

Image10_20201108062901

Image12_20201108062901

Image16_20201108062901

 8時半にチェックアウトして、帰りもタクシー券をいただき、泉中央へ。それにしてもGOTO分35%は国の負担とはいえ、朝食と夕食5000JPY券付きで12000JPYのお客さんに片道2000JPYのタクシーを往復用意してはほとんど儲けがなさそうだよね・・・せいぜいブログで宣伝しておこう。

 地域クーポン3000JPYがあるので、仙台駅で笹かまぼこと、「かもめの玉子」とお弁当とビア。お釣りが出ないので、税込み1000JPYプランを用意しているお店はセンスがいい。

 帰りはひたち号。というか、これが旅の一番の目的。震災から9年、ようやく全線開通した常磐線、うれしいことに、仙台ー品川直通のひたち号が登場。3月のダイヤ改正で真っ先に乗るはずが、延び延びになってしまって、ようやく実現。

Image11_20201108062901

Image7_20201108062901

Image5_20201108062901

 10時13分仙台発ひたち14号。E657系は、Wifi、AC電源対応で快適。車内には、7~8人程度。山元あたりから、路盤が新しくなったりして、作り直した区間になるのかな。相馬、原ノ町。震災の翌年に南相馬のふるさと納税の返礼で相馬野馬追いに来たときは、たしか、まだここも開通してなかったんだよね。

Image8_20201108062901

Image9_20201108062901

Image1_20201108062901

Image3_20201108062901

Image_20201108062901

 2年前に代行バスに乗った浪江から富岡が今春最後に開通した区間。本当はどこかで途中下車してゆっくり見たかったんだけれど、本数が少なくて接続も悪いので、断念。夜ノ森の桜とか、あらためてゆっくり見に来たいよね。そういえば、今日11月5日は、世界津波の日とのこと。なんでも、江戸時代の安政南海地震の津波に由来するとか。沿線は、堤防みたいに土が盛られているところが多くて、原発はみえないようね。

20201105k

Image6_20201108062901

Image4_20201108062901

Image14_20201108062901

 在来線の特急に4時間半も乗れるのは、今では貴重。いわきを過ぎたあたりで、ビアとお弁当をいただきくつろぐ。水戸を過ぎても車内は閑散としたまま。あっという間と言いたいところだけ、さすがに最後の1時間くらいは少し退屈したかな。

Image2_20201108062901

Image15_20201108062901

 大統領選は、バイデン氏優勢のまま開票は進まず。東京の感染者も少し増えたようだけれど、東証は今日も続伸で、ついに今年の最高値更新。

 

2020/11/4:杜の都へ。

◆横浜→東京→仙台→松島→仙台:はれ一時あめ:9941歩

 アメリカ大統領選挙開票。暴落に備えて指値してから出かけようかと思ったけれど、NY先物は大幅高。もうバイデン勝利を織り込んで、イベントさえ通過してくれればということかな。

Image16_20201106120301

20201104

 東証続伸を確認して出発。久しぶりの東北新幹線、はやぶさ号で北へ。今回初めての「新幹線eチケットサービス」とかいうやつで、チケットレスでの乗車。以前のモバイル特急券よりは使いやすくなったというか、前がひどすぎたからね。コロナで乗客が戻らない中、「えきねっとトクだ値」が50%オフとめちゃくちゃ安い。乗車率は50%弱くらいかな。

Image7_20201106120301

Image8_20201106120301

Image1_20201106120301

 車中、開票が進む。初めのうちは、やはりバイデンか、トランプがどう敗北宣言するかなと思っていたら、接戦州でぐんぐん追い上げて僅差で逆転するところが増えだした。今回、接戦州をほぼ全部とらないと厳しいけれど、その可能性がないともいえなくなってきた。先週の大阪といい、自分に直接関係のない僅差の選挙は楽しい。不確定要素が出てきて、東証上昇は一服。

20201104q

 ひさしぶりの仙台到着。さっそく、すし通りへ行くと、おなじみの「あさひ鮨」さんが、機械の故障とやらで休業。なんとお隣の「三陸前」さんもおなじく休業。あまりにもあんまり。仕方がないので、一軒だけ開いている「こうや」さんへ。カウンターは間隔を空けて。小ビアとおすすめ7貫、旨い。甘海老など追加。

Image6_20201106120301

Image_20201106120301

Image14_20201106120301

Image17_20201106120301

Image20_20201106120301

Image12_20201106120301

 北の大地では初雪の便りも多かったようだけれど、寒気が入って仙台も寒い。早々にホテルでゆっくりしたいところだけれど、せっかくなので、仙石線で松島海岸へ。円通院さんのお庭の紅葉が見事。お隣の瑞巌寺を見学して、五大堂まで渡ったら、さすがに40分では足りず予定の一本後の列車で、あおば通へ戻り、地下鉄で終点の泉中央へ。

Image29_20201106120301

Image23_20201106120301

Image4_20201106120301

Image19_20201106120301

Image18_20201106120301

Image5_20201106120301

Image22_20201106120301

Image27_20201106120301

Image13_20201106120301

Image15_20201106120301

 本日は、GOTO第5弾で、仙台ロイヤルパークホテル。昔は何度か泊まったのだけれど、相当久しぶり。東京でいえば、多摩ニュータウンとかチバリーヒルズみたいなところで、いかんせん遠いからね。コロナ対応で、駅からのシャトルバスが今は休日のみということで困ったのだけれど、ホテルでタクシー券を用意するあたりはさすがの対応。道中の紅葉もきれい。運転手氏にどちらから?と聞かれて、恐る恐る神奈川からと答えたけど、今日の運転手は、特に気にしてなかったようだ。仙台もここへきて陽性者増加中。車内にビニールシートも貼ってないし、地下鉄は窓も開けてなかった(小生が開けたら周囲の人に怪訝な顔をされた)し、東京に比べるといろいろゆるい感じは否めないから、地方都市はいったん増えだすとさらに拡大の恐れはあるよね。

Image25_20201106120301

 ホテルもけっこうなにぎわいで何より。チェックインで待たされるほど。あいかわらずラグジュアリー感はあるのだけれど、正直、スタッフの方は、ちょっとイマイチな感じも否めないね。

 お部屋でひと休みすると、バイデンも巻き返して、いよいよわからなくなってきた。ブックメーカーのオッズも二転三転。いくらくらいまで受けてくれるのかわからないけど、これ、けっこう儲けた人いそうだし、これだけブレると、オッズの付け方によっては、痛い目にあったブックメーカーもいるんじゃないかしらん。

 ラウンジが利用できるので、11月からライトアップしたというお庭を眺めながら食前にスパークリングワインを堪能。なかなかいい雰囲気でほぼ満席だ。

Image3_20201106120301

Image2_20201106120301

Image21_20201106120301

Image11_20201106120301

Image28_20201106120301

Image26_20201106120301

 本日のプランは、朝食の他に夕食5000円分付きという妙なプラン。メインのコースは6000円なのだけれど、フルコースもいらないので、アラカルト+ワインで5300JPYに収める。食後のコーヒーは、またラウンジでいただく。

Image9_20201106120301

Image24_20201106120301

 どうやらバイデン事実上勝利、トランプ裁判で暴れて決着長引く、というもっとも危惧されていたシナリオになりそうだけれど、相場はもうあまり反応しないようなので、早々に就寝。

20201104b

 

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)