2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2022/9/23:西九州新幹線開業&大村雅朗25thメモリアルスーパーライブ

◆福岡→武雄温泉→長崎→武雄温泉→福岡:8407歩:くもり一時あめ:長崎の最高気温=27.1度

 久しぶりのワシントンホテルはあまりよく眠れず。ベッドも枕も柔らかいかな。

 今朝はゆっくり。8時すぎに朝食ヴァイキング。まぁ普通。

Img_7828

 博多駅から来て、キャナルの目の前に着くバスは、一方通行で、天神周りになってしまうようなので、博多駅まで歩く。3連休初日でさすがににぎわっており、鹿児島本線でダイヤ乱れもありやや混乱気味。

Img_7829

 いよいよ西九州新幹線(長崎新幹線)部分開業ということで、10時52分発のリレーかもめ21号で出発する。これが、つばめ型の787系。斬新なメタリックのボディーデザインは格好いいのだけれど、いかんせん、デビューから30年近く経過しているから、車内の老朽化は隠せない。グリーン車を奮発して1人掛けだからラクではあるけれど、AC100もWifiもないし、空調もなんか寒いし、お手洗いも古い。

Img_7834

Img_7842

Img_7838_20220927162801

Img_7841_20220927162801

Img_7840_20220927162801

 様々な紆余曲折を経て、武雄温泉ー長崎のみの先行開業となった西九州新幹線は。問題山積みだけれど、そもそもリレーかもめに787系が使われている時点で、いかがなものか。これまで、長崎方面は、885系の白い「かもめ」で2時間だったはずで、新幹線乗り継ぎで1時間半になったうちの1時間が、787系というのではサービスダウンだ。もちろん、885系のリレーかもめもあるけれど、新幹線の恩恵の少ない佐世保行き「みどり」に885系を一部回したからこうなってしまったようだ。

 鹿児島本線のダイヤ乱れの影響が初日のリレーかもめに及ばないよう指令は苦労していたようだけれど、4分遅れで武雄温泉到着。向かい側のかもめ21号への乗り継ぎはまぁ1分あれば大丈夫だ。ホームは初日の見学客も多く、乗り継ぎ客より武雄温泉からあらかじめ乗っている人の方が多かったのも、初日ならではかな。

Img_7848_20220927162801

Img_7846_20220927162801

Img_7847

 新幹線は、N700S系だから、AC100、Wifi対応だけれど、800系と同じ水戸岡さんの木を使った内装で、重厚感はなく、新幹線としては正直いまいち。かもめ21号は、各駅停車タイプなので、10分くらいですぐ止まる。260キロ出せている区間はどのくらいあるのか?しかもトンネルばかりでほとんど海は見えない。

 30分で長崎到着。リレー式で発券されている乗車券、特急券のセットがうまく読み取れず自動改札では、エラーが続出。駅前では、何やらイベントもにぎやかなようだけれど、まだ再開発が全然完成していない感じ。鹿児島中央のときは、最初から、アミュプラザの観覧車くらいはあったよねぇ。

Img_7866_20220927162801

Img_7869_20220927162801

Img_7868_20220927162901 

Img_7876

Img_7877_20220927162901

Img_7875_20220927162901

Img_7870_20220927162801

Img_7874

 カステラを買うひまもなく、臨時のかもめ84号で折り返し。帰りは諫早のみ停車の速達タイプだから、新幹線らしいスピード感はある。そして、乗り継ぐリレーかもめは、885系のしろいかもめで、グリーン車は半室だけれど、AC100もWifiもあるから、まぁ、一応は合格だ。

Img_7878_20220927163001

Img_7881_20220927163001

Img_7879_20220927163001

Img_7890

Img_7891_20220927163001

Img_7893

 それにしても、数年後の全通が見えていた新八代リレー時とちがって、今回は、フリーゲージトレインが頓挫して、佐賀県内着工の見通しもたたないし、時間短縮効果も薄い。はっきりいって、2時間って、移動としては、弁当食べるにしても、打ち合わせ準備するにしても、一眠りにするにも、まぁまぁちょうどいい時間だから、乗り継ぎで1時間半になるのって、あまり歓迎されないでしょ。これ、敦賀開業後のサンダーバードにも同じことがいえるんだよね。。。

 そもそもいらなかった西九州新幹線。個人的には、どうせ作るなら、博多ー唐津ー佐世保ーハウステンボスー長崎空港ー長崎という海側ルートにすればよかったと思っているけれど、ここまで来てしまった以上は、いわゆる「スーパー特急」方式をやるしかないと思うけどね。武雄温泉のホームまで在来線が入ってこられるんだから、そのまま接続して、新幹線規格の路盤に狭軌の線路敷けば、踏切もないし、200キロくらい出せるでしょ。そこに快適な新型車両投入すれば、それで十分満足できるんかないかな。もっといえば、新鳥栖ー博多間を3線方式にして、もう一度新幹線区間に入ってもいいよね。九州新幹線の列車密度なら、最高速度200キロの車両が混じっても大丈夫でしょ。そしたら、博多ー長崎1時間半はラクにいけるんじゃないかな。何より30分乗って、乗り換えって落ち着かないよ。

Img_7896

 台風が発生して、東海から関東をうかがっているとのことで、こちらも小雨模様になってきたけれど、いったんホテルへ戻って一休みしてから、キャナルシティ劇場へ。昨日予習しておいたから、もう迷わない。ホテルから1分。

Img_7894

 本日は、「大村雅朗25thメモリアルスーパーライブ」。実は、今回の福岡入りは、新幹線初乗りはおまけで、このライブが本命なのだ。

Img_7821

 大村雅朗さんの名前は、80年代当時から、聖子ちゃんの名曲の数々のアレンジその他で、もちろん知っていたけれど、本格的に関心を持ったのは、2年前に、BSの番組「風の譜」を見てから。これが、福岡ローカルの番組をBS日テレで再放送してくれたようなのだけれど、実にいい番組だった。そして、同じように多くのアーティストのエピソードをたっぷり収録した「作編曲家大村雅朗の軌跡1951-1997」も読み応えったぷりだった。

 そんな大村さんの没後25周年のトリビュート公演が、彼の生誕の地の福岡でのみ開催。しかも、音楽監督が、佐橋佳幸さんに、亀田誠治さん、トークゲストには、松本隆さんも参戦というのだから、これはどうしても見ておきたい。

Img_7825

 2夜公演なのだけれど、小生は初日のみの参戦。まずは、八神純子さんの「みずいろの雨」。この曲が、八神さんだけでなく、大村さんにとってもブレークのきっかけになったのだという。

 2人目のゲストは、ばんばひろふみさん。そう「SACHIKO」も大村さんのアレンジなんだねぇ。八神さんは5曲も歌ってくれて、このペースだと何時間かかるのかしらん?とちょっと心配したけれど、ばんばさんは、ご高齢のためか、2曲だけだった(^^;)

 3人目のゲストは、しょこたんこと中川翔子さん。聖子ちゃんを神とあがめる中川さんが、大村さんアレンジの聖子ちゃんの名曲を代わりに歌ってくれるということで、まずは、「天使のウインク」から。「SOME DAY」や「そして僕は途方に暮れる」が代表的だと思うけど、大村さんの曲は、なんといっても、みんなイントロがいいよね。今回、佐橋さんと亀田さんも、極力当時と同じアレンジにこだわったとのこと。そして、しょこたんが歌が意外と上手いのにびっくり。聖子ちゃんのものまねではなくて、自分らしく歌って、それがまたなかなかいいよ。

 ここで、松本隆さんが登場して、聖子プロジェクトの裏話など。小生は、先述の番組や本で知っていたけれど、松本隆さんと大村さんは、戦友という感じだよね。そして、松本隆さんの詞は、「白いパラソル」からだけど、大村さんは、「青い珊瑚礁」からやってるんだものねぇ。

 最後に美里が登場。こちらも初期の名曲は、ほとんど大村さんのアレンジ。歌いたい曲が多すぎるので、選曲は、佐橋さんと亀田さんに任せたということで、「BELIEVE」、「君はクロール」、「Lovin’you」。聖子ちゃんと美里の曲ということは、作曲家陣もすごい豪華なわけで、ユーミン、細野晴臣、佐野元春、小室哲哉、岡村靖幸他、上げたらきりがない多くの天才たちのアレンジをしてきたんだよねぇ。

 大江千里さんの「RAIN」をカバーで歌って、最後は、もちろん「My Revolution」。この曲もやっぱりイントロからぐっとくるものね。

 バンドメンバーも、小生でもわかる豪華ミュージシャンばかりで、まさに夢の饗宴。明日2日目は、大沢誉志幸さん槇原敬之さんらが参戦というから、これも素敵なライブになりそうだねぇ。

Img_7899_20220927163101

 いいライブの後は、お腹がすく。キャナルシティ内のラーメンスタジアムで、「らーめん二男坊」さんをいただき、部屋に戻って、ハイボールをいただきながら、ライブをふりかえりつつ、ゆっくり就寝。

Img_7913

Img_7910_20220927163101

Img_7915_20220927163101

Img_7897

 

2022/9/21:柳原良平アートミュージアムへ参戦

◆横浜:くもり時々はれ:6389歩:横浜の最高気温=24.4度

 台風が去って、ぐっと涼しくなった朝。野菜生活。radikoで美里のラジオを聴きながら自転車を30分ほど漕いで朝風呂。ヨーグルト、カレーパン、コーヒー。

 東証反落を確認しつつ、9時打ち、10時打ちなど済ませてから、長袖でお出かけ。まずは、郵便局で、本日発売の鉄道150周年記念切手をゲット。これは、フレーム切手ではなくて、正式な記念切手なので、額面通りの金額で購入できる。キハ58とか、101系とか、小田急SEとか、車両の選択もなかなか渋いというか、各分野でのパイオニア的な車両で、レジェンド揃いだ。

Img_7716_20220922164101

Img_7717_20220922164101

 久しぶりに横浜みなと博物館内の、柳原良平アートミュージアムへ。特集展示は、「柳原良平が描く横浜の港の風景」ということで、おなじみの船や景色が楽しめる。ミュージアムショップで、みなとみらいのリトグラフでいいのがあったら・・・とも思ったのだけれど、見当たらなくて残念なような、よかったような。。。

Img_7710

Img_7711

Img_7712

Img_7713

Img_7720

 テレ玉杯オーバルスプリント大敗を確認したところで、たまにはと思って、相撲をつけると、ちょうど高安が妙義龍に敗れ3敗、玉鷲vs北勝富士の1敗対決は、玉鷲勝利、さらに翔猿が熱戦で宇良に勝って勝ち越し。もはや、大事な相撲は、17時頃なんだね。結び前は、御嶽海が負け越して大関陥落、結びは、正代が勝って、場内も驚くというような。。。

 崎陽軒の「ひとくちおはぎ」をいただき、早々に就寝するしかないようだ。

Img_7721_20220922164101

 

2022/9/15:横浜都市発展記念館「横浜鉄道クロニクル」

◆横浜:くもり:5567歩:横浜の最高気温=26.1度

 7時半起床。どんより曇って、気温も上がらず、涼しい朝。

 午後から久しぶりにzoomを使うので、ちょっと練習したらバーチャル背景が消えちゃったり、マイクの調子が悪かったり、難渋したけれど、なんとか復活。

 みなとみらい線で2駅、日本大通り駅直結の、横浜都市発展記念館へ。新聞博物館のお隣だけれど、ここはたぶん初めて。

Img_7573

Img_7572_20220917075901

 鉄道150周年、ということで、企画展「横浜鉄道クロニクル」が開催中。規模は小さいけれど、鉄道開業当時の資料がいろいろ展示されていて、なかなかおもしろい。残念ながら、撮影禁止なので、図録を購入。

Img_7570

Img_7571_20220917075901

 最初に、新橋ー横浜が開業した後、当然、そこから先、東海道線として、京都、大阪方面へ延長する計画が出てくる(中山道=中央線経由とずいぶんもめたけど)のだけれど、初代横浜駅(今の桜木町近く)は、行き止まりになっていたので、スイッチバックが必要になっていたとは知らかなった。それじゃ、あまりにも効率が悪いので、高島町あたりに二代目ができて、さらに三代目が現在の位置になったようだ。

Img_7579_20220917075901

Img_7580

Img_7581_20220917080001

 売店では、なぜかゼンリンさんのMAPグッズシリーズも売っていたので、横浜のハンカチをゲット。

Img_7577

 午後から、所用につきzoom会議。PCの調子は問題なく、無事に終了。

 名古屋競馬、ベイスプリント大敗、園田競馬、西日本ダービー大敗。園田の西日本交流レースで1着から6着までが他地区(金沢、名古屋、笠松、高知)が上位独占とは驚いた。川崎競馬、戸塚記念大敗で、予算を使い果たして、門別競馬、旭岳賞にはたどりつけず、早々に就寝。

 

2022/9/5:マリンタワー展望台&秋のオールドクラシックフェア@ホテルニューグランド

◆横浜:はれ:6694歩:横浜の最高気温=31.2度

 7時起床。昨晩寝る前にアイスを食べてしまったので、反省して、自転車を50分漕ぐ。ぐったり。朝風呂、野菜生活、鮭フレーク、玉子、海苔、納豆、ご飯。

 ツイッターで、鉄道150年の記念乗車券が、今朝からJRE MALLで発売との情報をみつけたので、さっそく参戦すると、しばらく待たされたけど、無事にアクセスできて、ゲット。

20220905a

20220905b

 東証続落を確認して、みなとみらい線で元町・中華街へ。9/1にリニューアルオープンしたマリンタワーへ参戦。

 横浜開港100年記念事業として、1959年に着工、1961年に開業して、横浜のランドマークのひとつだったマリンタワーだけれど、老朽化や、みなとみらい地区の発展とともに、人気がなくなって、2006年にいったん廃業。横浜市が経営権を取得して、開港150年の2009年にリニューアルオープン。さらに2019年から大規模修繕に入って、このたび再開となった次第。横浜に住んでもう25年くらいになるけれど、昇るのは始めてだ。

Img_7378

Img_7379

Img_7381

 外観はリニューアルされたけれど、いかんせん築60年以上ということで、小さなエレベーターで、29階の展望台へ昇る。もうひとつ上の30階へは、階段。こじんまりとした小さな展望台だけれど、開業当初は、灯台の機能も持っていたらしい。

 高さ106mというから、ランドマークタワー69階のスカイガーデンに比べれば半分にもいかないけれど、展望台というのは、必ずしも高ければといいというものでもなくて、周囲にあまり高い建物もないので、なかなかよい眺め。見慣れたみなとみらいの景色も視点が少し変わるだけで、新鮮だ。

Img_7389

Img_7391_20220906071101

Img_7386

Img_7390

Img_7392

 低層階には、お土産屋さんや、飲食店も入っているようだけれど、小生は、例によって、ホテルニューグランドのザ・カフェへ。今日は、5分くらいしか待たずに入れたら、先週とまったく同じお席だった(^^;)

Img_7406

 今月から、秋のオールドクラシックフェアⅠが開催。肉料理は、スカロッピーニナポリタン。デミグラスソースのビーフカツの下にナポリタンが隠れているといういかにも横浜の洋食という感じのメニュー。せっかくなので、グラスのシャンパンと美味しくいただく。

Img_7405_20220906071101

Img_7399

Img_7401_20220906071101

Img_7403_20220906071101

 デザートをいただき、コーヒーを飲んでゆっくりしてから、おなじみの臨港線プロムナード~赤レンガ倉庫~ハンマーヘッドのルートで帰宅。なんだかんだ今日も暑いけれど、空の青さに、少し秋の気配。

Img_7404_20220906071101

8ab0550d83304f32a6b2d6556e057418 

 夕方から、JSPORTSで、ブエルタエスパーニャ、クイーンステージの第15ステージ(再)をたっぷり堪能して早めに就寝。

 

2022/9/2:東急100年

◆横浜→相模原→横浜:くもり時々あめ:9765歩:横浜の最高気温=26.6度

 所用につき、桜木町から横浜線で橋本へ参戦するも、諸般の事情により打ち合わせが中止となり、とんぼ帰り。帰りは、菊名で乗り換えてみなとみらいへ。

 本日は、東急100周年ということで、記念の切手(いわゆる記念切手ではなくて、オリジナルフレーム切手という額面より値段が高いやつ)が、今日から東京と神奈川の一部の郵便局で発売されるというので、帰りにクイーンズスクエアの郵便局に寄ってみると、取り扱いがないという。窓口氏曰く、東急沿線の郵便局で主に販売とのことで、みなとみらいは、東急沿線じゃないと言われると、ちょっと寂しいけれど、まぁそのとおりでもあるので、横浜駅の中央郵便局の切手館に参戦して無事にゲット。

Img_7341

Img_7338

Img_7343_20220902164301

Img_7344_20220902164301

 ということで、東急沿線に住んだことはないのだけれど、中学、高校と、目黒から目蒲線、東横線で通ったし、渋谷文化圏で育ったので、私鉄の中では、一番身近な存在だった。流通業もリゾート開発も、東急か西武か、という時代。東急文化会館、パンテオン、五島プラネタリウム、伊豆急、東急インなどなどお世話になったし、昔は、地方のバスでも、東急のマークがついているのがけっこうあったよね。

 104年前の今日、9月2日に、渋沢栄一が田園都市株式会社を設立、その分譲地へのアクセスとして、目黒蒲田電鉄株式会社が設立されたのが、100年前の今日、1922年9月2日なのだという。そう、原点は、東横線じゃなくて、目蒲線なんだよね。そんなわけで、切手シートのフレームも、目蒲線の3450形が大きく取り上げられているのがうれしい。当時は、これか、アオガエルの5000系かがメインで、たまに東横線のお下がりと思われる7200系が来ると、貴重な冷房車でうれしかったんだ。

20220902a

20220902b

 ちなみに、昨日が、関東大震災99年。つまり、震災1年前に田園都市を計画していたわけで、実際、震災後に郊外への移住が加速されるから、さすが渋沢栄一、先見の明があった、ということなんだけど、このへんの話、去年の大河ドラマには全く出てこなかったのが残念。

 強盗(五島)慶太とピストル(堤)康次郎の対決の時代から、戦後の復興、渋谷文化の発展、リゾートブーム、バブル崩壊を経て、西武も東急も近年は、残念ながら、あまり元気があるとはいえないけれど、ずっと競っていた両社が、今では副都心線を介して相互乗り入れをするのだから世の中変わるものである。

 そして、東急は、来年、久しぶりの新線開通が控えている。日吉ー新横浜間の東急新横浜線が開通して、相鉄新横浜線に直通、横浜国大~西谷~海老名(湘南台)方面へ乗り入れる。日常的には、あまり利用する機会はなさそうだけれど、首都圏では久々の大型新線なので、どんなダイヤになるのか今から楽しみだ。

20220902c

Img_7347_20220902164301

Img_7345

Img_7348_20220902164301

2022/8/23:10時打ち小勝

◆横浜:くもり時々はれ:1674歩:横浜の最高気温=32.2度

 7時起床。今週はお当番がないので、「9の音粋」を聴きながら、自転車を30分漕ぐ。これ、続き、明日聴けないのかな。パート1とパート2に分割されてから大丈夫なのかな。

 10時打ち待機。10分くらい悪戦苦闘も、プランBは確保したからなんとか小勝。なまじJR九州のネット予約にこだわったのが失敗、えきねっとの方がすんなりだった。そして、弱気にならず、まずは、第1希望で勝負すべきだったようだけど、まぁ結果論かな。

 蒸し暑い中、午後から歯医者へ。根の治療は1週お休みでクリーニング。

「以前より、みがき方がよくなりましたね。」

 と褒められつつも、また怪しいところが2、3みつかちゃったからねぇ。。。

 帰宅して、GAORAで釧路のファイターズ戦、と思ったら、なんと16時で日没コールド。暦の上での日の入時刻は、18時13分なので、2時間も早いんだけど、釧路名物の霧がたちこめて空がグレーになっちゃった。。。

2022/8/16:1ヶ月7日前10時打ち不戦敗

◆横浜:はれ時々くもり:3636歩:横浜の最高気温=33.1度

 何度か目が覚めて5時起床。今日も関東内陸部を中心に猛暑。バスを待つのも暑いので、久々に自転車でディアナへ。風も強いけど、涼しくない。横浜は、これでも33度くらいだからマシな方なのだろうけど・・・

Img_7007

 いつものように、radikoタイムフリーで、「9の音粋」を聴きながら、事務処理をしていると、暑い中、お客様が来てくれて、レンタルボックスの商品をお買い上げいただき、お昼すぎにみっちゃんと交代して帰宅。急いでシャワーを浴びて、今度は、歯医者へ。

Img_7008_20220817091901

「今日は、麻酔しないでやりますから。」

「・・・」

「痛かったら、手を上げてくださいね。」

「ピコピコ・ピコピコ」

「うぅ・・・」

「ピコピコ・ピコピコ」

「う・・・」

 麻酔しちゃうと、どの程度治療が進んでいるかわからないからとの理屈はわかるけど、まだそれなりに痛いよ・・・というか、いつ痛くなるか?待ってると思うと、ドキドキしてもうダメなんだ。。。ただ、女性の先生に代わってから、全体に、治療が丁寧な感じがするし、オエッとなることもほとんどなく、安心感はある。やっぱり、信頼関係が大事よね。ということで、根の治療はまだ継続。

 そういえば、今日は、九州新幹線開業の1ヶ月と7日前。ということは、今日から事前申し込みができるのか。問題だらけの欠陥新幹線で、あわてて初日に乗ることもないのだけれど、前後に福岡に所用もあるし、一応エントリーしてみるか、ということで、JR九州ネット予約の会員になって、申し込んでみると、

20220816d

20220816a

「選択された乗車日については、事前予約受付件数の上限に達しているため、お申込みをいただくことができません。」

20220816c

 事前申し込みは、予約確約ではなくて、実際には、1ヶ月前の10時打ちと同じ扱いというのは、知っているけれど、上限があるなんて、どこにも書いてないし、JR東日本のえきねっとでもJR東海のEX予約でも、一度もなったことないよ。なんじゃこりゃ。事前申し込みも10時に参戦しなきゃいけなかったということなのか。。。3連休とはいえ、実際は、初日からそんなに満席になるとも思えないけどねぇ。。。

20220816b

 仕方がないので、白ワインをちびちび飲んで、王冠賞大敗、BIG BOSS 61敗を確認して、早々に就寝。

Img_7005

 

 

2022/8/8:黒部峡谷鉄道トロッコ列車&関電竪坑エレベーターで行く黒部峡谷パノラマ展望ツアー☆

◆富山→黒部→宇奈月→欅平→宇奈月→黒部→横浜:はれ時々くもり:11080歩:富山市の最高気温=37.1度

 6時起床。6時半すぎに朝食ヴァイキングをいただいて、お昼のおにぎりを購入して、7時48分のはくたか号で出発。ここで、kecoさんもICカード乗車を初体験。無事にえきねっと予約から紐付けできていたようで、これなら、今後使えそうだ。

Img_6764_20220812072701

Img_6765

 わずか12分で、黒部宇奈月温泉到着。駅前は何もない。いや、富山地鉄の新黒部駅だけがある。「黒部宇奈月温泉」と名乗っていても、宇奈月温泉までは、地鉄で30分弱。新幹線接続の新黒部の駅も無人駅なので、整理券をとって乗車。もうすでに暑いので、今日も猛暑になりそう。

Img_6766

Img_6767_20220812072701

 宇奈月温泉駅の2階でツアー受付。ここから欅平までの黒部峡谷鉄道トロッコ列車はおなじみだけれど、今回は、さらにその先の関電業務エリアを案内してもらうツアーに申し込んだのだ。

Img_6773

 ワクチン2回証明とか、事前資料にはいろいろ書いてあったけれど、特にチェックもなく、検温、消毒くらいで受付完了。まずは、トロッコで欅平まで行く。今日は平日だけれど、10両以上のトロッコはほぼ満席で何より。黒部川は、以前みたときと同じような感じで、大雨の痕跡もない。

Img_6774

Img_6780

Img_6782

 黒部峡谷というと、いかにも涼しそうだけれど、実はまだ標高500mくらいで、今日はかなり暑い。半袖で充分。ただ、トンネルに入ると一気にひんやりするから不思議といえば不思議。1時間20分くらいトコトコ上って、終点の欅平到着。

Img_6790

Img_6795

Img_6796

Img_6797

Img_6816

 ここから散策に向かう多くの人たちと別れて、ここで、ツアーの30名弱が再集合。ヘルメットを着用して、関電(関西電力)の担当者の案内で専用トロッコに乗り換えて、いよいよ関電業務エリアへ。

Img_6817

Img_6828_20220812072701

Img_6830_20220812072701

 しばらく進んでから、トンネル内で、ポイントを切り替えて、スイッチバックのような形で、推進運転で進んで、竪坑エレベーターの前で停車。

Img_6838

Img_6837

 バラせば貨車も詰めるような大きなエレベーターに、密にならないよう2班に分かれて乗車。一気に200m上って、欅平上部駅へ。ここで標高800mだ。

Img_6852

Img_6880

 外がのぞけるエリアがあって、ここからのビューでももう満足。業務用トロッコも乗れたし、竪坑エレベーターも乗れたし、充分堪能した気がするのだけれど、パノラマ展望ツアーということで、山岳ガイドさんにバトンタッチして、パノラマ展望台まで、登山道を歩く。20分くらいだけど、けっこうな山道。なんとか展望台へたどりついたけれど、5年後はもう自信ないよ。

Img_6855

Img_6857

Img_6875_20220812072801

Img_6861

Img_6863

Img_6865_20220812072801

Img_6864

 希望者は、ここでツアーを離脱して、欅平まで上級コースを下山という選択肢もあるようだけれど、さすがに希望者ゼロ(昨日は1人いたらしい)とのことで、帰りもエレベーターと業務トロッコで、欅平へ戻って、冬季メンテナンス用の人道トンネルなど見せていただき、解散。この関電ルート、実は、黒部ダムまでつながっていて、2年後をめどに、黒部ダムへ抜けるルートも一般公開に向けて整備中(観光客を案内するには、いろいろ安全対策が必要とのこと)なので、楽しみだ。

Img_6881

Img_6885

Img_6876

Img_6890

 マニアックなツアーを堪能したけれど、慣れない山登りで、汗だく。シャツを着替えて、おにぎりをいただいて、帰りのトロッコで宇奈月へ。ここから地鉄に乗り継ぐ人はすくなく、多くの人は、温泉で1泊のようで、実にうらやましい。早く汗を流してビアを飲みたい・・・

Img_6895

Img_6897

Img_6898

Img_6906

Img_6907

Img_6908_20220812072801

 汗は流せないけれど、ホームには足湯が。10分くらいだけど、これで、ずいぶんラクになったから不思議なものだ。何もない新黒部駅から黒部宇奈月温泉。駅ナカのセブン・イレブンで、一応富山みやげをほそぼそと売っているので、宇奈月ビールと白エビせんべいなど購入して、はくたか号でグビっと。地ビールなかなか旨い。

Img_6768

Img_6911

Img_6912

Img_6913_20220812072801

Img_6917_20220812072801

 ガラガラだったはくたか号も、長野あたりから、だいぶ乗ってきた。ファイターズ来季開幕戦が突然発表されたようで、夏の遠征が終わったばかりなのに、早くも来春の検討をしつつ、kecoさんは上野駅で下車ということで解散。強行軍だけれど、天気に恵まれて、なかなか充実の1泊2日。

20220808x

Img_6928

2022/8/7:立山黒部アルペンルートへ♪

◆横浜→長野→扇沢→黒部ダム→黒部平→大観峰→室堂→美女平→立山→富山:はれ時々くもり:10054歩:富山市の最高気温=35.6度

 5時起床で夏の遠征に出発。遠征といっても1泊2日の強行軍で、6時22分発のN’EX3号で横浜を出発して、7時に東京駅でkecoさんと合流。おなじみの「祭」は混み合っているので、普通の売店でお弁当を購入して、7時20分発の「かがやき503号」。大宮時点で7割くらいの乗車率かしらん。

Img_6691_20220811093401

Img_6692

Img_6693

 今日の目的地は、立山黒部アルペンルート。以前は、大糸線に乗り入れる「あずさ」で信濃大町経由がメインルートだったけれど、新幹線開通後は、長野スタートが定番に。東口から、おなじみの扇沢行きのバス。これが、事前に予約できないので、心配だったのだけれど、案ずることもなく半分くらいの乗車で出発。長野駅周辺の川は、濁った濁流で、先日の豪雨の影響を思わせる。今回、新潟、山形、福井などで被害が大きかったけれど、めざす富山、黒部は、被害は、ほとんどないようでよかった。アルペンルートの旅は、お天気でほぼすべてが決まってしまうところがあるけれど、kecoさんは初参戦、これなら今日は晴れ間もでそうだ。

Img_6695

Img_6697

Img_6706

 扇沢からは、トロリーバスが引退して、バッテリーで走る電気バスになってからは始めてだ。「黒部の太陽」でおなじみの破砕帯を通過して、終点から、220段の高い方の階段を上って、展望台へ!黒部ダムだ!

Img_6701

Img_6711

Img_6710_20220811093401

 放水も盛大で、虹もかかって、いい感じ。この眺めがゲットできれば、アルペンルートの旅は、8割方成功したも同然。夏休みの日曜日ということで、かなりの混雑を覚悟していたのだけれど、ガイジンさんはもちろん、日本人の団体ツアーもほぼいなくて、個人旅行の方中心に適度なにぎわい。これなら、乗り継ぎのたびに盛大に待たされることもなく、順調に進めそうだ。

Img_6709

Img_6720

Img_6726_20220811093401

 ケーブルカーで上った黒部平で、お弁当をいただく。実に気持ちいいけれど、標高1828m、陽射しも強く、焼けそう。

Img_6725

Img_6727_20220811093401

 さらにロープウェー、そして、日本で唯一残ったトロリーバスに乗れば、室堂。標高2400m。さすがに涼しい。涼しいけれど、寒くはない。ここでこの温度ということは、下界(東京や富山)は、相当な暑さになっているだろうことは想像がつく。午後からにわか雨の予報もあったけれど、多少霧っぽくなってきた程度で、雄山の方もなんとかみえる。高山植物もグーグルレンズのおかげでチングルマと判明。やたら石が多いのは、花崗岩と玄武岩とホテルに着いてから確認。みくりが池まで軽く散策して、下山のバスへ。

Img_6732

Img_6735

Img_6734_20220811093401

Img_6741_20220811171401

Img_6742_20220811093401

Img_6744

 美女平まで降りるともうけっこう暑い。そして、ケーブルカーでさらに降りて、立山駅から地鉄電車で富山へ。平野に降りてからは、のどかな田んぼの風景だけれど、ところどころ、田んぼの真中に立派なお墓が集まっているのがめだつ。ずいぶん立派なお墓が多いなと思って帰宅後に調べたら、富山は、地上納骨のお墓が多くて、特に東部地域では大きいとのこと。へぇ。

Img_6745

 富山地鉄も、首都圏で活躍した車両のお古がいろいろ。レッドアロー号が2両で走っていたりして驚くけれど(デッキとかドアは改良したのかしらん)我らの車両は、平凡な感じで、車内で、はむほーを確認すると、無事に富山駅到着。

Img_6749

Img_6750

 猛烈に暑いけれど、幸い、今日のお宿は、駅直結の地鉄ホテルさん。歴史はありそうだけれど、お部屋はリニューアルされてきれいだし、枕も真央ちゃんでおなじみのエアウィーブで、なかなかよい。本来なら、おなじみの「四六八ちゃ」さんあたりで、白エビとかのどぐろとかいただきたいところだけれど、今日はあいにく日曜日。仕方がないので、ホテル内の居酒屋さんを予約しておいた。安いお店で、若者でにぎわっているけれど、全席個室なので、まぁ安心。カルピスハイボールで初日の無事を祝い、あまり富山らしくないサラダなどいただいて、明日も強行軍なので、早々に就寝。

Img_6753

 

2022/6/30:ばんえい十勝・ファイターズWEBキャンペーン当選!

◆(車中泊)→横浜:はれ:3518歩:横浜の最高気温=36.1度

 早々に就寝といっても、姫路も大阪も覚えている。で、3時半に目が覚めると、どうやら岡崎あたりを走ってるんだけど、本来なら4時半に静岡の予定だから、どうもおかしい。かなり遅れている模様。まぁ、その分長く乗れるから別にいいんだけどね。夜中に名古屋近辺で、何かあったようだ。

Img_5790_20220704045901

20220630t

 5時43分到着予定の熱海に、7時頃の到着。この前に車内放送があって、急ぐ人は、こだま号への振替が案内されていた。本当に急ぐなら静岡で振り替えてあげた方がよかった気もするけど、パターンが決まっているのかな。

Img_5794_20220704050001

Img_5795

 1時間15分の遅れとなると、通勤時間帯のど真ん中に割り込む形になってしまい、追い抜くこともできないから、遅れはどんどん拡大。結局、横浜には、1時間39分遅れの8時23分到着。東京方面への通勤電車にも当然影響が出ているから、けっこう迷惑だっただろうね。ちなみに2時間遅れると、特急料金が帰ってくるのだけれど、それには至らず。1時間はけっこうあるけど、2時間遅れはなかなかないのよね。

Img_5799

Img_5807

 朝から暑い中、帰宅すると、宅配ボックスに何やら入っている。ばんえい十勝の「ファイターズWEBキャンペーン」当選!そういえば、なんか応募したような気はしたけれど、なんと淺間っくすのサインボールだ!!あらためて調べてみると、キーホールダーやタオル、さらには観戦チケットは、けっこうな人数だけれど、サインボールは2名様だって!すばらしい!!!

Img_5810

20220630x

 

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)