2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2022/12/16:軽井沢国際カーリング選手権に参戦!

◆横浜→軽井沢→横浜:はれ:9252歩:軽井沢の最高気温=5.8度

 4時50分起床。5時42分のみなとみらい線~5時52分の上野東京ラインで上京して、6時52分発のあさま号で出発。12両中8両が自由席ということで、指定席より自由席の方が空いているけれど、大宮出発時には、ソコソコの乗車率にはなったようだ。

Img_0021

Img_0022

Img_0027_20221217095001

 8時6分軽井沢着。気温は1度くらいだろうか。天気はいいけれど、さすがに冷える。駅前のトヨタレンタカーで、アクア号をゲットして、久しぶりの風越公園へ。本日は、軽井沢国際カーリング選手権に参戦である。

Img_0030_20221217095001

Img_0031_20221217095001

Img_0032_20221217095001

 以前来たときは、かなりのんびりしたものだったけれど、五輪での2大会連続メダル、そして、コロナ禍で、国内の有観客試合がかなり久しぶり、しかも軽井沢ということで、今回のチケットは、なんと予選リーグから、1試合毎入れ替えで、6000JPYの超強気設定。まぁ席数も200ちょっとしかないし、稼げるときに稼ぐのは悪いことではないけどね。リンクレベルで見られる10万円席なんていうのもあったけど、売れたのかしらん。。。事前予約のTシャツをゲットして、観客席へ。

Img_0033_20221217095001

Img_0034_20221217095001

◇2022/12/16:○FORTIUS 6-3 LOCO STELLA(軽井沢)

 町長ら3人による始球式のような一投。これを藤沢さんや吉村さんがスイープすると、けっこうハウスの近くに来るから、なかなか大したもんだ。

Img_0037_20221217095001

 予選リーグ第1試合、五輪メダルのロコ・ソラーレがさっそく登場しているけれど、小生は、もちろんフォルティウスの試合が行われるBシート前を確保。吉村さんはあいかわらずお美しいし、小野寺さんは、あいかわらず半袖(^^;)。船山さんはリザーブのようだ。対するロコ・ステラは、ロコ・ソラーレの若手版という感じで、マリリンこと本橋選手がサードに入って、若い選手を育てているようだ。

Img_0045

Img_0066_20221217095001

Img_0054_20221217095001

 久しぶりのカーリング観戦。寒いのは分かっていたので、ももひき、タートルネックのヒートテック、靴に敷くホカロン、suicaペンギンひざかけなど用意して万全の態勢。観客席からアイスは近いとはいえ、半分は反対側へ投げるわけだし、上からの映像や解説もないから、テレビの方が戦略はよくわかるけれど、その分、氷を滑る音や、選手の声がよく聞こえて、臨場感はある。やはり、生観戦は楽しい。

Img_0057_20221217095001

Img_0058

 試合は、先制して、第5エンドに3点をあげたフォルティウスが6ー3で勝利。全体に安心して見ていられたけど、後で、配信などで振り返ると、どうやらアイスがあまり曲がらないので、お互いに大きなミスもなく、落ち着いた戦いになったようだ。

Img_0047

Img_0077_20221217095101

Img_0075_20221217095101

Img_0067_20221217095101

Img_0089_20221217095101

 早めに駅へ戻って、レンタカーを返して、軽井沢ビールと峠の釜めしを購入して、帰りは、大宮であさま号を降りる。RAILYARDさんのsuicaペンギン福袋はじっと我慢して、上野東京ラインで帰浜。

Img_0090

Img_0091

Img_0092_20221217095101

Img_0093

Img_0096

Img_0097

 12月第3金曜日ということで、来春の鉄道各社のダイヤ改正が発表。注目の相鉄~東急直通線の開業も、3月18日に決まったようだ。もっとも、運転本数や所要時間は公表されたものの、詳細な時刻がまだ不明。相鉄本線といずみ野線それぞれから入ってきて、新横浜始発も加わり、東急も目黒線~都営三田線だけでなく、東横線~東武線へもけっこう入るようなので、日中のダイヤパターンもかなりややこしいことになりそう。もう少しシンプルにした方がよかった気がするけどねぇ。

Img_0098_20221217095101

 その他では、明るい話題は少なく、上越新幹線の275キロ運転、関西では、大阪駅・うめきたエリアの開業くらいだろうか。

 それはそれとして、ANAのホームページで春の遠征の検討を・・・と思うと、検索画面が表示されない。ヘンなお知らせとオススメばっかり。どうなってんだ???と思うと、不具合でキャッシュのクリアが必要とのこと。同じ不具合でも、お知らせが出ないならいいけど、航空券の予約画面のみが非表示って、最悪だよね。ありえないよ。トップ画面なんて、空港選択fromと空港選択toと日付の選択と検索実行だけにすればいいんだよ。。。 ホームページをいじるたびに使いづらくなってるけれど、もはや乗らないでくれって言ってるようなもんじゃないか。これでは、早々に就寝するしかないようだ。。。

20221216y

20221216x

 

 

2022.11.25:全国旅行支援で行く!「伊予灘ものがたり」に乗車!

◆横浜→松山→八幡浜→松山:はれ:13866歩:松山の最高気温=20.2度

 4時50分起床。5時59分発の京急で、羽田空港第2ターミナル。おなじみのクリスマスツリーも登場。早朝の出発便は久しぶりだけれど、優先レーンもなかなかの混雑で、ラウンジでおトイレだけ済ませて、一番端っこの69番ゲートまでてくてく歩いて、あわただしく搭乗。

Img_9595

Img_9598_20221129083801

 久しぶりの松山空港で、愛媛県は、意外にも初参戦というkecoさんと無事に合流して、トヨタレンタカー・ヴィッツ号で出発。穏やかな秋晴れで、日中は暖かくなりそう。

Img_9600

 夕方のメインイベントまで時間が中途半端なので、まずは、坊っちゃんスタジアムを見学。市内中心部の城下から移転して、もう20年くらいたつけれど、まだまだきれいで立派な球場。サブグランドのマドンナスタジアムや、陸上競技場もある。四国アイランドリーグだけではもったいないなぁと思っていたら、先週まで、スワローズさんが秋季キャンプをやっていたとのことで、惜しかった。理想は四国に1チームだけれど、せめて、公式戦をもう少したくさん開催してほしい球場だよね。併設の博物館は、残念ながらお休み。

Img_9602_20221129083801

Img_9601_20221129083801

Img_9604_20221130005401

Img_9606_20221130005401

Img_9603_20221129083801

 道後温泉まではそんなに遠くないのに、カーナヴィにだまされて、細い路地で行き止まりになったりして、冷や汗をかいたけれど、なんとか道後公園の子規記念博物館へ。ここは、小生も初参戦。かなり立派な博物館だと思ったら、子規をメインにした、松山市の市立博物館のようで、松山全体の歴史もわかるようになっている。

Img_9607_20221129083801

Img_9608_20221129083801

 いったん、道後山の手ホテルにチェックインして、クルマを預けて、クーポンをいただき、さっそく温泉街の「かどや」さんで、クーポンで鯛めしをいただいて、路面電車で松山駅へ。坊っちゃん列車は、週末のみの運行になってしまったようだ。

Img_9609_20221129083801

Img_9610_20221129083801

 松山14時28分発の宇和海21号で西へ。2両のアンパンマン列車は、けっこうな乗車率で少し安心。段々畑とトンネルで、1時間弱で、八幡浜へ到着。

Img_9614

Img_9616_20221129083901

Img_9618

 折返しの「伊予灘ものがたり」まで小1時間あるので、街を散策。もっとも、港のある中心部までは、距離があるようで、駅周辺をうろうろして早めに戻る。

Img_9617

 16時14分発の「伊予灘ものがたり」。1日2往復の最終便は「道後編」。本当は、下りの「八幡浜編」でランチがよかったのだけれど、発売初日にJR四国のツアーで申し込むもゲットできず。夕方の上りは、今はやりのアフタヌーンティーメニューなのだけれど、個人的には、夕方に甘いものっていうのがイマイチなじまないんだよね。

Img_9620

Img_9623

Img_9624

Img_9625

 それでも、ボージョレ・ヌーボーをグラスでいただきながら、サンドイッチなどつまみつつ、車窓を眺めると、沿線の地域の方が各地で盛大なお見送り。こういうのは、「ななつ星」でJR九州が仕掛けたのが最初だったと思うけれど、「伊予灘ものがたり」のお見送りもなかなかのもので、庭先でエールを送ってくれるおばあちゃん、保育園のこどもたち、ガソリンスタンドのスタッフ、そして、河川敷の運動部の学生さんなど、なかなか愛されているよう。経営の厳しいJR四国、こういう応援を支えに、なんとかがむばって欲しいものである。

Img_9626

Img_9635_20221129083901

Img_9630

Img_9637_20221129083901

Img_9643_20221129083901

 五郎から旧線(海線)に入って、おなじみの下灘駅に到着する頃には、日は西に沈んでしまったけれど、それはそれでなかなか風情がある。あいかわらずの人気でホームには撮り鉄の方多数。夕陽の時間帯には、身動きがとれないほどになることもあるらしい。ただ、これだけ人気でも無人駅で、クルマで来る人が多いから、全然JR四国の収入にならないんだよね。駐車場作って、入場料とってもいいと思うんだけどねぇ。。。

Img_9657

Img_9662_20221129083901

Img_9656_20221129083901

Img_9659

 伊予市をすぎて、坊っちゃんスタジアム最寄りの市坪で下り列車と交換する頃には、もう真っ暗で、18時17分松山着。「52席の至福」や「ろくもん」に比べると、路線や車両の関係で、ゆっくり走ってもけっこう揺れるので、お食事向きでないところもあるけれど、なんといっても車窓は一級品。グリーン車扱いといっても、松山からの往復でお食事込みで1万円以下だから、比較的気軽に利用できるので、これからも活躍を続けてほしいものである。

Img_9667_20221129083901

 路面電車で道後温泉まで戻って、入浴して、早めに就寝しようと思ったら、BSで呑み鉄が始まってしまったので、「伊予灘ものがたり」でおみやげにいただいたみかんをいただきながら、堪能して、23時すぎに就寝。

Img_9668_20221129083901  


2022/11/9:再会、只見線♪

◆会津若松→小出→浦佐→大宮→横浜:くもりのちはれ:5499歩:小出の最高気温=16.7度

 5時起床、5時半チェックアウト。

 今回の旅の目的は、11年ぶりに全線運転再開となった只見線。11年前、2011年の大雨で橋梁が流されるなど大きな被害が出た只見線は、JR東日本でも屈指の超閑散線区ということで、正直、復旧は絶望的と思われたのだけれど、福島県と地元市町村の熱意と負担により、紆余曲折を経て、奇跡的に全線運転再開。10月の再開直後は、鉄道150周年パスなどの期間とも重なり、週末などはかなりの混雑と聞いていたけれど、会津若松6時8分始発の小出行、キハ110単行に、無事に席を確保して一安心。朝の小出方面ということで、通学利用などもなく、乗り鉄風の方中心で、座席は8割方埋まった。何しろ全線を走る列車は1日に3本しかないのだ。

Img_9255_20221115080701

Img_9256

Img_9257_20221115080701

Img_9260_20221115080801

Img_9261

 途中ようやく夜が明けて、会津宮下で、上り列車と交換して、さらに山間部へ。あいにく雲は多めだけれど、只見川沿いの車窓はすばらしい。スマホで撮るだけでも何やら幻想的な風景だ。

Img_9263

Img_9265_20221115080801

Img_9267

Img_9272_20221115080801

Img_9277

Img_9278_20221115080801

Img_9281_20221115080801

Img_9296_20221115080801

Img_9300_20221115080901

Img_9305_20221115080901

 会津川口では、国鉄色リバイバル塗装のキハE120と行き違い。そして、ここからが運転再開区間となり、9時7分只見到着。ここまで、ごく一部、途中の撮影ポイントらしき駅で撮り鉄の方が降りたけれど、乗り鉄の方は、終点の小出まで乗る。何しろ、次の列車は、7時間後なのだ。車内は暖房が効きすぎて、暑いくらいなので、23分間停車の只見では、構内をのんびり散策。

Img_9308_20221115080901

Img_9306_20221115080901

Img_9311_20221115080901

Img_9317_20221115080901

Img_9314_20221115080901

Img_9318_20221115080901

Img_9320

Img_9321_20221115080901

Img_9322_20221115080901

 只見から次の大白川までは、六十里越えの難所で、一駅30分。実は、只見線は、国鉄末期のローカル線廃止の候補にもリストアップされていたのだけれど、この峠の並行する道路が冬期通行止めということで、特例として存続が許された経緯がある。周囲には、水力発電のダムもあって、首都圏へ貴重な電力も供給しているはずだ。

Img_9323

Img_9324_20221115080901

 越後平野が近づいてくると、お天気もよくなって、暑い車内で、少しうとうとしたところで、終点の小出到着。只見線4時間半の旅が終わる。ちなみに、小出から会津若松方面へ乗る場合は、始発は、5時36分。小出の駅前には、かなりくたびれたビジネスホテルが1軒のみ。次の13時12分なら、東京を朝でても間に合うけれど、終点の会津若松に着く頃には真っ暗だ。

Img_9327

 小出は、上越線の駅で、かつては、特急「とき」や寝台列車も通っていたので、ホームは長いけれど、今では、1時間に1本程度、ローカル列車が2~4両でやってくるのみ。30分ほど待って、11時10分の上り列車で2駅。浦佐で降りる。

Img_9328

 浦佐は、上越新幹線の中でも、なぜここに駅が?というほどの寂しいところで、30分の待ち時間を持て余す。

 11時56分発のとき318号は、5割くらいの乗車率。上越新幹線も北陸と同じE7系になったので、全席AC電源、長大トンネル内でもJRWifiがソコソコつながるのでだいぶ便利にはなった。

Img_9331

 ちょっと節約のために、大宮で下車。鉄道博物館とかRAIRYARDさんに寄ってしまうと、そんな差額はすぐ吐き出してしまうのだけれど、誘惑を断って、上野東京ラインでまっすぐ帰宅。直後に高崎内人身事故でダイヤが乱れたようなので、ぎりぎり逃げ切った。

Img_9333

 ということで、無事に只見線との再会旅を終えて、夜は、ロジータ記念、道営スプリント大敗を確認して、早々に就寝。

Img_9252_20221115080701

2022/11/8:全国旅行支援で行く!リバティ会津~湯西川温泉~会津鉄道

◆東京→湯西川温泉→会津若松:くもり一時はれ:6031歩:会津若松の最高気温=13.7度

 6時15分。ちょうどスカイツリー越しのビューティフルな日の出とともに起床。

Img_9189_20221114080901

Img_9192_20221114080901

 浅草に泊まったのは、実はおまけで、今日からが旅の本番。東武の浅草駅まで歩いて、9時30分発のリバティ会津113号で出発。ずいぶん前から購入しておいたのだけれど、平日だし、ガラガラだろうと思ったら、なんと前3両の会津田島行きは、満席だというからびっくり。(後ろ3両の東武日光行は空席あり)旅行支援恐るべしということなのかもしれないけれど、地方鉄道の苦境が伝えられる中、まずは喜ばしい。

Img_9200_20221114080901

Img_9204

Img_9203

 AC電源ありで、東武線内はWifiも使えて、まずは快適な車内。東武日光行を切り離す下今市では、SL大樹も見えた。

Img_9207_20221114081001

Img_9209_20221114081001

 鬼怒川温泉をすぎて、野岩鉄道に入り、湯西川温泉で下車。地下ホームからエレベーターで地上に上がったところが、道の駅になっていて、紅葉もいい感じだけれど、なんと2階は、日帰り温泉というからすばらしい。しかも源泉かけながしでなかなかのお湯。外は曇り空で冷えこんでいるけれど、露天風呂と内湯でゆっくりと温まる。

Img_9215

Img_9216

Img_9222

Img_9225

Img_9220_20221114081001

Img_9226_20221114081001

 ちょうど1時間半後に次のリバティがあって、ここからは、特急券なしで乗れるみたい。終点の会津田島からは、会津鉄道に乗り換え。猫のラッピングがすごいと思ったら、らぶ駅長というので有名らしく、残念ながら最近2代目がお亡くなりになったばかりとのこと。

Img_9230

Img_9232

Img_9237_20221114081001

Img_9238_20221114081001

Img_9240_20221114081001

Img_9243

 空がグレーなので、写真は今ひとつ映えないけれど、車窓の紅葉はなかなかのもの。途中の湯野上温泉からは、お客さんもけっこう乗ってきた。西若松からJRに乗り入れて、会津若松到着。ここもけっこう久しぶりだねぇ。

Img_9245_20221114081001 

Img_9248_20221114081001

 本日も全国旅行支援ということで、ワシントンホテルさんは、4000円ちょっとで泊まれて、3000円分のクーポンをいただいたので、駅へ戻って、NewDaysで買い出し。ホテルに戻って、ビアでひと息ついたところで、コンちゃんFAを確認。残念。正直、あんまり他球団で活躍するイメージないんだけどなぁ。。。

Img_9250_20221114081001

 皆既月食。自宅なら、向きもお天気もばっちりだったと思われるけれど、西向きのお部屋なので、早々に就寝するしかないようだ。。。


 

2022/10/28:東京ステーションギャラリー「鉄道と美術の150年」

◆横浜・東京:くもりのちはれ:7323歩:東京都心の最高気温=19.2度

 連日熱戦の日本シリーズにはつきあいきれないので、早々に就寝して、けっこうぐっすり眠ったつもりで目が覚めると、なんとまだ23時。オリがサヨナラ勝ちをしたようだ。さらに0時すぎに目が覚めて、うし日記。NY続伸を確認して、ここで、ヤクルト1000を投入してみたけれど、2時すぎに目が覚めると、なんと杉谷引退。。。61のユニも持っているし、寂しくなるけれど、納得でもある。新球場の広告塔なら、別のやり方もありそうだし、若い宮田くんとかを戦力外にするなら、杉谷が先じゃないの?とも正直思っていたからね。上川畑くんがレギュラー有力で、石井、中島、谷内がいて、加藤くんをドラフトでとったらもう十分だものねぇ。。。お疲れさま。思い出されるのは、代走で牽制アウトになったシーン(多数)と、あと、サヨナラデッドボール、両打席ホームランもあったねぇ。2015年だけは、すごい打ったんだよなぁ。

Img_8747

 朝から晴れる予報だったから、昨日中に植え替えをしておいたのだけれど、今日もどんより曇って、風も北よりで冷たい。どうもこの秋のウェザーニューズの予報は、関東の北東気流の影響か、晴れと曇りに関しては、あまりあてにならない晴れる晴れる詐欺が多い。

Img_8746

 渋谷のイッタラ展とどっちにするか迷ったのだけれど、上野東京ラインで久しぶりに東京駅へ。ステーションギャラリーで、「鉄道と美術の150年」。太田美術館で見たような浮世絵(錦絵)から、現代アートまで、鉄道や関連する世相を扱った絵がたくさんあって、なかなか充実している。

Img_8757_20221102094701

Img_8760_20221102094701

Img_8776

Img_8759_20221102094701

 展示の案内の中で、「鉄道の父」こと井上勝さんの銅像が、丸の内北口にあることが書かれていたので、せっかくなので、ごあいさつ。丸の内が正面広場は、えらい方が来るようで、警備が厳重だった。

Img_8762_20221102094701

Img_8764_20221102094701

 久しぶりの都心なので、八重洲へ出て「玉丁」で味噌煮込みうどんとか、KITTEの千疋屋さんで栗パフェとか、いろいろ選択肢があって迷ったのだけれど、まだ時間も早いので、再び駅に入場して、まず「祭」さんで、かねがね気になっていたsuicaペンギンの「大人のお子様ランチ」をゲット。

 さらにグランスタをうろうろしていると、「東京駅7days展覧会」とのことで、なつかしい東京駅の写真とともに、辰野金吾さんの銅像が。これは、期間限定でどっかから持ってきたみたいで、ラッキーだったかも。

Img_8768_20221102094701

Img_8766_20221102094701

Img_8769 

 これ以上、うろうろしていると、いろいろ欲しい物がみつかってしまいそうなので、suicaペンギンおせんべいだけ購入して、おなじみのトレニアートさんは、見るだけで我慢して、早々に帰宅。

Img_8771

Img_8774_20221102094701

Img_8772

 東証続落。午後も遅くなって、ようやく晴れてきた。ワインとsuicaペンギン弁当をいただき、今日は(も)、早々に就寝。

Img_8777_20221102094701

 

 

 

2022/10/19:太田記念美術館「はこぶ浮世絵」

◆横浜:くもり:6506歩:横浜の最低気温=12.5度

 早々に就寝しすぎて、23時に目が覚めて、NY続伸を確認、0時に目が覚めて、うし日記、2時、4時と目が覚めて5時半にはもう起きることにする。野菜生活、ヨーグルト、フルーツミックス、レタスサンド、コーヒー。NY続伸なのに、日経先物の夜間取引はマイナス。

 冷え込んだ朝。でも、秋のこういう冷え方は、けっこう好き。ただし、今週は、拙宅は、冷暖房切り替え期間で、冷房も暖房もどちらも使えないうえに、今日と明日の日中は、温水器交換とかで、床暖房も浴室乾燥もお湯も使えないというから、あまり寒くなっても困る。

Img_8638

 10時のみなとみらい急行で出発。明治神宮前まで一本で楽ちんと思ったら、よりによって渋谷行きで驚いたけれど、反対ホームで接続はあって、一駅乗って、無事到着。久しぶりの太田記念美術館。こちらも鉄道150年にちなんで「はこぶ浮世絵」を開催中だ。

Img_8639

Img_8640

 高輪築堤あたりの鉄道を書いた浮世絵は、いろいろあるのだけれど、よく見ると、明治4年とかの作品が多い、つまり鉄道開通前に想像で書かれているわけ。それだけ、期待が大きかったということなんだろうねぇ。それから、江戸時代の東海道、橋がかかっていない大きな川は、船で渡るものだとばかり思っていたけれど、船もなくて、肩車してもらって渡る場所がけっこうあったとはびっくり。肩車が怖い場合は、かごみたいなのもあるんだけど、4人でかつぐから、お値段も4倍とかになるらしい。

Img_8645

Img_8646_20221027064301

 かねがね気になっていた虎子石のぬいぐるみを無事にゲット(^^;)して、帰りは、原宿駅経由で。駅ナカにSuicaペンギングッズの自動販売機とか設置されていて、あぶないあぶない。。。

Img_8641_20221027064301

Img_8642

 早めに帰宅すると、やっぱり部屋の中がけっこう寒い。浦和競馬・埼玉新聞栄冠賞大敗で、懐も寒い。温水器再開の18時まで布団にくるまってから、ようやくお風呂で温まって一息ついて、ビアをいただき、早々に就寝。

Img_8653_20221027064301

 

2022/10/18:お当番

◆横浜:くもり:8590歩:横浜の最高気温=19.2度

 どんより曇って、気温も低め。10月って、もう少しお天気よくなかったっけ?と思うけれど、とりあえず、9時から歯医者へ。コロナで延期したので、ずいぶん空いてしまったけれど、ようやく奥の歯の治療も佳境に。このところ落ち着いていたのだけれど、今日は、盛大にオエッと。。。一度なっちゃうとその日はもう立て直すのが大変なんだよね・・・

 10時から散髪。こちらも本来なら帰国後すぐに行くはずが、延び延びになっていたので、ようやくさっぱり。

 13時からディアナで、今日は午後のお当番。Aさんと交代してからは、来客も少なく、例によって、タイムフリーでbayfm、「9の音粋」~「渡辺美里のLive Love Life!」を聴きながら、たまっていない事務処理をすませば、来客も少なく、特にやることもない。

 ドリフの仲本工事さんが、交通事故で重症。浅間町5丁目というから、びっくり。ディアナから500mも離れてないんじゃないかしらん。

 外出できない期間に、ついついポチポチとやってしまった鉄道グッズが続々到着。E7系シートのバッグと、メトロ7000系の模型は、まだいいとしても、E7系、12号車乗車位置標なんて、どうすんだこれ。。。

Img_8635_20221025094101

Img_8637

Img_8629

 東証は反発。久しぶりにR1/Fでお惣菜をいろいろ買って、ビアをいただき、早々に就寝。

 

2022/10/14:コロナ療養日記(療養解除!)

◆横浜:くもり時々あめ:11497歩:横浜の最高気温=19.8度

(体温=36.2)

 症状がなければ、療養解除となる8日目。昨日と同じで、多少鼻声?で、喉が若干気にならなくもないけれど、どうやらもう大丈夫そうだ。

 念のため、クリニックに電話すると、別に鼻声にも聞こえないし、もう大丈夫とのこと。抗原検査キットなどでチェックした方がよいか?と聞いてみると、

「検査すれば、出る可能性はあります。PCRならおそらく出ると思いますが、7日経てばもう人にはうつさないレベルということなんです。喉や鼻の炎症が残るなら、のど飴やうがいでOKで、長く続くなら、それは別のものとしてあらためて通常の外来で受診していただけばよいです。」

 とのことで、会食などは少し控えるとしても、感染対策をしての外出はOKとのことで、ようやく療養完了!

 ようやくシャバに出られるというのに、今日もどんより曇って、うすら寒そうな冴えないお天気。ここ数日、関東だけが、北東風で寒くて、天気予報も当たらない。

Img_8553_20221024145601

Img_8557_20221024145601

 今日は、鉄道開業150年の記念日。JRE MALLで購入していた記念の入場券も無事に到着。都心や横浜では、いろいろおもしろそうなイベントもあったのだけれど、今日のところは、無理せず軽く近所の散歩ということで、小雨模様の中、赤レンガ倉庫~汽車道の鉄道遺跡に沿って歩く。ランドマークタワー1階では、歴代横浜駅の模型展示も行われていた。さらに雨があがった午後から、もう一度桜木町まで。

Img_8567_20221024145701

Img_8566_20221024145701

Img_8555

Img_8559_20221024145601

Img_8571

Img_8579

Img_8577_20221024145701

Img_8564

Img_8563

 CPIショックでいったん盛大に下げてどうなることかと思われたNYは、朝起きてみたら、大幅高で戻ってきていた。たかだか0.1ポイントくらいに右往左往で、ボラティリティが高すぎて、もうよくわからない。そして、東証は、暴騰。1ドルも147円を突破。

20221014q

 夜は、久々にビア。ラグビー、オーストラリアAに勝利を確認して、早々に就寝。

Img_8582_20221024145701

2022/9/23:西九州新幹線開業&大村雅朗25thメモリアルスーパーライブ

◆福岡→武雄温泉→長崎→武雄温泉→福岡:8407歩:くもり一時あめ:長崎の最高気温=27.1度

 久しぶりのワシントンホテルはあまりよく眠れず。ベッドも枕も柔らかいかな。

 今朝はゆっくり。8時すぎに朝食ヴァイキング。まぁ普通。

Img_7828

 博多駅から来て、キャナルの目の前に着くバスは、一方通行で、天神周りになってしまうようなので、博多駅まで歩く。3連休初日でさすがににぎわっており、鹿児島本線でダイヤ乱れもありやや混乱気味。

Img_7829

 いよいよ西九州新幹線(長崎新幹線)部分開業ということで、10時52分発のリレーかもめ21号で出発する。これが、つばめ型の787系。斬新なメタリックのボディーデザインは格好いいのだけれど、いかんせん、デビューから30年近く経過しているから、車内の老朽化は隠せない。グリーン車を奮発して1人掛けだからラクではあるけれど、AC100もWifiもないし、空調もなんか寒いし、お手洗いも古い。

Img_7834

Img_7842

Img_7838_20220927162801

Img_7841_20220927162801

Img_7840_20220927162801

 様々な紆余曲折を経て、武雄温泉ー長崎のみの先行開業となった西九州新幹線は。問題山積みだけれど、そもそもリレーかもめに787系が使われている時点で、いかがなものか。これまで、長崎方面は、885系の白い「かもめ」で2時間だったはずで、新幹線乗り継ぎで1時間半になったうちの1時間が、787系というのではサービスダウンだ。もちろん、885系のリレーかもめもあるけれど、新幹線の恩恵の少ない佐世保行き「みどり」に885系を一部回したからこうなってしまったようだ。

 鹿児島本線のダイヤ乱れの影響が初日のリレーかもめに及ばないよう指令は苦労していたようだけれど、4分遅れで武雄温泉到着。向かい側のかもめ21号への乗り継ぎはまぁ1分あれば大丈夫だ。ホームは初日の見学客も多く、乗り継ぎ客より武雄温泉からあらかじめ乗っている人の方が多かったのも、初日ならではかな。

Img_7848_20220927162801

Img_7846_20220927162801

Img_7847

 新幹線は、N700S系だから、AC100、Wifi対応だけれど、800系と同じ水戸岡さんの木を使った内装で、重厚感はなく、新幹線としては正直いまいち。かもめ21号は、各駅停車タイプなので、10分くらいですぐ止まる。260キロ出せている区間はどのくらいあるのか?しかもトンネルばかりでほとんど海は見えない。

 30分で長崎到着。リレー式で発券されている乗車券、特急券のセットがうまく読み取れず自動改札では、エラーが続出。駅前では、何やらイベントもにぎやかなようだけれど、まだ再開発が全然完成していない感じ。鹿児島中央のときは、最初から、アミュプラザの観覧車くらいはあったよねぇ。

Img_7866_20220927162801

Img_7869_20220927162801

Img_7868_20220927162901 

Img_7876

Img_7877_20220927162901

Img_7875_20220927162901

Img_7870_20220927162801

Img_7874

 カステラを買うひまもなく、臨時のかもめ84号で折り返し。帰りは諫早のみ停車の速達タイプだから、新幹線らしいスピード感はある。そして、乗り継ぐリレーかもめは、885系のしろいかもめで、グリーン車は半室だけれど、AC100もWifiもあるから、まぁ、一応は合格だ。

Img_7878_20220927163001

Img_7881_20220927163001

Img_7879_20220927163001

Img_7890

Img_7891_20220927163001

Img_7893

 それにしても、数年後の全通が見えていた新八代リレー時とちがって、今回は、フリーゲージトレインが頓挫して、佐賀県内着工の見通しもたたないし、時間短縮効果も薄い。はっきりいって、2時間って、移動としては、弁当食べるにしても、打ち合わせ準備するにしても、一眠りにするにも、まぁまぁちょうどいい時間だから、乗り継ぎで1時間半になるのって、あまり歓迎されないでしょ。これ、敦賀開業後のサンダーバードにも同じことがいえるんだよね。。。

 そもそもいらなかった西九州新幹線。個人的には、どうせ作るなら、博多ー唐津ー佐世保ーハウステンボスー長崎空港ー長崎という海側ルートにすればよかったと思っているけれど、ここまで来てしまった以上は、いわゆる「スーパー特急」方式をやるしかないと思うけどね。武雄温泉のホームまで在来線が入ってこられるんだから、そのまま接続して、新幹線規格の路盤に狭軌の線路敷けば、踏切もないし、200キロくらい出せるでしょ。そこに快適な新型車両投入すれば、それで十分満足できるんかないかな。もっといえば、新鳥栖ー博多間を3線方式にして、もう一度新幹線区間に入ってもいいよね。九州新幹線の列車密度なら、最高速度200キロの車両が混じっても大丈夫でしょ。そしたら、博多ー長崎1時間半はラクにいけるんじゃないかな。何より30分乗って、乗り換えって落ち着かないよ。

Img_7896

 台風が発生して、東海から関東をうかがっているとのことで、こちらも小雨模様になってきたけれど、いったんホテルへ戻って一休みしてから、キャナルシティ劇場へ。昨日予習しておいたから、もう迷わない。ホテルから1分。

Img_7894

 本日は、「大村雅朗25thメモリアルスーパーライブ」。実は、今回の福岡入りは、新幹線初乗りはおまけで、このライブが本命なのだ。

Img_7821

 大村雅朗さんの名前は、80年代当時から、聖子ちゃんの名曲の数々のアレンジその他で、もちろん知っていたけれど、本格的に関心を持ったのは、2年前に、BSの番組「風の譜」を見てから。これが、福岡ローカルの番組をBS日テレで再放送してくれたようなのだけれど、実にいい番組だった。そして、同じように多くのアーティストのエピソードをたっぷり収録した「作編曲家大村雅朗の軌跡1951-1997」も読み応えったぷりだった。

 そんな大村さんの没後25周年のトリビュート公演が、彼の生誕の地の福岡でのみ開催。しかも、音楽監督が、佐橋佳幸さんに、亀田誠治さん、トークゲストには、松本隆さんも参戦というのだから、これはどうしても見ておきたい。

Img_7825

 2夜公演なのだけれど、小生は初日のみの参戦。まずは、八神純子さんの「みずいろの雨」。この曲が、八神さんだけでなく、大村さんにとってもブレークのきっかけになったのだという。

 2人目のゲストは、ばんばひろふみさん。そう「SACHIKO」も大村さんのアレンジなんだねぇ。八神さんは5曲も歌ってくれて、このペースだと何時間かかるのかしらん?とちょっと心配したけれど、ばんばさんは、ご高齢のためか、2曲だけだった(^^;)

 3人目のゲストは、しょこたんこと中川翔子さん。聖子ちゃんを神とあがめる中川さんが、大村さんアレンジの聖子ちゃんの名曲を代わりに歌ってくれるということで、まずは、「天使のウインク」から。「SOME DAY」や「そして僕は途方に暮れる」が代表的だと思うけど、大村さんの曲は、なんといっても、みんなイントロがいいよね。今回、佐橋さんと亀田さんも、極力当時と同じアレンジにこだわったとのこと。そして、しょこたんが歌が意外と上手いのにびっくり。聖子ちゃんのものまねではなくて、自分らしく歌って、それがまたなかなかいいよ。

 ここで、松本隆さんが登場して、聖子プロジェクトの裏話など。小生は、先述の番組や本で知っていたけれど、松本隆さんと大村さんは、戦友という感じだよね。そして、松本隆さんの詞は、「白いパラソル」からだけど、大村さんは、「青い珊瑚礁」からやってるんだものねぇ。

 最後に美里が登場。こちらも初期の名曲は、ほとんど大村さんのアレンジ。歌いたい曲が多すぎるので、選曲は、佐橋さんと亀田さんに任せたということで、「BELIEVE」、「君はクロール」、「Lovin’you」。聖子ちゃんと美里の曲ということは、作曲家陣もすごい豪華なわけで、ユーミン、細野晴臣、佐野元春、小室哲哉、岡村靖幸他、上げたらきりがない多くの天才たちのアレンジをしてきたんだよねぇ。

 大江千里さんの「RAIN」をカバーで歌って、最後は、もちろん「My Revolution」。この曲もやっぱりイントロからぐっとくるものね。

 バンドメンバーも、小生でもわかる豪華ミュージシャンばかりで、まさに夢の饗宴。明日2日目は、大沢誉志幸さん槇原敬之さんらが参戦というから、これも素敵なライブになりそうだねぇ。

Img_7899_20220927163101

 いいライブの後は、お腹がすく。キャナルシティ内のラーメンスタジアムで、「らーめん二男坊」さんをいただき、部屋に戻って、ハイボールをいただきながら、ライブをふりかえりつつ、ゆっくり就寝。

Img_7913

Img_7910_20220927163101

Img_7915_20220927163101

Img_7897

 

2022/9/21:柳原良平アートミュージアムへ参戦

◆横浜:くもり時々はれ:6389歩:横浜の最高気温=24.4度

 台風が去って、ぐっと涼しくなった朝。野菜生活。radikoで美里のラジオを聴きながら自転車を30分ほど漕いで朝風呂。ヨーグルト、カレーパン、コーヒー。

 東証反落を確認しつつ、9時打ち、10時打ちなど済ませてから、長袖でお出かけ。まずは、郵便局で、本日発売の鉄道150周年記念切手をゲット。これは、フレーム切手ではなくて、正式な記念切手なので、額面通りの金額で購入できる。キハ58とか、101系とか、小田急SEとか、車両の選択もなかなか渋いというか、各分野でのパイオニア的な車両で、レジェンド揃いだ。

Img_7716_20220922164101

Img_7717_20220922164101

 久しぶりに横浜みなと博物館内の、柳原良平アートミュージアムへ。特集展示は、「柳原良平が描く横浜の港の風景」ということで、おなじみの船や景色が楽しめる。ミュージアムショップで、みなとみらいのリトグラフでいいのがあったら・・・とも思ったのだけれど、見当たらなくて残念なような、よかったような。。。

Img_7710

Img_7711

Img_7712

Img_7713

Img_7720

 テレ玉杯オーバルスプリント大敗を確認したところで、たまにはと思って、相撲をつけると、ちょうど高安が妙義龍に敗れ3敗、玉鷲vs北勝富士の1敗対決は、玉鷲勝利、さらに翔猿が熱戦で宇良に勝って勝ち越し。もはや、大事な相撲は、17時頃なんだね。結び前は、御嶽海が負け越して大関陥落、結びは、正代が勝って、場内も驚くというような。。。

 崎陽軒の「ひとくちおはぎ」をいただき、早々に就寝するしかないようだ。

Img_7721_20220922164101

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)