2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2024/4/6:事務機ダービー~地理系ブックカフェ空想地図@駒沢へ!

◆横浜・東京:くもり:10498歩:横浜の最高気温=17.3度

 今日もどんより曇って、気温も低め。お昼前のFライナーで出発して、自由が丘で乗り換えて都立大学でkecoさんと合流して、駒沢公園へ向かう。おなじみの駒沢支流の遊歩道は、桜並木が満開。空が青ければ言うことないのだけれどねぇ。

Img_2023_20240407124901

Img_2025

Img_2026_20240407124901

 お花見がてら散歩しているうちに、道を間違えたりして、10分くらい遅刻で、駒沢公園競技場へ。本日は、リコーvsキヤノンの事務機ダービー。先々週の大逆転勝ちでベスト4に望みをつないだイーグルスは、最終節にパナ戦を残しているので、もう下位チームには、ひとつにも負けられない。先月の秩父宮で、お寒い試合で、サントリーに0-62で大敗したブラックラムズだけれど、その後、東芝に大接戦を演じたりしているので、侮れない。

Img_2027_20240407124901

◇2024/4/6:○横浜E 31-12 BR東京(駒沢)

 到着した時には、すでに7-0でリードしていたイーグルスだけれど、その後は、ブラックラムズの攻撃の時間帯がけっこう続く。残り5mくらいまで何度も攻め込まれ、さらにはマフィ選手がシンビン。それでも、なんとか辛抱して、前半終了間際にワンチャンスを生かしてトライ。12-0で折り返し。休憩中にT氏と遭遇。参戦しているかもとは思っていたけれど、広い会場でなんの待ち合わせもなく、よくばったり会えるものである。

Img_2028_20240407125001

Img_2032_20240407125201

Img_2036

 後半は、イーグルスペースでじわじわリードを広げるけれど、ブラックラムズも反撃。僅差のベスト4争いが予想されるので、なんとしても3トライ差のボーナスポイントが欲しい。

 ディフェンスはよかったけれど、反則の多いイーグルス、ミスが多く、チャンスを決めきれないブラックラムズ。桜満開の駒沢で7000人台は寂しく、全体にしょっぱい試合だった感は否めないけれど、なんとか31-12で逃げ切り、勝ち点5をゲットできたのは大きい。

Img_2039_20240407125001

 帰りは、自由通りを北へ。駒沢川支流の暗渠沿いの遊歩道は、目黒区と世田谷区の区境もかねているようだ。246を渡って、今日の本当のお目当ては、地理系ブックカフェ空想地図さん。246から一本裏に入っただけで、地味な住宅街になる。半地下みたいなところに空想地図さんがある。

Img_2043_20240407125001

 店内には、各種の地図・ガイドブックは、もちろん、高速道路のパンフレットだったり、空想地図各種、街歩き本、そして、7~80年代の雑誌なんかもあって、当時の文化も含めてふりかえることができる。メニューも、お食事系からスイーツまで充実していて、小生は、パンケーをkecoさんは、プリンをいただく。お向かいの大きな桜の木も満開で借景としてもいい感じ。マニアックな地図系イベントなども開催されることもあるようで、ここは、あらためてじっくり訪れてみたい。

Img_2045

Img_2046_20240407125001

Img_2048

Img_2047_20240407125001

 

2024/1/8:木場お誕生日ランチ

◆横浜・東京:はれ:11313歩:東京都心の最高気温=10.2度

 3連休最終日。冬晴れで空気は澄んで、冷え込みは厳しい。横須賀線で東京駅へ出て、オアゾを抜けて、大手町まで歩いて、東西線。8年くらい毎日通ったルートで、5年ぶり1500回目くらいの木場へ。

Img_0588_20240112152501

Img_0590_20240112152501

 本日は、54回目のお誕生日当日ということで、kecoさんのご招待で、バースデーランチ。24系客車でおなじみのアタゴールさん。木場勤務時代に2回くらい来たと思うけど、本格的なコースは初めてだ。シェフは、日本人で唯一、オリエント急行のシェフを務めたという。

Img_0604_20240112152701

Img_0592_20240112152501

Img_0605

 白ワインで乾杯して、前菜は、鎌倉野菜たっぷりの鹿さんのテリーヌ。見た目も美しい、味も美味しい。

Img_0595_20240112152501

Img_0596

 昨秋から続いたkecoさん家のリフォームも無事に終わったということで、誰の水道だかわからなかった問題、百万円のワインもストラディバリウスも我々ではわからないぞ問題など検討しつつ、本日のお魚、あんこうさんをいただく。

Img_0597

 バブルの頃は、オリエント急行をフジテレビが日本に連れてきた問題など紹介しつつ、メインのお肉は、イベリコ豚肩ロース。こちらも見た目もお味もすばらしい。量も多すぎず、ちょうどよい感じ。そして、デザートは、お誕生日プレートが盛大♪ありがとうございます。

Img_0599_20240112152501

Img_0602

 食後のコーヒーとお菓子は、お隣の24系個室内でいただく方式。これが、普通のA寝台とは思えない広さで、てっきりレストラン用に改装したのかと思っていたのだけれど、帰宅後に調べたら、なんと「夢空間」だったんだ!まだトワイライトエクスプレスもカシオペアもない頃に、試作車として、食堂車、ラウンジ、個室寝台の3両だけ作られたのが「夢空間」。イベントとかで展示された後は、北斗星に併結されて臨時列車として運転されたりもしたけれど、これだけは、小生も乗ったことがなかった。だから1両に3個室6名というのは、当時のままだ。

Img_0603

 えのきどさんのリツイートはオフにしたぞ問題など検討しながら、コーヒーまでゆっくりいただいて、北陸新幹線で、福井に行って、金沢やbcリーグにもお金を落とそうという結論も出たところで、お開き。

 せっかくなので、少し歩く。このあたりは、いわゆるゼロメートル地帯だから、坂道やスリバチはないけれど、暗渠は多いし、何やら江戸時代風の商店なんかも隠れている。そして、このあたりは、柿沢未途くんの御城下でもある。

Img_0606

Img_0609

Img_0610_20240112152501

Img_0608

Img_0612_20240112152501

 久しぶりの富岡八幡宮へお参り。ここは、伊能忠敬さんの銅像、さらに大関や横綱の碑がある。

Img_0613_20240112152501

Img_0617_20240112152501

Img_0614_20240112152501

Img_0615_20240112152501

Img_0618_20240112152501

 ついでだから、お隣の深川不動堂も、と覗いてみたら、こちらの方が盛大に賑わっていてびっくり。車の祈祷もかなり並んでいる。

Img_0622_20240112152501

 深川不動と言われても、名前くらいしか知らなかったのだけれど、成田山の別院ということで、出張所のような感じで、富岡八幡宮に出ていたものが、明治の神仏分離でお隣に定着したようで、その後も関東大震災や空襲で、なかなか大変な歴史があるみたい。

 門前仲町の駅まではすぐ。近くには、昭和な飲み屋スポットがあったりして、なかなか楽しい。

Img_0624

 ちょっと歩き足りないということで、永代橋で隅田川を渡って、茅場町までもう一駅歩いて、大手町経由で帰宅。しかし、8年も通ったのに、木場が隅田川の内側だと勘違いしていたのだからひどい。やっぱり地下鉄じゃダメだね。もっと歩かないと。

Img_0625_20240112152501

Img_0626

Img_0629_20240112152501

20240108

2023/10/14:秋のスリバチ散歩(三軒茶屋~太子堂~代沢~駒場~大橋JCT~中目黒)

◆横浜・東京:はれときどきくもり:15332歩:東京都心の最高気温=23.4度

 長く暑すぎる夏が終わり、ようやく爽やかな秋の空気ということで、久しぶりにスリバチ散歩へ。

Img_4585

 10時に三軒茶屋でkecoさんと集合して、スリバチ本をたよりにまずは茶沢通りを北へ。見慣れないキャラクターにご挨拶してしばらくすると、烏山川緑道。暗渠化した川の上に、再生した水辺と遊歩道を整備するおなじみのスタイルだけれど、散歩コースとしては悪くない。都内は、この数十年でドブ川がほとんど絶滅して、異臭もなくなったし、洪水にも強くなったよね。

Img_4598

Img_4599_20231016112101

Img_4602_20231016112101

Img_4604

Img_4605_20231016112101

 少し横道に外れたところに、円泉寺というお寺があって、ここに聖徳太子の碑がある。なぜ世田谷に聖徳太子なのかよくわからないけど、そういえば、この辺りの地名は太子堂だ。そうか、太子堂の太子は、聖徳太子の太子だったのか。。。

Img_4611_20231016112101

 三宿神社からいったん淡島通りへ出て、代沢へ。このあたり、ほとんどご縁のないエリアだけれど、区画が広く、高台は、高級住宅街になっているようだ。

Img_4613_20231016112201

Img_4614

Img_4615_20231016112201

Img_4616_20231016112201

Img_4617_20231016112201

 淡島通りに戻って、筑駒の前を通って、〆切地蔵が、世田谷と目黒の区界になっている。左に曲がって、駒場野公園から、空川の窪地を歩くと、井の頭線の駒場東大前の駅。これが、見上げるような位置にあって、井の頭線が崖沿いに走っていたとは、意外だった。線路の向こうの台地が東大のキャンパスだけれど、反対側は、暗渠沿いに商店街があって、キッチン南海さんもある。さらには、聖徳寺があって、ここの何か聖徳太子と縁があるのだろうか。

Img_4621_20231016112201

Img_4619_20231016112201

Img_4623

Img_4627_20231016112301

Img_4633_20231016112301 

Img_4635

Img_4632_20231016112301

Img_4631_20231016112301

Img_4629_20231016112301

 細い路地を歩いて、立体交差で三度目の淡島通りは、立体交差でくぐって、246に出たところには、氷川神社が。大山道の道標もあって、参道の階段は、目黒富士登山道を名乗っている。

Img_4638

Img_4639_20231016112301

Img_4644_20231016112301

Img_4647

 歩道橋で246を渡って、目黒天空庭園へ。大橋ジャンクションのループの上にできた公園で、かねがね気になっていたのだけれど、ようやく初参戦。地下35mの中央環状線と地上35mの3号渋谷線を2回転ループで結ぶという巨大なジャンクションに、2つの高層タワーが併設されている。公園もけっこう広く、地元の人たちがくつろいでいて、畑もある。

Img_4648_20231016112301

Img_4649

Img_4650

Img_4651

Img_4652

Img_4653 

 公園の一番高いところが、タワーの9階に連絡していて、図書館に直結。帰りはエレベーターで地上へ。しかし、まぁ、よく作ったよねぇ。

 池尻大橋の駅が近いけれど、せっかくなので、目黒川に沿って中目黒まで歩いて、桜並木沿いの焼き鳥屋さんでランチをいただき解散。目黒、世田谷にも、まだまだ知らない暗渠、坂道、スリバチがたくさんあった。やっぱり街歩きは楽しい♪

Img_4655

Img_4656_20231016112301

20231014x

 

2023/2/6:星川「星天qlay」~天王町散策

◆横浜:はれ:13816歩:横浜の最高気温=11.8度

 寒波は今日もひと休み。朝から風もなくおだやかに晴れて、冷え込みもないので、久々に歩く。まずは、横浜から相鉄線で星川へ。

Img_0875_20230206195301

 新人社員から10年くらい、天王町勤務だったので、なつかしいエリアだけれど、昨年、天王町~星川間の高架事業がついに完成ということで、星川駅は立派な駅に変身。そして、両駅間の高架下が、「星天qlay」として整備された。

Img_0877_20230206195301

 今回オープンしたのは、星川駅の下のゾーンBのみで、相鉄ローゼンも来週オープンとかで、営業しているのは、まだ数店舗程度。今後、順次拡大していくようだ。3月には、いよいよ西谷から新横浜、東急への直通を控えている相鉄だけれど、横浜方の天王町や星川も再開発ということで、なかなか気合が入っている。

Img_0876_20230206195301

Img_0879

Img_0880

Img_0881

Img_0882

Img_0883_20230206195401

 高架に沿ってしばらく歩くと、天王町駅のYBP改札。これもねぇ、20年早く作ってほしかったよね。。。

Img_0885

Img_0886

 帷子川を渡って、国道16号方向へ歩くと、イオン。これも昔は、サティで、たまにランチ遠征とかしていたけれど、昨年の10月に最新のイオンにリニューアルされたばかり。

Img_0889

Img_0891

Img_0892

Img_0893

 せっかくなので、さらに天王町方向へ歩く。ランチに毎週通った「コーヒー道場」は、外観はとどめているけれど、居酒屋か何かに変わってしまっている。ぐんぐんさんとバーチャストライカーで対決した「ノラ」は、どうやらアパートに立て替わっている模様。

Img_0895

Img_0894

 仲本工事さんの事故現場を過ぎて、洪福寺の交差点から浜松町へ。ここまで来たら、もう最後まで歩いた方が早いので、そのまま1号線に沿って歩くと、道路予定地に1軒だけ残っていた古い家が撤去されていた。しばらく歩かないでいるうちになんだかんだといろいろ変わっている。

Img_0897_20230206195401

 いったん帰宅して、午後から、今度は、桜木町へ。こちらは、先週リニューアルオープンしたばかりの水信フルーツパーラーラボさんへ。ハンマーヘッドや馬車道のパーラーは高級路線だけれど、ラボは少しカジュアルでリーズナブル。席数もだいぶ増えたので、1組待っただけで入れた。さっそくいちごチョコパフェをいただく。

Img_0904

Img_0905

Img_0899

Img_0898

 13816歩。よく歩いた。JSPORTSの30分版ダイジェストで週末のリーグワンをまとめて見ながら、やきまるでお肉をじうじうと焼いて、早々に就寝。

 

2023/1/8:お誕生日ランチ~東京都水道歴史館

◆横浜・東京:はれ:9832歩:東京都心の最高気温=12.5度

 お誕生日。10時すぎのみなとみらい線急行で出発して、日吉から始発の目黒線急行で南北線飯田橋まで直通。今日もよく晴れて、昨日よりも暖かい。久しぶりの神楽坂を上って、路地に入ったところの「パリ・マルシェ」さんでkecoさんと合流。池袋の東武さんの中にあって、お世話になった「パリの朝市」のシェフのお店ということで、期待が高まる。

Img_0523_20230109091401

Img_0524_20230109091401

 美味しいワインをいただきながら、生ハム・シャンピニオン~フォアグラのロイヤルをいただき、あまりの美味しさに、コンソメスープは、もう撮影を忘れている。

Img_0525_20230109091401

Img_0526_20230109091401

Img_0527

 美しくて美味しいお魚をいただきながら、お誕生日といえば、みけさんも素敵なプレゼントをいただいたようで何よりだ問題を提起するも、小樽に行ったのが怪しいと思っていたぞ問題、すき焼きは気まずかったぞ問題、畳が沈んできたぞ問題、補聴器はいつもつけるというわけではない問題など、予期せぬ方向に展開。たみこさんも心配だ。

Img_0528_20230109091401

 メインの仔羊の炭火焼きは、またしても写真を取り忘れて、食べかけで失礼。そして、オルゴール付きのデザートは、プレートの装飾も素敵。ごちそうさまでした。

Img_0529_20230109091401

Img_0530_20230109091401

Img_0531_20230109091401

 にぎわう神楽坂を下って、飯田橋からおなじみの水道橋、ここまではよく通る道だけれど、さらに御茶ノ水方向へ坂を登るのは、かなり久しぶり。順天堂大学の裏辺りに、東京都水道歴史館が。本郷給水所に隣接していて、入場無料だけれど、これがなかなか充実していて、江戸時代の玉川上水などの歴史から、明治以降の近代水道整備まで楽しい。

Img_0536_20230109091401

Img_0534_20230109091401

Img_0538_20230109091401

Img_0535_20230109091401

Img_0537

 隣接する給水所公苑は、神田上水の石樋が移築されていて、秋バラも見事。台地の端のようなところに、石樋があって、不思議な地形だなぁと思ったら、移築だったのね。それにしても、東京ドームや神保町には、数え切れないくらい来ているのに、こんな公園があるとは知らなかった。都内はホント奥が深いねぇ。

Img_0541_20230109091401

Img_0540_20230109091401

Img_0539_20230109091401

 見覚えがあるビル(センチュリータワー)は、バブル後から、数奇な運命をたどっていたようで、いつのまにか順天堂大に。御茶ノ水の駅で解散すると、ホームの12両化工事もけっこう進んでいるね。

Img_0542_20230109091401

Img_0543

Img_0544_20230109091401

Img_0545

 

2022/10/23:サイスさんとランチ

◆横浜・東京:はれのち時々くもり:12113歩:東京都心の最高気温=23.8度

 今日はようやく、朝からすっきり晴れて暖かい。11時45分のみなとみらい線急行もけっこうなにぎわい。自由が丘で大井町線に乗り換えて尾山台へ。おなじみのイタリアン「アンディアーモ」さんにて、久しぶりにサイスさん夫妻とランチ。中2になったハヤトくんは、部活で忙しくてもうつきあってくれない。

Img_8709

Img_8710

 充実の前菜セットを美味しくつまみながら、グラスワインをいただき、手打ちのパスタは、サンマと銀杏の塩味で、これも美味しい。

Img_8711

Img_8712

 買い物にいく夫人と別れて、サイスさんと界隈を散歩。前回は、九品仏へ行ったので、今回は、駒沢公園方向へ。ぽかぽか陽気で、公園もかなりのにぎわい。キャッチボールする親子あり、フリーマーケットに出店する人々あり。

 このあたり、以前は、みんなが壁打ちをする壁があったらしいのだけれど、できないようにジグザグに変更されている。壁打ちの場所くらいどっかに作ってあげればいいのにねぇ。千駄ヶ谷体育館裏の壁なんかもどうなっているのかな?

Img_8716

 その他、1964年と昨年のオリンピックのパネル展示なんかも見てから、八雲方向へ。このあたりは、まだ地主さんがそのまま持っている農地やら空き地もけっこうある。そうかと思えば、テニスクラブがあって、ジュニアの教室なんかが熱心に開催されている。多摩川園もなくなっちゃったはずだし、3面だけだけど、このあたりでは、貴重なテニスコートだろうねぇ。

Img_8717

Img_8715_20221030061501

 八雲三丁目で解散して、帰りはバスで実家へ。以前なら白金まで一本だったのだけれど、東98系統が、朝晩以外は分断されてしまった。清水で乗り継ぐ方法もあるのだけれど、面倒なので、黒02に乗って、終点の目黒から実家まで歩く。日本シリーズを途中まで見て早々に就寝。 

 

2022/7/23:ルカンケさんに参戦♪

◆横浜・東京:はれ時々くもり:8444歩:東京都心の最高気温=33.6度

 朝からよく晴れて、夏空。ようやく青い朝顔も咲いてきた。

Img_6243_20220724065801

 11時前のみなとみらい線で出発。日吉で乗り換えた南北線直通の目黒線は、新車の8両編成。すでに来春の新横浜・相鉄直通に向けて導入が始まっているようだ。

Img_6244

 白金台でkecoさんと待ち合わせ。本日は、お誕生日ランチ。プラチナ通りの1本裏、以前は、ジョンティアッシュさんに参戦したけれど、今回は、ルカンケさんに初参戦。12時の予約で、開店の5分前に着いてしまい、あっという間に汗だくになる。

Img_6245

 白ワインを注文して、コースがスタートすると、いきなり「石」が登場する。食べられるのは2つだけだという。無事にkecoさんがパンを見つけて事なきをえると、今度は、「葉」が登場。これも食べられるのは2つだけだという。無事にkecoさんんがポテトチップを見つけて事なきを得る。小生は、全然わからなかったね・・・

Img_6246

Img_6247

 スモークサーモンは、目の前でスモークとともに登場。いくらを載せたガレットで巻いて手でいただく。

Img_6248

 スープの後には、鮎が登場。フランス料理ではめずらしいと思うけれど、サクサクして美味しい。

Img_6251

 メインの前に北の大地の鮑。やわらかいので、歯の調子が悪い小生でも美味しくいただける。

Img_6252

 お魚はヒラメ。さっぱりしたソースで。メインのお肉は、鴨。

Img_6253

「別料金になりますが」

 と、何トカトリュフを見せられては、注文せざるを得ない。そして、さらにデザートは、メロンソーダとこれもめずらしい。全体にユニークなお料理が多かったけど、味の方は、クセもなくさっぱり系でお腹にもたれず最後まで美味しくいただけた。お中元のしゃけまるも贈呈されたところで、無事にお誕生日会は、終了。

Img_6254

Img_6257

 外へ出た瞬間に、また猛暑だけれど、せっかくなので、少しお散歩。プラチナ通りを下って、みけさんのお知り合いの高級ケーキ屋さんの前を通ってから、トンネルの入口で恵比寿側へ渡り、ガーデンプレイスの崖下のような路地を歩く。このあたり、港区白金、品川区上大崎、目黒区三田、渋谷区恵比寿とからみあっていて、高級老人ホームがあるかと思えば、昭和な家があったりする。

Img_6259

Img_6281

 長者丸の踏切で埼京線を渡る。山手線はさすがに立体交差で、ここで、山手線と埼京線の左右が入れ替わる。夏空を仰げば、15時をすぎて、上空は、羽田へ向かう飛行機が低空で侵入。

Img_6284

Img_6282

 おなじみの日の丸自動車の前を通って、このあたりからは、kecoさんも詳しいエリア。遠目にはわからないけど、けっこうな高低差がある。アメリカ橋を渡って、最後は、ガーデンプレイスの動く廊下をたよって、恵比寿駅で解散。

Img_6285

Img_6286_20220724065901

Img_6287

Img_6288

20220723x

 

2022/3/27:ANA旅作で行く福岡・BIGBOSS開幕シリーズ(3)40年ぶりに関門人道トンネルを渡る

◆福岡→下関→北九州→福岡→横浜:くもりのちはれ:17899歩:福岡の最高気温=19.5度

 開幕2連敗となってしまったけど、最終日は早起きして半日観光。7時45分にロビーに集合して、予定より2本早い、博多8時2分発の「こだま842号」に間に合った。なつかしい「ひかりレイルスター」型のN700系は、自由席でも2ー2シートで快適だ。

Img_3271

 わずか17分で小倉到着。在来線に乗り換えて、関門トンネルを抜け、下関へ。本日の観光は、赤間神宮からスタート。壇ノ浦の戦いで幼くして亡くなった安徳天皇を祀る神社。ここは、小学校を卒業した春休みの旅行で参戦したから、実に40年ぶり。このときは、サイスさんではなくて、たしかA君といっしょに来たのだけれど、すっかりご無沙汰。元気にしているかしらん。記録によれば、当時は「あさかぜ号」で下関入りしていたようだ。

Img_3272_20220403092301

Img_3273_20220403092301

Img_3274_20220403092301

Img_3276_20220403092401

(2022)

Img_3373

(1982)

Img_3275_20220403092301

 御朱印をいただき、海沿いを歩いて、壇ノ浦へ。ここから、関門トンネル人道を歩く。こちらも40年ぶり。kecoさんは初参戦だ。昭和なエレベーターで地下へ降りると、国道2号線の標識が。

Img_3279

Img_3283_20220403092401

Img_3284_20220403092401

Img_3286_20220403092501

Img_3287_20220403092501

 殺風景なトンネルをてくてく歩く。壁にあった「福岡県 山口県」の県境の標識が、きれいな「本州/九州」に変わっていたくらいで、あとは昔とあんまり変わってない感じ。1キロもないので、10分くらいで渡り終えて、同じようなエレベーターで浮上すれば、そこは、もう九州側だ。

Img_3288_20220403092501

Img_3291

Img_3289_20220403092501

(2022)

Img_3375

(1982)

Img_3293_20220403092501

Img_3294

Img_3297

 門司港駅まで歩く。門司港レトロとやらで、再開発された駅周辺は、何やらイベントも開催されて、朝からにぎわっている。そして、風格のある門司港駅。これも当時と変わらない0哩標識にご挨拶して、普通列車で西小倉まで。

Img_3298_20220403092501

Img_3299

Img_3304_20220403092501

Img_3306

Img_3307_20220403092601

Img_3310

Img_3309_20220403092601

(2022)

Img_3376_20220403092601

(1982)

 昨年オープンしたゼンリンミュージアムへkecoさんをご案内。外国人が作った、昔の日本地図が、だんだん本物に近づいてくるのだけれど、全体がかなり正確になってきた後も、千葉や茨城の沖合いに島が描かれているのがおかしかった。

Img_3312_20220403092601

Img_3313_20220403092601

 1階へ降りて、グッズショップで、ついついいろいろ買い込んでしまい、外へ出ると、小倉城の前の桜がなかなかいい感じ。今日3月27日は、さくらの日、そして、ちょうど福岡は、満開の発表があったようだ。

Img_3320

Img_3314_20220403092601

Img_3319

Img_3315_20220403092601

 のんびり散策したいところだけれど、時間がなくなってきたので、小倉駅へ急ぐ。自動販売機が行列していてあぶなかったけど、なんとか12時51分発の「のぞみ15号」に間に合った。今度は、最新のN700Sだ。

 慌てて空港へかけつけた時に限って、帰りの飛行機がディレイというのは、遠征あるあるで、使用機到着遅れのため30分押し。もっとも福岡空港の保安検査も相当な混雑で、優先レーンが使えなかったら心配になるところだった。マンボウ明け、春休み、桜も満開ということで、この週末は、かなり人が出ているようで何よりだ。

 制限エリア内にある一蘭さんでお昼をいただき、ラウンジでひと休みしてから、搭乗ゲートへ向かうと、なんと、加藤くん、伊藤くん、河野くん!今日はあがりの投手陣が、同じ便で帰京のよう。14時には千歳行きもあったのだけれど、東京便に乗るんだねぇ。加藤くんはプレミアムシートだったけれど、伊藤くんは、小生より後方の普通席だった・・・

Img_3321

 ゲート付近で搭乗直前に中継を見たときは、4ー3と逆転して、なお満塁のチャンスだったのだけれど、羽田に到着する頃には、あっさり逆転負けでBIGBOSS3連敗。。。

Img_3324

 帰宅すると、ようやく「ARIZONO 39」の新ユニが到着。出直しだ!!

Img_3337

 3日で5万歩。よく歩いた。60.4Kg(-0.9)

 

2021/12/21:星川スリバチ歩き

◆横浜:はれ:14979歩:横浜の最高気温=14.5度

 何度か目が覚めて、7時すぎに起床。野菜生活、ヨーグルト、チョコクロワッサン、コーヒー。目の前の瑞穂埠頭は、あいかわらず何やら出入りが激しいね。

Img_0819

 昨日リリースされた、接種証明書アプリ、しばらく様子見かと思っていたけど、どうやら問題なさそうなので、一応入れてみた。

20211221a

 同じく、昨日リリースされたのが、ANAPocketとやら。飛行機に限らず、徒歩や鉄道の移動もログをとって、ポイントがもらえて、ガチャでコインに替えられるとのこと。初回5000ポイントのおまけで、ガチャ10回分。何やらエラーが出て、突然、動き出して、19コインに替わった。。。

20211221b

20211221c

20211221d

 週末はまた寒波がくるようなので、穏やかに晴れている間に、スリバチ歩きへ。先月の続きみたいな感じで、相鉄の上星川駅からスタート。

Img_0814_20211222073301

 さっそく坂道を登ると、何やら風情のある建物が。西谷浄水場旧計量器室跡。そして、港の方向へは、いかにも水道道という直線の急坂が。道志から野毛までの日本最初の近代水道。このあたりは、トロッコで資材を持ち上げたらしい。

Img_0825

Img_0824

Img_0823

Img_0827_20211222073301

Img_0829

Img_0830_20211222073301

Img_0831_20211222073301

Img_0832_20211222073301

 階段の水道道で帷子川沿いまで一気に下ってしまうと、左右ともに急な崖。右側の正福院さんは、参道がすごい階段になっている。これじゃ、お墓参りも大変だよね。そして、反対の斜面には、おなじみの白いマンションがみえる。

Img_0838_20211222073301

Img_0833

Img_0834_20211222073301

Img_0828_20211222073301

 さらに進むと、和田町。高校のクラスメートが和田町に住んでいて、当時は、相鉄も和田町も名前を聞くだけで、実に遠い存在だったけど、最初の勤務先が、相鉄沿線だったし、50をすぎてから、こうやって、テクテク歩きに来るのだからわからないものだね。

Img_0839

 横浜新道をくぐって、水道道から右へ分かれて、今度は、右側に法性寺。ここも、山門に向かって、ものすごい急斜面。その分、境内からのビューはいい感じだけど。もっと登れば、保土ヶ谷球場の方へ行かれるのだけれど見るからに手強そうなので、断念。

Img_0842_20211222073301

Img_0843_20211222073301

Img_0845

 星川をすぎると、なつかしい天王町。高架化が完成して、踏切もなくなった。スリバチ歩きといいながら、崖下に沿って歩いてばかりというのも情けないので、ここで、右へ曲がって、ビール坂を登ってみる。たしか、途中にラーメン屋さんがあったよなぁとか、昔を思い出しつつ(ラーメン屋さんは無くなってた)登っていくけれど、どんどん急になって、終わらないよ。

Img_0851

Img_0853

Img_0854

Img_0859

Img_0861

 何やら道標があって、登りきった交差点が月見台。左に曲がって、神戸坂を降りたけど、保土ヶ谷へ出るのなら、まっすぐかまくら道を行けばよかったようだね。

Img_0863

Img_0862

Img_0864

Img_0869

Img_0872_20211222073401

Img_0873_20211222073401

Img_0874_20211222073401

Img_0876_20211222073401

 保土ヶ谷駅から横須賀線で横浜駅へ戻って、崎陽軒さんへ。崎陽軒といえば、シウマイだけれど、先月から冷凍餃子の販売を初めたとのことで、さっそく購入してみる。

Img_0897

 帰宅すると、1万5000歩近く、ANAPocketも、何やらログが残って、ガチャ1回分くらいのポイントがもらえたようだ。

20211221f

20211221e

20211221g

 東証めずらしく反発を確認して、昼ビアをいただき、浦和競馬ゴールドカップ中敗。

 ひと休みして、フライパンにギョウザを並べて、ジウジウとやって、説明書を見ながら、熱湯を注いで、蓋をして、ジュウジュウ、さらに蓋をとって、ジウジウ。う~ん、ちょっとお湯が多かったかな。あと、中火と書いてあったのだけど、やっぱりIHは、非力なのかな。まぁ、一応できあがったので、夕ビアとともにそれなりに美味しくいただき、早々に就寝。次は、もう少しうまく焼けるかな・・・

Img_0901

Img_0909_20211222073401

Img_0902

60.1Kg(-0.5)

 

 

2021/11/23:鶴ヶ峰から帷子川沿いをてくてく

◆横浜:くもり時々はれ:14316歩:横浜の最高気温=16.4度

 低気圧が去って、雨上がりの祝日。にぎわうみなとみらいを脱出して、相鉄線で、鶴ヶ峰へ。二俣川は免許の更新で来るけれど、ひとつ手前のこの駅で降りるのは、たぶん初めてだ。

Img_9766_20211123172701

Img_9767

Img_9770

 スリバチ本片手に、今日は鶴ヶ峰から西谷まで、帷子川に沿って歩く。氾濫、蛇行を繰り返す暴れ川だった帷子川。天王町勤務時代も、ランチで行くお店が盛大に浸水したことがあったっけ。流れもいろいろ変わってきたらしく、駅前から、暗渠感たっぷりだ。

Img_9761

Img_9771

Img_9773

Img_9775

Img_9778_20211123172701

 そんな一角に立つのは、畠山重忠公碑。鎌倉幕府の有力御家人で、清廉潔白な人柄で「坂東武士の鏡」と称されたが、頼朝の没後に、北条義時に謀反の疑いをかけられてこの地で討たれたという。無念。

Img_9780_20211123172701

Img_9779

 そのすぐ下が、帷子川捷水路トンネル。洪水対策でトンネルを掘って、蛇行する帷子川を直線化したとのことで、そう言われてみれば、周囲の路地は、昔、川だったような気配が漂う。

Img_9783

Img_9785_20211123172701

Img_9782

Img_9787

 国道16号線を渡って、山を登っていくと、丘の上が、鶴ヶ峰配水池。いったん斜面を下って、今度は、白根不動尊&白根神社へ。地図では、近いけれど、行ってみると、かなりの急斜面、苔や落ち葉もあって、慎重に登る。御朱印がもらえるかと思ったけど、営業はしていない模様。

Img_9789_20211123172801

Img_9791_20211123172801

Img_9793

Img_9794

Img_9797_20211123172801

Img_9799_20211123172801

Img_9804

Img_9801

 16号まで降りてきて、再び帷子川沿いへ。直線化された本流から分かれた旧流路に沿って、帷子川親水緑道として遊歩道が整備されて、実にいい感じ。水辺でサギ?が悠然と歩いているところへ、カモ?が泳いできた。お、これは、一戦交えるのか?と思ったけど、何ごとも起こらず。。。

Img_9806_20211123172801

Img_9808_20211123172801

Img_9809_20211123172801

Img_9811_20211123172801

Img_9813_20211123172801

Img_9814

Img_9820_20211123172901

Img_9830_20211123172901

Img_9817_20211123172801

Img_9847

Img_9854

 もう一度16号に戻って、下白根の交差点。ここに大きなトンネルが。これが、帷子川分水路の入口。帷子川の氾濫を最近聞かなくなったのは、横浜ビジネスパークの下に水を貯めるようになったからかと思っていたけれど、どうやら切り札は、このトンネルだったようだ。ここから、横浜駅近くまで、実に5キロ以上の地下トンネル。新幹線のトンネルと同じくらいの断面だというから、どうせなら、上に鉄道も通してくれたら楽しかったね(^^;) もっとも、大雨のときしか水は流さないようで、今日は、水のない分岐地点には、トラックが止まっていて、何やら打ち合わせも行われているよ。。。

Img_9858_20211123173001

Img_9861

Img_9864_20211123173001

Img_9868_20211123173001

Img_9866_20211123174701

Img_9869_20211123173001

Img_9871

Img_9863_20211123173001

Img_9873_20211123173001

 ここまで来ると、西谷まではすぐ。横浜行きの快速電車がラッシュなみの混雑でびっくり。1万4000歩歩けば、昼ビア呑んでもいいよね。浦和記念中勝を確認して、お肉をしゃぶしゃぶして、早々に就寝。

Img_9875

Img_9881_20211123174701

Img_9882_20211123173001

20211123x

 

より以前の記事一覧