2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2024/4/6:事務機ダービー~地理系ブックカフェ空想地図@駒沢へ!

◆横浜・東京:くもり:10498歩:横浜の最高気温=17.3度

 今日もどんより曇って、気温も低め。お昼前のFライナーで出発して、自由が丘で乗り換えて都立大学でkecoさんと合流して、駒沢公園へ向かう。おなじみの駒沢支流の遊歩道は、桜並木が満開。空が青ければ言うことないのだけれどねぇ。

Img_2023_20240407124901

Img_2025

Img_2026_20240407124901

 お花見がてら散歩しているうちに、道を間違えたりして、10分くらい遅刻で、駒沢公園競技場へ。本日は、リコーvsキヤノンの事務機ダービー。先々週の大逆転勝ちでベスト4に望みをつないだイーグルスは、最終節にパナ戦を残しているので、もう下位チームには、ひとつにも負けられない。先月の秩父宮で、お寒い試合で、サントリーに0-62で大敗したブラックラムズだけれど、その後、東芝に大接戦を演じたりしているので、侮れない。

Img_2027_20240407124901

◇2024/4/6:○横浜E 31-12 BR東京(駒沢)

 到着した時には、すでに7-0でリードしていたイーグルスだけれど、その後は、ブラックラムズの攻撃の時間帯がけっこう続く。残り5mくらいまで何度も攻め込まれ、さらにはマフィ選手がシンビン。それでも、なんとか辛抱して、前半終了間際にワンチャンスを生かしてトライ。12-0で折り返し。休憩中にT氏と遭遇。参戦しているかもとは思っていたけれど、広い会場でなんの待ち合わせもなく、よくばったり会えるものである。

Img_2028_20240407125001

Img_2032_20240407125201

Img_2036

 後半は、イーグルスペースでじわじわリードを広げるけれど、ブラックラムズも反撃。僅差のベスト4争いが予想されるので、なんとしても3トライ差のボーナスポイントが欲しい。

 ディフェンスはよかったけれど、反則の多いイーグルス、ミスが多く、チャンスを決めきれないブラックラムズ。桜満開の駒沢で7000人台は寂しく、全体にしょっぱい試合だった感は否めないけれど、なんとか31-12で逃げ切り、勝ち点5をゲットできたのは大きい。

Img_2039_20240407125001

 帰りは、自由通りを北へ。駒沢川支流の暗渠沿いの遊歩道は、目黒区と世田谷区の区境もかねているようだ。246を渡って、今日の本当のお目当ては、地理系ブックカフェ空想地図さん。246から一本裏に入っただけで、地味な住宅街になる。半地下みたいなところに空想地図さんがある。

Img_2043_20240407125001

 店内には、各種の地図・ガイドブックは、もちろん、高速道路のパンフレットだったり、空想地図各種、街歩き本、そして、7~80年代の雑誌なんかもあって、当時の文化も含めてふりかえることができる。メニューも、お食事系からスイーツまで充実していて、小生は、パンケーをkecoさんは、プリンをいただく。お向かいの大きな桜の木も満開で借景としてもいい感じ。マニアックな地図系イベントなども開催されることもあるようで、ここは、あらためてじっくり訪れてみたい。

Img_2045

Img_2046_20240407125001

Img_2048

Img_2047_20240407125001

 

2024/3/2:寒すぎる秩父宮

◆東京・横浜:くもり:6826歩:東京都心の最高気温=10.1度

 最高気温の10.1度というのは、深夜0時頃に記録されたもので、朝から北風で冷え込み厳しい中、実家から秩父宮へ。田87のバスで渋谷経由とか、品97のバスで青山一丁目へダイレクトという案もあったけれど、白金高輪から南北線で溜池山王乗り換えに決めて、目の前の始発の電車に乗って、ふっと気づいたら三田線じゃないか!すぐに気づいたけど、三田線に乗ってしまうと、銀座線への乗り換え駅がない。仕方がないので、白金高輪に戻ってやり直し。実家近くで乗りまちがえるとは、我ながらひどい。それでも、何とか、待ち合わせには間に合って、バックスタンド前で、kecoさんと合流。リーグワンは、今季初観戦。

Img_1298_20240308084101

Img_1300_20240308084101

◇2024/3/2:●BR東京 0-62 東京SG(秩父宮) 

 サントリーのホームゲームで、三菱地所のイベントなども行われているようだけれど、チケットの売れ行きが悪かったようで、2日前に突然2000JPYになったバックスタンド指定席。ダイナミックプライシングを採用しているわけでもないのに、突然半額以下とは、4500JPYで購入したファンに失礼ではないか。だからというわけではないけれど、リコーを応援。慶応出身の栗原選手もスタメン。アイザック・ルーカス選手や、武井選手、南橋選手など小生でもわかる選手がけっこういる。一方のサントリーは、もちろん豪華なメムバーではあるけれど、残念ながら、サム・ケインもチェスリン・コルピも欠場。ならば、善戦できないものか?

Img_1301

Img_1302_20240308084101

 しかしながら、前半、早々から、押され気味で、1PGの後、尾崎弟のトライ、さらに松島選手の技ありのトライ。前半は、0-29。。。

Img_1305_20240308084101

Img_1306_20240308084201

 寒いのは分かっていたので、ジャムプ観戦レベルの防寒態勢で来たのだけれど、ジワジワと体が冷えてくる。歴代のスポーツ観戦歴の中でも、トップレベルの寒さ。そして、試合の方も、いよいよお寒い展開となって、堀越選手に3つ目のトライを許し、途中出場の齋藤直人選手は、リーグ50CAP。リコーは、最後までノートライで、0-62。。。下位チームが健闘して、接戦になることも多いリーグワンで、よりによって、あまりにもあんまりなお寒い試合でした・・・

Img_1307_20240308084101

Img_1309

 

 

2024/2/10:クロスボーダーマッチ、イーグルスvsブルーズ@三ツ沢

◆横浜:はれ:8989歩:横浜の最高気温=12.4度

 横浜駅からバスで三ツ沢へ。今シーズン初参戦は、リーグワンではなくて、クロスボーダーマッチ、イーグルスvsブルーズ戦。T氏がチケットを確保してくれたのだけれど、なんと、ボーデン・バレットさんとのお楽しみ撮影会が当選ということで、10時55分の集合。

Img_0993_20240217141501

Img_0994_20240217141501

Img_0996_20240217141501

 事前に、「握手とサインはNG」とアナウンスされていたのだけれど、順番が来ると、「コンニチハ」と、バレットさんの方から握手してくれた。すばらしい。

20240210x

 空気はひんやりしているけれど、よく晴れて、ラグビー観戦日和。キッチンカーでラーメンと地ビアを購入して、バックスタンド指定席へ。

Img_1005_20240217141501

Img_0999_20240217141501

◇2024/2/10:●イーグルス 22-57 ブルーズ(三ツ沢)

 昨年3位のイーグルスだけれど、ここへ来て、デクラーク選手とクリエル選手が離脱。マフィ選手も欠場。それでも、飛車角落ちながら、ほぼ現状のベストメンバーで、どこまでやれるか?

 前半から、ブルーズが攻勢。フォワードはそこそこ戦えている気がするのだけれど、みんなスピードが速い。11番のクラーク選手の飛び込んでのトライも見事。

Img_1011_20240217141501

Img_1013_20240217141501

Img_1012_20240217141501

 それでも、前半終了間際に、こちらも11番タカヤワのトライ。しかし、その後、残り1分もないところから、もう1トライ許してしまい、前半は、5-31。

 後半もブルーズが強さを見せるも、相手のシンビンもあって、途中出場の竹澤らが活躍して、3トライとって、22-57。力の差は感じたけれど、見せ場もそれなりにあって、いい試合だった。観客が6000人足らずというのは、もったいない。リーグ戦期間中の開催は、上位チームには負担となるので、来年以降の実施は未定とのことだけれど、ぜひ続けてほしい。

Img_1026_20240217141501

Img_1027_20240217141501

Img_1025

Img_1028_20240217141601

 ディアナに寄って、T氏にコーヒーをごちそうして解散。夜は、久々に花火。

Img_1044

Img_1048

Img_1050_20240217141601

 

2024/1/17:初場所参戦

◆横浜:はれ:6864歩:東京都心の最高気温=12.2度

 午後の横須賀線で上京。錦糸町まで乗って、一駅戻って両国。冬晴れに幟旗が映える。恒例の新年初場所観戦。国技館入口でkecoさんと合流して、入場すると、赤鷲がお出迎えだ。

Img_0678_20240119093201

Img_0680

Img_0683_20240119093301

 少しでも休場が少ないうちにということで、今回は4日目に参戦することにしたのだけれど、昨日から高安、さらに、今日からは、貴景勝の休場も発表されてしまった。宇良が不戦勝になって、見られなくなってしまったのは残念。

 本日も、2階正面椅子B席での観戦。ちょうど幕下の終盤から十両土俵入り。それにしても、今日はお客さんの出足が早い。大乃国さんのスイーツも完売続出で、親方も「今日は早い」と驚いている。

 幕下では、怪我から復帰の伯桜鵬が登場して、2連勝。早く戻ってきて欲しいね。

Img_0688_20240119093601

 地下のちゃんこへ。こちらは、そんなに混んでなかった。500JPYで味噌ちゃんこをいただく。改めて、取組表を読み込むと、序の口や序二段の力士も立派な四股名が付いている人が増えた気がする。山田とか鈴木みたいなのは、ほとんどいない。一文字で、「鶴」、「美」なんていうのもいる。序二段の「宇瑠寅」も健在だ。

Img_0689_20240119093201 

 充実のグッズショップも、かなりのにぎわいで、kecoさんは、みけさんへの翠富士グッズを確保。

 お席に戻ると、ちょうど白熊が登場。ウクライナ出身の獅子に敗れて、2敗目。まだちょっと名前負けしている感じ。いや、そもそも名前が必ずしも強そうともいえないか。ちなみに、十両には、ロシア出身の狼雅もいるので、どこかで獅子と対戦することになりそう。

 幕内土俵入り、横綱土俵入り。照ノ富士は、土俵入りもあまり元気がなく見えてしまうけれど、なんとかがむばってほしいところ。

Img_0693_20240119093301 

Img_0698_20240119093301

Img_0699_20240119093301

Img_0700_20240119093401

 中入り早々、今日のお目当ての、大の里ー島津海戦。期待の新入幕対決は、大の里が圧勝。これは、大器だね。実に楽しみだ。

Img_0701_20240119094001

 毎年、これが見納めかと思いつつ応援している佐田の海は、今年も幕内中位でがむばっているけれど、今日は明生に押し出され3敗。

 好取組も多いのだけれど、押し相撲で、短い相撲が多く、物言いもないので、進行が早い。琴ノ若は、肩透かしで熱海富士に勝って、4連勝。今場所は、絶好のチャンス、逃さずに一気に大関まで行ってほしい。

Img_0705_20240119093401

 17時半には、もう残り3番。急に仕切りがゆっくりになる。注目の豊昇龍ー若元春は、豊昇龍が珍しい送り投げで勝利。どうやら、波乱もなく1日が終わるか?と思ったら、なんと翠富士が!十八番の肩透かしで、霧島に勝利!いやぁ、大したもんだね。

Img_0708_20240119093401

Img_0709_20240119093401 

 結びは、照ノ富士が豪ノ山に勝って3勝目。17時50分すぎに終わってしまって、乗り継ぎもよく19時すぎには帰宅とは早い。ブルーバードカップ小敗を確認して、早々に就寝。

Img_0702_20240119093401

 

2023/10/22:サンライズ出雲で西へ!

◆横浜→(車中泊):はれ一時くもり:5197歩:横浜の最高気温=20.2度

 一気に秋が深まり、朝の最低気温は、11.8度まで下がった。7時起床。情報を遮断して、3時間遅れで、ワールドカップ準決勝、南アフリカvsイングランド。雨でかなり滑るようで、なかなかパスは繋がらずキック合戦。前半からイングランドがうまく立ち回って、これしかないという展開に持ち込んだように見えたけれど、デクラークらを早めに投入して息を吹き返した南アフリカ、最後は、ポラードが50m近いPGを決めて、16ー15。すごい試合だった。準々決勝の2試合といい、この試合といい、ホント見応えのある試合が多い。そして、決勝のニュージランドと南アフリカには、この冬のリーグワンに参戦予定の選手が、10人以上いるというから、すごいことだし、実に楽しみだ。

20221022c

 午後は、ディアナでお当番をしながら、菊花賞。夏の上がり馬、リビアングラスが、9番人気で単勝30倍もつくので、単複、馬連、ワイドで勝負。ルメールを行かせて好位につけてこれは!と思ったけれど、結果的には、早めに押し出された形で死んだふりのルメールに差し替えされて、無念4着。まぁ、でも、こういう乗り方をしてくれればあきらめもつく。抑えが当たって、中敗。

Img_4680

20231022a

20221022b

 帰宅して、入浴、夕食を済ませて、21時半に出発。今夜は、久しぶりの「サンライズ出雲」で西へ!A寝台がとれなかったので、B寝台個室の「シングル」だけれど、車両中央付近の2階席で実に快適。やっぱり、寝台列車はいい。サンライズの車両も25年経過して、今後どうなるかわからないので、とにかく乗れるうちにたくさん乗っておくしかない。

Img_4690

Img_4691

Img_4697

Img_4700_20231023193301

Img_4699_20231023193301

 ハイボールをいただきながら、熱海、沼津、富士、静岡、浜松。もう日付が変わったのかな。そろそろ寝よう。

Img_4706_20231023193301

 

2023/10/8:ジャパン無念

◆横浜:くもりのち雨:2941歩:横浜の最高気温=21.0度

 3連休中日。どんより曇って、気温も低い。真夏日が延々と続いて、一昨日、ようやく爽やかな秋が来たと思ったら、今度は、いきなり寒くなるのだからやっかいだ。

 ディアナで終日お当番を済ませて帰宅してする頃には雨が降り出してきた。

 今日は、ラグビーワールドカップ、ジャパンのプール最終戦、アルゼンチン戦。赤レンガ倉庫でパブリックビューイングがあって、浅野杏奈ちゃんや田村優さんが来るので気になっていたのだけれど、あいにくのお天気なので断念。自宅にてXLペン氏と応援。JSPORTS、スタジオは、沢木さん、村上さん、深緑郎さんでいいのだけれど、現地の後藤さんと藤島さんの解説はイマイチなので、途中からは、副音声の英語実況で。

Img_4575

 27-39。開始直後にミスから失点して、終始追いかける展開。勝つならロースコアと思っていたけれど、点の取り合いになってしまった。ディフェンスが、あっさり抜かれちゃうように見えたのは、それだけアルゼンチンが速かったということなのかな。

 決勝トーナメント進出はならず残念だけれど、サモアに勝って、最終戦に自力のチャンスを残して、アルゼンチンに惜しいところまでいったのだから、よくがんばってくれたとは、2015年からのにわかの小生でもわかるよ。ジェイミーさんお疲れ様でした。

Img_4578_20231010103301

 でも、最後だから、一応言わせてもらうと、堀江先発とか松島ウイングとか、強化試合で試さないで、突然本番で変えたのはなぜ?5試合も強化試合があったのに福田を一度も使わなかったのはなぜ?最後の試合で山中を控えに選ぶなら、最初のメンバー選考の時点で、小倉順平じゃなくて山中だったのでは?

 そんな勝手なことを、にわかの小生でもあれこれ考えるくらい強くなったジャパン。チームが完成されすぎた感があるので、いったん反動はあるかもしれないけれど、4年後、8年後に向けて、若い力の台頭に期待したいし、さしあたっては、リーグワンの開幕も楽しみだ。

Img_4580_20231010103301

 

 

2023/9/30:メトログリーン東陽町に参戦

◆横浜・東京:くもり時々はれ:6222歩:東京都心の最高気温=28.5度

 10時前のみなとみらい線から横須賀線で上京。久しぶりの新日本橋で、久しぶりにうし様と合流。

 来週、氏が10年ぶりにゴルフ復活ということで、本日はお買い物と練習に同行。まずは、ゴルフパートナーさんにて、靴とティーとロストボールを購入。最近のシューズは、紐がなくて、ダイヤルを回して締めるようになってるんだねぇ。これは、なかなかよさそうだ。

Img_4441_20231001083701

 緑のレクサス号でメトログリーン東陽町へ。都心に残る貴重な練習場、ここは初参戦。土曜日の昼間ということで、さすがにけっこうな人数がお待ちだけれど、30分待ちくらいで、無事に1階のお席に入場が許される。

 氏は、ドライヴァーと7番のみ持参ということで、まず7番で。しかるにボールに当たらない。練習で空振りとは、なかなか厳しい。オーバースイング気味のテイクバックで、上体が伸び上がってしまうので、インパクトがずれているようだけれど、どうアドバイスすればいいかわからず。レッスンプロは、すぐには来てくれないようだ。たまに当たっても、シャンク気味に右へ飛び出したりして、前の打席の方は、怖かったのではないかと思う。

Img_4445_20231001083701

 5日後のラウンドに大いに不安を残したまま、ランチに転進。お肉のカタヤマさんは、向島の本店は、昼休みと言うことで、錦糸町PARCO内のフードコート店へ。それでも、和牛をジウジウと焼いてくれて、なかなか美味しい。親方株の貸し借りとか行司とか呼び出しの格付けは難しすぎる問題、引退したからといって、連日Facebookを更新されても困ってしまうぞ問題、2軍専用チームの詳細が全然わからないぞ問題、馬体が回復しないと的場さんを乗せてもかわいそうだ問題、秋華賞問題、今ならぐんぐん杯にも空きがあるぞ問題、などなど、長く暑い夏の終わりをようやく感じる秋の諸問題を検討して、来週の健闘を祈って解散。

Img_4458_20231001083701

 帰宅して、先日届いたBlu-rayの「LIVE EPIC 25」をようやく見る。今年は、エピック45周年ということで、再発売された、20年前のEPIC25周年のライヴ版。鈴木雅之、大澤誉志幸、小比類巻かほる、TMネットワーク、渡辺美里、佐野元春ら、80年代を中心に一世を風靡したEPIC・ソニーの面々が一同に介してのコンサート。「ランナウェイ」、「ガラス越しに消えた夏」、「そして僕は途方に暮れる」、「Hold On Me」、「Get Wild」、「My Revolution」、「SOMEDAY」などなどあの頃が蘇る名曲ばかり♪。これ、2003年だったから、当時はまだあまりライヴ情報をまめにチェックしてなかったんだねぇ。生で見たかったなぁ。

 

2023/9/24:まけほーばかり

◆横浜:くもり時々はれ:3493歩:横浜の最高気温=26.5度

 6時すぎに起床。野菜生活、ヨーグルト、ミニチョコクロワッサン、コーヒー。

 情報を遮断して、JSPORTSで録画しておいた4時からの南アフリカvsアイルランド戦。予選プールなので、また再戦の可能性があるとはいえ、世界ランキング1位と2位の直接対決。これが、軽くBGM的に流していたつもりが、さすがの好ゲームで、途中から引き込まれる。南アフリカには、我らがキヤノンのデクラーク、クリエルもいるし、ヤマハのクワッガ・スミスも途中から登場。しかし、息詰まる熱戦は、アイルランドが13ー8で勝利。にわかの小生にも見応えのある試合と思ったら、解説の識者の中にも、歴代でも屈指の好ゲームと評価され方もいたようだ。決勝トーナメントでの再戦があれば、楽しみ。

 爽やかな秋晴れで、ようやく暑さも一段落だけれど、なんだか疲れもたまっているので、引きこもり。保土ヶ谷では、慶応高校が敗退して、センバツ絶望。甲子園組に2年生が多かったので、意外だけれど、桐光学園も強く、神奈川の一発勝負は何が起きても不思議はない。神宮では、大学が法政に逆転負け。仙台では、ファイターズがサヨナラ負け。

 相撲は、快進撃熱海富士に朝乃山がたちふさがって、貴景勝との優勝決定戦。まさかの大関の変化で、熱海富士無念。

 仕方がないので、盛岡・ヴィーナス・スプリント、金沢・ネクストスター・金沢、佐賀・鳥栖大賞に転戦するも小敗。さらに帯広・ばんえい9レースで大敗したところで、NHKスペシャルは録画することにして、早々に就寝。

 

2023/9/10:立教戦19連勝&ジャパン初戦快勝♪

◆横浜・東京:はれ時々くもり:6503歩:東京都心の最高気温=33.0度

 今日は、いよいよラグビーの日本戦があるけれど、その前に、みなとみらい線~横須賀線~銀座線で上京。久しぶりの神宮で、kecoさんとの呉越同舟対決。途中の秩父宮では、パブリックビューイングの準備も進んでいるようだ。

Img_4074

Img_4076

 4年ぶりにグルメフェスタとやらが復活したようで、立教大学放送研究会の唐揚げ南蛮をゲットして入場。ゲート付近では、みけさんの息子くんが今日もバイトで活躍している。

Img_4077

Img_4078

Img_4079

 夏空が戻ってきて、いつものポンタシートは、あまりに日差しが強そうなので、今日は、屋根のある2階席へ。

Img_4091

◇2023/9/10:○K 11-7 R(神宮)

 意外なことに慶応は、対立教18連勝中。立教も近年強いので、そんなイメージはなかったのだけれど、もう4、5年負けていないみたいだ。増居くんと橋本くんが抜けて、今年は、投手陣が厳しいけれど、昨日も接戦で勝利している。

 初回の慶応の攻撃で、立教のライトとセカンドの選手が交錯して、2人とも交代の波乱の幕開け。まぶしいのか雲に隠れるのか、フライがかなり見にくそうだ。

 2回に本間くん2ランで先制するも、3回に1点返されて、4回には連打で2点を失い逆転される。

 6回に宮崎くん2ラン、本間くんソロで逆転。その裏、すぐに1点返されて、5ー4。さらに7回、連打で2死満塁のピンチも、4番手、神宮初登板の1年生渡辺くんがなんとかしのぐ。

 1点差では安心できないと思っていたら、8回、相手のライトの後逸、さらにボークなどで3点とって、8ー4。さすがに大丈夫かと思ったけれど、渡辺くん続投はいかにも不安と思ったら、連打で3点とられて、8-7。まったくわからなくなってしまった。結局、竹内くんを投入するなら、8回頭から行くべきだったよねぇ。。。

 連敗脱出へ総力戦の立教、9回は、昨日先発の池田くんがマウンドへ。しかし、宮崎くんの今日2本目の2ランでダメ押しの11点目。ベンチ入り25人中23人が出場して、16安打の立教に対して、慶応は12安打ながら4ホームランが効いて、3時間のグダグダ試合をなんとか勝利。前途多難な感はあるけれど、とうとう立教戦は、19連勝だ。

20230910a

Img_4096

Img_4097_20230912082202

 帰宅して、西日本ダービーショウガタップリ快勝を確認して、ブエルタの録画でエヴェネプール復活を確認して、いよいよJSPORTS1で、ラグビー、日本vsチリ戦。いきなり先制されて、どうなることかと思ったけれど、6トライでボーナスポイントも獲得して快勝。松田のキックもすばらしかった。まずはひと安心。

Img_4100_20230912082201

Img_4109_20230912082201

 

2023/9/9:ラグビーワールドカップ開幕&いろいろスポーツの秋

◆横浜:雨のちはれ:1987歩:横浜の最高気温=29.1度

 3時55分起床。いよいよラグビーワールドカップ開幕。ジャパンの出番は、明日の夜からだけれど、開幕カードが、いきなりフランスvsニュージーランドの優勝候補対決。午前の再で見てもいいのだけれど、XLペン氏も張り切っているようなので、4時からリアルタイムでJSPORTS1。おなじみの矢野アナと村上さんのコンビに、我らが沢木さんも解説というベストの布陣。開会式は終わってたけれど、国歌とハカには間に合った。おなじみのサン・ドニのスタジアムは、もちろん超満員だ。

Img_4027

Img_4029

Img_4031_20230912081201

 A組は、2強と他のチームの差があるので、決勝トーナメントで再戦する可能性も高い両チーム。今日は、まだピークには持ってきていないだろうけど、ニュージーランドが先攻して、フランスが正確なキックで追いつき、好ゲーム。最後は、フランスが突き放して快勝。オールブラックスが、プール戦で負けたのは史上初だという。両チーム、やっぱりプレースキックの精度も高いねぇ。

Img_4033

 いろいろ先が長いので、2度寝したかったのだけれど、さすがに6時になるともう眠れない。午前中はだらだらとして、昼前に起き出す。

 まだまだ残暑厳しいけれど、スポーツの秋。この週末は、ブエルタ・ア・エスパーニャが佳境の山岳2連戦、ラグビーは、大学対抗戦も開幕。野球は、ファイターズvsライオンズの最下位争いに、神宮では六大学、保土ヶ谷では、センバツに向けて早くも秋の神奈川大会。秋競馬は、中山と阪神が開幕して、ナイターは、高知とばんえい、韓国のコリアカップにも日本馬が参戦。ソッカーJ1・横浜FCだけは、かろうじてお休みのようだけれど、カーリングは、フォルティウスのカナダ遠征、そして、明日からは相撲と実に盛り沢山で忙しい。

 午後は、ブエルタ・ア・エスパーニャの録画。超級山岳フィニッシュのステージで、エヴェネプールが遅れて、ユンボがやりたい放題で圧巻のワンツースリーフィニッシュ。

Img_4055

Img_4041

Img_4050

 対抗戦は筑波に惜敗で、大学選手権が早くも怪しくなってきた。六大学は、立教に18連勝。ファイターズは、今日も安定の弱さで最下位を固めつつある。

20230909a

20230909b

20230909d

 フォルティウスの勝利を確認して、ヨルノヲケイバを見ながら、高知競馬で中敗して、早々に就寝しようとしたら、山本がノーヒットノーラン達成だって。すばらしい。

20230909c

Img_4059_20230912081201

20200909e

 

より以前の記事一覧