2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2022/9/17:湘南台で立教に大苦戦

◆横浜→藤沢→横浜:はれのちくもり:10837歩:横浜の最高気温=31.1度

 秋のラグビーシーズンは、大学生から。対抗戦グループは、昨年、kecoさんの立教が最下位ながらも入れ替え戦に勝利したので、今年も呉越同舟の慶応との直接対決が見られる。

 それにしても、数年前の町田、昨年は三郷、そして、今年は秋葉台競技場だという。どうも、湘南藤沢キャンパスの近くのようだけれど、いかんせん遠い。幸い、地下鉄の快速が来たので、桜木町から湘南台まで32分。新宿から小田急快速急行50分のkecoさんと合流して、1時間に1本のバスで、秋葉台公園へ。競技場の他にも、体育館、プールなども備えた、立派なスポーツ公園ではある。台風も近づくなか、はるばる湘南台まで見に来るファンは当然少ないのだけれど、来年創部100年の立教は、グッズなども充実していて、意外と盛り上がっている。心配された雨の降り出しは遅くなりそうで、かなり蒸し暑いけれど、まずは無事に観戦できそうでよかった。

Img_7595

Img_7598_20220918131801

Img_7600_20220918131801

◇2022/9/17:○K 36-7 R(秋葉台)

 野球はともかく、ラグビーでは、立教とは大きな力の差があるはずで、今後の強豪相手との試合を盛り上げるためにも楽勝しなければいけないのだけれど、過去2回も案外苦戦している。今日も、嫌な予感はしていたけれど、それが当たってしまう。前週、帝京に0-88の立教相手に一進一退。エリアこそ敵陣に入っている時間が多いものの、肝心なところでミスがでて得点できず。No.8の福澤くんが負傷交代になったのも心配だ。

Img_7613

 なんと30分以上、0-0が続き、31分にようやく先制トライ。ところが、前半終了間際に立教にトライを許して、5-7。まさかのリードを許してのハーフタイム。立教側で観戦していることもあり、周囲のファンのテンションも上がり、かなりのアウェイ感。。。そして、この頃、神宮では、野球が東大に負けたという情報が。。。東大は、井沢くんがいいから、こちらも嫌な予感はしていたのだけれど。。。

 後半早々に1トライ返して逆転したものの、僅差のまま後半も20分。どうなることかと思ったら、さすがに、ここから、最後の20分で、立て続けに3トライ。終わってみれば、36-7で、3トライ差以上のボーナス点も確保。立教は後半出場した選手は、1、2年生が多く、選手層の差ともいえるけれど、その分まだ伸びしろもありそうだ。

Img_7621

Img_7627

 立教相手に60分間五分の戦いでは、先が思いやられると思ったけれど、帰宅後にみたら、次の第2試合、52-0で青山に完勝したようにみえる帝京も、前半は、5-0だったというから、まぁそういうものなのかもしれない。

 さて、帰りなのだけれど、来るときに乗った競技場前まで来るバスは、1時間に1本しかない。本数の多いバスは、少し離れたところのバス停まで行かないといけないのだけれど、バス停の場所がわからない。数少ない観客の中から、バスで帰りそうな、詳しそうなおじさんの後をついていくと、無事にバス停を発見。けっこう並んでいるけれど、ちょうどバスがやってきた。真っ赤な塗装の連節バス。こんなところに連接バスが使われているとは知らなかった。

 ところが、なんとバスはバス停を通過。どうも連接バスは、「急行」とのことで、慶応のキャンパスと駅のシャトルバスで、限られたバス停しか停まらないようだ。大学はまだ夏休みで、今日は土曜日。ほとんど誰も乗ってないんだから、ラグビー場のお客さんを運んでくれればいいのにねぇ。。。

Img_7630_20220918131801

 一般のバスもなかなか来ないので、結局、湘南台駅まで3キロ近く歩く。今でこそ、小田急、相鉄、地下鉄のターミナルになったけれど、元々は何もなかったエリアなのだから、もう少し交通の便のいいところに競技場を作れなかったのかねぇ。熊谷もそうだけど、せめて2キロなら歩く気になるんだけど・・・あ、北広島新球場も、3キロか。。。

20220917x

 帰りに地下鉄の中で、高校野球の結果をチェックすると、慶応が、東海大相模に勝利でベスト4!不甲斐ない大学生に代わって、高校生ががむばった。もうひとつで関東大会だ。

 アド街ッく天国が「日吉」ということで、久々に見る。半分くらいしかわからないねぇ。「とらひげ」とかも小生は、当時行かなかったしね。

 ファイターズは、今日は、レジェンドデー。ヒルマン監督来日に合わせて、優勝当時のメムバーが、当時のユニで集合。小笠原とセギノール以外は、ほぼベストメンバー。木元も元気そうでよかった。ユニ配布で札幌ドームは3年ぶりの4万人。最後は、サヨナラ勝ちでめでたしめでたし。

Img_7655_20220918131801

Img_7649_20220918131801

2022/9/9:東神奈川ゴルフジョイに参戦

◆横浜:くもり一時あめ:11032歩:横浜の最高気温=28.4度

 例によって2時頃に目が覚めると、エリザベス女王の訃報。96歳とはいえ、新首相に会っていたのが2日くらい前だったからびっくり。昭和、平成、令和と変わっても、ずっと女王といえば、エリザベス女王、女王杯といえば、エ女王杯、チャールズさんは、ずっと皇太子だったからねぇ。今日からは、チャールズ3世になるのね。

Img_7484

Img_7483

 本日は、tck開催最終日、実は、朝7時半から、愛馬シンティリオ号が能力試験を受ける。コロナ禍とはいえ、たぶん馬主は入場できるのだろうけど、いかんせん、ここまでの調整過程があまりにも厳しいので、断念。所用を済ませて、帰宅すると、さすがに合格はしていたけれど、54秒7って、かなりヤバいよ。。。(合格ラインは55秒)

 曰く、

「3コーナー過ぎでズルズルと後退してしまいました。」

「夏負け気味で放牧に出すことを考えていたくらいで、状態は最悪でした。能力試験だけ合格しておけば、戻ってきてからの調整が楽なので強引に受けることにしました。」

 で、

「こんな馬ではなく、新馬勝ちはできるレベルの馬ですので期待してください。」

 って言われても期待できないよ・・・

 仕方がないので、午後から久しぶりに東神奈川のゴルフジョイへ。恩師からラウンドのお誘いを受けていて、秋に延期してもらったので、そろそろ練習しないと。1年以上クラブ触ってなかったので、会員証の有効期限も切れてた。

Img_7488

 まぁ、久々にしてはというか、いつも通りというか、とりあえず90球ほど。練習場だと球の行方を追わずにスイングできるけど、現地にいくとダメなんだよね、これが。。

Img_7487

 東証続伸。夜は、やきうがないので、心穏やかに。tckもケン。66歳になった的場さん、メインを快勝。強引な競馬で、4コーナーで笹川が上がってきたときは、終了かと思われが、そこからもうひと伸び、突き放すのが不思議だよねぇ。

 JSPORTS4でブエルタ・ア・エスパーニャ(再)。最終盤の戦いも、エヴェネプールが強い。次から次へ若い選手が出てくるねぇ。深夜のリアルタイムはとても見られないので、続きは、また明日の(再)で見ることにして、早々に就寝。

 

2022/7/21:デクラーク選手来浜!

◆横浜:くもり時々はれ:6224歩:横浜の最高気温=31.4度

 お昼すぎのみなとみらい線で出発。菊名で横浜線に乗り換えて、小机へ。久しぶりの日産スタジアム。ワールドカップ以来かしらん。本日は、キヤノン・イーグルスの「ファフ・デクラーク選手入団会見見学イベント」に参戦である。

Img_6186

Img_6188

Img_6190

 ホームタウンが横浜、そして、沢木さんが監督ということもあって、リーグワンでは、キヤノンイーグルスを応援することにして、一応サポーターズクラブに入っていたのだけれど、今回のイベントは、会員限定ということなので、入会していたかいがあるというもの。第7波の渦中とはいえ、7万人収容の日産スタジアムに限定800人だから、ゆったり観戦できる。道中はかなり蒸し暑かったけれど、スタジアム内は、うまい具合に陰になって、それなりに風も通り抜けて、思ったほど暑くない。

Img_6198_20220721194001

Img_6195_20220721194001

Img_6194_20220721194001

Img_6207

 まずは、記者会見ということで、これは、スタジアム内の会議室で行われているのを、ビジョンで見る。そして、永友GMがフィールドに登場して、あいさつ(正月の市役所のイベントのときより、だいぶよくなった)、さらにお楽しみ抽選会などがあって、いよいよデクラーク選手がフィールドに登場!

Img_6199_20220721194001

Img_6200_20220721194001

Img_6202

Img_6203

Img_6209

 ここで、また、テレビ用のインタビュー、新聞用の撮影など。ということで、もう質問もひと通り出きってしまった感があるけれど、ここからが、おなじみの村上さんの司会で、デクラーク選手とのトークショー。途中からは、沢木監督も合流。

Img_6226

Img_6232_20220721194101

Img_6235

 デクラーク選手というと、2019年のワールドカップ、躍進したJAPANに立ちはだかった金髪の手強い暴れん坊というイメージが強いけれど、質疑応答への受け答えも真摯で丁寧なジェントルマンで、笑顔も素敵なナイスガイだ。

 この後は、南半球でのチャンピオンシップも控えていて、再来日は秋以降になるようだけれど、複数年契約の方向とのことで、打倒パナ、打倒サントリーへ、沢木監督の下、デクラーク選手と田村選手のハーフ団で挑む横浜キヤノンイーグルスの戦いが今から楽しみだ!

Img_6197

 

2022/7/9:JAPANフランスに善戦も無念!

◆横浜・東京:はれ時々くもり:8100歩:東京都心の最高気温=32.0度

 12時半すぎに出発。湘南新宿ラインで恵比寿、山手線で代々木から大江戸線で国立競技場へ。JAPANの桜のジャージの姿が徐々に増えていく。慣れないルートで、ダイヤ乱れもあって、kecoさんとの待ち合わせに少し遅刻してしまったけれど、地上に出ると、競技場はもう目の前だ。本日は、ラグビー、JAPANのテストマッチ4連戦の最終戦。kecoさんは、待望の国立初参戦だ。

Img_5991

Img_5992

 本日は、カテゴリー2・バックの3層スタンド。秩父宮のウルグアイ戦が高すぎるというのは、ずいぶん話題になったけれど、フランス戦が同じ価格なら、さすがにファンは集まってくる。カテゴリーの偏りもあまりなくほぼ満席に近い。

Img_5993_20220714123001

 3層スタンドというのは、実質4階になるので、エスカレーターの場所を案内のお姉さんに聞くと、そんなものはないという。さすがに車椅子用のエレベーターはあるんだろうけど、なんで最新鋭のスタジアムで、4階まで非常階段みたいなのを延々登らなければならないんだ。大阪ドームなんかにはあったよねぇ。。。

 337ブロックに入場すると、ちょうどバックスタンドの中央付近だから、屋根もあって日陰になるし、好位置で見やすい。しかしながら、通路と通路の間が28席あって、その12番目と13番目だから、一度入ったらもう身動きができない。足元が狭いから、横移動は事実上不可能だよ。ラグビーは40分ハーフだし、今日なんか暑いからトイレもそんなに行かないからいいけど、最新鋭のスタジアムで、これはないよねぇ。。。隈研吾さんも、13,000JPY払って、真ん中に3時間くらい座ってみればいいんだよ。

Img_5995

 一応、利点も言えば、外側のコンコースが比較的広くて、トイレがきれいでたくさんあること、屋根がかなりの席にかかっているし、今日なんかは、風もけっこう通り抜けていたかな。。。

 安倍元首相追悼の黙祷の後、両国国家吹奏で、いよいよキックオフ。

Img_5997

◇2022/7/9:●JAPAN 15-20 FRANCE(国立)

 ワールドカップまであと1年と少し。本番の選考へ向けて、フランスも若手が中心のようだけれど、JAPANも、流、姫野、松島、中村といった実力者は、今回は最初からはずれているし、故障離脱、コロナ離脱者も多い。特に山沢選手は見たかったので残念。今日も10番は李選手、そして、9番には、齋藤直人選手が入った。

 開始早々、今日も1本とられてしまったけれど、その後は、けっこうJAPANペース。山中のトライで5-7。さらにPGで、8-7で終盤へ。最低でもこのまま前半を終わりたいと思ったら、終了間際にリーチから山中へ渡ってもう1本決めて、15-7!理想的な形で前半終了。山中選手、攻守にキックに大活躍。イッキマンさんも喜んでるかな。

Img_6019_20220714123001

Img_6005

Img_6004_20220714123001

 後半、ジワジワと追い込まれて、ペナルティー2つで15-13で、残り20分。ここからが勝負。先週は一杯になってしまったけど、今日は、堀江も帰ってきたし、茂野、田村も投入できる。

 後半31分にとうとう逆転のトライを許してしまったけれど、その後、JAPANにもチャンスが来て、最後はタタフが持ち込んで中央にトライ!!!ゴールが決まれば逆転!ということで、国内テストマッチ(W杯のぞく)史上最高の5万7千観衆も湧いたのだけれど、無念のTMO。。。ノートライ。惜しかったねぇ。。。

Img_6021_20220714123101

Img_6014 

 先週に比べれば、大善戦だし、まだ1年あることを考えれば、充分合格点の試合だけれど、あそこまでいったら勝ちたかった。でも、5万7000人集めて、こういう試合をやってくれればまたこれから盛り上がっていくね。ちなみに、フランスの方もけっこういて、ノーマスクで盛大に声援を。。。あと、審判がノットストレートに妙に厳しかったよね。

Img_6025_20220714123101

 規制退場はないけど、けっこう余韻を楽しむ方もいるようなので、狭い通路をスイマセン、スイマセンと横に移動して、コンコースに出れば、退場はスムーズ。駅もたくさん使えるから、分散する。大江戸線のkecoさんと別れて、小生は青山一丁目方向へ向かったつもりが、まちがって、神宮球場の方へ出てしまうと、目の前で、朝日健太郎さんが演説中。たしかにこの時間にここで演説するのは、作戦としては理にかなってるわな。スポーツファンばかりだし。彼はラグビーではなくて、バレーボール出身だけれど、身長199センチをアピールしていたのもおかしかった。

Img_6029_20220714123101

 神宮球場の前を通ると、虎ユニの方が少々。しまった、このルートだと、野球のお客さんの流れに逆らっちゃうかなと思いきや、どうも数が少なすぎると思ったら、なんと試合中止。ヤクルトが、高津監督以下、コロナ陽性14名とのこと。やれやれ。ラグビーの試合は、予定通りに行われるだけでもありがたいと思わないとだね。帰宅して、ビアでひと息。ファイターズも今日は盛大なようで何よりだ。

Img_6032

 

2022/6/18:ウルグアイ戦に参戦!

◆横浜・東京:くもりのち雨:5195歩:東京都心の最高気温=25.9度

 昨日までは、まずまずの予報だったのに、朝起きてみると、どんより曇って、湿度も高く、夕方から雨の予報に変わっている。遺憾ながら、雨合羽その他、重装備を準備して、横須賀線で上京して、銀座線で外苑前へ。今日は、神宮ではなく、秩父宮。久しぶりのラグビー日本代表戦、ウルグアイ戦に参戦である。

Img_5442_20220622065701

Img_5443

 ワールドカップで盛り上がった直後から、コロナ禍になってしまい、新リーグもいろいろ苦労したこの2年半。そして、今回、待望の代表戦なのだけれど、かなり強気な価格設定で、バックスタンドでもほとんどがカテゴリー1、16000JPYとはいくらなんでもあんまり。なんとか、ゴール裏、南スタンドのカテゴリー3、7000JPYを確保できたので、参戦が決まったけれど、やはり、バックスタンドの両側は空席がめだつ。そりゃそうだよねぇ。。。

Img_5448

Img_5447

 その南スタンド後方のお席でkecoさんと合流。カテゴリー3の中では、一番端だから、カテゴリー2の13000JPYと少ししか変わらないし、ちょうど屋根付きで安心。JAPANのレプリカジャージ着用率も高く、テンションも上がってくるけれど、お隣の神宮では、カープ戦が行われていて、油断していると、スワローズのチャンステーマなども聞こえてくる。

Img_5445_20220622065701

◇2022/6/18:○日本 34-15 ウルグアイ(秩父宮)

 ウルグアイというと、サッカーのイメージが強いけれど、ラグビーもワールドカップの釜石での試合で、フィジーを破ったというから侮れない。人口350万人で、正式名称が「ウルグアイ東方共和国」だというのも、今回初めて知った。ブラジルとアルゼンチンと大西洋に囲まれた小国で、南米という暑そうなイメージがあるけれど、温暖湿潤気候で、夏の平均気温23度、冬の平均気温が12度というから、日本と同じくらいかしらん。

 日本代表は、主力は、宮崎合宿継続中で、今日はいわばチームBだけれど、田村優選手がキャプテンで、ファンデルヴァルト選手やラファエレティモシー選手、さらには若手では竹山選手など、小生でもわかる人も多くて、層が厚くなってきていることを実感。

Img_5449

 試合は、前半から日本ペースで、ウルグアイは、反則も多かったけれど、意外と得点できず、前半は、15-3。後半、ウルグアイは、ややお疲れのようで、日本代表が3トライ。久しぶりの立川選手、21歳のメイン平選手なども登場。最後にウルグアイにトライを許して、34-15となったけれど、まずは危なげなく快勝という感じ。

Img_5454_20220622065701

Img_5456

Img_5469_20220622065701

Img_5470_20220622065701

Img_5466_20220622065701

Img_5473_20220622065701

 気がつけばもうフランスワールドカップまで1年ちょっと、来月の国立の試合には、主力も登場するだろうし、メムバー選考も佳境にさしかかる。

Img_5460

 それにしても、キックオフのときに3回くらいだった神宮の方は、こちらが終わってもまだ7回くらいだから、やっぱり野球って長いよねぇ・・・

 

2022/4/17:リーグワン参戦

◆横浜・東京:くもり一時はれ:7462歩:東京都心の最高気温=18.2度

 今季2度目のリーグワン観戦。直前に天気予報が怪しくなってきたけれど、外苑前に到着した時点では、薄日も出て、けっこう暖かい。バックスタンド入口でkecoさんと合流して入場。

Img_4049

Img_4047_20220420075701

Img_4053

◇2021/4/17:○サンゴリアス 56-27 ブルーレヴズ(秩父宮)

 一応、地元の横浜キヤノンイーグルスを応援しているけれど、せっかくなので、スター軍団の東京サントリーサンゴリアスの試合も1試合くらいは見たいということでチョイスしたのだけれど、よりによって、中村亮土選手がお休み。一方のヤマハ改め静岡ブルーレヴズは、今季は苦戦気味で、にわかの小生には、知っている選手もだいぶ少なくなってしまった。

 もっとも、上位と下位の試合でも、けっこう接戦が多い、今季のリーグワン。この試合も前半から、ブルーレヴズが健闘。前半3トリアで、一時は、24-15とリード。ただ、前半終了直前に、PGで3点返されたあたりで、いかにももったいなかったし、後半に不安は感じさせた。

Img_4058

Img_4059

Img_4060

 後半に、選手層の厚さを見せつけて、下位チームの期待を葬り去るのが、サンゴリアスとワイルドナイツのパターンではあるけれど、やはり後半はサンゴリアスの独壇場。マッケンジー選手のキックも冴えて、差が開く一方で、56ー27。

Img_4062_20220420075701

Img_4066

 試合が終わる頃には、風も冷たくなってきたけれど、とりあえず、雨には降られなくてよかった。

 そんな中、マリンは、今日もまさかの完全試合が続行中。。。そんなことって・・・今日は、上沢くんもがんばって、0ー0進行ということもあって、結局、8回パーフェクト102球で佐々木くんは降板。山井のあの試合をちょっと思い出したけど、まぁ、記録は、もう先週達成しているから、この降板は納得。もはや、めざすところは、そこではないものね。それにしても17イニングパーフェクトって。。。マーくんの24連勝とか、大谷くんの二刀流あたりから、もう事実が漫画を超えるようになって、何が起きても驚かないとはいえねぇ・・・

 9回益田に代わって、ファイターズ最初のランナーがなんと振り逃げ。継投完全試合はまぬがれたものの、まだノーノーは継続。実家に寄ると、母もさすがに野球中継を見ている。そして、9回裏、北山くんが踏ん張ると、10回表に、チーム初安打が万波くんのホームランで1安打勝利。佐々木くんのおかげて、上沢(いいピッチャーじゃない)、北山(このピッチャーもいいのよ)、宮西(この人はずいぶん老けてるね)が認知されたようで何より。ちなみにコンちゃんだけは、知っていて、(ヒットよく打つから、完全試合はないかと思ったけど)とのこと。

 

2022/2/27:事務機ダービー@駒沢に参戦!

◆横浜・東京:はれ:10174歩:東京都心の最高気温=18.5度

 夜中に目が覚めると、ちょうどサウジの中継。そうも日本馬が大暴れしているようだ。ある程度は期待していたけれど、6レース中すべてルメールで4勝とは驚いた。メインレースは、地元サウジの馬が勝利で大波乱。馬券の発売はないけど、現地の方も盛り上がったようだ。

Img_2668

Img_2675

Img_2672_20220305074401

Img_2684

Img_2692_20220305074401 

 待望のリーグ・ワン初観戦。国立の開幕戦、1月末の三ツ沢と2試合が中止になり、今回もリコーが先週中止ということで危ぶまれたが、無事に開催。今年一番のポカポカ陽気となって、絶好の観戦日和。都立大学駅でkecoさんと合流して、今回も暗渠跡をたどって、駒沢公園へ。すんなりバックスタンド側から入場できた。

Img_2693_20220305074401

 リコーvsキヤノンの事務機ダービー、一応、今季、小生は、地元横浜のキヤノンイーグルスのファンクラブにも入って、応援しているのだけれど、リコーがホームのこの試合のチケットが、チケットラグビーやぴあでは買えず、リコーブラックラムズの無料ファンクラブに入会させられてしまった。リコーも、武井、メイン平、そして、慶応の栗原くんも最近はレギュラーで、若いいいチームではあるけれど、独立採算になったとはいえ、チケットの買い方が、チーム毎、試合毎にバラバラでわかりづらいのは、なんとかしてほしいものである。

◇2022/2/27:○横浜(キヤノン)30-12東京(リコー)

 試合開始前に、久保修平レフェリーが、今日で100試合目ということがアナウンスされた。にわかの小生でも唯一知っている方だけれど、「100試合」って、何の100試合なんだ?後で調べたら、トップリーグ+リーグワンで100試合ということのようだけれど、そういうことは、はっきりすべきだよね。

Img_2694_20220305074401

 試合開始早々、田村選手のキックを松井千士選手が軽快にさばいてトライ。さらに松井選手がもうひとつトライを決めて、前半15-0で折り返し。リコーもけっこう攻めているのだけれど、キヤノンのディフェンスがよくがむばっている。なかなか激しい攻防で負傷が多い。

Img_2695_20220305074401

Img_2696

 後半、リコーも松橋周平選手、さらに栗原くんと2トライ返したけれど、キヤノンもよく耐えて、最後は、天野選手のトライでダメ押し。30-12でまずは快勝。なにはともあれ、ようやく今季最初の試合を最後まで見られてよかった。

Img_2699

Img_2700

 4トライとったからボーナス点かと思ったら、ボーナス点は、3トライ差以上じゃないとダメなのね。不戦勝、不戦敗が多くて、現時点の順位にはあまり意味がないけれど、僅差の5位と、なんとかベスト4圏内に踏みとどまっているので、今後も期待したい。

Img_2703

 

2022/1/29:豪栄道引退 武隈襲名 披露大相撲

◆東京・横浜:くもり時々はれ:5715歩:東京都心の最高気温=10.0度

 今月2度目の国技館は、「豪栄道引退 武隈襲名 披露大相撲」。いわゆる、断髪式だけれど、コロナ禍でことごとく延期になっていて、この2年間、引退力士は、ずっと髷のまま。今回、2年前の初場所後に引退した剛太郎が、ようやくコロナ後初の、国技館での断髪式開催にこぎつけた。

Img_2072_20220208083501

Img_2073

 長丁場になりそうなので、少し遅れて、12時半頃に到着して、2階向正面でkecoさんと合流。すでに幕下選抜トーナメントと十両土俵入り、初切が終わって、十両の取組中。断髪式というと、ハサミを入れるシーンしか思い浮かばないけれど、巡業と同じで、一日いろいろやってくれるようだ。

Img_2075_20220208083501

 十両取組が終わったところで、相撲甚句。6人登場して、交代で歌う。

Img_2077_20220208083501

Img_2078_20220208083501

「はー、どすこい、どすこい。」

 こういうのは、若い衆はみんな覚えるのかしら、それとも、最初からある程度センスのある人が選抜されているのかしらん。

 土俵に赤い絨毯が敷かれて、ご挨拶。引退相撲は、相撲協会の主催ではなくて、各後援会の主催。豪栄道後援会の会長は、京阪の会長らしいのだけれど、所用で欠席とのことで、京阪の副社長が代読。豪栄道引退相撲以上に大事な所用もそうないだろうから、コロナ関係の事情で出席できなくなっちゃったのかしらん。

Img_2079_20220208083501

 いよいよ断髪式。先日、最後の実況を終えたばかりのNHKの藤井アナの司会進行。なんと400人がハサミを入れるのだという。後援会会長代理からスタートして、後援会関係、国会議員、足立区会議員など、名士が続くけれど、この序列決めるのって、結婚式の席次以上になかなか大変だよなぁと思ったら、さすがに100人目くらいからは、「以下は、五十音順になります。」とのことで、お父さんも、本名の沢井の「さ」のところで、登場したりする。芸能人やスポーツ選手は意外と少なくて、とにかく後援者が多いから、会社の名前と役職と名前の読み上げが延々と続く。藤井さんも大変だ。そして、このご時世、男性ばかりというのも、異様な景色。そして、今日はお席が、向正面なので、終始背中しか見えない。普段の取り組みのときは、向正面もそんなに悪い席ではないのだけれど、今日ばかりは、正面の方がよかったねぇ。 

Img_2081

 終盤は、埼玉栄高校関係、そして、縁のある現役力士、一門の親方、境川部屋OBなどが続いて、ようやく最後の親方の登場。境川親方は、元両国だね。いきなり徳俵のところでつまづいて転倒しそうになるも、なんとか態勢を立て直して、無事にチョキチョキと。そして、奥様が長男を抱いて登場して、土俵下で花束贈呈。ここで、豪栄道は、お色直しというか、オールバックにするためにいったん退場。

Img_2086_20220208083501

Img_2091_20220208083501

Img_2097

Img_2100_20220208083501

 まだまだイベントは続いて、まずは、横綱綱締め実演。これは、初めてみた。案外手際よく出来上がるのね。そして、ここで、中入ということで、幕内土俵入り、横綱土俵入り。照ノ富士は、断髪式にも登場してるから忙しい。ひとり横綱は大変だ。さらに、呼出しの太助による「櫓太鼓打分」があって、ようやく幕内取組開始。

Img_2103_20220208083501

Img_2107_20220208083601

Img_2112

Img_2108

Img_2109

Img_2111_20220208083601

 花相撲ということで、むきになっても仕方ないので、ほどほどの立ち会いから四つに組んで、あっさり寄り切りが多い。それに、何しろ時間が大幅に押しているので、仕切りも1分くらいで、どんどん進行する。それでも、後半は、それなりに力の入った相撲も増えてきた。佐田の海は、見納めかもしれないので、じっくりと。阿炎と志摩ノ海は、なぜか休場で、初場所休場していた貴景勝は、意外と元気に登場して、正代をひっくり返していた。勝負審判や行事も全員出てくるわけではないようで、一門の関係なのか、単に分担しているのかは不明。

 結びは、照ノ富士vs御嶽海。新番付発表前だけど、大関昇進だけは決まっているので、気を利かせて照ノ富士戦を組んでくれたようだImg_2122

Img_2125

 無事に取り組みも終わって、豪栄道改め武隈親方がオールバックで登場して、ごあいさつで大団円。最後、規制退場が余り守られないのを見て、藤井アナが怒り出してしまった。。。

Img_2127_20220208083601 

 断髪式時点では45分くらい押していて、どうなるかと思ったけれど、15分押しくらいまで挽回したので、まだ明るい国技館を後にする。武隈親方は、独立して、武隈部屋を設立。幕下の西川など期待の力士もいるようで、楽しみだ。そして、この後も、明日が栃煌山、来週が嘉風と、続々と断髪式が控えているようだけれど、勢には、いつ頃回ってくるのかしらん。。。

 楽しい1日だったけれど、ネットに目を移せば、明日の三ツ沢のラグビー中止、コンちゃん陽性と今日も暗い話題ばかり。帰宅して、国技館で買ってきたやきとり(5本に戻っていた)をつまみながらオールフリーを飲んで、早々に就寝するしかないようだ。。。

 59.5kg(-0.9)

 

2022/1/19:初場所に参戦!

◆横浜・東京:はれのちくもり:6982歩:東京都心の最高気温=8.1度

 連日冷え込みが厳しい中、本日は、お昼すぎの横須賀線で出発。東京駅で、suicaペンギングッズをひやかしてから、山手線で秋葉原乗り換え、総武線で両国へ。3日前にも参戦したばかりというkecoさんと合流して、小生は、1年ぶりの初場所参戦である。

Img_1816

 昨年に引き続き、4人マスの2人利用。平日のマスBは、ひとりあたり10,000JPYで、今回は正面のかなり見やすいお席。14時すぎに入場して、十枚目土俵入り、さらに竜電圧勝を確認してから、場内散策にでかける。しかし、3場所出場停止の竜電でこれじゃあ、朝乃山が復帰したら、どうなっちゃうのかしらん。

Img_1818_20220123185601

Img_1820

 ちゃんこが復活したのは、うれしいけれど、300JPYが500JPYになっていて、しかも、コロナ対策なのか、地下の大広間ではなく、外に面したお席でいただくので、寒い。さらにやきとりが、10本1400JPYの販売のみになっていて驚く。5本がちょうどよかったのに・・・スイーツのコーナーでは、大乃国さん自ら販売中ということで、敬意を表して、サブレを購入。

Img_1821

Img_1822

Img_1824

 勢が引退してから、テレビもそれほど熱心に見ていなかったので、なじみのある力士がけっこう、幕下上位や十両に落ちている。炎鵬vs松鳳山は、両者、すべって手をつくような妙な結末で、物言いがついて取り直し、さらに待った2回。最後は、炎鵬がひっくりかえってしまった。。。

Img_1826

Img_1828

 横綱土俵入りを見るのは、どうやら3年ぶり。「よいしょー!」って言えないのが寂しい。今日もみなさんマナーよく観戦。お酒持ち込んでいる人なんか皆無だし、いろいろなイベントでも、相撲のお客さんが、いちばんルールをきっちり守っている気がする。やっぱり、鶴竜親方がにらみを効かせているからかしらん。

Img_1831

Img_1833

Img_1837

Img_1838

 うらやましいことに、kecoさんは、先日、宇良の足取りを生で見ている。今日も、何かないかしらん?と思っていたら、照強がねこだまし!どこまで効果があったのかどうかは不明だけど、見事に勝利。

 石浦vs翔猿の小兵対決は、石浦の勝利。そして、後半戦、最初の取り組みでは、千代の国が待望の1勝。そういえば、今場所は、ポケモンとタイアップしているようで、幕の内のほぼすべての取り組みにポケモンの懸賞がかかっているけれど、Pokemon Goでよく出てきたイーブイ以外は、知らないのばかりだ。

Img_1849

 結び前が、御嶽海vs正代。場内も圧倒的に御嶽海への応援ムード。完勝で1敗を守る。今場所13勝なら、3場所33勝。もう大関でいいよね。

Img_1858

Img_1860_20220123185601

 結びは、千代翔馬奮闘するも、照ノ富士は、あわてず完勝。やっぱり、阿炎戦が見たかったよねぇ。この後、どうするのかしらん。

 お楽しみ抽選会大敗を確認して、早々に退場。。。東証大暴落。。。

Img_1862_20220123185601

 60.2Kg(-0.8)

 

2021/11/18:祝♪Suica20周年

◆熊谷→東京→横浜:くもり一時はれ:4615歩:熊谷の最低気温=7.4度

 何度か目は覚めたけれど、まぁまぁよく眠れた。ただ、お部屋がけっこう寒い。安普請のせいかと思ったけれど、やっぱり熊谷は内陸ということで実際に気温も下がってるんだね。暖房はよく効いたけれど、ならば、加湿器も欲しかったところ。ラグビー場の向こうから朝陽が昇ってきたけれど、今日は、雲も多いようだ。

 ひょっとして、埼玉県に宿泊したのは初めてかしらん?と思ったけれど、よく考えたら、以前、飯能のプリンスに泊まったことがあった。とすると、47都道府県で、宿泊したかどうか怪しいのは、佐賀県だけかな。佐賀競馬参戦も仕事で出張もあったけれど、市内や鳥栖には、泊まってないような・・・

Img_9569_20211119080701

 7時半起床で、朝食ヴァイキングへ。レストランの奥の一角にジャージ姿でガタイのいい方々がいて、食べ終わったらクラブハウスの方へ戻っていたので、どうやら選手っぽい。そういえば、布巻選手っぽい人がいたなぁ。食事はクラブハウスではなくて、こっちでとるのかな。

Img_9570_20211119080201

 今日は練習日のはずなので、チェックアウトぎりぎりまでグランドを見ていたのだけれど、アップをする選手すらいない。あらためてスケジュールを確認すると、14時半~と書いてある。午前中は何してるのかしらん・・・

Img_9572_20211119080201

 ということで、10時前にチェックアウトして、バスで熊谷駅へ戻って、上野東京ライン。小田原行きだから、このまま乗っていれば、横浜まで直行できるのだけれど、東京駅で下車して、地下のグランスタ内スクエアゼロへ。今日は、suica20周年記念日ということで、suicaペンギンの期間限定ショップが、日曜日まで開催。初日の今日は、12時からということで、11時50分くらいに到着したけれど、すでに大行列。まぁ、そうだよね。。。

Img_9574_20211119080201

Img_9576_20211119080201

Img_9580

Img_9581

 正直、20周年記念グッズも、もういろいろ購入済みで、新作がそんなにあるわけじゃないから、パスしてもよかったのだけれど、せっかくなので、列に並ぶ。会場が狭いのは仕方ないけれど、レジが2台しかないのが致命的。だったらいっそのこと支払いもsuica限定とかにしちゃえばまだ早いと思うけどね。。。

Img_9584_20211119080601

Img_9585_20211119080601

 結局、入場待ち30分。Tシャツ、クッキー、キーホルダーなど新作をさくっとセレクトして、すぐにお会計に並んで、また30分。13時すぎに終了。ふぅ。。。売り切れたら困るお目当ての品があったわけじゃないから、もっとゆっくり参戦すべきだったかな。。。他のショップもあわせて回るスタンプラリーもやってるけれど、疲れたので、断念。。。地下のコロンパンさんで、suicペンギンケーキを購入して、帰浜。

Img_9591_20211119080601

Img_9593_20211119080601

 suica20周年の今日は、ミッキーマウスの93歳の誕生日でもあるらしいけれど、ボージョレヌーボーの解禁日でもあるということで、セブンイレブンで購入。生ハムと同時購入で200JPYOFF♪

 毎回、盛大にやらかすココログのメンテナンスが、今回は無事に終わったようで何より。tck雷鳥特別大敗を確認して、早々に就寝しようとしたら、なんと、熱海のホテルニューアカオ終了とのニュースが・・・小生は、シャトーテル赤根崎派だったとはいえ、ビーチラインをすぎて、街の向こうにニューアカオが見えたら、もうすぐ到着っていうのが、子ども心に刷り込まれていたから、実にさみCねぇ。

Img_9598_20211119080601

Img_9603

20211118p

 

 

 

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)