2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2021/1/23:風街ちゃんねる「『はっぴぃえんど』と日本語のロック」

◆横浜:あめ:55歩

 朝から冷たい雨。横浜の最高気温10.8度は、未明0時台に記録されたもので、日中、北風とともにどんどん気温は下がって、正午で7.2度、15時で6度、18時には4.9度。明日は雪になるだろうか?

 ひきこもって事務処理、確定申告の準備など。昼風呂、昼ビア。勢、負け越し。いよいよ厳しくなってきた・・・

 夜は、松本隆さんの作詞家活動50周年記念プロジェクト「風街ちゃんねる」の配信を。第2回の今回は、「『はっぴぃえんど』と日本語のロック」。伝説のロックバンド「はっぴぃえんど」は、松本隆さん、細野晴臣さん、大滝詠一さん、鈴木茂さん。小生が生まれた頃の話で、曲もほとんど知らないのだけれど、ちょうど今読んでる「細野晴臣と彼らの時代」とも重なって、話を聞いているだけでおもしろい。ゲストの小倉セージさんは当時のディレクター、佐野史郎さんは中学時代、リアルタイムで聴いていたというだけあって、当時の様々なエピソードとマニアックなトークが延々と続く。ここまでマニアックに話せるのはやっぱり有料配信の魅力だね。まずは、小生もとりあえず、はっぴぃえんどを聴いてみよう。さっそく、ポチッとやって就寝。気温は3度まで下がってきた。

20210123a

https://takashimatsumoto50.com

2021/1/17:【見逃し配信】渡辺美里 武道館ライヴ2020~冒険者たち~

◆横浜:くもり:18歩:横浜の最高気温=9.0度

 昨日から一転してどんより曇って寒い。

 ということで、本日は、ひきこもって、年末の美里の武道館ライヴの配信を見る。配信スタートは、昨日の夜8時だったので、録画とはいえ、配信リアルタイムで観たほうが盛り上がるかなと思ったのだけれど、うしという方にテレビとPCのつなぎ方を説明しているうちに、拙宅でもPCをテレビにつなぎたくなって、昨日の夕方に急遽ヨドバシ・ドット・コムでポチッと。送料無料で、翌日午前指定での到着だからホント便利。

Img_9937

 MacBook ProのUSB-CからHDMIへの変換ケーブルですんなり接続完了。10年以上前のAQUOSだけど、思ったよりきれいに映る。さすがは、世界の亀山モデルだ。こんなことならもっと早くつなげばよかった。一応AppleTVもあるんだけど不安定だったので、今まではもっぱらiPad&ヘッドホンで観ていたけれど、テレビのスピーカーから音が出せるのもありがたい。

Img_9939

Img_9943

Img_9942

 配信ライヴは、なりきるのが大事。18時半開演ということに勝手に決めて、グッズのTシャツとパーカーを着て、タオルも用意して、ハイボールをプシュっとやって、部屋を暗くしていよいよスタート♪

20210117m

 オープニングは「虹をみたかい」。2曲目の「サマータイムブルース」では、つい立ち上がってしまって、手拍子。3曲目の「すき」は自然と口ずさむ。今回、現地では、声も出せないのだけれど、配信なら遠慮なく歌って踊れる。

 「10years」~「My Revolution」で換気タイム。後半は、怒髪天の増子さんがゲストで登場して、昨年リリースの「ハートに火をつけて」。ライヴでは初のお披露目。増子さんも、バンマスの奥野さんも「ROOT66」のライヴで共演したのがきっかけの同級生。あのライヴもよかったよねぇ。そして、もちろん、竹野さん、松永さんらおなじみのメムバーもみな久々にライブで楽しそうで何よりだ。

 後半は、ほとんど立ったままで、「eyes」、「恋したっていいじゃない」、「Lovin’you」などなつかしい名曲をたっぷり堪能♪でも、今度は、現地で思いきり歌いたい!

Img_9945

 

 

2020/12/12:西村由紀江コンサートツアー2020~ゆきえさんとクリスマスvol.10~

◆横浜・東京:6832歩

 今日も朝からどんより。午前中はグリーンチャンネルをだらだら。

Img_8757

 13時からは、HBCのYoutubeライヴ。「北のどん兵衛presents 北海道日本ハムファイターズオンライントークショー ファイターズDEナイト!! 来年優勝に全集中!!スペシャル」。なんだかよくわからないけれど、斉藤こずゑちゃんの司会で、山内要一アナウンサーのコンビ。ファイターズのゲストが同級生の剛くんとコンちゃんというトークイベント。今年は無観客になってしまったけれど、オンラインで無料で観られるのは良心的。13時25分頃にみんなでどん兵衛を食べるとのことで、小生も用意して万全、と思ったら、後のせ天ぷらを先に入れたのは失敗。

20201212x

Img_8759

 同級生2人ということで、楽しいトーク、さらに大人から子供まで、野球経験者の質問のレベルが高くて、なかなかおもしろかった。考えてみたら、今年は、選手のこういう声聴く機会もほとんどなかったもんね。

 さて、15時すぎに出発して、横須賀線グリーン車で上京。

 先々週の美里は、日本橋三井ホールだったけれど、今週は大手町三井ホール。はて、大手町に三井ホールなんてあったっけ?新しいのは、どうせ千代田線の方だろうということで、地下通路をひたすら歩くと、やはり千代田線の先のC5出口直結で、新しいビルが。三井物産のビルなのかな。

Img_8761

 本日は、西村由紀江さんの「ゆきえさんとクリスマス」。例年なら、横浜でもやってくれるのだけれど、今年は東京と大阪の2会場のみ。日本橋と同じような作りのホールは新しくてとてもきれいで快適。そして、今日も傾斜のついた中段の通路側の良席。もちろん1席空けているけれど、感染拡大でところどころ空席もあるね。

Img_8762_20201221194901

Img_8764

 BGMとして気持ちよく流すので、西村さんの曲は名前がなかなか覚えきれないのだけれど、「ビタミン」、「手紙」とかだったかな。前半最後の「微笑みの鐘」もいい曲でうっとり。毎回書いているけれど、あいかわらずお美しいのにもうっとり。こういうご時世だからこそ、こういう時間を大事にしたいよね。

 休憩の後は、生誕250年のベートーヴェンの特集。アンコールは、サンタの衣装で、クリスマスソングも楽しんでから、最後は、「こういう時代からこそ」ということで、「扉を開けよう」。ここで、背景のカーテンが開いて、東京の夜景が!そんな予感はしてたけど、実にいいね。東京タワーも見える!

 エキナカの誘惑を断ち切って、お弁当だけ購入して、帰宅。余韻を楽しみつつビアをいただき、早めに就寝。

Img_8765

 

 

2020/12/5:谷村有美と過ごすハートフルなクリスマス Vol.18「心温まる3つ蜜」

◆横浜・東京:あめのちくもり:5962歩

 午前中、ヤマトさんがiPhone8の下取りに来る。もちろん初期化はしたけれど、特に箱にいれるでもなく、そのままお渡しするだけ。これで、特に問題なければ、54800JPYで買ったiPhoneSE2から17000JPYが返金されるのだからお手軽ではある。(翌日にはクレジットカードに返金されていた。早い。)

 朝からの冷たい雨がどうにかあがったところで、横須賀線で上京。頻繁に利用する品川駅だけれど、港南口を出るのは、毎年だいたいこの時期だけ。ライトアップを抜けてインターシティホールへ、今年も谷村さんのクリコンが無事に開催♪

Img_8584

Img_8581

Img_8585

 例年は2回公演のところを3回公演にして、座席の間隔を空けての開催。入口の検温も問診票と引き換えにひとりひとりしっかりチェックでなかなか厳しい。おみやげはやはりマスクケース。それにしても、公演タイトルは、3回公演にかけて、「心温まる3つの蜜」なのに、チケットがミスプリで「3つの密」になっちゃってて、これじゃ3密そのものだ(@_@)

Img_8586

 3回公演の2回目のイブニングショーに参戦。前から6列目で、前に1つ空席があったので、かなりみやすい良席。1公演の時間が例年よりだいぶ短めなので、MC少なめで、オープニングからどんどん飛ばすよ。あいかわらずお美しいし、何よりクリスタルヴォイスが健在なのがすばらしいよねぇ♪セットリストが見当たらなくて、タイトルが覚えきれなかったのだけれど、「一緒に暮らそう」、「がんばれブロークン・ハート」、「最後のKISS」、「いちばん大好きだった」、「信じるものに救われる」、「FEEL ME」あたりだったかなぁ。なかなか「Boy Friend」と「Tonight」が聴けないんだけれど、名曲を存分に堪能。来年はもっと密でゆっくり楽しめるいいね♪

Img_8588

 帰宅すると、みなとみらいは今日も花火♪

Img_8602

 

2020/11/30:代官山散策

◆東京・横浜:はれ:7617歩

 美里の35周年を記念した展示が、代官山の蔦屋で開催中とのことで、ちょうど実家に1泊した翌日を利用して参戦する。

 お天気もいいので、恵比寿から歩いて、旧山手通りの坂を登っていくと、ヒルサイドテラスの一角におしゃれな蔦屋が。カフェ付の蔦屋はみなとみらいにもあるけれど、ここは、何やらおしゃれで高級感があって、店内もゆったりしている。その別館みたいなところの2階に、美里の展示コーナーがあって、過去の西武球場のライヴ映像が流れ、なつかしいジャケット写真、当時の楽器など。

Img_8398

Img_8404

Img_8405

Img_8407

 グッズもいろいろ気になったのだけれど、ぐっとこらえて退場。せっかくなので、中目黒まで、おしゃれスリバチ散歩。槇文彦さんの代表作でもあるヒルサイドテラスも、ずいぶん大規模になったんだね。残念ながら、朝倉家住宅は、お休み。そして、目黒川方向に坂を下っていくと、傾斜を利用したおしゃれな建物があって、なんだろうと思ったら、東京音楽大学の新キャンパスなんだ。こちらは、日建設計さん。

Img_8400

Img_8408

Img_8410

Img_8413

Img_8414

 桜並木の川沿いに歩いて、中目黒駅の高架下、ここにも蔦屋なのね。

Img_8417

Img_8420

 Fライナーで帰浜して、そごうでお肉を買って、久々にしゃぶしゃぶ。今日の満月は、ビーバームーンとやら。半影月食とのことだけれど、みてもよくわからない。

Img_8425

 東証の宮原社長がシステム障害の責任をとって辞任。辞めればいいというものではないけれど、あれだけのことを起こしたら、トップの責任のとり方としては、辞めるしかない。まずは潔し、と思ったら、この人は、CEOじゃなくて、CEOの清田は辞めないんじゃないか!経営責任ではなくて、執行責任ということなのかもしれないけど、丸1日取引止めて、No.2に責任とらせて、トップが辞めないとは最低だよ。そもそも、清田氏は、1年前に、内規違反でインフラファンドを買っていたという不祥事もあったんだ。このときもうっかりした、とかいって居座ったけど、東証トップが在任中に取引してるっていうのも論外だよ。うっかりで済む問題じゃないでしょ・・・

 ばんえい競馬、知床賞大敗を確認して、早々に就寝。

 

2020/11/27:渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life デビュー記念日スペシャルトークライヴショー@日本橋三井ホール♪

◆横浜・東京:くもり:5948歩

 またどんより曇ってうすら寒くなってしまったけど、午後から横須賀線で上京。東京駅ナカのステーションレストランでスペシャルハヤシライスをいただき、遅めの昼食。中途半端な時間帯とはいえ、お客さんは誰もいない。安心だけど心配。

Img_8335

Img_8336

 ペンギンショップで誘惑に負けてからもう一駅乗って、新日本橋で下車。本日は、日本橋三井ホールで、美里のスペシャルライヴ。関内ホール以来、9ヶ月ぶりに美里に会える♪

Img_8341

 日本橋三井ホールは、かねがね行ってみたかったのだけれど、実は初めて。もっとも、千疋屋総本店のお隣だから間違えようがない。まだ少し早いから、果物を眺めて、時間調整してと思ったら、お隣にホールがないよ。お隣は美術館じゃないか!!!

 開演が迫ってきて、あわてて検索すると反対側のビルだった。ざくろのとこね。いやぁ、危なかった。。。

 ソーシャルディスタンスやら、検温やらで開演は押し気味だったので、無事に間に合って、記念品のマスクケースをいただき無事に着席。1席空けての中央付近、前が通路で一段高くなったところだからとても見やすい♪

Img_8338

 オープニングは、「10years」、さらに「BELIEVE」。ラジオやYoutubeで声は聴いていたけれど、やっぱり久しぶりの美里は、ジーンと来るねぇ。

 今日のイベントは、本来は、デビュー35周年記念日の5/2に予定されていて、ちょうど全国ツアーの真っ最中のはずだったから、あえてライヴではなくて、ファンクラブ限定のトークイベントとして企画されていたもの。それが、すべてのライヴが中止になって、延期された今日のイベントが、再開して最初の機会ということで、トークよりも歌メインに変更してくれた。2部構成で時間も短めだけれど、「グリーン・グリーン」、「遅れてきた夏休み」「グッときれいになりましょう」といった懐かしい曲をしっとりと聴いて、「My Love Your Love(たったひとりしかいないあなたへ)」、「サンキュ」。

 少しだけトークコーナー。おなじみの奥野さん、真藤さん、藤井さんの楽しいトークからも元気をもらったところで、最後は「いつかきっと」。ホントに”いつかきっと”だよねぇ。

 そして、来月はいよいよ武道館。また心配な状況になってきたけど、なんとか開催できますように。

「みんな気をつけて元気で!今日は美里仲間で(飲みに)いっちゃだめよ!」

 って言ってたから、新日本橋からおとなしくグリーン車でまっすぐ帰って、早く寝るよ♪

Img_8344

 

 

2020/11/18:iPhoneSE(第2世代)来る

◆東京・横浜:はれ:5505歩:横浜の最高気温=21.4度

 今日もおだやかな小春日和が続く。午後からディアナでお当番して帰宅すると、宅配ボックスに何やら荷物が届いている。

 まずは、竹内まりやさん初のライヴBlu-ray。たしか予約したのが7月だったから、待望の到着♪そして、初回版購入者には、先日発表された、来年のライヴの先行予約権利が!!!先行予約でもかなりの倍率になるだろうけど、なんとか当たって欲しいねぇ!しかも、初日も最終日も横浜だよ♪

Img_8057_20201121091701

 そして、iPhoneSE(第2世代)が到着。正直、iPhone8→iPhoneSE(第2世代)では、何も変わらないに等しいのだけれど、逆にそれでいいような気もする。とにかく今のiPhone8は、バテリーが30分くらいしか持たないので、もうやむをえない。iPhone12miniとずいぶん迷ったけど、顔認証より、指紋の方が慣れてるし、値段もだいぶ安いし、ymobileだから5G関係ないし、カメラも別に三つ目じゃなくていいし・・・

 さて、憂鬱だけど、早く移行しないとなぁ・・・と思ったら、最近は、2台並べておくと、Bluetoothでほとんど勝手に移行してくれるのね。各アプリ毎のパスワード再入力とかも思ったより少なかった。モバイルsuicaとLINEだけはちょっと注意したけど、どうやら無事に終わったっぽい。

Img_0185_20201121091801

 tckは、サンタアニタウイーク。毎年ステージで行うJRAジョッキートークショーが、今年はオンライン配信。武豊、和田、デムーロのおなじみのメムバーで、配信になった分、1時間半とたっぷり。後半は、彼らもサンタアニタトロフィーの馬券を買いながらいっしょに観戦という趣向で楽しい。ファンからの質問で、「乗ってみたかったと思った地方の馬は?」との問いに、武豊が、「ロッキータイガー」と答えていたのもさすが。(司会者がロッキータイガーを知らなかったのが遺憾・・・)

 馬券の方は、ジョッキーたちは誰も当たらず、小生も微敗を確認。Blu-rayは、週末にでもゆっくり堪能することにして、早々に就寝。

 

2020/11/13:斉藤由貴 35th anniversary concert「THANKSGIVING」♪

◆横浜・東京:はれ:11646歩

 今日もよいお天気。夕方から、湘南新宿ライングリーン車で上京して、池袋へ。

 駅から東の方へ、5分くらい歩くと、何やら広場のような一角があって、その正面に、東京建物ブリリアホールさん。初参戦だけれど、きれいでなかなかいい感じ。

Image2_20201116082601

Image5_20201116082601

Image_20201116082601

 本日は、斉藤さんの35周年コンサート。自粛明け最初のコンサートも斉藤さんのビルボードだったけれど、あれから2ヶ月半でまた斉藤さんのコンサートが見られるとはうれしい。お席は1席空けて、マスク着用、チケットにはミニパンフレット付き。けっこう大きなホールなのに、なんと前から5列目中央という良席!!!

Image6_20201116082601

 オープニング、幕が閉じたままで、かつてのラジオ番組「ネコの手も借りたい」の音楽に合わせてのナレーション。なつかしいねぇ。30年以上前にハガキ読まれたよねぇ・・・と気分も高まってきたところで、「卒業」、「あなたの声を聞いた夜」、「初戀」、「情熱」。モーションブルーやビルボードのライヴとちがって、5年に1度の周年のコンサートということで、シングル中心の構成でテンションは高まるばかり。

 「土曜日のタマネギ」、「Doll House」、「MAY」と谷山さんの曲が続いたところで、ゲストコーナー。昨日は森雪之丞さんだったとのことだけれど、今日はなんと武部聡志さん!事前に知らなかったので、これはうれしいサプライズ☆考えてみれば、斉藤さんの曲のアレンジは、ほとんど武部さんなんだよね。それにしても、デビュー曲が、作詞・松本隆、作曲・筒美京平、編曲・武部聡志なんだから、ぜいたくだよねぇ。

 武部さんのピアノでなつかしい「さよなら」、さらに武部さんのピアノ・ソロも堪能♪

 後半は、「なぜ」。これは知らかなったけど、筒美京平さんの曲なんだ。そして、「AXIA~かなしいことり~」から、「予感」キタ!生で聴くのはかなり久しぶりでうれしい。やっぱり、名曲だよねぇ。うっとり。いやぁ、ホント、コンサートできてよかったし、来てよかった。

 最後は、「砂の城」、「悲しみよこんにちは」、「夢の中へ」とアップテンポな曲で。いつもだったら立ち上がるところだけれど、もちろん座ったままで、手拍子で。

 アンコールは、「Moon Waltz~月の輪舞~」、「THANKS!」。いやぁ、堪能しました♪

Image4_20201116082601

Image3_20201116082601

 

2020/10/12:あれこれ

◆東京・横浜:くもりのちはれ:4962歩

 前職時代にお世話になった方の告別式。お世話になったといっても、業界の大御所だから、年も40くらい上だし、小生などは、本来はあまりご縁がないところなのだけれど、若いときから目をかけていただき、かわいがっていただいた。80歳をくらいまで現役で、数年前からは隠居されていたようだけれど、その少し前にゴルフをごいっしょさせていただいのもなつかしい思い出。エージシュートを達成されたり、高齢者ラグビーの日本代表で海外を行かれたりとか、いつもホントお元気だった。

 コロナ禍の葬儀は初めて出たけれど、意外と普通で、みなさんもちろんマスク着用だけど、それなりに密。もっとも、関係者がたくさん来られるかと思ったけれど、予想よりは少なかった。おつきあいの深かった方は、もうだいぶ高齢になられているからかな。

 帰宅すると、聖子ちゃんの40周年記念ニューアルバムが到着。半分リメイクだし、購入しようかどうか迷ったのだけれど、なかなかよかった。やっぱり、「瑠璃色の地球」は名曲だね。そして、40周年に寄せられた松本隆さんのメッセージがとてもよかった。松本さんもまだまだ元気でいてほしいね。

 と思ったら、筒美京平さんの訃報が。もう80歳だったんだ。オリコンシングル作曲家ランキングトップで、なんと7500万枚。(2位小室哲哉、3位が織田哲郎、4位桑田佳祐、5位つんく)もちろん、あの曲もこの曲も、小生でも知っている曲ばかり。ただ、小生にとってのこの一曲となると、なんだろう?60年代、70年代の名曲は、同時代に聴いてないし、斉藤さんの「卒業」とか「初戀」かなぁと思って、作品リストを眺めていたら、ありました、お気に入りのこの一曲。今井美樹さんの「野性の風」も筒美京平さんなのね。初期の曲で、あんまり売れなかったけど、大好きで、当時まだテープにダビングしてたかな、何度も何度も聴いたよねぇ。たしか映画の主題歌だったんだ。作詞は、「MyRevolution」の川村真澄さんで、編曲は久石譲さんなのね。

 比較的暖かくなったので、夕方、窓を空けたら、なんか妙な臭いがする。そういえば、最近、横須賀とか横浜で異臭騒ぎがあったっけ?と思ったら、まさに今日はみなとみらいでも通報が相次いだとのこと。たしかにヘンな臭いだ。30分くらいで終わったけど、気味が悪いねぇ。海からの臭いならまだいいんだけど・・・

 夕方、岩手、南部杯的中。雨とはいえ、1.32.7とはすごいレコード。とりあえず矢作師を買っておけば安心だね。モジアナフレイバーもがむばった。

 夜は、ばんえい、疾風賞的中。オープン級だけど、500キロ前後の軽量戦。高重量でも強いメムロボブサップが、ほとんどノンストップで48秒0で駆け抜けた。これはこれでおもしろいね。

 最後は、妄想トレイン。おなじみのびわ湖テラスが出たきたけれど、今日は、鉄分がちょっと足りなかったね。

 

 

2020/10/8:高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト コンサートツアー2020~2021♪

◆横浜:あめ:3050歩:横浜の最高気温=15.6度

 台風が近づく中、朝から1日冷たい雨。ちょっと寒すぎる。ひきこもるしかない。CNNで副大統領候補討論会。途中からだったので、ハエを見逃してしまい残念。

Image4_20201009082201

 tckにトラモンタン号出走。寒くて参戦する気にならず、東京MXで。10月からC2格付け。7月のC1格付けは、3歳優勢だけど、10月のC2は通用しないことも多い。中段から4コーナーで前へ取り付いて、おっ!と思ったのも一瞬、すごい勢いでいっぱいになって、なんとシンガリ。。。C2でシンガリでは先が思いやられるというか、終了だよ。

Image_20201009082201

Image3_20201009082201

 気を取りなおして、みなとみらいホール。本日は、高嶋ちさ子嬢。恒例の秋のめざクラはなくなってしまったのだけれど、12人のヴァイオリニストコンサートが開催。自粛中、ちさ子嬢の動画には、元気をもらったからね。

 50%ルールのようだけれど、開場から開演まで30分しかないので、入場が密に。半券の裏に連絡先を記入して検温して入場。けっこう早くからチケットを買っていたつもりなのだけれど、3階席の後方。単純な1人おきではなくて、連席も考慮した複雑な配置になっている。

Image1_20201009082201

Image6_20201009082201

 みんなが知っている曲で1曲5分以内というコンセプトで、第9の「歓喜の歌」から始まって、バッハの「主よ人の望みの喜びよ」。おなじみのヴァイオリン技法紹介などもあって、ツィゴイネルワイゼンで前半終了。換気タイム。フォワイエでのお飲み物の販売とかはなし。

 後半は、「モルダウ」で始まって、中島みゆきの「糸」を12人で。おなじみの「プリンセスメドレー」も楽しい。これも恒例のストラディヴァリウスと安物の弾き比べ。これ、けっこう間違えるんだけど、今日はわかった♪

 エルガーの「威風堂々」でいったん締めて、アンコールは、動画でもおなじみだったKANさんの「愛は勝つ」~文明堂の曲でフィナーレ。

 めざクラもいいけど、12人もなかなか楽しい。規制退場でも終演15分後には帰宅。ご近所で楽しめるのがうれしいね。

Image5_20201009082201

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)