2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2021/10/22:2021総選挙展望

◆横浜:あめ時々くもり:546歩:横浜の正午の気温=11.0度

 予報通り、朝から冷たい雨。最高気温は夜中の15.1度だけれど、日中は10台まで下がって、冬の寒さ。拙宅は、地域集中冷暖房なので、今週いっぱいは、まだ冷房しか使えず、来週1週間、切り替えの間は、冷房も暖房も使えなくて、再来週から暖房が利用可能になる。そして、よりによって、今朝は9時から12時まで、給湯停止ということで、お湯も、そして、こんなときに頼りになるはずの、床暖房も使えない。6時半起床で、早めに朝風呂。使えるうちに床暖房をフル回転して、部屋を暖めておくけど、10時すぎには、もうけっこう寒いよ。

 仕方がないので、総選挙の展望。もっとも、政治広報センターの宮川氏も亡くなってしまったし、ここ数回、あまり盛り上がらない選挙をぼんやり見届けているうちに、候補者の世代交代も進んで、日経の候補者リストをみてもいまいちピントくるものがない。

 総論としては、地味な岸田さんでは、ブームはおきず、野党の候補者一本化が、戦術としては、一定の効果をあげて、高齢や元々弱い自民党の候補者は苦戦しそう。あと、選挙の顔ということを考えると、甘利幹事長というのは、損だったか。個人的には、TPPをまとめた能力などは、評価しているのだけれど、選挙のときの幹事長は、テレビ各局の番組に出るから、あの芸風はイメージ的には損だよね。

 日本新党の頃から応援してきた、非自民勢力。95年と09年の2度の政権交代のときは、小生も恥ずかしながら高揚感に浸ったものだけれど、なんでこんなことになってしまったのだろうか。何でも反対で対案もロクになくて、共産党と組む立憲では応援できない。連合も支援をためらうというのだから、55年体制の社会党よりもっとひどいのではないか。岡田さんとか、野田さんは、今の枝野さんのやり方に納得してるのだろうか?

 せめて、みんなの党みたいのがあればいいのだけれど、維新は嫌だ。となると、国民民主党が一番イメージに近いのだけれど、いかんせん候補者がいない。玉木さんと前原さんと、あと誰?和歌山の岸本さんくらいしか知らない。いや、円より子さんも、まだ健在なのか。

 コロナ第5波ピークの頃は、与党大敗で株価暴落というのも少し心配されたけれど、現状では、与党中敗・過半数確保、立憲&維新微増というのが落ち着きどころか。とはいえ、小選挙区の接戦がかなり多いので、こういうときは、50議席くらいはすぐにブレる可能性があるので、最近の中では、開票速報自体はけっこう楽しめるかもしれない。

<注目選挙区>

 ◎勝勢 ◯優勢 △やや有利 ☆互角 ▼やや不利 …独自の戦い

<茨城7区>

 ▼永岡 桂子 67自前

 …水梨 伸晃 42維新

 △中村喜四郎 72立前

 孤高を貫いてきた中村喜四郎さんも立憲に入党してしまったのね。いかにも残念だし、比例復活の安心感がある分、ゆるみも出そうな気もするけど、やっぱり最後は勝つかな。

<東京1区>

 △海江田万里 72立前

 …小野 泰輔 47維新

 ▼山田 美樹 47自前

 …内藤 久遠 64無新

 実家のある選挙区。日本新党時代に応援した海江田さんももう72歳。宿敵与謝野さんは亡くなって、近年は、自民党の若手との対決。毎回かなりの接戦で、ここで自民党が勝つか、立憲が勝つかが、首都圏全体の動向を反映していることが多い。ここは、一本化されずに、維新も出ているけれど、このケース、維新の出馬が自民、立憲のどちらに有利に働くのかも今いち読みきれない。ただ、負けたほうは、比例では、ほぼ復活するだろうね。

<東京15区>

 …桜井  誠 49諸新

 ▼井戸 正枝 55立元

 △柿沢 未途 50無前

 …猪野  隆 56無新

 …今村 洋史 59無元

 …金沢 結衣 31維新

 …吉田 浩司 61無新

 カジノ汚職で裁判中の秋元氏が立候補を断念。自民党は、柿沢氏と今村氏の2人に推薦。維新もいるので、立憲が漁夫の利をえそうだけれど、なんだかんだいって、柿沢氏は、親の代からけっこう選挙に強い。しぶとく勝ち上がりそうな予感。

<東京18区>

 ▼長島 昭久 59自前

 …子安 正美 71無新

 △菅  直人 75立前

 長島氏はねぇ、能力は間違いないのだけれど、いかんせん、今ごろ自民党に来ても、というか、彼が出ていかざるを得ないところに今の立憲の問題点があるのだけれど、元々武蔵野市長が菅さんと死闘を演じていたところへの落下傘。今回は楽じゃないね。惜敗率で復活できるかどうかも、他の候補とのかねあいで、最後までもつれそう。

<神奈川2区>

 …岡本 英子 57立元

 ◎菅  義偉 72自前

 わが地元。ある意味究極の二択。もっとも、一時は、かなりの逆風だったけど、総理を辞めた途端にコロナも収束気味だし、地元では負けないだろうね。菅さんは、官房長官になる前は、たまに近所で朝、演説会とかやってたけど、この岡本さんっていう人は、普段、演説しているの見たことないんだよね。南区や港南区の方が人口も多いからかもしれないけど、みなとみらいのマンション群もだいぶ増えたのだし、相手が大物なんだから、せめて、日頃から地道に活動してチャンスをうかがってほしいよね。つい2週間くらい前に、共産党の新人が近くの公園で演説していて、さすが、と思ったのだけれど、候補者一本化で引っ込んでしまったようだ。

<新潟5区>

 ☆米山 隆一 54無新

 ▼森  民夫 72無新

 ☆泉田 裕彦 59自前

 新潟県知事経験者2人と長岡市長経験者というある意味豪華なマッチアップ。(選挙区は、長岡市を中心とするエリア)。米山っていう人も、なんかスキャンダルいろいろあったような気がして、外野からみると、なんとなく泉田氏の方がよさそうな気がするけど、知名度高いし、保守分裂でチャンスなのかな。

<静岡5区>

 ◯細野 豪志 50無前

 ▼小野 範和 48立新

 ▼吉川  赳 39自前

 …千田  光 43諸新

 保守分裂。細野氏が勝って、自民党追加公認だろうねぇ。。。個人の好き嫌いは別として、細野さんとか、長島さんを抱えたままの民主党なら政権選択になりえたのにと重ね重ね思うよねぇ。。。

<山口3区>

 …坂本 史子 66立新

 ◎林  芳正 60自新

 河村氏との保守分裂選挙は、今回最大の注目のひとつだったのだけれど、河村氏引退で、林氏圧勝確実。息子を比例優遇で手打ちなのかと思たら、息子の河村健一氏は、比例でもなんと北関東の32位!おなじ分裂回避でも、群馬1区を中曽根氏に譲った尾身朝子さんは、北関東1位(重複立候補者の上)で当選確実だからえらいちがいだ。北関東は自民党が強いから、32位でも当選の可能性はあるのかもしれないけれど、ちょっとびっくりだ。

<鹿児島2区>

 …松崎 真琴 63共新

 △金子万寿夫 74自前

 ▼三反園 訓 63無新

 ニュースステーションでおなじみだった三反園氏、2期目の知事戦で、自公推薦で負けて、ここへ出てくるんだねぇ。。。なんか知事としても節操がない感じ(そもそも現職が2期目で落選はめずらしい)だったけど、自民党の候補者も高齢だから接戦になるのかな。。。

<沖縄1区>

 △赤嶺 政賢 73共前

 ▼国場幸之助 48自前

 …下地 幹郎 60無前

 全国唯一、共産党が小選挙区の議席を持っている選挙区。ここは、前回、国場氏、下地氏(当時は維新)も復活したので、1つの選挙区から3人代議士が出ているめずらしいところ。今回、下地氏は、自民党復党をめざすも実現せず、比例復活の道は断たれた。さすがに厳しそうだ。

 

2021/10/4:東証続落

◆東京・横浜:はれ時々くもり:2359歩:横浜の最高気温=28.8度

 7時起床。昨日は、久しぶりに夜中まで起きていたので、眠い。実家で、窓の掃除など手伝い、お昼に素麺をいただき、みなとみらいへ戻る。

 東証続落。金曜日にアメリカはけっこう戻したのに、週末をはさむと有耶無耶になることが多いよね。。。

 菅さんが退陣して、岸田内閣スタートの日に、東京の感染者(陽性者)は、月曜日とはいえ、100人を切った。菅内閣の評価は、後世にゆだねることになろう。

 一方、岸田新内閣は、若手の登用もあるようで、名前を知らない人がけっこういる。まずは、お手並み拝見だけれど、いかんせん77歳で初入閣が2人っていうのはねぇ。。。

 それにしても、橋本行革で減らしたはずの大臣が、いつのまにかまたずいぶん増えちゃったよね。経済安保相の考え方はわからなくはないけれど、経済産業大臣、経済再生大臣、さらには、外相、防衛省とどう住み分けるんだ?それに、ワクチン大臣と五輪大臣は、もういいんじゃないの。万博相にいたっては、まったく仕事がなさそうだよね。

 午後は、遠征の計画、オフの検討、さらには、ラグビー新リーグの日程もようやく発表されたので、こちらもチェックしなければ。

 先週から、何やら物々しい瑞穂埠頭。ネットの情報では、最初にやってきたのが、音響測定艦で、日曜日にやってきたのが、ミサイル追跡艦だとか。何やら物騒だけど、ミサイル追跡艦は、夜は、ライトアップしてくれる。そんなに目だっていいのかとも思うけれど、まぁ、横浜にわざわざ来てるぞ、ということに意味があるのかしらん。そんな夜景をつまみに、ワインをいただき、めずらしく、ばんえいとtckの的中を確認して、早々に就寝。

Img_8175

Img_8177

Img_8180

 

2021/9/29:自民党総裁選

◆横浜:はれのちくもり:7536歩:横浜の最高気温=27.1度

 6時半起床。朝風呂。野菜生活、ヨーグルト、あきづき、ミニチョコクロワッサン、コーヒー。

 配当落ちの日に、NY大幅安ということで、東証大幅安。指値がひとつだけささってちょこっと参戦してから、今日も朝散歩。せっかくなので、1階までは、階段で降りて、臨港パーク~ハンマーヘッドへ。雲ひとつない青空だ。

Img_7957

Img_7959

Img_7960

 赤レンガ倉庫からは、久しぶりのロープウェーに乗って桜木町へショートカット。11時開店とともに水信フルーツパーラーラボへ参戦。ネットでチェックしていたナガノパープルとシャインマスカットのパフェが美味。先日の馬車道のパーラーと、ここのラボと、どうちがうのかよくわからないのだけれど、こちらの方が、こじんまりとしていて、全体にお値段も少しお安いようだ。

Img_7970

Img_7976

Img_7979

Img_7994

Img_7991

Img_7990

 午後は、相撲以外では、久しぶりのNHK地上波で、自民党総裁選。河野氏は、党員の4割以上をとったけれど、議員票では、高市氏にも遅れをとって、1回目でまさかの2位。これでは、決選投票になると、党員票の扱いが減る妙な制度のせいにもできない。

Img_8007

 2、3位連合での逆転ではなく、1票差とはいえ、初回から1位の岸田氏。まぁ、従来の安倍氏禅譲待ちスタイルから、今回は、いち早く手を挙げたからね。役員人事、組閣、そして、すぐに総選挙。まずは、お手並み拝見だ。。。

Img_8020

Img_8030

 東証は、1回目の結果でほぼ織り込んだ14時半頃から、多少戻して終了。

20210929x

 夕方、日本海側で地震なのに、太平洋側の方が震度が大きい。震源が深いとこういうことけっこうあるのね。

20210929p

20210929q

 夜は、やきまるでお肉をジウジウと焼いて、めずらしく、日本テレビ盃的中など確認して、早々に就寝。

Img_8031

20210929s

 

 

2021/9/5:菅政権の功?

◆横浜:くもりのち時々はれ:7303歩:横浜の最高気温=25.1度

 どうやら週明けからは、本格的に総裁選モードということで、菅政権の1年をふりかえる。功罪といっても、まぁ、罪の方は、小生が書かなくても、みなさんいろいろ憤懣やる方ないのではないかと思うけれど、政策の失敗というよりは、リーダーシップの欠如ということに尽きるのではないか。官房長官としては、これほど適任の人もいないと思っていたけれど、逆に言えば、だからこそ、首相には、向かないだろうと初めから思っていた。「器じゃない」というやつ。もっとも、あそこまで、目がうつろで、原稿もまともに読めなくなるとは思わなかったけど。。。

 とはいえ、どんなに風格があって、演説がかっこよくて、英語が堪能でも、最終的には、政治は結果責任である。コロナ初期のメルケルさんの演説は、ずいぶんあちこちで評価されていたけれど、ドイツの政策がこの1、2年、特にうまくいったとも思えず、実際、支持率も低く、総選挙後の退陣を控えて、死に体状態に近い。

 ということで、菅政権の1年で、評価できる点を、あえてあげておく。一応3つ。

1.75歳以上の高齢者の医療費2割負担

 こういう不人気だけど、将来のためには、誰かが貧乏くじをひかなければいかない政策を実施したのは評価したい。公明党の抵抗で、所得制限付きで骨抜きになりそうになったけれど、まずまずのところで踏ん張った。別途、高額医療費の制度もあるんだから、本来は、早急に3割負担にすべきと思うけれど、まずは大事な一歩。

2.福島の原発処理水の海洋放出

 まだ細かい手順は検討されているようだけれど、どうやら決まったようだ。反対意見も多いかもしれないけど、現実に他に方法はないでしょ。他の国もやっていることだし。いつまでも先送りするわけにいかない。

 まぁ、正直、この2つは、安倍さんの間にやっておいてほしかったよね。

3.ワクチンの確保

 これは、菅さんが偉いのか、誰が偉いのかは、知らないけど、結果責任ということなら、よくやったと思う。自国生産できない中で、ファイザーとモデルナをこれだけの数、確保したのは評価したい。少なくとも、立憲民主党と共産党の連合政権では、こうはいかなかったのではないかと想像する。もちろん、実際のところはわからないけど。

番外.携帯電話料金の値下げ

 実際に小生のワイモバイルもずいぶん下がったよ。しかし、政策としては、これは評価できない。民業圧迫も甚だしいし、最終的には、寡占に戻る恐れもあるしね。

 コロナ対策については、評価は後世に委ねたい。結果だけみれば、日本はそれなりに健闘しているようにみえる。まぁ、誰がやっても、選択肢はそれほど多くなかったのだろうけれど、そのメッセージの伝え方があまりにもひどいから、その過程で、不満や分断が大きくなっているのもたしか。ただ、個々の施策でいえば、GWの谷間に電車の本数を減らしたり、20時で電気を消したり、渋谷でワクチン接種を始めて大行列を作ったりと、思いつきで、混乱させた、小池さんの方がめちゃくちゃだ。

 そして、五輪についても、中止する選択肢は事実上なかったのだろうし、中止しなくてよかった。個人的には、有観客でやってほしかったけどね。

 アフガンについても、初動の遅れを非難するのは簡単だけれど、では、枝野首相とか安住外相とかだったとしたら、早々に派遣していたのか?と考えると、残念ながら、とてもそうは、想像できない。

 まぁ、その他、大臣の不祥事とか、息子の問題とか、みんな、それぞれ不満はあるだろうけれど、要するに、なんか不愉快だから、とりあえずやめてくれればいいやっていうのが正直なところじゃないか。一応、功についても、忘れないように書いておいて、あとは後世の評価を待ちたい。このままいけば、在任期間中の株価は、プラスで終われそうだ。

 今日も涼しい。近所を小さく散歩。パラリンピックも無事に終わったのかな。ブエルタは、最終日の個人タイムトライアルだけど、とても起きてられない。バルコニーでビアとドミノ・ピザをいただき、早々に就寝。

Img_7308

Img_7311

 大谷くん43号。

 

2021/9/3:大腸カメラ当日(菅首相辞意表明)

◆横浜:くもり時々あめ:4146歩:横浜の最高気温=20.9度

 7時半起床。今日もひんやり。大腸カメラ当日。今回は、ニフレックの前に、まずナウゼリンとやらを飲む。

Img_7258

 9時前からニフレックスタート。全部で2リットル、15分毎に200ml程度飲む。

 東証続伸を眺めつつ、2杯目、3杯目・・・なるべく体を動かすようにとのことなので、掃除をしたり、植木の手入れをしたり、自転車を漕いだり・・・もちろん、おトイレも挟みつつ、4杯目、5杯目・・・東証ちょこっとリカクして、。6杯目、7杯目・・・2時間でなんとか飲みきった。。。

Img_7260

 クリニックに連絡して、検査時間を確定させたところで、前場も終わって、うたた寝していると、菅首相辞意表明。小泉さんあたりに幹事長を断られて、万事休すっていうことなのかな。で、さて、後場は?と思うと、東証急騰!昨年の今ごろ、安倍さんのときは急落したんだけどえらいちがいだね。。。

20210903a

 14時40分から、大腸カメラ。鎮静剤を打ってからなので、うつらうつらしているうちに終わる。前日からの苦労のかいあって、今回はきれいに映って、小さなポリープを1つ、その場でとってくれたらしい。ポリープをとると、通常は、1週間、お風呂・旅行・お酒が禁止で、どれもすごい困るんだけど、今回は、きれいにとれて、出血のリスクもほぼないので、普通の生活でOKとのことでありがたい。

 もっとも、そう言われると、じゃあ、今日くらいは我慢しようかということで、ノンアルコールビアで一息ついて、早々に就寝。

 

2021/8/31:政局の秋

◆横浜・東京:くもり:5753歩:横浜の最高気温=30.9度

 午前中は、ディアナでお当番。来客少なく、事務処理。13時にTさんと交代。

 KFCをテークアウトして、実家へ。事前ネット注文での受け取りを初めてやってみたけど、実にスムーズで便利だ。

 東証続伸。月末最終営業日のプラスは、実に1年ぶりとのこと。

 遺憾な結果に終わった横浜市長選挙から1週間、いよいよ国政も騒がしくなってきた。任期満了の総選挙がすぐ後ろに控える総裁選という過去にないケースなので、読みがむずかしい。

 それにしても、総裁選前に執行部人事刷新って、いくらなんでもヘンじゃないか、結果次第で、すぐにまた交代じゃないかと思ったら、夜になって入ってきた情報では、新執行部で、総裁選挙ではなくて、解散・総選挙にのぞむかもしれないとのこと。うーん。岸田くんと戦うよりは、世論と戦う方が見込みありと思ってるんだねぇ。。。いったん第5波が収まりそうなタイミングも意識はするだろうし。そうなると、幹事長は誰か?石破くんあたりの目も出てくるのか?いずれにしても、なんだかんだこうやって、盛り上がってくると、与党憎しの声はまだまだ大きいとはいえ、野党の存在感がかすんでくるのもたしか。立憲も本気出すんなら、わが神奈川2区(=菅首相の選挙区)に、枝野さん本人とは言わないけど、蓮舫くらいぶつけてみればいいと思うけどね。あと、国民民主党はキャスティングボードになる可能性としては、今が最初で最後のチャンスのような気がするんだけど、あまり動いている気配もないよねぇ。こちらも石破さんあたりに接近してないのかしらん。五輪も選挙も冴えないと書いてきたけれど、なんだかんだ楽しくなってきた感も否めない。さしあたって、今月は、文藝春秋を購入して、赤坂太郎を熟読する必要がありそうだけど、あと1週間で、またいろいろ動いちゃいそうだよね。

Img_7236

 

2021/8/18:GODIVAカフェ参戦&ヤッシー来る

◆横浜:はれ時々くもり一時あめ:4216歩:横浜の最高気温=30.7度

 何度も目が覚めて6時起床。雲は多めながら、久しぶりの陽射し。

 みなとみらい駅の改札前の吹き抜けの広場、以前ニューヨークグリルみたいなお店があったのだけれど、だいぶ前に閉店して空き地になっていたところへ、昨日「GODIVA Cafe」がオープン。昨日は初日ということで、密になっていたので、2日目、あさイチ、8時の開店前に参戦してみたけれど、すでに7,8組並んでいる。

Img_6865

Img_6866

 開店したばかりでオペーレーションが不慣れで、レジも2つしかないので、なかなか進まない。期間限定のカカオオレンジなんとかと、みなとみらい店限定のホワイトガナッシュとやらをテイクアウト。開店記念で、1200JPY以上のお買い上げでトートバッグもいただける。店内も広いし、テラス風の外の席もあるから、カフェとしても、ゆったり使えると思うけれど、いかんせん、帰る頃には、注文が大行列がになっていた。しばらくは大変そうだ。

Img_6869

Img_6872a

 帰宅して朝食代わりに美味しくいただき、一休みして、東証は、小反落スタートから一転反発。

Img_6875

 本日、ヤッシーこと田中康夫候補が、いよいよみなとみらいへ登場ということで、ひやかしに、いや応援に行く。TSUTAYA前の広場で11時半から演説。あいにく、なんだか急にビル風が強くなってきて、立ってるのも大変なくらいなのだけれど、それなりに人が集まってきた。内容は、先日配信で見たので、大きくは変わらないけれど、なんだかんだまた1時間聞いてしまったよ。

Img_6883

Img_6887

Img_6901

Img_6892

Img_6902

 終わって、コンビニで買い物してたら、いきなり大雨で、あわてて帰宅。鎌ヶ谷もノーゲーム。

 雨があがったら、涼しくなってきたので、バルコニーで気持ちよくビアをいただいてたら、いきなり椅子の底が抜けた。。。あまりにもあんまり。

Img_6905_20210819074401

Img_6908

 ファイターズ後半戦、ついに得点するもまけほー。黒潮盃、小勝を確認して早々に就寝するしかないようだ。

 

2021/8/15:一粒二倍くらいの終戦の日。

◆横浜・東京:あめ:4050歩:東京都心の日降水量=138.5ミリ

 数日前の猛暑がウソのように涼しくなった終戦の日。大雨は、関東に移り、各地でまた被害も出ているようだけれど、そんな雨の中、サカタのタネでたのまれていた千日紅を購入してから、都県境を越えてお盆の帰省。東横線、目黒線、三田線ともにガラガラ。要するに、実家に顔を出すだけである。

20210815w

 オッズパークさんによると、本日、一粒万倍日ということで、小倉記念、関屋記念、いわき平オールスター競輪決勝、ばんえいグランプリと参戦するも、小倉記念大敗、関屋記念大敗。

 夜は、久しぶりに大河ドラマ。実家に来たときしか見ないので、3話に1回くらいの割合だけど、オリンピックの中断もあって、あいかわらずあまり進んでいない。ようやく明治になった。渋沢の本領発揮はこれからだけれど、もう8月も半ばだ。前半は、完全に草なぎくん(徳川慶喜)の物語だったよね。

 久しぶりにNHKスペシャル「開戦 太平洋戦争~日中米英 知られざる攻防~」ベースとなっていた蒋介石の日記は、コピー・撮影禁止で、学者が10年かけて書き写したというからすごい。なかなか見応えあったけれど、これだけ徹底的にやってアメリカを引っ張り込んだけれど、最終的には、蒋介石自身が、台湾に追われちゃうんだものねぇ。。。そのあたりの経緯をまだよく知らないので、一度じっくりなにかで読んでみる必要がありそうだ。

20210815q

 就寝前にチェックすると、ばんえいグランプリ、いわき平オールスター競輪ともに的中!一粒万倍とはいかないけど、二倍くらいにはなったね(^^;)

 

 

2021/8/9:2021横浜市長選展望

◆横浜:くもり時々はれ一時あめ:94歩:横浜の最大瞬間風速=27.0m/s

 4年に一度の選挙と五輪、小生の好きな物2つが、今年はイマイチ楽しめないという話を以前書いたけれど、五輪が終わって、いざ衆議院選挙、という前に、実は、今年は横浜市長選挙がある。

 政令指定都市で人口がもっとも多い370万都市の横浜だけれど、毎回なんだかんだ盛り上がる都知事選に比べると、いかんせん過去の市長選挙は、あまり盛り上がらなかった。転居したばかりの頃は、主要政党全党相乗りvs日本労働党の一騎打ち?なんていうのもあったし、その後も、中田氏の時とか、林市長の1回目とか、接戦になったことはあったけれど、選択肢は少なめだった。

 しかるに、今回、突然盛り上がることになった。与党が分裂したとみるや、我も我もとけっこうな知名度のある候補が参戦。25%とらないといけないので、再選挙(以前、札幌市長選で一度あったよねぇ)の可能性もささやかれるほどである。

Img_6654

 ということで、届け出順に8候補を確認しながら、展望を。(経歴などは、主にウィキペディアによるので、投票は自己責任でお願いします)

○太田正孝(75)

 この人は知らなかったけれど、横浜市議は11期のベテランらしい。市議に最初に当選したときは、新自由クラブ公認だったというからなつかしい。途中で、自由党公認で参議院に出て惨敗したらしいけど、覚えてないや。小沢一郎くんの下に行ったのか。その後、また市議に返り咲いて、直近は、立憲民主党にいたとのこと。さすがにちょっと厳しそうだ。

○田中康夫(65)

 今回、なんといっても盛り上がったのは、康夫ちゃんの参戦。長野とちがって、横浜には、あんまり縁はなさそうだけどね。改めて調べてみると、そういえば、長野県知事のあとも、けっこう国会議員やっていたんだよね。新党日本だっけ。残念ながらカジノは反対のようだけれど、今回のメムバーの中では、個人的には、まだちょっと期待している。でも、もう若い人は、康夫ちゃんのこと、あんまり知らないだろうしなぁ。。。

○小此木八郎(56)

 三代目議員。お父さんの彦三郎さんは覚えてるけど、おじいさんは、さすがに知らない。代々横浜だし、菅首相が秘書を努めていたのが彦三郎さんだから、本来なら与党直系候補として出てくるはずなのだけれど、あまり根回ししないまま、カジノ反対を掲げて、現職大臣を辞職して突然の立候補ということで、自民党内も混乱。結局、首相は小此木氏を応援するけど、自民党と公明党は、表向きは自主投票という奇っ怪なことになっている。最終的には、自民党市議もかなりの数が支持しそうな感じになってきたようだけど、元々、あんまり選挙強くないし、与党への逆風も強そうだからねぇ。。。

○坪倉良和(70)

 水産仲卸業「金一坪倉商店」の坪倉さん。この人だけウィキペディアが見つからなかったし、8日の時点では、ポスターも貼ってなかった。魚市場のおじさんがなぜ突然立候補したのか、イマイチよくわからないけど、がんばってほしいね。

○福田峰之(57)

 元国会議員とのことだけれど、全然知らない人だと思ったら、元は自民党で、亀井善之の秘書から、市議を経て、代議士に。江田憲司と同じ小選挙区なので、比例で復活したり、しなかったりしているうちに、前回は、希望の党に移って、東京から立候補して落選したらしい。目黒区生まれ、横浜育ち、立教出身、カジノ賛成(!)と、字面だけみると、共感できるポイントもいろいろあるんだけど、おそらく死に票になるよねぇ。。。

○山中竹春(48)

 立憲民主党推薦。社民党も支持で、共産党も候補者擁立を見送って事実上支援だから、かなり左寄りの野党統一候補。早大本庄では、ラグビー部だって。横浜市大医学部教授。データ解析が専門とか。

 正直、今回、この人だけは勘弁して欲しいんだよね。よく知らないけど、なんかねぇ。。。イソジン問題とか、パワハラ問題とかも何やら騒がれているけれど、断然若いし、与党逆風化で、共産党まで一本化して、むしろ保守系が乱立だから、当選しかねないよね。。。たまたま国政に強い風が吹いているときに、妙な候補を首長に当選させちゃうと4年間長いんだよ。コロナと政権批判の鬱憤が市長選に持ち込まれそうで怖い。江田憲司が連れてきたみたいだけど、だったら、まだ江田本人に出てほしかったよ。港湾のドンまで支持を表明したらしいけど、これは逆効果かしらん。

○林文子(75)

 現市長。2009年夏、政権交代のあの衆議院選挙と市長選が同日だったんだよね。で、民主党推薦で僅差で当選。あの時、中西健治の方を当選させたかったけどね。自民党大逆風下でも、市長選は、かなりの僅差だったので、通常の選挙だったら結果は違ったと思うだよなぁ。。。BMWで車売って、ダイエーのCEOになって、日産の執行役員になって、市長になって、正直、どこでもあまり結果を残したとは思えないんだけど。2期目からは、自民党も相乗りするよくあるパターン。

 ただ、今回は気の毒だよね。コロナ禍で帯状疱疹で入院したりもしてたし、75歳だし、引退も考えていたんじゃないかと思うんだけど、小此木さんが突然IR反対で出ちゃったから、IR推進派にかつがれちゃって、引き受けざるを得なかったんだろうねぇ。でも、自主投票とはいえ、なんだかんだ自民党は、小此木さんの方へかなりまとまりつつあるようだし、ハシゴはずされた感は否めないよね。逆に同情票が入るかな?

○松沢成文(63)

 元神奈川県知事。たぶん投票したこともある。今回、あらためて、調べてみると、中等部から慶応で、ラグビーやってたのね。全然知らなかった。県議→国会議員→神奈川県知事→都知事選落選→参議院議員。そして、無所属→新生党→新進党→国民の声→民政党→民主党→無所属→みんなの党→次世代の党→無所属→旧希望の党→希望の党→日本維新の会→無所属。正直、小生も応援してきた党も多いけど、あまりにもあんまりだよね。で、大阪の維新は、カジノ推進だけれど、今回、カジノ反対ということで、維新からではなく無所属での立候補。別にこの人でもいいんだけど、さすがにもうあんまり票は集まらないような気がするけど、どんなものかねぇ。。。

 台風が西日本を縦断して、横浜も風雲急を告げてきたけれど、とりあえず、8候補の位置づけを勝手にプロットしてみた。「右」、「左」と丸の大きさの解釈は、まぁお任せします。自分の希望は別にして、「予想」ということであれば、◎山中 ○小此木 ▲林 △松沢かなぁ。。。山中氏を落としたいからといって、小此木やさんや林さんに投票するわけにもいかない。。。となると、やはり康夫ちゃんに死に票にならないようがんばってもらうしかない。せっかく混戦模様だから、できれば、来週の日曜日あたりに、「○○先行、△△追う、**は独自の戦い」みたいな予測記事は、なしにしてもらって、ぶっつけ本番で楽しませて欲しいんだけどね。

20210809b

20210809x

 ちなみに、我が家の本棚に康夫ちゃんの本は、1冊だけ。これ、たしか大学のゼミの課題図書だったんだよね。地域(都市)経済学のゼミで、街歩きなんかやったけど、最初に課題にあげた何冊かの中の1冊がこの本だったのだから、かなり変わったゼミだよね。たしかに目次には「芦屋市平田町」とか「世田谷区深沢八丁目」、「港区伊皿子坂」、「軽井沢千ヶ滝西区」なんて、おしゃれな感じの街の名前が並んでいる。どんな本だっけ?もう1回読んでみよう。

 

 惜しむらくは、三原じゅん子さんとか、江田憲司とか、浅尾慶一郎とか、中田元市長あたりが参戦すれば、さらに盛り上がっただろうけど、これだけ、選択肢があれば、選挙に行かないテはない。投票はくれぐれも自己責任で(@_@)

 

 

2021/5/31:TOKYO2020展望

◆東京・横浜:くもり時々はれ:2200歩:横浜の最高気温=25.4度

 このブログは、20世紀最後の日、2000年の12月31日からスタートして、かれこれ20年以上、ほそぼそと続いているのだけれど、お試し期間としてその前の9月に「五輪日記~SYDNEY2000~」として3週間の五輪観戦日記が残されている。

 小生の好きなものといえば、旅と鉄道と北の大地、競馬と野球、美里に斎藤さんなどなど、いろいろあるのだけれど、なんといっても、4年に一度の五輪と選挙であって、展望記事や回顧記事もたくさん書いてきたし、もっと前の長野五輪の観戦記も残っている。

 そんなわけで、東京五輪の開催が決まったときは、世の中の中くらいの盛り上がり以上に個人的には喜んだし、ちょうど隠居生活が始まるタイミングだったので、チケット争奪戦もじっくり作戦を練って大量にゲット。マイナー競技中心ながらほぼ毎日現地で参戦できるように態勢を整えていた。

 しかるに、コロナ禍で1年延期。どうにも先行き不透明ということで、昨年の時点で半分くらいキャンセルしたけれど、まだ、馬術、野球、アーチェリー、カヌーなどなど半分くらいのチケットは残してある。

 正直、春の時点では、もう開催はないだろうと思って、中止決定→株暴落→株購入→株暴騰というシナリオを狙っていたのだけれど、ここへきて、どうやら開催されそうな気配になってきた。1年の半分近くを緊急事態宣言で外出抑制、移動自粛、映画館や美術館までいじめておいて、五輪開催はないだろうと、五輪マニアの小生でも思うけれど、やるとしたら、有観客なのか、無観客なのかも決まっていない。有観客なら、50%とかに抑えるのだろうか?その場合は、お席の再抽選が必要になるし、そもそもマイナー会場の競技は、自由席のものが多いから、どうするつもりなのだろう?もう2ヶ月もないのだ。中止できればそれが一番と思うけれど、どうしてもやるなら少しはお客さんを入れてほしいとも思う。自国で開催して、無観客というほどつまらないこともない。

 それと、もうひとつ、それなりに管理がしっかりしているNPBとかJリーグだって、クラスター発生、再検査まで数日間の中止に追い込まれているのだから、どう考えても選手やスタッフの陽性者は大量に出るだろう。都民・国民への感染リスクもさることながら、競技としての成立も危ぶまれる。濃厚接触者調査、再検査とかやってる間は、競技は中断するのか、不戦敗になるのか。プロ野球だったら、1年のうちの3日くらい中止でもまだなんとかなるけど、五輪ではそうもいかないだろう。現にトップリーグのキヤノンは準々決勝で陽性者が出て不戦敗で涙を飲んだし、決勝トーナメント進出のかかったラグビーW杯のスコットランド戦が、台風で開催できるかどうか物議を醸したのも記憶に新しい。五輪ともなれば、競技の数も選手も多く、そのレベルでは済まず、連日、メダリスト誕生の報道の傍らで、○○競技の△△チームは何名陽性、欠場だの不戦敗だの延期だのとやって、収拾がつかなくなるのではないだろうか?

 そんなわけで、さすがの小生も今回の五輪に前向きにはなれないのだけれど、もうひとつの4年に1度のお楽しみ、選挙も今年は確実にやってくる。しかしながら、こちらも、90年代~2009年の政権交代までは、ドラマがあったし、新しい政党もできたりして、大いに盛り上がったのだけれど、ここ数年は、投票したい政党、候補者が減る一方で、どうにもならない。日本新党時代から応援していた枝野さんもすっかり変わってしまい、今の立憲民主党では、55年体制の社会党と同じで、1/3くらい議席とって、批判だけして、自己満足しているだけだろう。かといって、維新みたいのは論外だ。じゃあ、どうすればいいんだ?ということになる。

 五輪もつまらん、選挙もつまらん、旅と鉄道と北の大地は自粛では、息が詰まってしまう。幸い、競馬と野球は、ほそぼそと開催されている。そして、週末には、待望の美里がある。こればかりは、リクスをとってでも参戦して、「My Revolution」を心の中でご唱和してテンションを上げることにしよう。

Img_4524

 

 

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)