2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2021/4/14:鳥獣戯画展@トーハク

◆東京・横浜:雨:9546歩:東京都心の最高気温=19.2度

 雨の中、久々に上野へ。トーハクこと東京国立博物館、昨日から始まった鳥獣戯画展にさっそく参戦する。事前予約制で12時の回をゲットして、あえて12時半頃に参戦。それでも入場は少し待たされる。

Img_3067

Img_3068

 全4巻だけど、もちろんお目当ては、うさぎ、かえる、さるなどの動物たちが楽しい甲巻。人気が集中することが予想されるので、これを動く歩道に乗って眺めるという趣向になっている。動く歩道は、2、3分待てばすぐに乗れる。そして、駅や空港にあるものよりだいぶ速度を落としてあるので、けっこうじっくり見られる。どうなることかと思っていたけど、これは、なかなかいいアイデア。

Img_3069

 乙、丙、丁の各巻は、通常見学。乙巻の麒麟とか丙巻の将棋の場面なんかをさらっと眺めつつ、第2会場へ。こちらは、断簡や高山寺関連の展示。

 第1会場に戻って、もう一度動く歩道で、甲巻。ホント、動物たちがどれも生き生きとして楽しいよね。13時の回との境目あたりで、少し空いてきたので、急いでスタート地点へ戻って、さらに動く歩道を2回。計4回甲巻を堪能。ショップは密なので断念。

 なかなか雨が止まないので、本館を少々ひやかしてから庭園へ出て撤収。ようやく雨が小降りになってきた。

Img_3070

Img_3071

Img_3072

Img_3073

 東京文化会館の精養軒があいにく定休日ということで、エキナカの3代目たいめいけんさんで、エビフライ&ハンバーグランチをいただき、上野東京ラインで帰浜。

Img_3075

 帰宅すると、宅配ボックスに何やら荷物が。はて?と思うと、ばんえい記念のハンカチその他のグッズが。何やらキャンペーンで当選したようだ。

Img_3076

Img_3078

 東京オリンピック100日前とかで、ベイブリッジがピンクと青のライトアップ。もっとも、その後、雷も鳴って大雨。tck東京スプリント小勝、ヨシットミとは驚いた。。。ファイターズは、伊藤くんががむばっているのに、今日も・・・

Img_3085

 

2021/4/12:松山、マスターズ優勝!

◆東京:はれ:7034歩:東京都心の最高気温=20.8度

 夜中に目が覚めて、結果をちょこっとチェックして、二度寝して、またちょこっとチェックして、三度寝して、6時半すぎに、13アンダーで、2位と5打差くらいついているので、もう大丈夫かな?と起きて、マスターズ中継。

 しかし、甘くないねぇ。。。テレビつけてからは、ピンチの連続、15番池でボギー、16番もボギー。同組のシャウフェレがまさかのトリプルボギーで崩れて、先にホールアウトのザラトリスの9アンダーがターゲットになって、最終ホールで2打差。ティーショットがフェアウェーで安全圏かと思ったら、2打目はバンカーへ。最後のパーパットも入らずボギーで10アンダー、いっぱいに逃げ切った!!!

Img_3028

 マスターズ最終日というと、4月の月曜の朝、いつもいいところで出社する時間になっちゃって、ネットで結果をチェックして、昼休みにYぞうくんとよく話題にしたものだよねぇと思っていたら、彼も同じことを考えていたようで、久々にLINEが。在宅勤務で生で見られたとのことで、感動を共有。

Img_3029

 いやぁ、それにしても、日本人選手のマスターズ優勝が、生きてる間に見られるとはねぇ。もちろん可能性のあるところまで彼は来ていたけれど、それにしてもすごい。メジャーのなかでも、やっぱりマスターズ。日本ゴルフ界の悲願達成、解説の中島さんも号泣していたね。

 こうなると、やはり、次は、日本競馬界の悲願、日本馬の凱旋門賞制覇がみたい。できれば現地で見たい!

 実家近くにも「に志かわ」さんができたらしく、母親がさっそく買ってきていて、お昼にいただく。実は一昨日、ディアナに寄ったときに、ご近所の方が、松原商店街のお店で買ってきて、おすそ分けに預かって、初めて食べたのだけれど、中1日でまたいただくことに。さすがにしっとりとして甘くておいしいね。

Img_3033

 午後から近所を散歩。NHKのパン旅に紹介されたらしい「金麦」さんを発見をしたけれど、さっきもうパン食べちゃったからねぇ。その「に志かわ」さんは、白金台駅出口近くに販売専用の小さなお店がオープンしていて、ここは、銀座店から運んでくるらしい。

Img_3039

Img_3041

Img_3048

Img_3049

 晩ごはん用に腰塚さんで焼肉弁当をテークアウトすると、お隣に何やらギャラリーがオープンしている。安田侃さんの作品などあるようなので、ふらっとのぞいてみると、なんと安田先生ご本人がいらっしゃる!期間限定の小さな展示だけれど、北の大地もなかなか行けない昨今、東京でご本人にお会いできるとはちょっと得した気分♪

Img_3037

Img_3036

Img_3035

Img_3060

Img_3054

 

2021/4/9:東京ステーションギャラリーに参戦

◆横浜・東京:はれのちくもり:8253歩:東京都心の最高気温=18.3度

 夜中に目が覚めたときに、ツイッターを見たら、名人戦が逆転していてびっくり。昨夜、Abemaの中継をみていたときは、評価値が渡辺名人からみて、75→50→80と変化して、あぁ、斉藤さんチャンス逃したね、もう逆転しなそうと思って就寝したら、その後すぐに接戦になったようなのだから、わからないものだ。

 開幕から0勝7敗1分の横浜FCは、とうとう監督解任。J2からJ1へ引き上げた功労者だけど、まぁやむをえないか。。。49歳の監督から43歳の新監督へ。ちなみにキング・カズは54歳。「やりたいサッカーをやってくれればいい」とのこと。

 ファイターズは、開幕から1勝8敗1分。ネット上で、東京時代の話が出ていたけれど、東京時代は、お客さんは少ないけど、ここまで弱くはなかったよね。2001年あたりをのぞけば、投手か野手かどちらかはよかったからね。正直、今がいちばん弱そう。

 お昼前の横須賀線で上京。今日も217系。早く新しいE235系のグリーンに乗りたいのだけれど、なかなか来ないねぇ。

 株主優待で半額になるので、久しぶりに東京ステーションギャラリーへ。没後70年の「南薫造展」。ニッポンの印象派ということで、たしかにルノワールっぽい絵とかあるんだけど、う~ん、まぁまぁかな。

Img_3016

Img_3011

 せっかく東京駅まで来たので、お昼はどうしようか?玉丁の味噌煮込みうどんとか、グランスタのステーションレストランとか、いろいろ選択肢はあるのだけれど、久々にOAZO5階の小松庵さんへ。先日、駒込本店には参戦したけれど、かつて、毎週のように会社帰りに通ったOAZO店は相当久しぶり。お昼休みも一段落した時間帯で、向かって右奥のテーブル、かつての定位置に案内してくれた。店員さんも変わってないね。Swarmさんによれば、なんと48回目のチェックインらしい。琥珀ヱビスと桜えびのかきあげと桜切り蕎麦をいただいてひと休み。

Img_3020

 トレニアートさんでsuicaペンギングッズの新作がいろいろ出ていたけれど、ぐっとこらえて帰宅。横須賀線は、帰りも旧車だった。

 いろいろあるのだけれど、とりあえず就寝。ファイターズめずらしく逆転勝ち。

Img_3017

 

2021/4/7:アアルト展@世田谷美術館

◆横浜・東京:はれ:10310歩:東京都心の最高気温=19.6度

 久しぶりに朝から気持ちよく晴れた。いろいろプランはあったのだけれど、遠出はめんどうになったので、東証反発を確認して、10時半のみなとみらい線急行で上京。田園調布で下車。かなり久しぶりである。保存された旧駅舎にごあいさつ。

Img_2944

Img_2943

Img_2917

 駅前から東急バスの千歳船橋行きに乗車。環八に沿って北上。目黒通り、第3京浜、246、東名高速を越えると、左に砧公園が見えてきて、美術館前バス停で下車。

Img_2918

Img_2919_20210408081101

 砧公園は駒沢公園同様、子供の頃にたまに来ていたけれど、世田谷美術館は初参戦。検温、消毒を済ませて、事前購入のQRコードチケットで入場。12時の回の予約だったので早く着いてしまったけれど、当日枠にも余裕があるようで、少し早めでも入れてくれた。

Img_2920

 「アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランドー建築・デザインの神話」。フィンランドの建築や家具でおなじみのアルヴァ・アアルトさんだけれど、夫人にもスポットをあてた展示。前半は撮影NGだけど、後半はOKで、公園の緑が背景になるエリアもあって、なかなかいい雰囲気。フィンランドもまた行きたいよねぇ。ホントに。。。

Img_2922

Img_2923

Img_2924

Img_2925

Img_2926

 併設のレストランは、けっこうお高めで、ランチコースのみなのだけれど、中庭のsetabicafeさんの方は、カジュアルメニュー。昨日は寒かったけれど、今日は気温も上がって、風もなく穏やかで、日の当たるテラス席が気持ちいい。

Img_2927

Img_2929

Img_2942

 八重桜もいい感じの砧公園を少し散策して、帰りもバスで田園調布へ戻り、みなとみらいを通り越して、日本大通りへ。横浜スタジアム前の横浜公園のチューリップが盛大。地元なのに、こんなに盛大だとは知らなかった。今日はスタジアムの試合はないけれど、けっこうにぎわっている。

Img_2947

Img_2949

Img_2951 

Img_2952

Img_2953

Img_2956

Img_2958

Img_2959

Img_2960

Img_2961

 おなじみのボールパークバーガーをテイクアウトして帰宅。ファイターズは、今日もひどい。。。

 

 

2021/3/31:吾妻山公園~旧吉田茂邸~明治記念大磯邸園を散策

◆横浜・二宮・大磯:はれ:18868歩:横浜の最高気温=21.6度

 めずらしく、期末試験の夢を見た。年度末だからかしらん。そんな3月最終日、桜前線は記録的なスピードで北上して、なんともう仙台も満開とのことだけれど、神奈川の桜もけっこう長持ちしている。今日も朝からいいお天気で、気温も上がりそうということで、昨日からいろいろ検討したのだけれど、8時半すぎの湘南新宿ライン(東海道線)で西へ向かい、40分ほどで二宮駅へ。

Img_2612_20210403085801

 菜の花と富士山でおなじみの吾妻山公園、桜の季節は初めて。上着を脱いで山を登る。今日も霞がかかって、富士山は見えないけれど、桜は盛大♪穏やかな山頂でしばし休憩。

Img_2617

Img_2614

Img_2615_20210403085801

Img_2642

Img_2633

Img_2647

 帰りは階段で二宮駅へ降りる。駅に何やら撮り鉄の姿が、と思ったら、EF65が!しかも伊豆箱根鉄道の車両か何かを牽引しているようだ。ブルートレインでお世話になったEF65も今や貴重な存在だよね。

Img_2651

 いつもなら早々に帰浜なのだけれど、今日はここからが本番。国道1号線を大磯へ向かって歩く。

Img_2654

Img_2656

Img_2657

Img_2661

Img_2662

 てくてく30分くらい歩いて、プリンスホテルの入口をすぎて、ようやく旧吉田茂邸に到着。小生、戦前の昭和史は、主に半藤さんのお世話になったけれど、戦後史となると、もっぱら戸川猪佐武さんの「小説吉田学校」にお世話になっているので、どうしても吉田びいきになりがち。映画の森繁久彌さんのイメージが焼きついている。

Img_2672

 旧吉田邸は、プリンスホテルの別館として使われた後、大磯町が中心になって、公園として整備する計画を検討している最中に残念ながら、焼けてしまって、4年前に再建。一体が公園としてきれいに整備された。お庭だけなら無料で、焼け残ったサンルームも見られるけれど、せっかくなので、家の中へ。2階からの眺めがいいね。ここで、あれこれ人事とか考えたのかしらん。

Img_2665

Img_2669

Img_2670

Img_2667

 公園は、国道の反対側の旧三井別邸地区とも一体になっていて、展望台もあるようなのだけれど、もう登りはしんどいし、もう一つ目的地があるので、先を急ぐ。国道1号沿いをさらに東へ進み、海との距離も近くなってきたあたりで、ようやく明治記念大磯邸園へ到着。

Img_2676_20210403085901

Img_2690

 個人的には、大磯というと、吉田茂と伊藤博文のイメージがあるのだけれど、その他にも、陸奥宗光、大隈重信、西園寺公望なんかの別荘もあって、明治の政界の奥座敷と呼ばれていたらしい。その割には、メジャーな見どころがないなぁと思っていたのだけれど、明治150年を期に、公園として整備が始まり、ようやく第1期がオープン。とりあえず陸奥宗光別邸跡に建つ旧古河別邸と旧大隈重信別邸が外観だけ見られる。このあたりは、戦後は、古河家のものになっていたらしい。

Img_2677

Img_2679

Img_2686

Img_2688

 庭の松林の向こうは海で、なかなかいい雰囲気なのだけれど、今はまだ入れない。伊藤博文邸跡の旧滄浪閣や、西園寺公望別邸跡の旧池田成彬邸など、第2期を含めた公園全体の完成が待ちどおしいけど、惜しいのは、間にひとつマンションが建ってるんだよね。うまく隠しながら工事しているみたいだけれど、海側には、西湘バイパスもあるし、どう整備していくのか、完成したらまたゆっくり確認したいね。

Img_2693

 大磯の駅も桜がなかなかいい感じ。帰宅して、浦和の桜花賞に参戦して小勝。夜は、お肉をしゃぶしゃぶ。明日もお天気はよさそう。どこの桜を見に行くかな。

Img_2694_20210403085901

Img_2697_20210403085901

2021/3/18:静嘉堂文庫美術館に参戦

◆横浜・東京:9327歩:東京都心の最高気温=17.7度

 今日も朝から好天。東証大幅反発を確認して、10時半のみなとみらい線急行で出発。自由が丘で乗り換えて、二子玉川へ。

 ご縁がありそうで、実はあまり得意でないエリアなのだけれど、とりあえず玉川高島屋SCを抜けて、246をくぐると、暗渠跡風の緑道。さらには、玉電砧支線跡を活用した歩道なんかもあって、閑静な住宅街を通り抜けて、静嘉堂文庫さんの入口に到着。

Img_2200

Img_2204

Img_2205

Img_2206

Img_2207

Img_2208

 銀行だったか商事だったか忘れたけど、株主優待で招待券が送ってくるので、かねがね気になっていた静嘉堂文庫美術館さん。三菱二代目社長の岩崎彌之助らの収蔵品コレクション。今年の夏で美術館も営業は終わって、展示品は丸の内へ移るとのことなので、この機会に初参戦。

Img_2212

Img_2214

Img_2217

Img_2218

Img_2238

Img_2220

Img_2222

Img_2224

 今回のテーマは、「岩崎家のお雛さま」ということで、何やら豪華なお雛様がいろいろと。そして、お目当ては、小生でもわかる国宝の「曜変天目」。現存する3つの中でも、ここのものが、もっとも評価が高いらしい。ゆっくりと独占して鑑賞。ぜいたくだね。

Img_2223

Img_2252

 帰りは、岡本静嘉堂緑地を抜ける。このあたりは、国分寺崖線の一角、元々は、岩崎家の土地だったのだけれど、今では、美術館前の庭園だけを残して、残りのエリアは、自然豊かな緑地になっている。周囲には、小坂緑地、岡本民家園などもあって、東名高速の向こうは、砧公園だし、南の第3京浜側には、等々力渓谷もある。本来なら、このあたりが、東京外縁のグリーンベルトになるはずだったんだよね。

Img_2225

Img_2226

Img_2229

Img_2230

Img_2231

Img_2234

 帰宅すると、キングオブポップ号、安楽死のお知らせが・・・諸般の事情により、昨日一報が入っていたけれど、あまりにもあんまりだ。もっとも、2歳でデビューして新馬を圧勝し、会社の仲間と盛大にダイヤモンドターンに参戦した日に東京ダービートライアルを勝って、東京ダービーにも出走(9着)したのだから、収支はともかくえらかった。合掌。

2021/3/5:千疋屋総本店にてせとかのパフェを堪能♪

◆横浜・東京:くもりのち雨:11849歩

 昨日に引き続き10時半頃の上野東京ラインで上京。新橋で降りて、ガード沿いに歩いて、帝国ホテルさんへ。おなじみのパークサイドダイナーさんは、11時半のランチ開始前から、けっこう並んでいる。少し待って、カウンター席へ。いただいた割引券を使って、グラスのビアとエビフライを堪能。

Img_1751

Img_1753

Img_1754

 どんより曇っているけれど、気温は高め。せっかくなので、銀座をぶらぶら。泰明小学校って、ここだったのか。東銀座寄りのWINSの前の通りは、暗渠跡。この道が突き当たったところに、狭小ビルが建っていて屋上が区立公園に。暗渠の突き当りが公園というのはたまにあるけれど、ビルになっていて屋上庭園というのはめずらしい。

Img_1755

Img_1756

Img_1757

Img_1759

Img_1760

Img_1761

Img_1762

 アーティゾン美術館へ。ブリジストン美術館時代を含めても初参戦かも。新作を中心にしたコレクション展示のようだけれど、ルノワール、ピカソ、カンディンスキー他、けっこう充実。事前予約制なので、ゆっくり見られるし、撮影可もうれしい。

Img_1765

Img_1766

Img_1767

Img_1768

Img_1769

Img_1770

Img_1772

 うさぎやさんでどらやきを購入して、今日のゴールは千疋屋総本店。幸い、5分くらいの待ちで入場を許された。うしという方も合流してくれて、かねがね食べてみたかったせとかのパフェを。甘いせとかと、さっぱりとしたシャーベットのハーモニーを堪能しながら、たなかよーき氏を敬愛しているとは思わなかったぞ問題、たなかよーき氏を敬愛している人はたくさんいるぞ問題、たなかよーき氏は、津軽海峡をカヤックで渡るぞ問題、たなかよーき氏は、自宅の契約更新のために、福島から横浜まで歩いて帰ってきて、また歩いて福島の山へ戻っていったぞ問題、たなかよーきしは北の大地でも敬愛されているぞ問題、明大はすばらしい人材を輩出しているぞ問題、広澤克実氏は読売にさえ行かなければあんなことにはならなかったぞ問題、稚内と根室はあまりにも厳しいぞ問題、沖縄は暖かいけど、ジャッキーステーキハウスに行くしかないのでは困ってしまうぞ問題、高知競馬の売り上げは好調だが、カツオににんにく醤油では困ってしまう問題、会費の使い道がないからといって、スープが送られてきても困ってしまう問題など、難しい時代の諸問題を検討して、勝手にぽちっとやって、川崎900で入着すれば大したもんだという結論を確認して解散。

Img_1775

Img_1781

 

 

2021/2/24:太田記念美術館~渋谷川散策~夕星さんへ

◆横浜・東京:はれ:10547歩;東京都心の最高気温=11.3度

 空気はだいぶ冷たくなってきたけれど、今日も気持ちよく晴れた。お昼前のFライナーで上京。にぎわう原宿界隈。半年ぶりの太田記念美術館へ。

Img_1504

 ツイッターでチェックしていた、笠松柴浪展。吉田博は日本各地や海外の風景がよかったけれど、この人は、江戸や、関東周辺の作品が多く、鎌倉なんかもよかった。「最後の新版画」とのことで、昭和まで健在だった方なので、東京タワーなんかもあるのが新鮮。

Img_1505

 ところで、ポスターでおなじみのあののんびりした風景のやつがない?と思うと、なんと後期の展示だという。前期が明日で終わりだから急きょ参戦したのにあまりにもあんまり。たしかにポスターをよくみれば、わかるんだけれど、ぱっと見ると、前期にみえるよ。罠だよこれ、わかりにくいよ。。。

 仕方がないので、暗渠でも歩くか、ということで、表参道からキャットストリートへ。日本でもっとも有名な暗渠かもしれないけれど、ちゃんと歩くのは初めて。おしゃれなお店も多いけれど、一本裏へ入れば、昭和な雰囲気にもなる。

Img_1507

Img_1508

Img_1515

Img_1516

Img_1518

Img_1521

Img_1523

 そのまま南下すると、巨大な宮下公園が出現。噂には聞いていたけれど、こんな巨大な構造物ができていたのね。宮下公園といえば、渋谷も場末で、下が駐車で上の公園では、おじさんが平日の昼間から飲みながら将棋指しているイメージだけれど、全然ちがう。すごいね、こりゃ。浦島太郎だ。

Img_1527

Img_1529

Img_1530

Img_1534_20210303091301

Img_1535

Img_1537

Img_1541

Img_1542

 並木橋側へ渡ると、渋谷リバーストリートとやらで、こちらも再開発が盛大。それでも、渋谷川は健在で、河津桜もいい感じ。子供の頃、自転車で渋谷の三省堂や大盛堂に通っていた頃は、明治通りの一本裏の線路沿い、川沿いの道をよく走ったから、実になつかしい。東横線の高架跡は、SHIBUYA BRIDGEとなっておしゃれなビルになっているけれど、何やらホテルがつぶれてしまったようだ。

Img_1546

Img_1545

Img_1547

Img_1549

Img_1551

Img_1553

Img_1554

Img_1556

Img_1557

Img_1559

 山手線を渡って、代官山方向へ坂を少し上って、お目当ての「夕星」(ゆうづつ)さんへ。見知らぬ方のインスタでたまたま見つけたのだけれど、この近くのフレンチが始めたおしゃれなお蕎麦屋さん。

Img_1560

 カウンターとあと数席という店内だけれど、13時半すぎということで、小生と、あとは、おひとりさまとおばさんの2人組だけだからゆったり。せっかくなので、「今宵ノ酒ト蕎麦ヲ愉シム」コースに白ワイン。3種の前菜、コラーゲンたっぷりのテリーヌ、ごぼうの天ぷらとどれも美味しく、ワインがすすむ。

Img_1561

Img_1562_20210303091401

Img_1563_20210303091401

 お蕎麦は、十割で、細めのもりと粗挽きの2種類いただける。デザートに黒糖ゼリーもついて満喫。実家からも近いし、インスタのおかげで、いいお店が見つかった♪

Img_1565_20210303091401

Img_1567

Img_1568

 恵比寿まで歩いて湘南新宿ラインで帰浜すれば、無事に1万歩!

Img_1570

 

 

2021/2/10:上野をてくてく(日本のたてもの、吉田博展)~iPhone紛失騒ぎ~東京名所図会・不忍競馬場

◆横浜・東京・茅ヶ崎:はれ:13984歩:東京都心の最高気温=12.1度

 朝からよいお天気。本日は、母と友人がみなとみらいへ参戦するようなので、ニアミスを避けて上野東京ラインで上京。久しぶりに上野をてくてくする。

 まずは、東京国立博物館表慶館の「日本のたてもの」に参戦。表慶館は初めて入ると思うけれど、何やら立派な建物(大正天皇ご成婚を記念して建てられた日本最初の本格的な美術館とのこと)で、入場すると、さっそく法隆寺の五重塔がお出迎え。もちろん模型だけれど、1/10なので、なかなかリアル。その他にも、教科書でおなじみな国宝級の建築の模型がずらり。模型といってもかなり精巧なものだし、切断面の内部が見られるようになっているのも楽しい。事前予約制で、ソコソコお客さんも入っている。

Img_0906

Img_0909

Img_0910

Img_0918

Img_0912

Img_0913

Img_0914

Img_0915

Img_0919

 続いて、東京都美術館へ。母おすすめの「吉田博展」。こちらは事前予約は不要だけれど、けっこうにぎわっている。ダイアナ妃はじめ外国要人も愛したという風景版画。瀬戸内海や上高地から、アメリカやヨーロッパまで、見覚えのある景色も多くて、旅をしている気分でたっぷり楽しめる。

Img_0907

Img_0924

Img_0925

 両展ともすばらしく、オススメなのだけれど、今日の日記は長いので、先を急ぐ。後半は、上野公園をてくてく。あいにく動物園は閉園中なので、まずは東照宮へ。

Img_0926

Img_0928

 不忍池方向へ下る。池の外周コースは、なんと、明治時代、競馬場になっていて、明治天皇はかなりお好きだったらしいのだけれど、当時を偲ぶものは残っていないようで残念。馬見所(スタンド)は、今の動物園の敷地の中かな。

Img_0930

Img_0935

Img_0939

Img_0942

Img_0933

Img_0934

 「東京人」やスリバチ本でもおなじみの階段や坂道をテクテク。いわゆる上野の山をちゃんと歩くのは相当久しぶり。西郷さんにご挨拶して、再び美術館の近くまで戻ってきたところの小高い丘が、なんとその名もずばり摺鉢山古墳。お隣は、正岡子規記念の野球場。

Img_0944

Img_0945

Img_0947

Img_0948

Img_0951

Img_0950

Img_0952

 けっこう歩いて、お腹も空いた。上野に来るといつも洋食が食べたくなる。東京文化会館内の精養軒さんへ。店内は広いので、安心。ズワイガニクリームコロッケと海老フライのセットとビア。コルビジェの西洋美術館を眺めながらゆっくりお食事っていうのぜいたくだよね。(西洋美術館は休館中)

Img_0956_20210218081401

Img_0957

 好天の上野の森をたっぷり堪能して、13時30分発の上野東京ライン熱海行きで帰宅の途に。空いているグリーン車でコーヒーを飲んで、iPhoneで読書しながら、横浜へ。と、ここから事態は急転する。。。

 横浜駅でホームに降りて、階段を下りかけたところで、ん???ない。ないよ。携帯(iPhone)がない!あわてて、階段を駆け上がるが、無情にも列車は行ってしまった。

 過去の経験から、こういうときは、案外、出てきたりするので、心を落ち着かせて、かばん、ズボンのポケット、胸ポケット、ジャムパーのポケット。ひとつひとつ。ていねいに確認。ない。ないよ。終了。。。。。。モバイルsuicaだから改札も出られない。とりあえず精算窓口へ。

「すみません、今の列車に携帯を・・・」

「横浜駅のお忘れ物はまとめてこちらで承ってます(紙を渡される)」

 南口の忘れ物センターみたいなところへ行く。

「すみません、さっきの東海道線に携帯を・・・」

「どの列車ですか?」

「えーと、上野を13時30分発の熱海行きです。」

「場所は?」

「えーと、グリーン車4号車の1階部分の右側のいちばん後ろの窓側です。」

「iPhoneですか?」

「そうです。」

「色は?」

「赤です。」

「ケースは?」

「ないです。」

「何か特徴は?」

「えーと、裏にsuicaペンギンのシールが貼ってあります・・・」

 年輩の担当の方は慣れた調子で淡々と処理してくれるけど、こうしている間にも列車がどんどん熱海の方へ行ってしまうと思うと、気が急くし、そもそも車内で見つからなかったら、かなり厄介だよね。。。iPhoneって、なんかネットで探せるんだっけ?そういう設定してたっけ???

 おもむろに電話をとった担当氏、どこかの駅にかけてくれるようだ。

「えーと、こちら横浜駅の・・・」

「あー、間違えた。。。」

(・・・)

「えーと、こちら横浜駅の・・・14時17分発の3531E、遺失捜索できますか?無理?はい、わかりました。」

 すでに14時10分をすぎている。時刻表をめくりながら、ギリギリの大船駅にまずたのんでくれたけど、断られてしまったよう。まぁ、最近は、ホームの係員も少ないし、忙しそうだから仕方ないけど。その次の駅も。。。

「えーと、こちら横浜駅の・・・遺失捜索、無理?はい、了解。」

(・・・)

「えーと、こちら横浜駅の・・・遺失捜索は?、えー、できますか?!」

(たのみます・・・)

「じゃあ、お願いします。」

(やった!)

「14時27分の茅ヶ崎駅で調べてくれるので、その5分後くらいにまた来てください。」

「はい。」

 15分ほど改札内をウロウロ。iPhoneないとホント手持ち無沙汰だし、何しろまだ見つかったわけじゃないし・・・ドキドキしながら再入場。茅ヶ崎駅へ確認の電話をかけていただく。

「えーと、こちら横浜駅の・・・」

「えー、そう、iPhoneの、赤で、なんかペンギンが・・・」

(?!)

「それらしいものが見つかったようです。」

「ありがとうございます!」

「茅ヶ崎駅のホームで預かってます。」

「今から行きます!」

「料金はかかりますよ。」

「はい、ありがとうございました!」

 14時44分発の東海道線に乗車。すると、なんと東戸塚あたりで急停止だよ。

「ただいま、踏切の安全確認を・・・」

「・・・」

 よりによって、勘弁してよ、と泣きそうになったけど、幸い、すぐに動き出した。15時11分茅ヶ崎駅着。と、ホームで放送が。

「5号車、遺失捜索入ります。」

 ん?小生とは別にこの列車にも何か忘れた人がいるようだ・・・ホント、駅員さん大変だね。。。茅ヶ崎駅は親切なのかな。

 なぜか東海道線ではなくて、相模線のホームにある事務室で、無事にiPhoneと再会。身分証明書提示とサイン、ホーム画面ロック解除も確認していただき、手続き完了!

 せっかく茅ヶ崎まで来たのだから、どっか散策してもよかったのだけれど、もうそんな元気もないので15時33分の宇都宮行でとんぼ帰り。横浜駅で、もう一度先程の担当氏にお礼を。列車や座席が特定できたとはいえ、車内に忘れた携帯が2時間後には戻ってくるのだから、ホント、ありがたい。JR東日本に感謝感謝。

Img_0959

20210210q

 ぐったり帰宅して、お野菜をじうじう焼いていると、蓑虫屋さんから、ゆうパックが到着!蓑虫屋さんは、競馬専門のネット専業古書店。先日、グリーンチャンネルの番組に古い資料をいろいろ提供していたのを見て以来、注目してフォローしていたのだけれど、一昨日、急に上野不忍池の競馬の錦絵が入荷していたので、ポチッと!まさに今日歩いた場所。実にタイムリー。東京名所図会というシリーズらしい。客観的な価値は全然わからないけれど、お気に入りの絵なら10000JPYは、高くないよね。さっそくヨドバシから一足先に到着していた額に飾って、長い1日も大団円!!!

Img_0975

 

2021/2/5:佐藤可士和展に参戦!

◆横浜・東京:はれ:10251歩:東京都心の最高気温=12.4度

 9時すぎに東証反発を確認したところで、午前指定のヤマトさんで、キュートすぎるカファレルのsuicaペンギンチョコレートが到着♪当初、東京駅限定と言われていたのが、好評につきネットで緊急発売ということで、先日、さっそくポチッとしてしまったのだ。実は、けっこういいお値段なので、食べ終わったあとの空き缶もなんかうまく使わないと。

Img_0672

Img_0673

Img_0674

Img_0676_20210215131501

 足が張っているけれど、来週前半は寒くなるらしいので、本日も上京。中目黒乗り換えで、久々に六本木へ出て、周辺の坂道や階段をうろうろ。瀬里奈とか、南蛮亭とか、なつかしいお店も健在で何より。ちょうど昨日の続きのような感じで小一時間ほど散策。

Img_0684

Img_0685

Img_0688

Img_0690

Img_0697

Img_0698

Img_0702

Img_0704

Img_0707

 新国立美術館の佐藤可士和展に参戦。一応時間指定でいうことで、昨夜急遽予約しておいたけれど、始まったばかりの平日ということで当日入場もOK、ガラガラでゆったり見られる。少ないお客さんの平均年齢が低いのがいつもの新国立の展覧会とはだいぶちがう。

Img_0713

Img_0711

Img_0709

Img_0714

 ユニクロでおなじみとはいえ、実はあんまり詳しく知らなかったのだけれど、まぁ、あれもこれも小生でもおなじみのデザインばかり。今治タオルのロゴもそうだったんだ。そうそう、ここ、国立新美術館もそうだ

 半分くらい撮影可というのもうれしい。壁一面に様々なロゴのある部屋では、床にも展示があって、あやうく三井物産のマークか何かにつまずきそうになる。(もちろん触っちゃいけない)

Img_0715

Img_0716

Img_0717

Img_0719

Img_0721

 

Img_0718

 ショップで佐藤さんデザインのユニクロのTシャツを購入して、もう少し六本木の裏をウロウロしながら坂を降りて麻布十番、おなじみの更科堀井さんへ。昼下がり、蕎麦屋でゆっくり一献というイメージを描いていたのだけれど、全体に急ぎすぎて13時前に着いてしまった。

Img_0722

Img_0723

Img_0727

Img_0733

 生ハーフ、鳥焼き、玉子焼き、春菊切りそばをいただき満足♪

Img_0734

Img_0735

20210205a

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)