2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2022/10/1:ANA無料航空券で行く4年ぶりのパリ&凱旋門賞(4)マルモッタン美術館~ロンシャン競馬快勝!(凱旋門賞展望)

◆パリ:くもりのちはれ:11730歩:空気はひんやり

 8時起床で朝食ヴァインキングをいただき、10時すぎにゆっくりと出発。デファンスは、やはりビジネス街のようで、昨日までのにぎわいはなく、土曜日の朝は、人通りも少ない。

Img_8169_20221002031301

Img_8170

 1号線でフランクリン・デ・ルーズベルトで乗り換えるはずが、ぼやっとしていて、一駅乗り過ごしてしまう。滞在4日目、少し気をつけないとダメだね。

 9号線で、ラミュエットへ。高級住宅街の16区からブローニュの森へ向かうあたり、遊歩道には、銀杏じゃなくて、栗がけっこう落ちている。

Img_8173

Img_8175_20221002031301

 おなじみのマルモッタンモネ美術館。11時に予約しておいたけれど、特に混雑もなくすんなり入場。印象派の名前の由来となった「印象・日の出」は、企画展に組み込まれいたので、撮影NG。もちろん、常設展にも、モネがたくさん。睡蓮の色合いのちがうバージョンも楽しめる。

Img_8174

Img_8177_20221002031401

Img_8179

Img_8178

Img_8181

Img_8178_20221002031401

 ここから、ブローニュの森を小1時間歩けば、ロンシャンに行かれるだけれど、今日はどんより曇ってひんやりなので、9号線~10号線を乗り継いで、ポルトドートゥイユからシャトルバス。4年ぶりにロンシャン競馬場へ帰ってきた!

Img_8182_20221002031401

Img_8184_20221002031401

 開門直後についてしまったようで、入場がけっこうな行列で驚いたけれど、場内はけっこうゆとりがある。お天気もだいぶ回復してきた。明日の予行演習で、1レースのG2を購入。2と3の単、1,2,3,4の馬単、ワイドのボックス。(はじめ馬連のつもりが、7頭立てから馬単しかないと、おばちゃんに言われた。こういう会話だけは通じるのよね)

Img_8183_20221002031401

Img_8185_20221002031401

Img_8188_20221002031401

Img_8213

 ロゼワインをいただきながら、のんびり観戦していると、なんと見事に2-4-1と決まった!やっぱり、ムーアとギュイヨンだね。32ユーロが191ユーロになったから、これは大勝利!すばらしい!ただ、3000m、3分24秒だから、やっぱり馬場はかなり重そうだねぇ。。。

Img_8196

Img_8207

Img_8211

Img_8195_20221002031401

 2レースはパスして、グッズを購入したり、パドックで、レジェンド・ユタカ・タケを見たりして、3レース。4-1-10と入って、馬連1-4,ワイド1-10が的中。10番のペリエが人気薄でさすが。これも32ユーロが73ユーロになったから快勝だ!

Img_8217

Img_8215

Img_8227_20221002031401

Img_8218

Img_8242_20221002031401

Img_8255_20221002031401

Img_8258

 陽射しもでてきて、気持ちよい秋の空になってきて、この後は、ルメールの騎乗やドゥドュースに帯同しているマイラプソディのレースなどもあるけれど、明日に備えて、今日のところは、早めに撤収。帰りはポルトマイヨ経由。実は、ロンシャンからデファンスは、同じパリ西側の郊外だから、かなり近いんだよね。東京でいえば、府中と多摩センターみたいな感じかしらん。

Img_8264

Img_8262

 今日もサラダをテークアウトしてお部屋に戻ると、今日は、無事にお掃除も終わっていた。ゆったりした日程にしているつもりなのだけれど、なんだかんだ今日も1万歩オーバー。入浴して疲れを癒やして、ビアとワインをいただきながら、じっくりと凱旋門賞の展望。

Img_8267

Img_8268

 無敗の怪物バーイードの回避は残念で、生で見たかったけれど、その分、日本馬のチャンスは広がった。騎手は、武豊、ルメール、川田、横山兄、生産は、社台、ノーザン、岡田さんにノースヒルズと、名実ともに日本を代表する楽しみな4頭だ。

 一方で、凱旋門賞の馬券といえば、ひと昔前までは、ガリレオボックス、オブライエンボックスで、なんとかなったものだけれど、さすがにもうガリレオの直仔はいない。後継のフランケルは、ガリレオほど2400への適性はないのではなかろうか?とすれば、人気のルクセンブルクにそこまでの信頼はどうなのか?同じことはアルピニストにも言える。

 ガリレオの孫のヴァデニは、昨日肘打ちで2ヶ月騎乗停止(明日は乗れる)のスミヨンから乗り替わりが噂されているけれど、どうなのか?ドイツ血統のメンドシーノ、ファーブル師でやはりガリレオの孫のマレオーストラリスの3頭を軸に手広く。外国馬は、JRAで購入して、日本馬応援馬券は現地購入で!

◎10メンドシーノ

○ 3マレオーストラリス

▲15ヴァデニ

△ 2トルカータタッソ

△17オネスト

△12バブルギフト

△11タイトルホルダー

△20ルクセンブルク

△14アルピニスタ

 

<JRA購入>

単複:10、3、15 300JPY*3*2

馬連:(10,3,15)ー(10,3,15,2,17,12,11,20,14)

  100JPY*21

ワイド(10,3,15)-(10,3,15、2,17,12,11,20,14)

  200JPY*21

3連単10←→(3,15,20、14)-(3,15,2,17,12,11,20,14)

  100JPY*56

3連複(10,3,15)-(10,3,15,2,17,12,11,20,14)-(10,3,15,2,17,12,11,20,14)

  100JPY*64

 

<現地購入馬券>

 日本馬4頭の単複(各5ユーロ)、馬連ボックス&ワイドボックス(各5ユーロ)

 

 時差の関係でひと足早くうし日記と思ったら、更新されていないので、日経クロスワード。なんとわずか15分で全問正解!これは、幸先がいいや!

20021001

 

2022/9/30:ANA無料航空券で行く4年ぶりのパリ&凱旋門賞(3)オランジュリー美術館~ブルス・ドゥ・コメルス

◆パリ:はれ:14534歩:陽射しは暖かだけど空気は冷たい

 何度か目が覚めるのは日本でも同じだから、それほど時差ボケという感覚はなく、最終的には7時に起床。アメリカンスタイルなので、朝食ヴァイキングは、まずまず充実。

Img_8091

 東証大幅安につられて、少し参戦してしまう。

Img_8092_20221001163501

Img_8093_20221001163501

 1号線でコンコルドへ出て、本日は、オランジュリー美術館から。10時で事前予約済みなので、すんなり入場。睡蓮の部屋は、やはりけっこうにぎわっているけれど、ここは、地下の作品も好き。ピカソ、ルノワール、モディリアニ、ローランサンなど、おなじみのなつかしい絵に4年ぶりに再会できるのがうれしい。セザンヌの海の絵は初めて見た気がするけれど、なかなかいいね。

Img_8095

Img_8096_20221001163501

Img_8101_20221001163501

Img_8100

Img_8109_20221001163501

Img_8103_20221001163501

Img_8102_20221001163501

Img_8104

Img_8107_20221001163501

Img_8106

 12号線でこちらもおなじみのボンマルシェさんへ。マグカップやかばんが、以前のようなおしゃれなのがなくてちょっと残念。おなじみのハート型のお砂糖その他を購入。

Img_8112

Img_8114

 コンコルドに戻って1号線に乗り換えて、ルーブル・リヴォリ駅へ。駅のホームから博物館風になっている。そして、5分ほど歩くと、お目当ての新名所、ブルス・ドゥ・コメルスだ。

Img_8110_20221001163501

Img_8117

Img_8115

Img_8136_20221001163601

 18世紀には、穀物取引所、1889年のパリ万博でリニューアルされて、商品取引所として使われていたという建物を、安藤忠雄さんがリニューアル、ピノー財団の現代美術館として、昨年オープンしたばかりだ。

Img_8133_20221001163601

Img_8134_20221001163601

 13時の予約だったので、少し早かったのだけれど、無事に入場を許される。パリ万博の時に描かれたというドームを囲む天井画がすばらしい。そして、吹き抜けのコンクリートの円筒は、いかにも安藤さんらしい。

Img_8120

Img_8124_20221001163601

Img_8121

Img_8123_20221001163601

(鳩も作品です。)

Img_8129

Img_8127_20221001163601

Img_8132

 定番の美術館あり、新名所あり、やっぱりパリはいいね。そして、なんだかんだと、今日もけっこう歩いたので、PARIS TURFを購入して、早めにホテルへ。

Img_8137_20221001163601

 お部屋のお掃除がまだ終わっていなかったので、デファンスを散策、グランダルシュの展望台へ上がるのは、卒業旅行以来かしらん。

Img_8140_20221001163601

Img_8141

Img_8146

 昨日と同じくサラダをテイクアウトして、お部屋へ戻ると、まだお掃除が終わっていない。しかもハンガーとスリッパが大量に机の上に置いてあったりして奇妙。フロントにお願いすると、おばちゃんが来てくれたけれど、なんだかご機嫌斜めだ。もう帰る時間だったのかな。でも。Don’t Disturbを出していたわけでもないし、怒られる理由もないんだけどねぇ。。。特別に5ユーロ渡してみたけど、あんまりうれしそうじゃない感じで、「メルシ」と。。。

Img_8145

Img_8147

 とりあえず、入浴してビアで気分転換してから、今日もワイン。凱旋門賞の検討を始めながら、早めに就寝。

Img_8168_20221001163601

 

2022/9/29:ANA無料航空券で行く4年ぶりのパリ&凱旋門賞(2)ディオールギャラリー~オルセー美術館

◆パリ:くもり時々はれ一時あめ:14314歩:けっこう寒い

 何度か目が覚めたけれど、それなりに眠って、5時にいったん起床。日本時間12時。パリでの最初の仕事は、ビルボード横浜での斎藤さんのクリスマスコンサートの予約(^^;)1時間くらいつながらなかったけど、無事に確保。その間に、ラグビーのNZ戦先行予約の申し込みも。

 時差というより、疲れが残っている感じで、9時近くまでベッドでグダグダして10時頃にチェックアウト。

Img_7983_20220930151601

 市内へは、バスで行こうと思っていたのだけれど、ポルト・マイヨへのバスは、運休らしく、おなじみのロワシーバスは、乗り場が見つからない。広いターミナルを、重い荷物でうろうろして早くもぐったり。あきらめて、RERで行く。列車内だとマスクの人も2割くらいいるかな。

Img_7984

 B線で市内へ入り。シャトレでA線に乗り換えて、デファンスへ。いつもは、オペラ座近くのトゥレーヌオペラさんに泊まるのだけれど、今回は、こういうご時世でもあるし、アメリカンスタイルの方が何かと便利かなということで、市内中心部は、お高いので、デファンスのルネッサンスさんへ。それでも日本の感覚からすれば、まぁ、かなりお高いのだけれど、12時に到着すると、お部屋の準備はできているとのことで、これは実にありがたい。

Img_7987

Img_7988

Img_7989

 4泊するお部屋で態勢を整えて、メトロで市内へ。デファンスは、中心部から少し離れているけれど、地下鉄は均一料金だし、1号線の終点なので、観光には十分便利だ。

Img_7991_20220930151701

Img_7990_20220930151701

 フランクリン・デ・ルーズベルト駅で降りて、シャンゼリゼ通りから脇道に入って、歩いて5分くらい。まずは、新名所ということで、今年オープンしたばかりのディオールのギャラリーへ。リニューアルオープンした本店に併設された美術館で、地元でもなかなか人気のよう。事前予約制ということで、本日分はブックフルのようだから、早めに14時の回を確保しておいてよかった。

Img_7993

Img_7994_20220930151701

Img_8032

 館内は、過去の作品から、最近のドレス、アトリエの紹介から、ジュエリーなどなど、思ったより広くて充実している。kecoさんなんかだったら、半日くらい楽しめそうだけれど、小生は、まぁ、さらっと。しかし、場所も便利だし、一見の価値はあると思います。

Img_7998

Img_8002

Img_8006

Img_8003 

Img_8009

Img_8014

Img_8019

Img_8023

Img_8026_20220930151701

Img_8025

 あいにく雨がぱらついてきて、気温も低いけれど、せっかくなので、オルセー美術館まで歩く。セーヌ川を渡って、30分くらい。当日券の列が少し並んでいるけれど、こちらも事前購入しておいたので、すんなり入場。観光客はそれなりに戻ってきているけれど、やはり、中国の団体さんなどは、ほとんどいない感じ。

Img_8033_20220930151801

Img_8037_20220930151801

Img_8038_20220930151801

Img_8039_20220930151901

 5階の印象派のお部屋へ直行して、シスレー、モネ、ルノワール、セザンヌなどなど。ここへ来ると、シスレーもけっこう見られるのがうれしい。モネも今まで見たことないようなのがあった。ゴッホとゴーギャンは別のお部屋になっていて、こっちの方がむしろ混んでたかも。

Img_8041_20220930151901

Img_8042_20220930151901

Img_8040_20220930151901

Img_8044

Img_8055_20220930151901

Img_8051_20220930151901

Img_8058

Img_8047_20220930151901

 雨もあがって、晴れ間がでてきた。もう一度セーヌ川を渡って、チュイルリー公園を歩いて、チュイルリーからメトロ1号線でデファンスへ戻る。いわゆる新都心なので、地下にお店がいろいろあって、スーパーでビアとワインとつまみを買って、サラダのファーストフード店があったので、いろいろチョイスしてテークアウト。ここはいいかも。

Img_8059_20220930151901

Img_8060_20220930151901

Img_8061

Img_8065_20220930151901

 なんだかんだ1万5000歩近く歩いてしまったけれど、バスタブ付きがありがたい。さっそく入浴して、疲れを癒やして、今日もビアとワインで早めに就寝。

Img_8068

Img_8089_20220930151901

 

2022/9/15:横浜都市発展記念館「横浜鉄道クロニクル」

◆横浜:くもり:5567歩:横浜の最高気温=26.1度

 7時半起床。どんより曇って、気温も上がらず、涼しい朝。

 午後から久しぶりにzoomを使うので、ちょっと練習したらバーチャル背景が消えちゃったり、マイクの調子が悪かったり、難渋したけれど、なんとか復活。

 みなとみらい線で2駅、日本大通り駅直結の、横浜都市発展記念館へ。新聞博物館のお隣だけれど、ここはたぶん初めて。

Img_7573

Img_7572_20220917075901

 鉄道150周年、ということで、企画展「横浜鉄道クロニクル」が開催中。規模は小さいけれど、鉄道開業当時の資料がいろいろ展示されていて、なかなかおもしろい。残念ながら、撮影禁止なので、図録を購入。

Img_7570

Img_7571_20220917075901

 最初に、新橋ー横浜が開業した後、当然、そこから先、東海道線として、京都、大阪方面へ延長する計画が出てくる(中山道=中央線経由とずいぶんもめたけど)のだけれど、初代横浜駅(今の桜木町近く)は、行き止まりになっていたので、スイッチバックが必要になっていたとは知らかなった。それじゃ、あまりにも効率が悪いので、高島町あたりに二代目ができて、さらに三代目が現在の位置になったようだ。

Img_7579_20220917075901

Img_7580

Img_7581_20220917080001

 売店では、なぜかゼンリンさんのMAPグッズシリーズも売っていたので、横浜のハンカチをゲット。

Img_7577

 午後から、所用につきzoom会議。PCの調子は問題なく、無事に終了。

 名古屋競馬、ベイスプリント大敗、園田競馬、西日本ダービー大敗。園田の西日本交流レースで1着から6着までが他地区(金沢、名古屋、笠松、高知)が上位独占とは驚いた。川崎競馬、戸塚記念大敗で、予算を使い果たして、門別競馬、旭岳賞にはたどりつけず、早々に就寝。

 

2022/9/7:国立西洋美術館リニューアルオープン記念「自然と人のダイアローグ」

◆横浜・東京:くもり一時あめ:8716歩:東京都心の最高気温=28.9度

 7時起床。昨晩寝る前にポテトチップを食べてしまったので、反省して、タイムフリーで、昨晩のファーターズ戦中継終盤~ファイターズDEナイトを聴きながら自転車を45分漕ぐ。朝風呂、野菜生活、ヨーグルト、レーズントースト、コーヒー。

 10時半すぎの上野東京ラインで上京。久しぶりに上野へ。国立西洋美術館リニューアルオープン記念の「自然と人のダイアローグ」にようやく参戦。

Img_7436

Img_7457

Img_7437_20220908082301

Img_7439

 事前購入の枠は、前日でも余裕があったけれど、今週末で終了ということで、平日午前中からまぁまぁ混んでいる。というか、空いているのに慣れてしまったからで、コロナ前だったら、印象派の企画展なら、これくらいが普通だったかな。しかも、入ってすぐのところに、さっそくモネがたくさんあるので、滞留しがちなんだよね。

 企画展といっても、元々の松方コレクションがベースということもあるのか、めずらしく撮影OK。このくらい撮影できているのだから、そんなに混んでるとはいえないか。

Img_7440

Img_7441

Img_7444_20220908082401

Img_7445_20220908082401

Img_7442_20220908082401

Img_7447

Img_7448 

Img_7449

Img_7450_20220908082401

 せっかくなので、常設展もさらっと見てから帰浜。MARK ISのユニクロに寄ってから、ランドマークプラザのマックで、モバイルオーダーをテークアウトして帰宅。

Img_7452_20220908082401

Img_7453_20220908082401

Img_7455_20220908082401

 東証反落、1ドルは、なんと144円。円安でも株上がらないのね。トヨタなんて、儲かってしかたないような気がするけど。。。ちなみに、近年の最安値は、98年の1ドル147円で、小生、マネー誌に踊らされて、見事に高値づかみしたんだよね。。。

 何やら、物価高対策として、住民税非課税世帯に5万円とか言い出したけど、住民税非課税世帯で線引きしちゃうと、、かなりの部分が年金生活者で、たくさん資産持って、じっとしてる人も多いんだよ。そういう人は別に困ってないよ。これ以上、高齢者優遇してどうするつもりなのかね。。。

 夜は、こく旨すき焼き月見と月見パイをいただく。久しぶりに食べただけど、マックフライポテトって、なんか量が減ってない?以前は、Mで十分すぎたような気がするんだけど・・・

 東京記念的中、めずらしくBIG BOSS3連勝を確認して、早々に就寝。

 20220907m

 

2022/8/24:「世界は笑う」に参戦!

◆横浜・東京:くもり時々はれ一時雨:5147歩:東京都心の最高気温=32.7度

 11時22分発のFライナーで渋谷へ。109のところで、地下道が終わってしまうので、外へ。どんより曇って、蒸し暑い。久しぶりに文化村通りを歩いて、東急本店をのぞく。もうすぐここも閉店しちゃうのよね。

Img_7216

Img_7217_20220826082601

 中を抜けて、Bunkamuraのシアターコクーンでkecoさんと合流。本日は、久しぶりのお芝居。「世界は笑う」へ参戦。チケット確保はかなり大変だったけれど、何度目かの先行抽選だかで、A席を確保。中2階のテラスみたいなお席だけれど、まぁ文句はいえない。コロナ禍で、延期される公演も多い中で、まずは、無事にこの日を迎えられてよかった。

Img_7219_20220826082601

Img_7218_20220826082601

Img_7220

 昭和32年の新宿、戦後の喜劇がテーマ。何しろ初心者なので、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんも存じ上げていなかったし、役者さんも、温水さんとか、松雪さんとか、半分くらいしかわからない。そのくせ、日経の文化欄の記事は、あえて読まずに参戦したのだけれど、主役級の方が10人くらいいて、ひとりで何役もやったりもするので、ついていくのが大変だ。やっぱり、予習しておけばよかったかな?と思ったのだけれど、しばらくして、これは、NODA MAPとちがって、脳細胞をフル回転させて、必死にストーリーを追う必要はなくて、おもしろいときにはゲラゲラ笑えばいいんだと気づいてからは、おかしくておかしくて。仕込んだネタばかりではなくて、豪華メンバーの役者さんの動きもおもしろいから、観客も一斉にどっと笑うというよりは、それぞれの感性で場面場面で勝手に笑う感じで実に楽しい。

 休憩を挟んで、3時間半の長丁場というのもびっくりだったけれど、たくさん笑って、ちょっぴりしんみりとして、全然長いと感じなかった。やっぱりお芝居はいいね。

Img_7221

 

2022/8/19:横須賀線美術館&ベイブリッジスカイウォークに参戦♪

◆横浜・横須賀:はれ:15203歩:横浜の最高気温=32.6度

 予報通り、朝からいいお天気。そして、湿度が下がって、ほんのわずかながら秋の気配を感じる。8時すぎに家を出て、最寄りのトヨタレンタカー、みなとみらい店へ。おなじみの車種おまかせプラン、今日は、ルーミー号で出発。ルーミー号と言われても全然わからないけれど、どうも、昨年北の大地で乗ったタンク号と同じ形式のようだ。ヴィッツやヤリスの方が慣れてるんだけどね。。。

Img_7066_20220820083201

Img_7067

Img_7068_20220820083501

 みなとみらいICで高速に乗って、3号線から横浜横須賀道路へ。渋滞もなく、終点の馬堀海岸まで一気に。9時には横須賀美術館の駐車場に到着。ほとんど全部高速だから効率がいい。

 美術館の開館は10時だけれど、駐車場は8時から開いている。早めに来たのは、駐車場の確保とともに、朝のうちに観音崎公園を少し散策しておこうと思ったからで、花の広場まで坂道を上ってみたけれど、ひまわりの見頃はすぎてしまったようで、ちょっと残念。涼しくはないけれど、先週までの猛暑に比べると、だいぶおだやかな暑さで、日陰は風が心地よい。

Img_7070_20220820083201

Img_7072

Img_7076_20220820083301

Img_7077

Img_7078

 観音崎公園というのは、戦前は要塞だったようで、砲台跡などもあるくらいだから、眺めもよい。そして、横須賀美術館は、公園の中にあって、展示もさることながら、景観がすばらしい。外から眺めるだけで充分堪能できる。

Img_7081_20220820083301

Img_7086

Img_7089_20220820083301

Img_7092_20220820083401

 そうはいっても、運慶展が開催中ということで、一応入館。開館前に2,30人くらい並んでいるからなかなかの人気だ。よくわからないけど、不動明王立像などを見学。運慶さんは、奈良で活躍する前に、ちょうど鎌倉幕府が開かれる前後に鎌倉に来てるんだね。あと、運慶の作品ではないようだけれど、十二神将立像という干支の動物のがおもしろかった。(修復のときに間違えて、ちがう動物とすり替わってしまったとのこと)

Img_7091

Img_7093

Img_7094

 この美術館は、もうひとつ、谷内六郎館がいい。週刊新潮でおなじみの表紙の画が展示されていて、何十年分もあるから、行くたび毎にちがうのが見られる。ほっこりするね。

Img_7099

Img_7095

 帰りは、釜利谷インターから湾岸線へ。その釜利谷インター付近は、横浜環状南線の工事も行われていて、これが、圏央道の一部になって、厚木まで伸びて、新東名の受け皿になるんだけれど、難工事で開通見込みが延び延びになって、新東名の全線開通に間に合いそうもないのが残念。北西線もできたから、ここが完成すれば、神奈川方面のボトルネックはほぼなくなるんだけどね。

20220819x

20220819y

 本牧ジャンクションからベイブリッジを渡って、大黒ジャンクションをぐるぐる回って、大黒ICで降りる。PAには何度も来たけど、ここで降りるのは初めてかもしれない。ベイブリッジの下を歩ける展望台「スカイウォーク」がリニューアルオープン、原則土日のみ営業なのだけれど、夏休み中ということで、今週は金曜日も営業しているのだ。

Img_7139_20220820083401 

Img_7104

 横浜市の港湾事業の広報活動の一環ということで、なんと入場無料。エレベーターで4階に上がって、そのまま橋を歩く。行きはみなとみらい側のビュー。ところどころ、撮影用にフェンスの金網が広くなっている。今日は空気が爽やかで、空も青く、なかなかいい感じ。富士山もかすかにみえる。もっとも、すぐ横(国道357号、高速は上の段)を車が通っていて、トラックが通ると、揺れたりするから油断はできない。

Img_7117

Img_7106

Img_7107_20220820083401

Img_7109

Img_7114

 5分くらい歩くと、展望台があって、折り返す形で、帰りは大黒埠頭側のビュー。あっさりベイブリッジを渡りきったのかと思ったら、そんな訳はなくて、橋脚の片側に到達しただけだった。そりゃそうだよね。大黒埠頭は、客船の大型化でベイブリッジをくぐれず大さん橋まで来られない船が増えてきたために、客船ターミナルも整備されて、あのダイヤモンドプリンセスは、当時ずっとここに泊まっていたのよね。今日は空っぽで残念。

Img_7125

Img_7126

Img_7128

Img_7131

Img_7119

Img_7135

Img_7136

 大黒ICからまた高速に戻って、もう一度ベイブリッジを渡り、本牧ジャンクションからぐるっと回って、みなとみらいICで降りれば、トヨタレンタカーさんは目の前。全行程100キロくらいのうち90キロくらいが高速だったから実に楽チンで、昼すぎには、帰宅。今日は休肝日なので、昼ビアリーをいただき、夜は、お肉と野菜をジウジウと炒めて、tck*船橋ダブルナイター大敗、BIG BOSS 64敗を確認。

 先日の木星に続いて、今宵は、月と火星が接近ということで、23時すぎまで粘ってたら、半月の右側にかすかに見えたけど、写真じゃちょっとわからいね。。。

Img_7165

 

 

2022/8/18:李禹煥展に参戦

◆横浜・東京:あめのちはれ:4967歩:横浜の最高気温=30.2度

 7時起床。ナンノさんのCDを聴きながら、自転車を40分漕ぐ。朝風呂。野菜生活、ヨーグルト、フレンチトースト、コーヒー。

 東証反落。まぁ、今日のところは、仕方ないか。

 雨模様の中、ダイヤ乱れのみなとみらい線~東横線で上京。当初の予定では、中目黒から日比谷線だったけれど、雨が止まないので、明治神宮前まで乗って、千代田線に乗り換えて乃木坂へ。こちらなら、新国立美術館直結だ。

Img_7054_20220819072801

 先週から始まった李禹煥展。おなじみの石とか、そういうやつ。撮影禁止だけれど、お外の作品のみ撮影OK。ちょうど、雨もあがったようだ。

Img_7047_20220819072801

Img_7049

 平日午前中ということで、ゆったりと見られるのはうれしいけれど、もう少し人気かと思ってたから、ちょっと案外。その代わりといってはなんだけど、監視員がやたら多くて、各部屋1人いて、必ず視界に入ってくるんだよね。どうせなら座っててくれればいいのに、わざわざ立ってる。絵画とちがって、作品に近づかないで引いてみるから、気になるのかもしれないけど。

Img_7053

Img_7052

 初期の作品から最近のものまでいろいろあって、なかなかよかったけれど、そういえば、直島の李禹煥美術館にまだ行ってないんだよね。2010年にベネッセハウスに泊まったときは、ちょうど開館直前だったんだ。(ブログを読み返したら、朝食会場で本人に会ったけど、母が写真をお断りされたとあって、びっくり。すっかり忘れてた。)2017年にもkecoさんと直島に上陸しているけれど、あわただしく回って、参戦してないんだ。

Img_7045_20220819072801

 帰りも千代田線からFライナーで早々に帰宅して、昼ビア。すっかりお天気も回復。tck&船橋のダブルナイターを見ながら、BIG BOSS 63敗を確認して、早々に就寝。

Img_7063

 

2022/7/2:柏木広樹 20th Anniversary チェロ・コンサート”Made in musicasa 2022”♪

◆横浜・東京:はれ時々くもり:7477歩:東京都心の最高気温=35.2度

 6時起床。パンを買い忘れたので、7時に家を出て、朝マックをテイクアウト。道中、到着3分前くらいにネットで注文すると、すんなり受け取れる。なかなか便利。ソーセージエッグマフィンセット。

20220702a

 auが通信障害だという。auは今まで比較的障害が少ないイメージだったけれど、未明からずっと続いているようで大変そうだ。知人が発熱して、PCR検査を受けたのに、いつまでたっても検査結果の連絡がないので、奥さんが医者に行って直接聞いたら、auの障害で連絡がつかなかったとか。(結果、陰性だったとのことでよかったけど)最近は、オンラインチケットも多いから、その扱いも大変だし、ヤマトさんや気象庁のアメダスなども大きな影響が出ているようだ。

 15時すぎの湘南新宿ラインで上京。渋谷駅のホームが、山手線の近くに移動してきたのは知っていたけれど、駅も周辺も大改造中で、もうわけがわからない。

Img_5825

Img_5827_20220706061301

Img_5831_20220706061301

Img_5829_20220706061301

Img_5830_20220706061301

 本日は、柏木広樹さんのコンサート。渋谷文化総合センター大和田さくらホールというのは、初めて聞いたけれど、セルリアンタワーの裏に区民センターのような建物があって、その中に立派なホールがある。さすがは、渋谷区だ。

Img_5832_20220706061301

Img_5833_20220706061401

 2階席だけど、前から2列目の右端の通路側ということで、全体がよくみえて悪くはないお席。そして、お席には、大きな袋が置いてある。これが、スポンサーのくすりの福太郎さんご提供のおみやげということなのだけれど、その量が半端ない。詳しくは後述。。。

Img_5837

 コンサートは、前半は、アコースティックということで、ソロや、二人旅でおなじみのピアノの光田さんとのコンビで、ニュー・シネマ・パラダイスのテーマなど。さらに、スペシャルゲストとして、西村由紀江さん、葉加瀬太郎さんが登場してトリオで。初期の曲から最近の曲まで、いろいろと。チェロの音色は心地いいよね。

Img_5841

 後半は、ドラムの齋藤たかしさんら、おなじみのバンドメンバーが登場して、にぎやかに。アンコールでは、葉加瀬さんも再登場。

「(ソロ活動は)1年で終わるつもりでやれることを(出し惜しみしないで)やってきたから、かえって20年続いたと思う。」

 という柏木さん。葉加瀬さんのコンサートにも欠かせないし、これからもいろいろ楽しませてほしいね。

Img_5834_20220706061401

Img_5835

Img_5838

 帰宅して、あらためて、くすりの福太郎さんのおみやげをチェック。いや、これは、すごいよ。。。マスクからフェイスパックみたいのから、アルコールから、プロテイン、なぜかプリッツなども。そして、福太郎さんは、本社が鎌ヶ谷なんだね。だから、以前、鎌ヶ谷でも柏木さんのライヴがあったのか。

Img_5839_20220706061401

 そして、今日は、豊田スタジアムで、ラグビーの日本代表vsフランス戦。いい時間に再放送がないので、JSPORTSオンデマンドに久々に加入。明日のお当番の間にゆっくりみたいので、結果を知らないように夕方から情報を遮断。。。イッキマンさんやkecoさんのツイッターから、何やらちょっとだけ毒の気配が伝わってきちゃったけど、見なかったことにして、とりあえず就寝。。。

 61.5Kg(0.0)

 

2022/6/2:大川直人写真展「GOOD TIME MUSIC」&開港祭

◆横浜:はれ時々くもり:4952歩:横浜の最高気温=27.4度

 年々遠征の疲れが抜けなくなる今日この頃、吉備津神社から吉備津彦神社へは、時間がなくて早足で移動したし、帰りは、グリーン車とはいえ、4時間も座りっぱなしだったので、足も腰もぐったり。

 態勢を立て直して、神奈川県民ホールへ。本来ならお散歩コースだけど、ぐったり気味なので、電車で2駅。それに、今日は、夏空だけど、湿気もあって蒸し暑い。

Img_5150_20220607073501

 県民ホールといっても、ライヴではなくて、地下の展示室。先日まで、銀座で開催されていた大川直人さんの写真展が横浜へやってきたので、待望の参戦。

 大川直人さんといっても、わからないだろうし、小生もお名前は、最近存じ上げたばかりだけれど、アラフォー~アラフィフの世代なら、ほぼ間違いなく、お気に入りのアーティストのレコードやCDジャケット、さらにはPATiPATi(なつかしいね!)とかの雑誌の表紙で、大川さんの写真を見ているはず。

Img_5151

Img_5152

 残念ながら、展示場内の撮影は禁止だけれど、ポスターや図録の表紙になっている、尾崎豊、松たか子、渡辺美里、ドリカム、槇原敬之、忌野清志郎、大江千里をはじめとして、小室さんやTM、岡村靖幸、佐野元春といったEPICな方々、ユーミンに桑田さんにチェッカーズに、細野晴臣さんに安室ちゃんに岡村孝子さんにNOKKOさんに・・・まだまだあげたらキリがない我らの世代ドンピシャなアーティストに様々なモノクロ写真。1人1作なのがもったいないけれど、100人近いアーティストの写真をたっぷり堪能できる。銀座では展示されなかった、ゆずとミスチルの桜井さんは横浜から追加とのことで、この後の成増会場では、また何か追加があるかもしれないとのこと。

 15時から、会場で写真を見ながら、大川さん本人が登場して、トークショー。ポスターにも使われた、美里のデビューアルバム「eyes」の髪を切っている写真は、たまたまヘアメイクしているところを通りがかって、これだ!とそのまま撮影したとか、いろんなアーティストのエピソードをたっぷりと。尾崎豊の写真は、亡くなる20日くらい前だったとか。

 図録にサインもいただいて、帰宅して、美里のアルバムをチェックすると、やっぱり、NAOTO OHKAWAのクレジットがみんな入っているね。

Img_5215

Img_5217_20220607073601

 今日は、横浜は、開港祭。制限付きとはいえ、だいぶお客さんも戻ってきた様子で、夕方には、横浜銀蝿のライヴが聴こえてくる。混雑を避けるため、花火は、今年も小規模とのことだけれど、Yo子さん、Yoくん、Oちゃんが近くにいるとのことで、急遽参戦して、ビアをいただきながらプチオフ。その花火を待っている間に、やや北寄りの空で、いつのまにか、ドローンショーがスタート。これがなかなか斬新で、最初の方を見逃したのがもったいなかった。

Img_5166

Img_5160_20220607073501

Img_5164_20220607073501

 そして、花火は、今回も目の前でドンピシャリ。適度に風もあって、煙が残らないので、実にいい感じ。混雑しないように控えめの告知だったけれど、実際は、10分くらいの間にかなりの数を打ち上げてくれて、盛大だった。来年あたりは、また、オフも盛大にできるかな。

Img_5172

Img_5170

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)