2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2021/9/24:平等院散策♪

◆京都→宇治→京都→横浜:くもり時々はれ:15442歩:京都の最高気温=29.0度

 2日目は観光。今日もまずまず好天で暖かい。9時5分発の奈良線で、宇治へ向かう。なんといきなり緑色の103系が登場して驚く。関西もどんどん新車が投入されている中、まだ103系が残っていたとは知らなかった。子供の頃は、山手線も京浜東北線も中央線も総武線も常磐線もぜんぶこれだったんだからねぇ。おそらく最後の乗車になると思うけど、昨日のN700Sとは別の意味でラッキーだ。平日の京都から外へ向かう列車なので、車内はガラガラ。

Img_7859

Img_7860

 30分弱で、宇治に到着。お目当ての平等院へは、お茶屋さんやカフェが並ぶ道を10分くらい歩けばすぐだ。

Img_7861

Img_7862

 世界遺産・平等院鳳凰堂。10円玉でおなじみだけれど、ようやく初参戦。藤原頼通の別荘だったというから、平安時代、1000年近く前の建物。応仁の乱なんかをくぐりぬけてよく残ってくれたよねぇ。やっぱり別荘だから京都から郊外にあるのがよかったのかな。

Img_7866

 プラス300円で中へ入場して、阿弥陀様を鑑賞(撮影は禁止)。これも普段だったら、事前予約とかで混み合うようだけれど、今日はその場ですぐに次の回に参加できて、ガイドさんの解説を聞くことができる。亡くなってから仏様になるときに、上の上から下の下まであって、お迎えのくる人数がちがったりするとは知らなかった。。。できれば、中の上くらいになりたいものだと思ったら、kecoさんは、下の上くらいにはなりたいと謙虚(^^;)

Img_7867

Img_7868

 帰宅して、ちょっと調べたら、なかなか奥が深いというか・・・

 52体の雲中供養菩薩は、半分の26体はそのままで、残りの26体は、模造品と入れ替えて、美術館の方で本物を展示するというのもおもしろい趣向で、美術館の方もなかなかいいし、何しろ空いているので、ゆっくり見られるのがありがたい。

 宇治川を渡って、宇治上神社へ。最近、とうとう御朱印集めに手を出してしまったのだけれど、ここは、春夏秋冬カラフルな御朱印があって、これも普段なら限定の分は朝で終わってしまうのに、今は、まだ夏の分も残っているとのことで、青の夏の御朱印をいただく。

Img_7869

Img_7870

Img_7872

Img_7873

Img_7875

 さらに、「世をうぢ山と人はいふなり」でおなじみの喜撰法師は、宇治の僧だったとのことで、百人一首で丸暗記していただけのこの歌も、辰巳(方角)、とか、しかぞすむと鹿とか、いろいろ掛詞や解釈があるようで、専用の御朱印をいただきながら、お坊さんがいろいろ教えてくれた(^^;)まぁ、要するに、ご隠居の歌だろうから、小生にはお似合いだ。

Img_7901_20210927085901

Img_7900_20210927085901

 9月いっぱい閉まっているお店も多いのだけれど、福寿園さんの宇治茶工房のカフェが開いていたので、川を眺めながら、抹茶ラテをいただいてひと休み。

Img_7877

Img_7878

 帰りは205系で京都へ戻って、梅小路京都西まで、一駅だけ山陰線。京都鉄道博物館で大井川からやってきているトーマスにごあいさつ、と言いたいところだけど、そうではなくて、京野菜レストラン梅小路公園さんへ。公園内にある水族館の系列のようだ。野菜たっぷりの豚汁定食を頼もうと思ったら、なんとブックフル。仕方がないので、パスタのセットにしたけれど、リーズナブルで美味しかった。

Img_7879

Img_7880

 せっかくなので、駅まで歩く。碁盤の目の京都に斜めの道があるからあやしいとおもったら、いかにも暗渠っぽいね。そして、碁盤の目だから、札幌と京都は方向音痴の小生でも間違えようがないから安心とか言いながら歩いていたら、駅を目前に反対方向へ歩きそうになり、kecoさんにあきれられる。一人だったら危ないところだった。どうしてこうなるのか、我ながら理解に苦しむ。

Img_7881 

Img_7882

Img_7883

 おみやげを購入して、新幹線ホームに上がって、あらためて京都駅を眺める。なんとも横に長い建物だ。そういえば、これ建てるとき、反対運動が起こって、有名な寺社が拝観停止とかの騒ぎがあったんだっけ。まぁ、できてしまえば、そこまで悪くもないような気もするんだけど、誰の設計なんだ?と思って調べたら、原広司。えーと、なんか聞いたことあるよなぁ・・・と思って調べたら、代表作品のひとつに札幌ドームとは。。。こりゃ、ダメだ。のぞみ号で相撲でも見ながら帰浜して、早々に就寝するしかないようだ。。。

Img_7885

 

2021/9/15:角川武蔵野ミュージアムに参戦♪(メットライフドーム引き分け)

◆東京・所沢・横浜:くもりのちはれ:12006歩:所沢の最高気温=28.5度

 首尾よく目が覚めた?と思ったら、まだ23時55分。うしという方の生存だけ確認して二度寝。1時半に目が覚めて、まだ早いと思ったら、次は、ちょうど2時だった。

 というわけで、appleの新製品発表会のプレゼンを見るけれど、iPadは最近はほとんど使わなくなってしまったし、iPhoneも昨年買ったSE第2世代の指紋認証で十分満足しているので、特に目を引くこともない。1時間ほどだらだら見てしまったけど、また寝る。

20210915a

20210915b

20210915c

 7時半すぎにだらだらと起床。朝風呂。雨はあがって、東向きの窓からは、薄日もさしている。

Img_7544

 朝食は、平日は、和洋定食の選択のみ。和定食でもジュースとコーヒーがつくのがうれしい。なかなか充実のメニューで、単品なら2700JPYとのことだから、今回のプランのオトク感がわかるというもの。少しゆっくりめの時間ということもあるけれど、会場は1箇所でもお客さんは数えるほどしかいない。

Img_7546

 お部屋に戻って休養。東証一服。一服といっても、かなり底堅い印象で、買いの指値にはほど遠い。

Img_7547

Img_7548

 コーヒープリンをいただき、12時チェックアウト。12時30分発のラヴュー・ちちぶ15号で出発。

Img_7549

Img_7551

Img_7553

Img_7554

Img_7555

 AC電源、Wifi完備のガラガラのラビューに20分ほど乗って所沢駅到着。ここから、路線バスで15分、ナントカ中学校入口で下車して、さらに北へ歩く。予報より天気がよくなって、汗ばむくらいになってきた。

Img_7557

Img_7561

Img_7563

 角川武蔵野ミュージアムにようやく到着。おなじみの隈研吾さんの建物で、かねがね気になっていたのだけれど、ようやく参戦。事前予約制だけれど、当日購入でも全然入れそうだ。

Img_7585

 エレベーターで5階へ。武蔵野にかんするパネル展示の他、本がたくさん壁に陳列されていて、図書館みたいになっていて、椅子もあって、ゆっくりできる。スリバチ本もあるよ。この図書コーナーだけでも、けっこうゆっくり楽しめる。

Img_7568

Img_7579

Img_7567

Img_7566

 4階は、企画展で、俵万智さんに関する展示など。ここも、一般料金で入れる。そして、4階と5階を吹き抜けにしたコーナーが盛大な本棚。東洋文庫さんみたいな感じ。角川のなつかしいパネルなんかもあって、20分毎にプロジェクションマッピングなんかもやっている。

Img_7572

Img_7574

Img_7575

Img_7571

Img_7576

 5階のレストランでランチ。パスタがなかなか美味しい。本来なら、ワインでもいただきたいところだけれど、残念。

Img_7581

 3階は、有料の企画展で、アニメかなにかみたいだけど、パス。その他、夕方には、チームラボさんのライトアップ(別料金)などもあるようだ。

 正直、建物だけでも見ておくか、くらいのつもりだったけれど、ゆっくり街歩き本を読むのも悪くない。実際、何冊か手にとった本は、アマゾンでは、定価ではもう買えない本がけっこうあったし。ただ、いかんせん遠いよねぇ・・・

Img_7582

Img_7583

 隣接する何やら不思議な神社に参拝して、御朱印をいただき、帰りは、武蔵野線の東所沢へ歩く。一駅乗って、新秋津、そう西武線の秋津とは、歩いて7,8分。ここ歩くにもだいぶ久しぶりだね。

Img_7587

Img_7673

Img_7588

Img_7589

Img_7590

Img_7591

 正直、もう疲れてきたけれど、所沢、西所沢と乗り継いで、西武球場前。改装後のメットライフドームも見ておきたかった。直前にぴあのリセールで、1塁側C席通路側という理想的なお席がゲットできたのだ。

Img_7593

Img_7594

Img_7598

Img_7601

Img_7603

 本日は、栗山選手の2000試合出場&2000本安打の表彰式。連盟表彰の後に、名球会表彰もあって、元コーチの土井さんとか、同じ1番をつけた秋山幸二さんのメッセージが流れる。となると、ブレザーを着せるのは誰かしら?松井稼頭央さんあたり?と思ったら、なんと、HIDEO NOMOが登場。これは、びっくり。自主トレ仲間だったとのことだけれど、よく来てくれたねぇ。

Img_7626

Img_7630

Img_7632

Img_7633

Img_7643

Img_7649

◇2021/9/15:△F 3-3 L(西武)

Img_7653

 新しくなった球場の雰囲気もわかったし、表彰式も見たから、最下位争いの試合は、もうどうでもいいといえばいいのだけれど、伊藤くんの投球は見てみたい。しかし、今日は、どうも調子が悪そう。ストレートの走りが悪いのか、変化球が多く、ゴロが野手の間を抜けてあまりツキもない。

Img_7655

 王選手の2ランで先制するも、5回終わって、3ー2。伊藤くんの球数も多く、継投は前途多難を思わせるので、途中退場。ラビューから湘南新宿へ好乗り継ぎだったけれど、やはり8回に追いつかれた。しかも、9回表、守備固めで野村くんをひっこめてしまった3番谷内に2死満塁でまわってきて、代打ロドリゲスが邪飛。これ、満塁でボール先行だったから、谷内にじっくり見られた方が向こうは絶対イヤだったよね。かといって、ここで代打出さないと、本人も腐るだろうし。でも、来年いないんだったら、そんなことどうでもいいような気もするけど。。。

Img_7654

Img_7656

Img_7659

Img_7671

 例によって9回裏もすんなりはいかなかったけれど、なんとか抑えて引き分け。なんか、こんなのばっかだね。。。

 

 

2021/8/19:横須賀美術館に参戦♪

◆横浜・横須賀:はれ:6092歩:横浜の最高気温=32.1度

 久しぶりの和朝食。鮭、納豆、玄米、あさりの味噌汁。野菜生活。

 夏空が戻ってきた。トヨタレンタカーみなとみらいまで歩いて、いつものお任せプランは、今日は、ヤリス号。けっこう新しそうで快適。何やら五輪グッズの聖火リレーのタオルをいただく。

Img_6913

Img_6937

Img_6939

 みなとみらいランプですぐ高速に乗って、3号狩場線から横横の終点の馬堀海岸まで一気に。国道16号に突き当たるところで、急に視界が開けて、碧い海と青い空。対岸には、ランドマークタワーも。

 かねがね気になっていた横須賀美術館。展示というよりは、建物がお目当て。観音崎の少し手前、広い敷地に開けた素敵な建物だ。ホームページによると、ここは独自のルールで、「横須賀市の感染者が2日連続で100名超になったら休館、休館後は、1週間で300人を切ったら再開」とのこと。けっこうきわどいところまできてるので、行けるときに行っておかないとということでなんとか間に合った。

Img_6917

Img_6919

Img_6918

Img_6921

 せっかくなので、企画展の「酒井駒子」展を見てから、眺めのよいカフェで一休み。青山のイタリアンの経営のようで、ランチやディナーもよさそうだけれど、今日のところは、ノンアルコールスパークリングをいただく。

Img_6922

Img_6920

 別館は、週刊新潮の表紙でおなじみだった谷内六郎館。で撮影も可。小生でも覚えてる。表紙のことばもいいよね。

Img_6926

Img_6931_20210820085601

Img_6932_20210820085601

Img_6933

 せっかくなので、すぐ近くの観音崎へ。学生時代、ゼミの仲間と国道16号線を一周したときに、ここからスタートした記憶があるから、30年ぶりくらい?駐車場が880JPYと高くて驚いたら、近くは、海水浴場にもなっていて、1日停める日のための駐車場なんだね。灯台までの散歩コースだけでも歩こうかと思ったけど、暑いので、断念。

Img_6934

Img_6935

Img_6936

 同じルートではつまらないので、帰りは、釜利谷ジャンクションから湾岸線に入って、本牧ジャンクション経由で、みなとみらいへ。5キロくらい遠回りだけれど、時間は、ほとんど変わらない。往復100キロくらいのドライブだけれど、90キロくらいが高速道路だから、実に効率がいい。昼すぎには帰宅して、ビアリー。夜は、ビア。

Img_6938

 大谷くん8勝&40号!

 

 

2021/8/16:港区浮世絵さんぽ

◆東京・横浜:あめ時々くもり:3207歩:横浜の最高気温=21.8度

 7時起床。今日もしとしとと秋雨が降り続き、涼しい。東証大幅続落。

20210816r

 昼すぎに実家を出て、港区立郷土歴史館に久々に参戦。旧公衆衛生院を活用した風情のある建物を再生して活用。財政に余裕のある港区とはいえ、すばらしい。

Img_6825

Img_6822

Img_6823

 そして、今回の企画展は、「港区浮世絵さんぽ」ということで、歌川広重、川瀬巴水らが描いた港区の風景。高輪築堤、愛宕山、増上寺、芝浦などおなじみの風景なので現在の写真と見比べながらの展示はなかなか楽しい。200JPYと安いのに、広い館内には、数人しかいないから、もったないくらい。そして、たしか前に太田美術館で見たような記憶がある、「広尾ふる川」。四の橋が描かれているんだけれど、周囲には、ホント何もなかったんだよね。

Img_6828

Img_6826

Img_6827

Img_6829

Img_6830

 堪能して、退場すると、預暗証番号方式の傘立てから傘が取り出せず。預けるときも悪戦苦闘して警備の方のお世話になったのだけれど、今度は、番号を合わせたはずなのに取り出せないという醜態。係員の人がマスターキーで開けてくれた。お騒がせしました。

 帰りも南北線~目黒線~東横線~みなとみらい線で都県境越え。急行乗り継ぎなので、けっこう早い。ブエルタ(再)を見て、シウマイ弁当をいただき、tck・「お盆もSPAT4で!ポイント10倍賞」大敗を確認して早々に就寝。

 

2021/7/21:東洋文庫ミュージアムへ参戦~TOKYO2020 DAY-1~

◆横浜・東京:5622歩:東京都心の最高気温=33.6度

 6時起床。今日も朝からよく晴れて、気温もぐんぐん上昇。朝から、PCが終了して焦るが、なんとか復活。

 TOKYO2020、開会式前々日だけれど、今日から競技開始。先陣はソフトボール。2008年は、熱くなったけれど、13年ぶりに復活して、まだ上野さんが先発というのでは、いかんせんあんまりなので、東証久々の反発を確認して、11時のみなとみらい線で出かける。

 目黒線~三田線直通で千石駅は、初めて降りる。1時間も電車に乗っていると冷えてしまうけれど、外に出た瞬間、灼熱の暑さ。これでも33度だっていうんだから、35度超えの福島は大変だ。幸い、午前中のうちに打線爆発でコールド勝ちとのことで何より。

Img_5779

Img_5780

 久しぶりに東洋文庫ミュージアムさんに参戦。三菱商事だか銀行だかの株主優待で無料で入れる。企画展は、「江戸から東京へ~地図にみる都市の歴史」ということで、規模はそんなに大きくないけれど、なかなか楽しい。中世に秩父氏の一族で、江戸氏っていうのがいたなんて知らなかった(頼朝に負けたらしい)し、伊能忠敬のずっと前の江戸初期にも、遠近道印という人が、江戸城周辺に関しては、1/3250という精密な地図を作っていたとか、まだまだ知らないことがたくさんある。そして、天井まで埋め尽くされたモリソン書庫は、あいかわらず雰囲気がすばらしい。

Img_5784_20210722072301

Img_5786_20210722072301

Img_5788

Img_5790

Img_5791

Img_5792

Img_5793

Img_5794

Img_5782

 六義園が近いけれど、さすがに、この暑さでは、散歩する気にもなれず、おなじみの小松庵総本家駒込本店にピットイン。13時すぎということで、店内はゆったり。九条ネギと牛すじの冷たい蕎麦をいただいたけれど、なかなか美味しかった。禁酒法下なので、ノンアルコールビアで♪

Img_5797

Img_5796

 帰りは、駒込から山手線で上野へ出て、上野東京ラインで早々に帰宅。

 BSで、札幌ドームのイギリスvsチリをちょこっとだけ。五輪だから、イギリスもナショナルチームだね。

 夜は、日本戦もあるみたいだけど、昨日届いた斉藤さんのBlu-rayを見て、21時からは、Youtubeで、大江千里さんと美里のトークを見て、早々に就寝。

20210721a

Img_5812

 

2021/7/15:那珂川町馬頭広重美術館「帰ってきた!猫じゃ猫じゃ展」に参戦!

◆横浜→真岡→那珂川→宇都宮→横浜:7672歩:那須烏山の最高気温=28.4度

 8時すぎに家を出て、8時35分発の湘南新宿ラインで出発。グリーン車とはいえ、通勤時間帯の電車に乗るのは、久しぶりでちょっと緊張するけれど、ピークは過ぎているのか、テレワークも増えてるのか、十分座れる。大崎、渋谷、新宿、池袋とどんどん降りて、ガラガラになって、荒川を渡り、さらに北へ北へ。東北線(宇都宮線)内は、快速運転で速い。

Img_5603

 10時22分小山着。水戸線に乗り換え。乗りつぶしに来て以来だから11年ぶりらしい。5両編成の車内は、ほぼ無人。そして、いきなり緊急停止信号。この後の乗り継ぎも慌ただしいし、こんな寂しいところで、終了とは・・・と不安になったけれど、5分くらいの遅れで無事動き出して、下館着。

Img_5605

Img_5607

Img_5610

 真岡鐵道はおそらく初乗り。普通にJRの改札内にあって、かえってとまどってしまった。ICカードは使えず、切符もJRの自販機で買う。SLの運行も8月から再開されるようだけれど、今日のところは、1両の気動車。終点の茂木まで乗りたいところだけれど、真岡で下車。ここは、駅舎がSL風で、周辺には、なつかしい車両もいろいろ。ゆっくり見たいところだけれど、先を急がなくてはならない。おなじみのトヨタレンタカーの車種おまかせプラン、今日もヴィッツ号で出発。

Img_5612

Img_5613

Img_5614

Img_5617

Img_5618

Img_5621_20210717071201

Img_5620

Img_5622_20210717071201

Img_5636

 めざすは、那珂川町。栃木県でも4号線、東北線沿いの黒磯方向なら土地勘があるけれど、このあたりはよくわからない。市町村合併で名前もかえってわかりづらいけれど、昔、ゴルフで来たことあったっけ?距離は40キロでも北の大地のように1キロ1分というわけにもいかず、道も県道やら農道やらで、カーナヴィを信じるしかないけれど、ちょっと心許ない。

Img_5623_20210717071201

 松本隆さんのアルバムが1周半くらいしたところで、ようやく本日の目的地の馬頭広重美術館に到着。なんでこんなところに広重美術館があるのかよくわからないけれど、いかにも隈研吾さんという建物。そして、「帰ってきた!猫じゃ猫じゃ展」に待望の参戦!

Img_5624_20210717071201

Img_5632

Img_5633

Img_5625_20210717071201

 広重の「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」や、猫好きの国芳の作品もたくさんあって楽しい。太田記念美術館の「猫の蕎麦屋」は、なかったけれど、「猫相撲づくし」、「猫の勉強学校」、「猫の運動尽」などいろいろ。

Img_5639_20210717071301

Img_5627

Img_5635

Img_5629

 併設のカフェのお蕎麦が美味しそう。ラストオーダーにギリギリ間に合って、しゃもそばをいただく。

Img_5630

 帰りは、宇都宮へ向かう。これもまた地味な道を延々走って、4号線に出てほっと一息。無事にヴィッツ号を返却して、大宮までは、新幹線。うっかりsuicaで入場してしまったけれど、特急券買っても、suicaじゃ改札通れないのね。買い直す時間がないので、乗換改札は、乗車証明みたいので許してもらって、やまびこ214号。E5系だけれど、各駅停車みたいなやまびこ号で、自由席はガラガラ。

Img_5637

 大宮でsuicaの入場記録を消してもらって、上野東京ラインに乗り換えて、横浜駅の窓口で乗車券代を精算して無事に帰宅。滞在1時間半だけれど、往復7時間くらい。実は、「猫じゃ猫じゃ展」は、前後半で、全点入れ替えなんだけれど、さすがに来月もう1回行く元気はないよねぇ。。。

20210715

 

 

 

2021/7/6:ゼンリンミュージアムに参戦♪

◆横浜→福岡→北九州:くもり:12048歩:八幡の最高気温=32.3度

 5時起床。みなとみらい線から京急で、今年初の羽田空港第1ターミナル。先日、ANAマスクでANAに乗った際に、CAさんからお手紙をいただいて、「がんばれANA」と書いたばかりだけれど、年に1回はJALも乗っておかないと、搭乗初回マイルがもったいないのだ。福岡便は、最新鋭のA350-900。先得割引とかで、早朝のこの便だけ8400JPYとめちゃくちゃ安い。

Img_5402

Img_5403

 きれいになった福岡空港。おなじみのターミナルを出たところの温度計は、午前9時ですでに29度。なんとも蒸し暑い。

Img_5405

Img_5404

 今日もまたトヨタレンタカーさん。福岡空港は、目の前に歩いていくだけだから便利。なぜ他の空港ではこれができないのかねぇ。そして、車種おまかせプランは、待望のヴィッツ号。キーも差し込む方式で、サイドブレーキもノーマル。半日とはいえ、小倉乗り捨てで3850JPYとこちらもリーズナブル。

Img_5406

 ちょっと頼りない感じのナヴィの誘導は、都市高速ではなくて、九州道の福岡ICへ。さらに、北九州の都市高速に入って、なんとか北九州市立美術館へ到着。実際は、30度くらいなんだろうけど、湿度がすごくて、マスクだと熱射病になりそうな蒸し暑さだよ。山の上の立派な建物だけれど、なんでこんな不便な場所に市立美術館を作っちゃったのかねぇ。。。

Img_5408

Img_5413

 そんな不便なところへわざわざレンタカーしてまで参戦したのは、「ザ・フィンランドデザイン展」。アァルトデザインのアルテックの家具や、アラビアの陶器、イッタラのグラス、そしてムーミン、マリメッコなど、おなじみの作品の数々を鑑賞。ついついアァルトデザイン?の団扇など購入。

Img_5409_20210707152101

Img_5411_20210707152101

Img_5410

Img_5454

 北九州というと、たしか、うしという方が、資さんうどんを推していた気がするので、検索してみると、県内各地にたくさんある。一番近い鞘ヶ谷店に参戦して、かしわごぼ天うどんをいただく。さぬきうどんとはだいぶちがうけれど、これはこれでたしかに旨い。

Img_5415_20210707152101

Img_5416

 国道3号線で市内中心部へ向かって、ヴィッツ号は、小倉駅南口に早々に返却。小倉城方向へ歩いて、今回のお目当てのゼンリンミュージアムへ。昨年の開館以来、楽しみにしていたのだけれど、ようやく参戦が実現。意外にも、朝日新聞のオフィスビルの14階にあるようだ。

Img_5418

 ワンフロアなので、それほど広くはないけれど、「地図の博物館」の名に恥じない世界の地図の数々。ギリシャ時代の地図あり、大航海時代の地図あり、伊能忠敬の地図あり、ゼンリンの住宅地図あり。眺めのよいカフェでひと休みして、ついつい目録を購入。シーボルトは、地図も持ち出してたのね。

Img_5421

Img_5419

Img_5422

Img_5453

 1階のショップがまた充実していて、切り絵の地図とか、あれもこれも欲しくなっちゃうんだけれど、なんとか我慢。西小倉から小倉駅へ出て、ホテルに荷物を預けて、国鉄型の411系で門司港へ。1時間に2本くらいしかなくてけっこう不便。おなじみのレトロな駅舎、そして、鉄道記念館には、なつかしい485系や583系。

Img_5425

Img_5428

Img_5429

Img_5430

Img_5435

Img_5436

Img_5437

Img_5432

Img_5438

Img_5442

Img_5441

 暑い中散策して、ぐったりなので、早々に駅直結のステーションホテルさんにチェックイン。お部屋は、関門海峡ビュー&新幹線ビューで快適。BSでオリ戦など見て、早々に就寝しようとしたら、ファイターズ、まさかの平良の記録をストップしてサヨナラ勝ち!先週に続いて、旅先ではがんばるね。

Img_5445

Img_5450

 

2021/7/5:室町花鳥園に参戦♪

◆横浜・東京:くもり一時あめ:7034歩:東京都心の最高気温=25.1度

 都議選の結果に驚く朝。1週前の各紙の予測がこれだけハズレるのはめずらしいよ。まぁ、その方が、おもしろいといえば、おもしろいんだけど、だからといって、都ファの議員が、土曜日に無免許で交通事故起こしていて、それが今日公表されるっていうのは、いかがなものか。。。選挙違反じゃないんだよ。

 11時から歯医者。なんとかオエッとならずに型をとれた。12時から床屋。13時すぎの横須賀線で上京して、日本橋三越へ参戦。さかざきちはるさんの「室町花鳥園」最終日。見ちゃうと買いたくなっちゃうんだよねぇ。。。特に花札のやつとか。。。

Img_5393

Img_5395

20210705a

 せっかく日本橋まで来たので、お隣の千疋屋総本店さんで、桃のパフェをいただく。QVCでおなじみのうしという方によれば、もう少し待った方が、より甘い種類が出てくるとのことだけれど、待ちきれなかった。。。

Img_5396

Img_5397

 美味しくいただいて、早々に退場しようとしたら、本人が登場して驚く。てっきり、函館でラッキーピエロさんでもいただいているのかと思って連絡しなかったのだけれど、早々に帰京していたようだ。さらに、後ろのテーブルのお席に小学校の同級生がいるとのことで驚く。K組のTさん、お互いかろうじて覚えていてよかった。

 15時すぎの横須賀線であわただしく帰浜。明日予定されていた、五輪チケット再抽選結果発表は、さらに延期。ホントいい加減にしてほしいよ。予定がたたないよ。マツダスタジアムには、16500人も入れてるんだし、馬術とかアーチェリーなんて、ひっそり見たっていいだろう。こんな機会はもうないんだから、五輪好きの楽しみを奪わないでほしい。興味のない人は黙っててほしいよ。

Img_5399

 大島康徳さん死去。覚悟はしていたけれど、さびC。ご冥福をお祈りします。。。

 

 

2021/6/16:NODA MAP 第24回公演「フェイクスピア」@東京芸術劇場プレイハウスに参戦!

◆横浜・東京:くもり一時あめ:5858歩:東京都心の最高気温=24.9度

 1年半ぶりのNODA MAP。今回は、高橋一生くんが出演することもあってか、チケット争奪戦も例年以上に苦戦、さらに、緊急事態宣言発令で一時はどうなることかと思ったが、なんとか、参戦にこぎつけた。お昼前の湘南新宿ラインで上京。

 NODA MAPというと、終演後にりずじゅえさんを囲んでワインをいただくのもお楽しみのひとつなのだけれど、禁酒法適用下ということで、残念ながら、開演前に軽くランチ。kecoさんも合流して、おなじみのサルバトーレ・クオモさんでピザとパスタ。

Img_4887

 そろそろお会計というところで、小生がSuicaでまとめて支払って、現金を回収しようとすると、PayPayで精算ができるという。そういえば、小生も一応アプリは入れてあった。3人のスマホを持ち寄って、鳩首協議の結果、無事に4070/31356円分のPayPayがケイコさんとトモコさんから入金されたようだ。孫さんの軍門に降るのは誠に遺憾だけれど、たしかに便利は便利だ。振込手数料の節約にもなりそう。

20210616b

20210616a

 東京芸術劇場プレイハウス。来年のための備忘録として、書いておくと、今年は、入場時の本人確認が昨年ほど厳格ではなかった。小生は、チケットも電子チケット。専用アプリなので面倒。ひとり2枚までなので、別々に購入したわりには、kecoさんたちとも近い2階のお席に座って、いよいよ開演。本公演は観客100%。もちろんマスク着用でみなさん静かだ。

Img_4885_20210617082001

Img_4886

20210616c

 「フェイクスピア」ということは、シェイクスピアのフェイクなのだろうけれど、いかんせん、小生、シェイクスピアが全くダメである。さすがにそれではまずいので、少しは予習しようかと思って、事前に公式サイトをのぞいたのだけれど、野田さんが、

たぶん、あまり観たことのない芝居だと思うので、SNSの感想をチェックしたりしないで、なるべく無で観てください。できれば、シェイクスピアすら知らずに観に来て欲しい(笑)。演劇の観客は、第三者ではなく当事者です。劇場でお待ちしています。」 

 と書いておられたので、ぶっつけ本番、出たこと勝負。

 休憩なしの2時間。前半は、いつものようににぶった頭を必死に回転させてついていくのに精一杯で、たぶん気づいてないこともいっぱいあるのだろうけど、いやぁ、後半は・・・まいった。いや、まいるのはいつものことだけれど、今回は特に。。。ネタバレはなしだけれど、周囲に号泣した方が多かったよ。。。

 地下通路で解散しても、まだ地に足がついている感じがしないというか、現実の世界に戻ってきた実感が薄い。帰宅して、ビアでようやく一息。いやぁ、まいった。すばらしかった。

Img_4893

Img_4894

 

2021/6/11:山種美術館に参戦♪

◆東京・横浜:はれ時々くもり:7014歩:東京都心の最高気温=29.4度

 実家に1泊したついでに、広尾まで歩く。9歳まですごしたなつかしいエリア。もちろん、当時お麩菓子や野球カードを買った駄菓子屋さんも、ツケでプラッシーを飲んだお米屋さんも、もう残ってないけれど、住んでいたマンションはまだ健在だった。渋谷川の近くで、よく歩いていた裏道も、今考えてみたら、けっこう怪しい暗渠や坂道だ。

Img_4823

Img_4824_20210612085301

Img_4825_20210612085301

 ノスタルジーにひたりつつ、もう少し歩いていくと、山種美術館がある。ここは初参戦。山種証券の山種さんの日本画コレクションだけれど、広尾に移転してきたのは、けっこう最近らしい。

Img_4829_20210612085301

Img_4832

 日本橋で開館してから55周年とのことで、特別展「百花繚乱ー華麗なる花の世界ー」が開催中。横山大観と梅原龍三郎くらいしか知ってる人はいないけれど、落ち着いた空間で、四季折々の花を描いた作品を楽しめる。荒木十畝さんの「四季花鳥」という作品のみ撮影OK。

Img_4831

 恵比寿から湘南新宿ラインで帰浜。夕方にはだいぶ涼しくなってきた。

Img_4833_20210612085301

Img_4834

Img_4835

Img_4836

 それにしても、東芝と経産省の件といい、NECとIT大臣の件といい、あまりにもあんまりなニュースばかり。ファイターズもあまりにもあんまり。もうビリでもいいけれど、金子が打たれるのを見るのは辛い。寝よう。

Img_4839_20210612085401

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)