2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2021/2/10:上野をてくてく(日本のたてもの、吉田博展)~iPhone紛失騒ぎ~東京名所図会・不忍競馬場

◆横浜・東京・茅ヶ崎:はれ:13984歩:東京都心の最高気温=12.1度

 朝からよいお天気。本日は、母と友人がみなとみらいへ参戦するようなので、ニアミスを避けて上野東京ラインで上京。久しぶりに上野をてくてくする。

 まずは、東京国立博物館表慶館の「日本のたてもの」に参戦。表慶館は初めて入ると思うけれど、何やら立派な建物(大正天皇ご成婚を記念して建てられた日本最初の本格的な美術館とのこと)で、入場すると、さっそく法隆寺の五重塔がお出迎え。もちろん模型だけれど、1/10なので、なかなかリアル。その他にも、教科書でおなじみな国宝級の建築の模型がずらり。模型といってもかなり精巧なものだし、切断面の内部が見られるようになっているのも楽しい。事前予約制で、ソコソコお客さんも入っている。

Img_0906

Img_0909

Img_0910

Img_0918

Img_0912

Img_0913

Img_0914

Img_0915

Img_0919

 続いて、東京都美術館へ。母おすすめの「吉田博展」。こちらは事前予約は不要だけれど、けっこうにぎわっている。ダイアナ妃はじめ外国要人も愛したという風景版画。瀬戸内海や上高地から、アメリカやヨーロッパまで、見覚えのある景色も多くて、旅をしている気分でたっぷり楽しめる。

Img_0907

Img_0924

Img_0925

 両展ともすばらしく、オススメなのだけれど、今日の日記は長いので、先を急ぐ。後半は、上野公園をてくてく。あいにく動物園は閉園中なので、まずは東照宮へ。

Img_0926

Img_0928

 不忍池方向へ下る。池の外周コースは、なんと、明治時代、競馬場になっていて、明治天皇はかなりお好きだったらしいのだけれど、当時を偲ぶものは残っていないようで残念。馬見所(スタンド)は、今の動物園の敷地の中かな。

Img_0930

Img_0935

Img_0939

Img_0942

Img_0933

Img_0934

 「東京人」やスリバチ本でもおなじみの階段や坂道をテクテク。いわゆる上野の山をちゃんと歩くのは相当久しぶり。西郷さんにご挨拶して、再び美術館の近くまで戻ってきたところの小高い丘が、なんとその名もずばり摺鉢山古墳。お隣は、正岡子規記念の野球場。

Img_0944

Img_0945

Img_0947

Img_0948

Img_0951

Img_0950

Img_0952

 けっこう歩いて、お腹も空いた。上野に来るといつも洋食が食べたくなる。東京文化会館内の精養軒さんへ。店内は広いので、安心。ズワイガニクリームコロッケと海老フライのセットとビア。コルビジェの西洋美術館を眺めながらゆっくりお食事っていうのぜいたくだよね。(西洋美術館は休館中)

Img_0956_20210218081401

Img_0957

 好天の上野の森をたっぷり堪能して、13時30分発の上野東京ライン熱海行きで帰宅の途に。空いているグリーン車でコーヒーを飲んで、iPhoneで読書しながら、横浜へ。と、ここから事態は急転する。。。

 横浜駅でホームに降りて、階段を下りかけたところで、ん???ない。ないよ。携帯(iPhone)がない!あわてて、階段を駆け上がるが、無情にも列車は行ってしまった。

 過去の経験から、こういうときは、案外、出てきたりするので、心を落ち着かせて、かばん、ズボンのポケット、胸ポケット、ジャムパーのポケット。ひとつひとつ。ていねいに確認。ない。ないよ。終了。。。。。。モバイルsuicaだから改札も出られない。とりあえず精算窓口へ。

「すみません、今の列車に携帯を・・・」

「横浜駅のお忘れ物はまとめてこちらで承ってます(紙を渡される)」

 南口の忘れ物センターみたいなところへ行く。

「すみません、さっきの東海道線に携帯を・・・」

「どの列車ですか?」

「えーと、上野を13時30分発の熱海行きです。」

「場所は?」

「えーと、グリーン車4号車の1階部分の右側のいちばん後ろの窓側です。」

「iPhoneですか?」

「そうです。」

「色は?」

「赤です。」

「ケースは?」

「ないです。」

「何か特徴は?」

「えーと、裏にsuicaペンギンのシールが貼ってあります・・・」

 年輩の担当の方は慣れた調子で淡々と処理してくれるけど、こうしている間にも列車がどんどん熱海の方へ行ってしまうと思うと、気が急くし、そもそも車内で見つからなかったら、かなり厄介だよね。。。iPhoneって、なんかネットで探せるんだっけ?そういう設定してたっけ???

 おもむろに電話をとった担当氏、どこかの駅にかけてくれるようだ。

「えーと、こちら横浜駅の・・・」

「あー、間違えた。。。」

(・・・)

「えーと、こちら横浜駅の・・・14時17分発の3531E、遺失捜索できますか?無理?はい、わかりました。」

 すでに14時10分をすぎている。時刻表をめくりながら、ギリギリの大船駅にまずたのんでくれたけど、断られてしまったよう。まぁ、最近は、ホームの係員も少ないし、忙しそうだから仕方ないけど。その次の駅も。。。

「えーと、こちら横浜駅の・・・遺失捜索、無理?はい、了解。」

(・・・)

「えーと、こちら横浜駅の・・・遺失捜索は?、えー、できますか?!」

(たのみます・・・)

「じゃあ、お願いします。」

(やった!)

「14時27分の茅ヶ崎駅で調べてくれるので、その5分後くらいにまた来てください。」

「はい。」

 15分ほど改札内をウロウロ。iPhoneないとホント手持ち無沙汰だし、何しろまだ見つかったわけじゃないし・・・ドキドキしながら再入場。茅ヶ崎駅へ確認の電話をかけていただく。

「えーと、こちら横浜駅の・・・」

「えー、そう、iPhoneの、赤で、なんかペンギンが・・・」

(?!)

「それらしいものが見つかったようです。」

「ありがとうございます!」

「茅ヶ崎駅のホームで預かってます。」

「今から行きます!」

「料金はかかりますよ。」

「はい、ありがとうございました!」

 14時44分発の東海道線に乗車。すると、なんと東戸塚あたりで急停止だよ。

「ただいま、踏切の安全確認を・・・」

「・・・」

 よりによって、勘弁してよ、と泣きそうになったけど、幸い、すぐに動き出した。15時11分茅ヶ崎駅着。と、ホームで放送が。

「5号車、遺失捜索入ります。」

 ん?小生とは別にこの列車にも何か忘れた人がいるようだ・・・ホント、駅員さん大変だね。。。茅ヶ崎駅は親切なのかな。

 なぜか東海道線ではなくて、相模線のホームにある事務室で、無事にiPhoneと再会。身分証明書提示とサイン、ホーム画面ロック解除も確認していただき、手続き完了!

 せっかく茅ヶ崎まで来たのだから、どっか散策してもよかったのだけれど、もうそんな元気もないので15時33分の宇都宮行でとんぼ帰り。横浜駅で、もう一度先程の担当氏にお礼を。列車や座席が特定できたとはいえ、車内に忘れた携帯が2時間後には戻ってくるのだから、ホント、ありがたい。JR東日本に感謝感謝。

Img_0959

20210210q

 ぐったり帰宅して、お野菜をじうじう焼いていると、蓑虫屋さんから、ゆうパックが到着!蓑虫屋さんは、競馬専門のネット専業古書店。先日、グリーンチャンネルの番組に古い資料をいろいろ提供していたのを見て以来、注目してフォローしていたのだけれど、一昨日、急に上野不忍池の競馬の錦絵が入荷していたので、ポチッと!まさに今日歩いた場所。実にタイムリー。東京名所図会というシリーズらしい。客観的な価値は全然わからないけれど、お気に入りの絵なら10000JPYは、高くないよね。さっそくヨドバシから一足先に到着していた額に飾って、長い1日も大団円!!!

Img_0975

 

2021/2/5:佐藤可士和展に参戦!

◆横浜・東京:はれ:10251歩:東京都心の最高気温=12.4度

 9時すぎに東証反発を確認したところで、午前指定のヤマトさんで、キュートすぎるカファレルのsuicaペンギンチョコレートが到着♪当初、東京駅限定と言われていたのが、好評につきネットで緊急発売ということで、先日、さっそくポチッとしてしまったのだ。実は、けっこういいお値段なので、食べ終わったあとの空き缶もなんかうまく使わないと。

Img_0672

Img_0673

Img_0674

Img_0676_20210215131501

 足が張っているけれど、来週前半は寒くなるらしいので、本日も上京。中目黒乗り換えで、久々に六本木へ出て、周辺の坂道や階段をうろうろ。瀬里奈とか、南蛮亭とか、なつかしいお店も健在で何より。ちょうど昨日の続きのような感じで小一時間ほど散策。

Img_0684

Img_0685

Img_0688

Img_0690

Img_0697

Img_0698

Img_0702

Img_0704

Img_0707

 新国立美術館の佐藤可士和展に参戦。一応時間指定でいうことで、昨夜急遽予約しておいたけれど、始まったばかりの平日ということで当日入場もOK、ガラガラでゆったり見られる。少ないお客さんの平均年齢が低いのがいつもの新国立の展覧会とはだいぶちがう。

Img_0713

Img_0711

Img_0709

Img_0714

 ユニクロでおなじみとはいえ、実はあんまり詳しく知らなかったのだけれど、まぁ、あれもこれも小生でもおなじみのデザインばかり。今治タオルのロゴもそうだったんだ。そうそう、ここ、国立新美術館もそうだ

 半分くらい撮影可というのもうれしい。壁一面に様々なロゴのある部屋では、床にも展示があって、あやうく三井物産のマークか何かにつまずきそうになる。(もちろん触っちゃいけない)

Img_0715

Img_0716

Img_0717

Img_0719

Img_0721

 

Img_0718

 ショップで佐藤さんデザインのユニクロのTシャツを購入して、もう少し六本木の裏をウロウロしながら坂を降りて麻布十番、おなじみの更科堀井さんへ。昼下がり、蕎麦屋でゆっくり一献というイメージを描いていたのだけれど、全体に急ぎすぎて13時前に着いてしまった。

Img_0722

Img_0723

Img_0727

Img_0733

 生ハーフ、鳥焼き、玉子焼き、春菊切りそばをいただき満足♪

Img_0734

Img_0735

20210205a

2020/12/21:てっぱくに参戦♪

◆横浜・さいたま:はれ:8661歩

 今日も冬晴れ。豚汁と納豆ご飯をいただき、東証にちょこっと参戦してから、10時すぎに出発。上野東京ラインのグリーン車で、東京をスルーして大宮へ出て、ニューシャトルで一駅。てっぱくこと、鉄道博物館に参戦。チケットは、時間指定のネット予約で事前にコンビニでの発券が必要だけれど、欧米の多くの都市がロックダウンしている中、のんびり博物館を見学できるだけでも日本は幸せだよね。

Img_8921

Img_8939

Img_8948

 月曜の昼間ということで、場内は閑散、まったく密でなく、ゆったりと散策。たぶん1年ぶりくらいだから、特に目新しい展示があるわけではないけれど、20系あさかぜや、485系ひばり、ムーミンことEF55などおなじみの車両群や、なつかしい資料などを見ているだけでも飽きないし、楽しい。

Img_8943

Img_8941

Img_8940

Img_8950

Img_8953

 お昼はもちろんトレインレストラン日本食堂で。12時すぎでもガラガラ。たっぷりのグラスワインとビーフシチュー。正直、食堂車時代は、「日本食堂」を美味しいと思ったことはないけれど、最近、ここや東京駅で食べると美味しく感じるのは、齢をとったからなのか、あるいは、食堂車とは厨房設備がちがうからなのかしら。

Img_8956

 ジオラマや、南正時さんの写真展を見て、グッズコーナーはぐっと堪えて、早めに帰途についたのだけれど、結局、大宮駅の「RAIL YARD」さんに捕まってしまった。ここは、小さな店舗にぎっしりとレアな鉄道グッズがあって、ホントに危険。結局、ピンバッチにスリッパ、185系マスク&マスケケースにsuicaペンギンクリアファイルなど盛大に。。。

Img_8962

Img_8965

Img_8966

Img_8970

 帰りもガラガラの上野東京ラインで帰浜。ばんえいホワイトクリスマス賞大敗。妄想トレインを見て、早々に就寝。

Img_8969

 

2020/12/4:MmeetsM~新旧横浜市庁舎散歩

◆横浜:くもりのちはれ:8946歩

 午後から久しぶりに青空。馬車道駅で降りて、北仲ブリック&ホワイト、ビルボードの隣りのBankART KAIKOさんで村野藤吾展。先日ちょっとのぞいて、1600JPYは高いなぁと思ったけど、横浜市民は、1000JPYで、お向かいで開催中の槇文彦展との共通チケットだった。

Img_8549

Img_8546

Img_8545

 旧横浜市庁舎を設計した村野さんといえば、日生劇場が代表作なのだろうけど、他にも、身近なところでも、有楽町のビックカメラ(旧そごう)とか、新高輪プリンスホテルとか、目黒区役所(旧千代田生命本社)などなど。志摩観光ホテルもそうだね。

 道路をはさんだ向かい側の旧第一銀行ビルのBankARTTemporaryさんでは、新横浜市庁舎を設計した、槇文彦展。こちらは、先日見てきたヒルサイドテラスがライフワーク。他にもスパイラルとか、幕張メッセとか、霧島のみやまコンセールも。海外でも作品多数。幼稚舎出身で、慶応の藤沢キャンパスも設計していたとは知らなかった。

Img_8550_20201209102601

Img_8552

 新旧市庁舎を作った2人の展示をさくっと見たのだけれど、考えてみれば、目の前に本物があるんだから、本物を見た方がいいよね。新市庁舎は、まだ入ったことないし、旧市庁舎は、いずれ取り壊されちゃう。

 まず、お隣の新市庁舎。開放的なロビー。先日も書いたように、市民なのにあまりご縁がないけれど、オープンスペースもいろいろあるので、もっと利用しないと。

Img_8559

Img_8553

Img_8557

Img_8566_20201209102601

 桜木町駅も市庁舎口を新設してほぼ直結して便利。京浜東北線にひと駅乗って関内。スタジアムのお隣の見慣れた建物が旧庁舎。あらためて近くで見ると、戦後らしい重厚さを感じる。それにしても、20年以上横浜に住んでいるけど、結局、用事で来ることはなかったような。。。すでに解体の準備に入っていて、高層ビルが立つようだけれど、スタジアム寄りの行政棟だけは残って、星野リゾートのホテルになる模様。

Img_8569

Img_8567

Img_8568

Img_8572_20201209102601

Img_8575

 帰りは、日本大通りへ出て2駅乗って、久々にMARKISで食材を購入して帰宅。

 

2020/12/3:さかざきちはるの本づくり展に参戦♪

◆横浜・市川:くもり:8853歩

 例によって、11時の開店と同時に香露庵に参戦して、空いているうちにきざみ鴨せいろ。旨い。

Img_8498

 横須賀線グリーン車で市川へ。今年はなんだかんだよく千葉方面に来る。黄色い電車に乗り換えて一駅、本八幡で下車。

 グーグルさんにだまされて、細い路地をごにょごにょと15分くらい歩いたけど、結局は、ニッケコルトンプラザの近く、生涯学習センターの2階にある、市川市文学ミュージアムに到着。suicaペンギンでおなじみのさかざきちはるさんの本づくり展に待望の参戦だ。

Img_8526

Img_8503

 ペンギン系ツイッターのTLでは、みなさん、けっこう訪問されているようにみえたけど、寒い平日の昼間ということで、先客もなく、ゆったり鑑賞。「ぴーちゃんの歌」の原画を中心に、suicaペンギンはもちろん、ちびゴジラやチーバくんなどなど。なぜこんな地味なところでひっそりと開催されているのかわからないけれど、キュートすぎて悶絶する。

Img_8505

Img_8506

Img_8508

Img_8511_20201207080401

Img_8516

Img_8518

Img_8522

Img_8523

Img_8514_20201207080401

 売り切れていたサイン本がちょうど再入荷したとのことで、さっそく購入して、本八幡まで戻る。午後から晴れて気温も上がってくるはずだったのだけれど、どんより曇ったままで、北東の風が冷たい。

Img_8525

Img_8524

 当初の予定では、この後は、京成で船橋競馬場へ、というか、愛馬キングオブポップ号の船橋競馬出走予定に合わせて、今日の市川参戦を計画したのだけれど、寒いし、面倒になってきたので、総武快速線で帰浜。

 そのキングオブポップ号、いわゆる後方ママ。休み明けとはいえ、あまりにもあんまり。参戦しなくてよかった。仕方がないので、メインのクイーン賞を買うも大敗。寝よう。

 

2020/11/25:トライアローグ展に参戦。

◆横浜:あめのちくもり:7053歩:横浜の最高気温=12.6度

 北東の風が冷たく、雨も残って寒い中、スカイビルで散髪。ヘッドスパも。1フロア上の鮨屋で昼ビア。GoToEatかながわクーポン。いつどうなるかわからないから、早く使わないと。

Img_8232

Img_8235_20201127081601

 国内でも感染者が増え続け、いろいろと騒がしくなる中で、東証連日の暴騰、引けにかけて上げ幅縮小とはいえ、理解できない。バブル期を知る評論家諸氏のテンションも上がってきたので、そろそろ危ないか?もっとも、小生の銘柄は波に乗れず、置き去りのまま。さりとて、ここから買いに出ていく勇気もない。

 16時半の回を予約して、横浜美術館で「トライアローグ展」。富山美術館、愛知県美術館と3館共同企画で、ピカソ、ダリ、マグリット、マティスなどいろいろ。館内は例によってガラガラで、係員の方が多いくらいでゆったり。

Img_8239

Img_8242

 実は、横浜美術館は、この展覧会を最後に、来年から大規模改修で長期休館。2年以上もお休みとのことで、同じタイミングでみなとみらいホールも休館するので、ちょっと寂しくなる。

Img_8241

 17時半から、プロントのパブタイム。こちらも例によって、ガラガラでゆったり。ハッピーアワーのハイボールをいただき、おなじみのタコのカルパッチョ、海老のアヒージョ、ボロネーゼ。こちらもGoToEatかながわクーポン。

Img_8248_20201127081601

 

2020/11/23:ハヤトくんにお稽古をつけるも、パワプロまた大敗。。。

◆東京・横浜:はれのちくもり:4622歩:東京都心の最高気温=20.9度

 3連休最終日もまずまずのお天気。今日は、年明けの百人一首大会に向けて、ハヤトくんに稽古をつけるということで、大井町線車内で予習。みをつくしてや・・・みだれてけさは、みだれそめにし・・・あたりが苦手なので、下の句→上の句を、車内で何度も確認。

20201123

 尾山台駅から徒歩ですぐのアンディアーモさんで、サイスさん一家と合流してランチ。昨年は、夜の部で参戦したけれど、パスタのランチコースも、リーズナブルで美味しい。

Image4_20201125134501

Image13_20201125134501

Image11_20201125134501

 サイス宅に転戦して、さっそく対戦。稽古をつけるといっても、例によって1対1ではとてもかなわない。サイスさんと2人で組んで、今日もちょうどいい勝負。51-49で辛勝。。。予習していた効果は・・・

Image3_20201125134501

Image8_20201125134501

 さらに前回惜敗したパワプロのリベンジマッチが開催。もちろん今日もファイターズvsカープだ。前回は、5-7、10-12と乱打線の末に敗れたのだけれど、今日も初回こそ0-0だったものの、マルティネスがめった打ちで3回までに8失点。しかし、その裏にホームラン攻勢で一気に9点ととってひっくり返すと、あとはもうめちゃくちゃな打ち合い。19-13から8回に玉井くんで追いつかれ、20ー19から秋吉がひっくり返されて、22-22で延長に突入して、宮西が打たれ、清宮の代打ホームランで追い上げるも万事休す。25-27って、ラグビーじゃないんだから。。。

Image7_20201125134501

(渡邉くんたのむよ!)

Image1_20201125134501

(とらえた!)

Image10_20201125134501

(入った!)

Image14_20201125134501

(同点の延長10回は、宮西!)

Image2_20201125134501

(ラグビーかよ・・・)

Image9_20201125134501

(無念・・・)

Image5_20201125134501

(むぅ・・・)

Image6_20201125134501

(13本塁打、27安打、25得点も・・・)

 サイスさんのこだわりのコーヒーをいただき、再びお稽古再開。53-47、52-48でおじさん組がなんとか勝ったけれど、一応39年前のチャンピオン2人に1人で互角に戦うのだから、大したものである。来年は、コロナ禍で例年と少し違うスタイルの大会になるとのことだけれど、ぜひ連覇を達成してほしいものだ。

Image_20201125134501

Image12_20201125134501

 

2020/10/28:宮島達男クロニクル1995-2020@千葉市美術館

◆横浜・東京・千葉:くもり時々はれ:10391歩

 本日は、10時から年に一度、点検のための共用部全館停電。各住戸の電気は消えないけれど、エレベーター停止だけでなく、断水、テレビ・インターネット利用不可だから、ひきこもりも辛い。避難するに限る。

 ということで、10時のみなとみらい線から横須賀線~総武快速線直通グリーン車で、千葉へ。ここまで来ると、けっこう乗りでがあるし、千葉駅は相当久しぶり。何やらきれいになっている。そして、千葉モノレールは初乗り。

Image14_20201030085801

Image8_20201030085801

Image7_20201030085801

 葭川公園駅から歩いて、千葉市美術館へ。「宮島達男 クロニクル 1995-2020」が開催中。ちょうど母から招待券をもらったので、参戦することに。宮島達男さんは、六本木のSTARS展で、6人の中で、唯一知らない人だったのだけれど、その後、日曜美術館その他で復習済みだ。

Image2_20201030085801

Image4_20201030085801

 事前予約も不要で、館内はゆったり。初期の作品は、ちょっと気持ち悪い系もある。後半は、おなじみのLED。撮影可の作品も多くうれしい。ぼーっと数字を眺めているのも悪くないんだよね。

Image10_20201030085801 

Image5_20201030085801

Image1_20201030085801

Image9_20201030085801

Image11_20201030085801

Image12_20201030085801

Image3_20201030085801

 帰りは千葉駅まで歩いて、東京駅でいったん降りる。遅めのお昼、東京駅の地下街、いろいろ目移りしてで浮気しそうになるのを我慢して、玉丁さんで豚肉入りと漬物とビア。

Image_20201030085801

 JR西日本の5489ネットで予約した来月の指定券の発券。諸般の事情により、なぜかJR東海の機械でしか発券できないから横浜駅では発券できないのだ。(北陸新幹線だと、逆にJR東日本でしか発券できない)

 東京駅は、グランスタには、ムーミンショップが臨時出店しているし、あいかわらずsuicaペンギングッズも充実していて、いろいろ誘惑が多いのだけれど、なんとか振り切って、「祭」さんで、「峠の釜めし」だけ購入して、無事に帰宅。

Image15_20201030085801

Image13_20201030085801

Image6_20201030085801

 

2020/10/27:江戸の土木@太田記念美術館

◆横浜・東京:くもり時々はれ:6541歩

 雲多めだけれど、今日もまずまず秋らしい陽気。NY大幅安の割には、東証健闘を確認して、香露庵できざみかもせいろをいただき、スカイビルで散髪。久々にヘッドスパも。

 東横線急行で上京して、明治神宮前へ。平日でも若者でにぎわう表参道から、ひょいっと裏に入ると、太田記念美術館。雰囲気ががらっと変わる。

20201027

 1年3ヶ月ぶりくらいの参戦、本日のテーマは、「江戸の土木」。6月開催予定で、「東京人」7月号ともタイアップしていたのだけれど、延期になっていたようだ。特に事前予約は不要で、消毒のみで入場。フロアに7~8人だから、ソーシャルディスタンスでゆっくり観られる。

Img_7486

 土木ということで、橋や水路、寺院などが中心。両国橋、日本橋、深川など、広重や北斎の作品も多数。杉本章子さんの小説で読んだ小林清親の「東京新大橋雨中図」も実物を初めてみることができた。

Img_7489

Img_7490

 実は、この展覧会、明日、スリバチ学会会長による解説会のライヴ配信があるので、予習にするか復習にするか迷ったのだけれど、日程の都合上、先に実物を見ることに。

 早めに帰宅して、プロントで一献と思ったら、けっこう密なので断念。ぶらぶら美術館でSTARS展の復習をして早々に就寝。

 

2020/10/1:京セラ美術館に参戦♪

◆神戸→京都→横浜:はれ:11597歩

 何度が目が覚めて6時すぎに起床。アップグレードされたお部屋は、角部屋で両方向に窓があって、バルコニーも広い。夜の間に雨が抜けて、いい感じで日が昇ってきた。

Image21_20201002082801

Image5_20201002082701

Image26_20201002082801

 メリケンパークオリエンタルホテルといえば、朝食ヴァイキングが充実。検温して入場、お料理を取るときは、マスクとビニール手袋着用。メニューはだいたい同じだったかな。

Image8_20201002082701

 シャトルバスが減便されて、いい時間のがないので、タクシーで三ノ宮へ。次の目的地は、京都だから、本来なら当然新快速なのだけれど、まだちょっとラッシュにかかりそうだよな、と思ったら、特急スーパーはくと2号を発見。全然早くはないけれど、指定駅は空いてるし、ゆったりできるよ。

Image14_20201002082801

 三ノ宮9時ちょうど発ということで、お席に座って、さて、ドコモは売れたかな?とヤフーファイナンスをチェックすると、なんかヘンだ。どうも東証システム障害で売買停止とのこと。あまりにもあんまり。。。

Image11_20201002082801

 気をとりなおして、京都駅から地下鉄を乗り継いで東山へ。今回の第2の目的は、リニューアルされた京都京セラ美術館、そして杉本博司の「瑠璃の浄土」。今週いっぱいで終了なので、ギリギリまにあった。

Image7_20201002082701

Image24_20201002082801

Image28_20201002082801

Image18_20201002082801

Img_6905

 予約制で、平日午前ということで、ゆったり観られる。初めて見た光学硝子五輪塔などは撮影不可だったけれど、おなじみの作品は、撮影OKもうれしい。そして、お庭には、ガラスの茶室も。気持ちよく晴れてとてもいい感じだね。

Image2_20201002082701

Image29_20201002082801

Image31_20201002082801

Image27_20201002082801

Image10_20201002082701

Image33_20201002082801

 せっかくなので、お隣の平安神宮にお参りして、さて、どうしようか、鉄道博物館はちょっと遠いよなぁと思ったら、なんと1時間に1本、京セラ美術館の目の前から、鉄道博物館行きのバスがあって、ちょうどやってくるではないか。すばらしい。京都駅経由だからけっこう時間はかかるけれど、楽チン。清水寺の入口あたり、いつもならバスは大混雑だけれど、修学旅行のグループ別散策のような学生さんが数名乗っている程度でゆったりしたものだ。

Image9_20201002082701

Image25_20201002082801

Image30_20201002082802

 久しぶりの京都鉄道博物館は、今日から事前予約は不要で、当日券での入場。小さな子どもを連れたファミリー中心。美味しくないハムバーグなどいただいて、休憩がてら新快速50年の特集ビデオなどを見てから外へ出て、梅小路の機関車館。ここは、実際に営業路線と線路がつながっているのがいいよね。そして、売店が旧二条駅舎を活用しているのもすばらしい。

Image15_20201002082801

Image_20201002082801

Image4_20201002082701

Image12_20201002082801

Image19_20201002082801

Image32_20201002082801

Image16_20201002082801

Image13_20201002082801

 帰りは、ひかり号、エクスプレス予約のグリーン早トクで2時間20分。乗車率は2割くらいかな。帰宅する頃には、横浜も晴れてきて、中秋の名月がベイブリッジに。

Image23_20201002082801

Img_6954

 東証は結局、終日売買停止。まぁ、小生もシステム業界にいたから、二重化した機器が切り替わらないことがあるのも、再起動にリスクがあることも、そして、このテの障害が完全には防ぎきれないこともわかるよ。わかるけど、小生の担当していた小さなシステムだって、5分でも止めないように長年ずいぶん神経をすり減らせていたことを思うと、3桁か4桁ちがう要員とお金をかけているであろう東証のシステムも、案外頼りないのね、というのが正直な感想だね。

 

 

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)