2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2022/12/14:「ショウ・マスト・ゴー・オン」に参戦!

◆横浜・東京:はれ:6172歩:横浜の最高気温=16.5度

 4時に目が覚めたので、枕元のiPadで、AbemaTVでソッカーを見てみる。アルゼンチン2-0で前半。その後、寝落ちして、6時半に目が覚めたら、アルゼンチン3-0で勝利。へんな態勢になっていたのか、起きたら腰が痛いよ。。。

Img_9993_20221215100501

 昼間は暖かかったけれど、風が強く、その風が北寄りに変わって、冷え込み始めた夕方に東横特急で上京。渋谷で乗り換えて、三軒茶屋へ。ここもかなり久しぶりだ。

Img_9996_20221215100501

Img_9997_20221215100501

 三茶パティオ口でkecoさんと合流して、まずは、ドトールで作戦会議。来年の日程表とにらめっこしながら、あーだこーだと検討するのは、楽しい時間だけれど、来年の日程は、週末の交流戦がGだったり、パ・リーグでも週末に同じカードが妙にかぶったりして、ちょっとイマイチだねぇ。

 駅直結の世田谷パブリックシアーさんに転戦。本日は、「ショウ・マスト・ゴー・オン」。三谷さんの初期の作品で、実に28年ぶりの再演。当時はお芝居を見る習慣がなかったけれど、それでも評判は聞いていたくらいなので、とても楽しみ。当然、チケット争奪は困難を極めたけれど、なんとか平日夜のB席を確保。3階席後方で、よくぞ残っていたというようなお席だけれど、かなり前にせり出していて傾斜もあるので、全体はよくみえる。

Img_0009_20221215100501

 実は、今回、出演者のコロナ陽性が相次いで、そのたびに、三谷さんが代役を努めて、公演中止を最小限におさえてきた。まさに、「ショー・マスト・ゴー・オン」(幕が上がったら、何があっても最後まで続けなくてはならない)を実践してきたのだけれど、先週も浅野さんが陽性になって、水曜の夜のみ休演。これ、チケット持ってた人は、辛いよねぇ。。。幸い、今週から浅野さんも無事に復帰したようで、本当によかった。。。

 30年前の本多劇場では、西村雅彦さんが演じた舞台監督の役は、鈴木京香さん。京香さんのお芝居を見るのは、もしかしたら初めてかもしれないけど、格好よくて、素敵だわ。3階席だから、役者さんの細かい表情まではわからないけれど、この作品は、登場人物も多く、動きも大きいので、舞台全体が俯瞰できるのも悪くはない。基本的には、芝居はいい席で見るに越したことはないけれど、このB席5000JPYは、なかなかオトク感があるよ。

 ストーリーは、ホントバカバカしくて、笑いの連続。ウエンツ君、シルビア・グラブさんなどがバタバタする中で、なんだかよくわからない役の藤本隆宏さんの鹿児島弁、初演のときは、原作者(栗林)の役だったというスタッフの父親役の小林隆さんなども、とにかくおかしい。

 おかしい理由を語るのは野暮なので、とにかく、盛大に笑って、楽しく帰宅して、ラストの場面の京香さんの乾杯でこちらも呑みたくなってしまったので、プシュっと飲って、心地よく就寝♪

Img_0010_20221215100501

2022/12/9:150年後の国宝展

◆横浜・東京:はれ:8953歩:はれ時々くもり:東京都心の最高気温=13.8度

 最近は、都内へ出るのも億劫になりつつあるけれど、それではいかんということで、朝から上野へ、と思ったら、こういう日に限って、東北線(宇都宮線)のダイヤ乱れで、上野東京ラインが直通運転中止。横須賀線で東京駅へ出たところで、ふらふらとTRAINIARTさんに吸い寄せられて、Suicaペンギン&鳥獣戯画のコラボグッズを購入してしまう。これは、キュートすぎて、反則だよねぇ。。。

Img_9962_20221214093701

 山手線で上野へ出て、トーハクへ。会期延長された「国宝展」ではなくて、表慶館で開催の「150年後の国宝展」の方へ。未来のお宝、すなわち、昭和~平成の思い出の逸品みたいな展示。ゴジラから始まって、たまごっちとか、ファミコンとか。企業協賛なので、偏りはあるけれど、なかなか楽しい。KDDIの「au Design project」のケータイやスマホは好きで、使ってたんだよね。今はもう全面液晶だから、デザインのやりようがなくなって残念だけど、いや、実は、まだやりようがあるのかも。。。

Img_9957_20221214093701

Img_9955_20221214093701

Img_9943_20221214093601

Img_9946

Img_9948_20221214093601

Img_9944

Img_9950_20221214093701

 この展示は、無料、というか、常設展示の1000JPYのチケットのおまけだから、本来は、常設展をゆっくり見ていくところなのだろうけど、十分満足したので、ショップに寄って、早々に退場。広場には、修学旅行生がめだつようになった。よかったねぇ。

Img_9958_20221214093701

Img_9960_20221214093701

 上野東京ラインは、予想外に早くダイヤも正常に。直通運転中止して、東京と上野で折り返しになってから、2時間くらいで、元のダイヤに戻すのだから大したもんだ。

 帰宅して、たしかauのは、まだ家にあったはず・・・と思ったら、見当たらず。拙宅は、いろいろくだらないグッズがあるけれど、150年後に国宝になりそうなものは全然ないねぇ。PC-8001とかとっておけば・・・と悔やまれるが、後の祭り。

 現役ドラフトで、各チーム1名ずつチェンジ。いろいろ課題はあるけれど、まぁやってみるのは悪いことではない。とりあえず、淺間くんが出ていかなかったので、一安心。投手が多かったのね。

 

2022/11/16:全国旅行支援で行く!親孝行シリーズ・秋の小布施~軽井沢(1)

◆横浜→長野→小布施→軽井沢:はれ後ときどきくもり:8750歩:長野の最高気温=12.2度

 全国旅行支援第3弾は、2年ぶりの親孝行シリーズ。今回は、近場ということで、北陸新幹線「あさま」号で母と合流して出発。道中つつがなく10時38分、アルペンルートに行った8月以来の長野駅に無事到着。

Img_9432

Img_9431_20221122073701

 本日は、まず小布施へ向かう。トヨタレンタカー・ヴィッツ号で出発。街中を抜けるのにけっこう時間がかかったけれど、40分くらいで到着。今日もまずまずのお天気で、紅葉もなかなかいい感じということで、小布施界隈は、観光バスも参戦してきてけっこうなにぎわい。

Img_9433

Img_9434

 母のお目当ては、モンブランなのだけれど、とりあえず本店レストランでランチ。地味なミニ会席コースだけど、お出汁などはさすがに美味しい。栗おこわにデザートの栗菓子までいただく。

Img_9437

Img_9438

 北斎館は、残念ながら展示替え中ということで、常設展のみの見学。さらに、小布施に北斎を呼んだ高井鴻山の記念館も見学。当時の館がそのまま残っている。そして、北斎だけでなく、なぜか若冲もある。幕末から明治にかけて、パトロンとしてだけでなく、各方面でいろいろ活躍した方のよう。ここもお庭の紅葉がとてもいい。

Img_9444_20221122073701

Img_9440

Img_9448

Img_9449_20221122073801

Img_9451_20221122073801

Img_9447

 1番人気のモンブラン「朱雀」は、お持ち帰りNGとのことなので、普通のモンブランを無事にゲットして、小布施PAのスマートICから高速に入って、長野から小諸で降りて、浅間サンラインから国道18号へ。佐久経由で軽井沢ICまで行くとだいぶ遠回りで、ドライブとしては、こちらのルートがいい。

 軽井沢千住明美術館へ。こちらは、西沢立衛さんの設計で、SANAA風のガラスの吹き抜けや曲線のデザインでなかなかいい感じだ。

Img_9454

Img_9452_20221122073801

 入場すると、いきなり警備員がやってきて、

「声が響きますので、お静かにお願いします。」

 と言う。母と美術館に来ると、いつも怒られる。だけどねぇ、たしかに母は声は大きいけど、このときなんて、普通に絵について会話してただけで、まして相手が小生だから、そんなにハイテンションになっていたわけでもない。どうも日本の美術館は無言で鑑賞すべしという風潮があるけど、おかしいよね。小生だってひとりのときは、そりゃ無言で見るけど、連れ立ってきた客は、絵の前で、あーだこーだ言うのが当たり前だよね。

 館内は、おなじみの滝がメインだけれど、比較的最近の作品に、なかなかいいのもあった。隣接して、浅野屋のカフェなどもあって、一度は行ってみてもいいところかと思う。

Img_9456

 ホテル鹿島ノ森へチェックイン。軽井沢というと、プリンスのコテージや、貸別荘その他に泊まることが多かったので、プリンス以外のホテルは初めてだ。鹿島建設の2代目が、碓氷峠の鉄道工事に関わった際、軽井沢を気に入って、別荘を作ったのがルーツとのことで、その後、旧軽井沢ゴルフコースのロッジして作られ、さらにホテルに生まれ変わって、今は、オークラ系の運営。改装されて間もないようで、館内はきれいだ。

 シーズンオフの軽井沢ということで、お客さんもほどほど。レストランがけっこうお高いので、夕食は、街へ出てとも思っていたけれど、歩くには寒いし、車だすとお酒飲めないし、クーポンが2人で6000JPYもらえたし、ということで、館内レストランで赤ワインとウインナシュニッツェル。デザートは、お部屋に戻って、小布施で買ってきたモンブランを美味しくいただき、初日は早々に就寝。

Img_9462

Img_9463

Img_9465

Img_9464

Img_9458_20221122073801


 

 

2022/10/28:東京ステーションギャラリー「鉄道と美術の150年」

◆横浜・東京:くもりのちはれ:7323歩:東京都心の最高気温=19.2度

 連日熱戦の日本シリーズにはつきあいきれないので、早々に就寝して、けっこうぐっすり眠ったつもりで目が覚めると、なんとまだ23時。オリがサヨナラ勝ちをしたようだ。さらに0時すぎに目が覚めて、うし日記。NY続伸を確認して、ここで、ヤクルト1000を投入してみたけれど、2時すぎに目が覚めると、なんと杉谷引退。。。61のユニも持っているし、寂しくなるけれど、納得でもある。新球場の広告塔なら、別のやり方もありそうだし、若い宮田くんとかを戦力外にするなら、杉谷が先じゃないの?とも正直思っていたからね。上川畑くんがレギュラー有力で、石井、中島、谷内がいて、加藤くんをドラフトでとったらもう十分だものねぇ。。。お疲れさま。思い出されるのは、代走で牽制アウトになったシーン(多数)と、あと、サヨナラデッドボール、両打席ホームランもあったねぇ。2015年だけは、すごい打ったんだよなぁ。

Img_8747

 朝から晴れる予報だったから、昨日中に植え替えをしておいたのだけれど、今日もどんより曇って、風も北よりで冷たい。どうもこの秋のウェザーニューズの予報は、関東の北東気流の影響か、晴れと曇りに関しては、あまりあてにならない晴れる晴れる詐欺が多い。

Img_8746

 渋谷のイッタラ展とどっちにするか迷ったのだけれど、上野東京ラインで久しぶりに東京駅へ。ステーションギャラリーで、「鉄道と美術の150年」。太田美術館で見たような浮世絵(錦絵)から、現代アートまで、鉄道や関連する世相を扱った絵がたくさんあって、なかなか充実している。

Img_8757_20221102094701

Img_8760_20221102094701

Img_8776

Img_8759_20221102094701

 展示の案内の中で、「鉄道の父」こと井上勝さんの銅像が、丸の内北口にあることが書かれていたので、せっかくなので、ごあいさつ。丸の内が正面広場は、えらい方が来るようで、警備が厳重だった。

Img_8762_20221102094701

Img_8764_20221102094701

 久しぶりの都心なので、八重洲へ出て「玉丁」で味噌煮込みうどんとか、KITTEの千疋屋さんで栗パフェとか、いろいろ選択肢があって迷ったのだけれど、まだ時間も早いので、再び駅に入場して、まず「祭」さんで、かねがね気になっていたsuicaペンギンの「大人のお子様ランチ」をゲット。

 さらにグランスタをうろうろしていると、「東京駅7days展覧会」とのことで、なつかしい東京駅の写真とともに、辰野金吾さんの銅像が。これは、期間限定でどっかから持ってきたみたいで、ラッキーだったかも。

Img_8768_20221102094701

Img_8766_20221102094701

Img_8769 

 これ以上、うろうろしていると、いろいろ欲しい物がみつかってしまいそうなので、suicaペンギンおせんべいだけ購入して、おなじみのトレニアートさんは、見るだけで我慢して、早々に帰宅。

Img_8771

Img_8774_20221102094701

Img_8772

 東証続落。午後も遅くなって、ようやく晴れてきた。ワインとsuicaペンギン弁当をいただき、今日は(も)、早々に就寝。

Img_8777_20221102094701

 

 

 

2022/10/26:あれこれ

◆横浜・相模原:はれ:6824歩:横浜の最高気温=18.8度

 昨日までのどんよりから一転、気持ちよく晴れたけれど、北寄りの風は冷たい。

 今週は、引き続き、マンションのもろもろメンテナンス期間で、冷暖房は使えず、昨日は、排水管洗浄で在宅しなければならなかったけれど、今日は、共用部全館停電ということで、10時からエレベーターも動かなくなってしまう。

 幸い、本日は、所用につき、桜木町から、8時25分の横浜線直通で出発。15時半に帰宅すると、停電は16時までだけれど、エレベーターはもう復活しているとのこと。

Img_8726_20221031082401

 共用部停電なので、自宅の冷蔵庫とかは、大丈夫だけれど、水も出ないし、給湯、床暖房、IP電話、テレビ、インターホン、インターネットなど全部使えない。

 16時になったので、とりあえず、お風呂に入って、温まると、インターホンがまだ復旧していない。そして、インターネットもだめ。家の中のルータその他を全部再起動してもダメだから、共用部だろう。

 管理人さんに報告すると、インターホンは把握しているけれど、インターネットは聞いてないとのことだったけれど、ちょうど通りがかったおじさんが、「うちもダメだ。停電の後はいつもダメだよ。」と加勢してくれて、ようやく業者を手配してもうことに。

 ネットが使えないとどうにもならないので、ロゼワインをチビチビ飲んで、待っていると、19時頃にようやく復旧。やれやれ。

 横浜FCから、昇格グッズのTシャツとマグが到着。

Img_8728_20221031082401

 そして、解体されてしまった、中銀カプセルタワーのクラウドファウンディング第2弾。当初は、1カプセル保存の計画だったけれど、なんと7つのカプセルの救出に成功したということで、今後の展開が楽しみ。さっそく支援第2弾。みなさんよろしくおねがいします。

中銀カプセル解体!救出した7カプセルで動く建築とメタボリズム実現へ

20221026y

20221026x

2022/10/19:太田記念美術館「はこぶ浮世絵」

◆横浜:くもり:6506歩:横浜の最低気温=12.5度

 早々に就寝しすぎて、23時に目が覚めて、NY続伸を確認、0時に目が覚めて、うし日記、2時、4時と目が覚めて5時半にはもう起きることにする。野菜生活、ヨーグルト、フルーツミックス、レタスサンド、コーヒー。NY続伸なのに、日経先物の夜間取引はマイナス。

 冷え込んだ朝。でも、秋のこういう冷え方は、けっこう好き。ただし、今週は、拙宅は、冷暖房切り替え期間で、冷房も暖房もどちらも使えないうえに、今日と明日の日中は、温水器交換とかで、床暖房も浴室乾燥もお湯も使えないというから、あまり寒くなっても困る。

Img_8638

 10時のみなとみらい急行で出発。明治神宮前まで一本で楽ちんと思ったら、よりによって渋谷行きで驚いたけれど、反対ホームで接続はあって、一駅乗って、無事到着。久しぶりの太田記念美術館。こちらも鉄道150年にちなんで「はこぶ浮世絵」を開催中だ。

Img_8639

Img_8640

 高輪築堤あたりの鉄道を書いた浮世絵は、いろいろあるのだけれど、よく見ると、明治4年とかの作品が多い、つまり鉄道開通前に想像で書かれているわけ。それだけ、期待が大きかったということなんだろうねぇ。それから、江戸時代の東海道、橋がかかっていない大きな川は、船で渡るものだとばかり思っていたけれど、船もなくて、肩車してもらって渡る場所がけっこうあったとはびっくり。肩車が怖い場合は、かごみたいなのもあるんだけど、4人でかつぐから、お値段も4倍とかになるらしい。

Img_8645

Img_8646_20221027064301

 かねがね気になっていた虎子石のぬいぐるみを無事にゲット(^^;)して、帰りは、原宿駅経由で。駅ナカにSuicaペンギングッズの自動販売機とか設置されていて、あぶないあぶない。。。

Img_8641_20221027064301

Img_8642

 早めに帰宅すると、やっぱり部屋の中がけっこう寒い。浦和競馬・埼玉新聞栄冠賞大敗で、懐も寒い。温水器再開の18時まで布団にくるまってから、ようやくお風呂で温まって一息ついて、ビアをいただき、早々に就寝。

Img_8653_20221027064301

 

2022/10/1:ANA無料航空券で行く4年ぶりのパリ&凱旋門賞(4)マルモッタン美術館~ロンシャン競馬快勝!(凱旋門賞展望)

◆パリ:くもりのちはれ:11730歩:空気はひんやり

 8時起床で朝食ヴァインキングをいただき、10時すぎにゆっくりと出発。デファンスは、やはりビジネス街のようで、昨日までのにぎわいはなく、土曜日の朝は、人通りも少ない。

Img_8169_20221002031301

Img_8170

 1号線でフランクリン・デ・ルーズベルトで乗り換えるはずが、ぼやっとしていて、一駅乗り過ごしてしまう。滞在4日目、少し気をつけないとダメだね。

 9号線で、ラミュエットへ。高級住宅街の16区からブローニュの森へ向かうあたり、遊歩道には、銀杏じゃなくて、栗がけっこう落ちている。

Img_8173

Img_8175_20221002031301

 おなじみのマルモッタンモネ美術館。11時に予約しておいたけれど、特に混雑もなくすんなり入場。印象派の名前の由来となった「印象・日の出」は、企画展に組み込まれいたので、撮影NG。もちろん、常設展にも、モネがたくさん。睡蓮の色合いのちがうバージョンも楽しめる。

Img_8174

Img_8177_20221002031401

Img_8179

Img_8178

Img_8181

Img_8178_20221002031401

 ここから、ブローニュの森を小1時間歩けば、ロンシャンに行かれるだけれど、今日はどんより曇ってひんやりなので、9号線~10号線を乗り継いで、ポルトドートゥイユからシャトルバス。4年ぶりにロンシャン競馬場へ帰ってきた!

Img_8182_20221002031401

Img_8184_20221002031401

 開門直後についてしまったようで、入場がけっこうな行列で驚いたけれど、場内はけっこうゆとりがある。お天気もだいぶ回復してきた。明日の予行演習で、1レースのG2を購入。2と3の単、1,2,3,4の馬単、ワイドのボックス。(はじめ馬連のつもりが、7頭立てから馬単しかないと、おばちゃんに言われた。こういう会話だけは通じるのよね)

Img_8183_20221002031401

Img_8185_20221002031401

Img_8188_20221002031401

Img_8213

 ロゼワインをいただきながら、のんびり観戦していると、なんと見事に2-4-1と決まった!やっぱり、ムーアとギュイヨンだね。32ユーロが191ユーロになったから、これは大勝利!すばらしい!ただ、3000m、3分24秒だから、やっぱり馬場はかなり重そうだねぇ。。。

Img_8196

Img_8207

Img_8211

Img_8195_20221002031401

 2レースはパスして、グッズを購入したり、パドックで、レジェンド・ユタカ・タケを見たりして、3レース。4-1-10と入って、馬連1-4,ワイド1-10が的中。10番のペリエが人気薄でさすが。これも32ユーロが73ユーロになったから快勝だ!

Img_8217

Img_8215

Img_8227_20221002031401

Img_8218

Img_8242_20221002031401

Img_8255_20221002031401

Img_8258

 陽射しもでてきて、気持ちよい秋の空になってきて、この後は、ルメールの騎乗やドゥドュースに帯同しているマイラプソディのレースなどもあるけれど、明日に備えて、今日のところは、早めに撤収。帰りはポルトマイヨ経由。実は、ロンシャンからデファンスは、同じパリ西側の郊外だから、かなり近いんだよね。東京でいえば、府中と多摩センターみたいな感じかしらん。

Img_8264

Img_8262

 今日もサラダをテークアウトしてお部屋に戻ると、今日は、無事にお掃除も終わっていた。ゆったりした日程にしているつもりなのだけれど、なんだかんだ今日も1万歩オーバー。入浴して疲れを癒やして、ビアとワインをいただきながら、じっくりと凱旋門賞の展望。

Img_8267

Img_8268

 無敗の怪物バーイードの回避は残念で、生で見たかったけれど、その分、日本馬のチャンスは広がった。騎手は、武豊、ルメール、川田、横山兄、生産は、社台、ノーザン、岡田さんにノースヒルズと、名実ともに日本を代表する楽しみな4頭だ。

 一方で、凱旋門賞の馬券といえば、ひと昔前までは、ガリレオボックス、オブライエンボックスで、なんとかなったものだけれど、さすがにもうガリレオの直仔はいない。後継のフランケルは、ガリレオほど2400への適性はないのではなかろうか?とすれば、人気のルクセンブルクにそこまでの信頼はどうなのか?同じことはアルピニストにも言える。

 ガリレオの孫のヴァデニは、昨日肘打ちで2ヶ月騎乗停止(明日は乗れる)のスミヨンから乗り替わりが噂されているけれど、どうなのか?ドイツ血統のメンドシーノ、ファーブル師でやはりガリレオの孫のマレオーストラリスの3頭を軸に手広く。外国馬は、JRAで購入して、日本馬応援馬券は現地購入で!

◎10メンドシーノ

○ 3マレオーストラリス

▲15ヴァデニ

△ 2トルカータタッソ

△17オネスト

△12バブルギフト

△11タイトルホルダー

△20ルクセンブルク

△14アルピニスタ

 

<JRA購入>

単複:10、3、15 300JPY*3*2

馬連:(10,3,15)ー(10,3,15,2,17,12,11,20,14)

  100JPY*21

ワイド(10,3,15)-(10,3,15、2,17,12,11,20,14)

  200JPY*21

3連単10←→(3,15,20、14)-(3,15,2,17,12,11,20,14)

  100JPY*56

3連複(10,3,15)-(10,3,15,2,17,12,11,20,14)-(10,3,15,2,17,12,11,20,14)

  100JPY*64

 

<現地購入馬券>

 日本馬4頭の単複(各5ユーロ)、馬連ボックス&ワイドボックス(各5ユーロ)

 

 時差の関係でひと足早くうし日記と思ったら、更新されていないので、日経クロスワード。なんとわずか15分で全問正解!これは、幸先がいいや!

20021001

 

2022/9/30:ANA無料航空券で行く4年ぶりのパリ&凱旋門賞(3)オランジュリー美術館~ブルス・ドゥ・コメルス

◆パリ:はれ:14534歩:陽射しは暖かだけど空気は冷たい

 何度か目が覚めるのは日本でも同じだから、それほど時差ボケという感覚はなく、最終的には7時に起床。アメリカンスタイルなので、朝食ヴァイキングは、まずまず充実。

Img_8091

 東証大幅安につられて、少し参戦してしまう。

Img_8092_20221001163501

Img_8093_20221001163501

 1号線でコンコルドへ出て、本日は、オランジュリー美術館から。10時で事前予約済みなので、すんなり入場。睡蓮の部屋は、やはりけっこうにぎわっているけれど、ここは、地下の作品も好き。ピカソ、ルノワール、モディリアニ、ローランサンなど、おなじみのなつかしい絵に4年ぶりに再会できるのがうれしい。セザンヌの海の絵は初めて見た気がするけれど、なかなかいいね。

Img_8095

Img_8096_20221001163501

Img_8101_20221001163501

Img_8100

Img_8109_20221001163501

Img_8103_20221001163501

Img_8102_20221001163501

Img_8104

Img_8107_20221001163501

Img_8106

 12号線でこちらもおなじみのボンマルシェさんへ。マグカップやかばんが、以前のようなおしゃれなのがなくてちょっと残念。おなじみのハート型のお砂糖その他を購入。

Img_8112

Img_8114

 コンコルドに戻って1号線に乗り換えて、ルーブル・リヴォリ駅へ。駅のホームから博物館風になっている。そして、5分ほど歩くと、お目当ての新名所、ブルス・ドゥ・コメルスだ。

Img_8110_20221001163501

Img_8117

Img_8115

Img_8136_20221001163601

 18世紀には、穀物取引所、1889年のパリ万博でリニューアルされて、商品取引所として使われていたという建物を、安藤忠雄さんがリニューアル、ピノー財団の現代美術館として、昨年オープンしたばかりだ。

Img_8133_20221001163601

Img_8134_20221001163601

 13時の予約だったので、少し早かったのだけれど、無事に入場を許される。パリ万博の時に描かれたというドームを囲む天井画がすばらしい。そして、吹き抜けのコンクリートの円筒は、いかにも安藤さんらしい。

Img_8120

Img_8124_20221001163601

Img_8121

Img_8123_20221001163601

(鳩も作品です。)

Img_8129

Img_8127_20221001163601

Img_8132

 定番の美術館あり、新名所あり、やっぱりパリはいいね。そして、なんだかんだと、今日もけっこう歩いたので、PARIS TURFを購入して、早めにホテルへ。

Img_8137_20221001163601

 お部屋のお掃除がまだ終わっていなかったので、デファンスを散策、グランダルシュの展望台へ上がるのは、卒業旅行以来かしらん。

Img_8140_20221001163601

Img_8141

Img_8146

 昨日と同じくサラダをテイクアウトして、お部屋へ戻ると、まだお掃除が終わっていない。しかもハンガーとスリッパが大量に机の上に置いてあったりして奇妙。フロントにお願いすると、おばちゃんが来てくれたけれど、なんだかご機嫌斜めだ。もう帰る時間だったのかな。でも。Don’t Disturbを出していたわけでもないし、怒られる理由もないんだけどねぇ。。。特別に5ユーロ渡してみたけど、あんまりうれしそうじゃない感じで、「メルシ」と。。。

Img_8145

Img_8147

 とりあえず、入浴してビアで気分転換してから、今日もワイン。凱旋門賞の検討を始めながら、早めに就寝。

Img_8168_20221001163601

 

2022/9/29:ANA無料航空券で行く4年ぶりのパリ&凱旋門賞(2)ディオールギャラリー~オルセー美術館

◆パリ:くもり時々はれ一時あめ:14314歩:けっこう寒い

 何度か目が覚めたけれど、それなりに眠って、5時にいったん起床。日本時間12時。パリでの最初の仕事は、ビルボード横浜での斎藤さんのクリスマスコンサートの予約(^^;)1時間くらいつながらなかったけど、無事に確保。その間に、ラグビーのNZ戦先行予約の申し込みも。

 時差というより、疲れが残っている感じで、9時近くまでベッドでグダグダして10時頃にチェックアウト。

Img_7983_20220930151601

 市内へは、バスで行こうと思っていたのだけれど、ポルト・マイヨへのバスは、運休らしく、おなじみのロワシーバスは、乗り場が見つからない。広いターミナルを、重い荷物でうろうろして早くもぐったり。あきらめて、RERで行く。列車内だとマスクの人も2割くらいいるかな。

Img_7984

 B線で市内へ入り。シャトレでA線に乗り換えて、デファンスへ。いつもは、オペラ座近くのトゥレーヌオペラさんに泊まるのだけれど、今回は、こういうご時世でもあるし、アメリカンスタイルの方が何かと便利かなということで、市内中心部は、お高いので、デファンスのルネッサンスさんへ。それでも日本の感覚からすれば、まぁ、かなりお高いのだけれど、12時に到着すると、お部屋の準備はできているとのことで、これは実にありがたい。

Img_7987

Img_7988

Img_7989

 4泊するお部屋で態勢を整えて、メトロで市内へ。デファンスは、中心部から少し離れているけれど、地下鉄は均一料金だし、1号線の終点なので、観光には十分便利だ。

Img_7991_20220930151701

Img_7990_20220930151701

 フランクリン・デ・ルーズベルト駅で降りて、シャンゼリゼ通りから脇道に入って、歩いて5分くらい。まずは、新名所ということで、今年オープンしたばかりのディオールのギャラリーへ。リニューアルオープンした本店に併設された美術館で、地元でもなかなか人気のよう。事前予約制ということで、本日分はブックフルのようだから、早めに14時の回を確保しておいてよかった。

Img_7993

Img_7994_20220930151701

Img_8032

 館内は、過去の作品から、最近のドレス、アトリエの紹介から、ジュエリーなどなど、思ったより広くて充実している。kecoさんなんかだったら、半日くらい楽しめそうだけれど、小生は、まぁ、さらっと。しかし、場所も便利だし、一見の価値はあると思います。

Img_7998

Img_8002

Img_8006

Img_8003 

Img_8009

Img_8014

Img_8019

Img_8023

Img_8026_20220930151701

Img_8025

 あいにく雨がぱらついてきて、気温も低いけれど、せっかくなので、オルセー美術館まで歩く。セーヌ川を渡って、30分くらい。当日券の列が少し並んでいるけれど、こちらも事前購入しておいたので、すんなり入場。観光客はそれなりに戻ってきているけれど、やはり、中国の団体さんなどは、ほとんどいない感じ。

Img_8033_20220930151801

Img_8037_20220930151801

Img_8038_20220930151801

Img_8039_20220930151901

 5階の印象派のお部屋へ直行して、シスレー、モネ、ルノワール、セザンヌなどなど。ここへ来ると、シスレーもけっこう見られるのがうれしい。モネも今まで見たことないようなのがあった。ゴッホとゴーギャンは別のお部屋になっていて、こっちの方がむしろ混んでたかも。

Img_8041_20220930151901

Img_8042_20220930151901

Img_8040_20220930151901

Img_8044

Img_8055_20220930151901

Img_8051_20220930151901

Img_8058

Img_8047_20220930151901

 雨もあがって、晴れ間がでてきた。もう一度セーヌ川を渡って、チュイルリー公園を歩いて、チュイルリーからメトロ1号線でデファンスへ戻る。いわゆる新都心なので、地下にお店がいろいろあって、スーパーでビアとワインとつまみを買って、サラダのファーストフード店があったので、いろいろチョイスしてテークアウト。ここはいいかも。

Img_8059_20220930151901

Img_8060_20220930151901

Img_8061

Img_8065_20220930151901

 なんだかんだ1万5000歩近く歩いてしまったけれど、バスタブ付きがありがたい。さっそく入浴して、疲れを癒やして、今日もビアとワインで早めに就寝。

Img_8068

Img_8089_20220930151901

 

2022/9/15:横浜都市発展記念館「横浜鉄道クロニクル」

◆横浜:くもり:5567歩:横浜の最高気温=26.1度

 7時半起床。どんより曇って、気温も上がらず、涼しい朝。

 午後から久しぶりにzoomを使うので、ちょっと練習したらバーチャル背景が消えちゃったり、マイクの調子が悪かったり、難渋したけれど、なんとか復活。

 みなとみらい線で2駅、日本大通り駅直結の、横浜都市発展記念館へ。新聞博物館のお隣だけれど、ここはたぶん初めて。

Img_7573

Img_7572_20220917075901

 鉄道150周年、ということで、企画展「横浜鉄道クロニクル」が開催中。規模は小さいけれど、鉄道開業当時の資料がいろいろ展示されていて、なかなかおもしろい。残念ながら、撮影禁止なので、図録を購入。

Img_7570

Img_7571_20220917075901

 最初に、新橋ー横浜が開業した後、当然、そこから先、東海道線として、京都、大阪方面へ延長する計画が出てくる(中山道=中央線経由とずいぶんもめたけど)のだけれど、初代横浜駅(今の桜木町近く)は、行き止まりになっていたので、スイッチバックが必要になっていたとは知らかなった。それじゃ、あまりにも効率が悪いので、高島町あたりに二代目ができて、さらに三代目が現在の位置になったようだ。

Img_7579_20220917075901

Img_7580

Img_7581_20220917080001

 売店では、なぜかゼンリンさんのMAPグッズシリーズも売っていたので、横浜のハンカチをゲット。

Img_7577

 午後から、所用につきzoom会議。PCの調子は問題なく、無事に終了。

 名古屋競馬、ベイスプリント大敗、園田競馬、西日本ダービー大敗。園田の西日本交流レースで1着から6着までが他地区(金沢、名古屋、笠松、高知)が上位独占とは驚いた。川崎競馬、戸塚記念大敗で、予算を使い果たして、門別競馬、旭岳賞にはたどりつけず、早々に就寝。

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)