2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

2023/11/2:Pensta&キュビスム展@上野

◆横浜・東京:はれ:8980歩:東京都心の最高気温=24.9度

 今日もよく晴れて、11月に入ってもまだまだ暖かい。10時すぎの上野東京ラインで、普段はお留守番のペン氏2人を連れて上京。

Img_4931_20231103173101

 期間限定カフェの終了から3ヶ月、上野駅エキュート内にオープンした「Pensta」は、5年前に東京駅で惜しまれつつ閉店したグッズショップも併せての復活。開業直後の混雑を避けてようやく初参戦。11時前の店内は、空席が多く、ゆったり。席によっては、AC100も使える。

Img_4938

Img_4934_20231103173101

Img_4933

 開業直後から、ちょっとトラブルが多くて、今日も人気のモンブランパンケーキは、機械の故障で午後からの提供とのことなので、SNSでチェックしておいたカフェオレとポークカレーをいただく。このカレーは、なかなか美味しい。

Img_4935_20231103173101

Img_4939

Img_4936

 当面は、カフェとグッズショップは、通り抜けできないので、食後に、あらためてお隣のショップへ。こちらも新製品が盛大。あまりゆっくりしていると、あれもこれも・・・となってしまうので、事前にチェックしておいたTシャツとパペットだけ購入。

 これで上京の目的は達成したのだけれど、いいお天気だし、せっかくなので、公園口へ出て、西洋美術館へ。「キュビスム展 美の革命」ということで、ポンピドーセンターでおなじみのピカソ、ブラック、シャガールなどを堪能。混雑もなく、一部の作品以外は、撮影OKも良心的。さらに、常設展に転戦して、おなじみの印象派の作品も堪能。新規の展示作品もいくつか。

Img_4940

Img_4941_20231103173101

Img_4942

Img_4944_20231103173201

Img_4946_20231103173201

Img_4949_20231103173201

Img_4955

Img_4956_20231103173201

 帰りは、東京駅へ出て、定ペン観測。こちらもあらかじめチェックしておいた枕を購入して帰宅。

Img_4957_20231103173201

Img_4958_20231103173201

 連休前の東証は続伸。お肉をしゃぶしゃぶして、早々に就寝。

Img_4959_20231103173201

Img_4960_20231103173201

 

 

2023/7/5:NODAMAP「兎、波を走る」に参戦!

◆横浜・東京:くもり:7198歩:東京都心の最高気温=28.7度

 今週も当選したIPO、ブリーチの公開初日。先週のノイルイミューン・バイオテックよりは、下馬評は高いようだけれど、初めての野村での当選なので、油断はできない。幸い、買い気配で始まり、9時半すぎにちょこっとプラスで無事終了。

20230705a

20230705b

 11時すぎに出発して、湘南新宿ライン特別快速で池袋へ。東口の西武では、ムーミン・マーケット、PARCOでは、ことりっぷ旅するCafeなども開催されているのだけれど、誘惑を振り切って、メトロポリタン口へ。目白方向へ数分歩いて、自由学園明日館へ。

Img_3148_20230707090001

Img_3159_20230707090001

 かねがね気になっていたのだけれど、初参戦のここは、旧帝国ホテルでおなじみのフランク・ロイド・ライトの設計。空襲で奇跡的に焼け残り、現在は、重要文化財として保存されていて、喫茶もできて、イベントや講座にも使われている。見学は、500JPYで、繁華街がすぐとは思えない落ち着いた空気が流れている。よく残してくれたよねぇ。

Img_3153_20230707090001

Img_3149

Img_3157

Img_3154_20230707090001

Img_3152_20230707090001

Img_3160_20230707090001

 東京芸術劇場プレイハウスに転戦して、NODAMAP「兎、波を走る」。後方Q列だけれど、傾斜もあり、まずまず見やすいお席。例によって、前半は、ついていくのが精一杯。そして、例年は、日頃サボっている脳味噌をフル回転させられる感じなのだけれど、今年は、どちらかというと、心を乱されるという感じかしら。いずれにしても、休憩なしの2時間1本勝負、今年も圧倒されて、参りました。もちろん、松たか子さんも高橋一生くんもすばらしい。

Img_3163

Img_3164_20230707090001

 帰りは、メトロポリタンでペンギンケーキでも思ったのだけれど、雨がパラついてきたので、断念して、湘南新宿ラインで帰浜。

 オールスター監督推薦発表。山本由伸を選ばないって、いくらなんでもありえないでしょ。村上だって、不調とはいえ、見たい選手だし、バウアーもいない。

 川崎競馬・スパーキングレディカップ、スピーディキック無念を確認して、早々に就寝するしかないようだ。

Img_3166

2023/6/22:「憧れを超えた侍たち」を鑑賞♪

◆横浜:くもりのち雨:4432歩:横浜の最高気温=24.0度

 10時前に家を出て、桜木町のブルグ13へ。映画館もかなり久しぶり。本日は、「憧れを超えた侍たち」、いわゆるWBCのドキュメント。当初は、早々の参戦を検討していて、その後、やっぱりいいかなとも思ったのだけれど、なかなか好評のようなので、遅まきながらの参戦。平日午前中ということで、さすがにガラガラで、ゆったり鑑賞。

Img_3045_20230623074801

 まぁ、JSPORTSでおなじみのナレーションで、ストーリーは、ご存知のとおりの、完璧すぎるハッピーエンドだけれど、選考会議とか、ベンチ裏の表情なんかが見られるのは、なかなかおもしろい。そして、何といっても、栗山監督以下、白井、清水、吉井、厚澤といったコーチ陣、スタッフにも、水原さんや鶴ちゃん、そして、ダルビッシュ、大谷とファイターズに縁のあるメムバーがたくさんいるからね。そういえば、杉谷もちゃっかり出演してた。

 めでたく世界一になって、シャンパンファイトも終わって、さぁエンディングというところで、コンちゃんがいなくて、先にシャワーを浴びてたのに爆笑して帰宅。

 東証は、反落だけれど、指値しておいた2銘柄は、跳ねてしまい、買えず。まぁ、考え方は、間違ってなかったと諦めるしかないか。

 午後は、久しぶりにNゲージの新規入線。最近引退したばかりのノースエクスプレスレインボー。同時期に活躍したフラノエクスプレスや、アルファコンチネタルエクスプレスと並べてみる。

Img_3061

Img_3060_20230623074801

Img_3058_20230623074801

 amazonからは、以前、ハイボールをかけてダメになってしまったキーボードの色違いが到着。Macとの相性もいいし、enterキーが大きいのが使いやすい。

Img_3062_20230623074801

 お肉をしゃぶしゃぶして、赤レンガ記念小敗を確認して、早々に就寝。

2023/6/20:ペンギンアパートメント後期に参戦♪

◆横浜→市川→東京→横浜:くもり時々はれ:8814歩:東京都心の最高気温=27.0度

 9時すぎに出発。ダイヤ乱れの横須賀線で東京をスルーして、2ヶ月ぶりの市川。芳澤ガーデンギャラリーのペンギンアパートメント、展示替えの後期に参戦だ。

Img_3009_20230620191201

Img_3007

Img_3010

Img_3011_20230620191201

 500点全点入れ替え。特に「森のアパートメント」の「ペンギンといきもの」のコーナーがキュートすぎる。「イカとペンギン」、「イシダイとペンギン」、「カバとペンギン」、そして、「カモノハシとペンギン」は、JR東西揃い踏みの夢のコラボ。他にも、「プランクトンとペンギン」なんていうのもあるよ♪

Img_3013

Img_3016_20230620191201

Img_3018

Img_3014

Img_3036_20230620191301

Img_3019_20230620191201

 帰りは、総武緩行線で、秋葉原へ出てRAILYARDさん、さらに、上野でプレミィ・コロミィさんで、ペンギンを補給して帰宅。

Img_3028_20230620191201

Img_3025_20230620191201

Img_3030_20230620191201

 東証反発。指値がひっかかって、久々にちょこっと購入。お肉をジウジウと焼いて、みちのく大賞典大敗。ABEMAで王座戦を確認すると、藤井竜王名人大ピンチ。8冠の夢もここまでか・・・と思い、早々に就寝。

Img_3031_20230620191201

 と思ったのだけれど、ベッドのなかなかでうだうだしていても、藤井さん敗れるのニュースが入ってこない。おかしいなと思って、再度ABEMAを確認すると、まさに大逆転した直後で、25手詰みくらいに討ち取って、勝利。これでベスト4。村田六段の「村田システム」は、成功して、勝勢だっただけに悔しいだろう。それにしても、この将棋をひっくり返すとは恐ろしい。これなら、ホントに8冠あるかもしれないけれど、次は、なんと羽生九段戦。8冠完全制覇に立ちはだかるのが、7冠完全制覇経験者という夢のカード。これは見逃せない!

0620b

0620a

 

 

2023/5/17:江戸にゃんこ@太田記念美術館

◆東京→横浜:はれ:10890歩:横浜の最高気温=29.8度

 今日は、昨日よりもさらに暑くなって、東京は真夏日。東証もさらに上昇して、日経平均3万円回復。中長期ではまだいけるかもしれないけど、さすがに短期的には過熱感があるけどねぇ。。。

 原宿へ出て、おなじみの太田記念美術館へ。「江戸にゃんこ」が開催中ということで見逃すわけにはいかない。浮世絵のにゃんといえば、国芳が有名だけれど、小生のおめあては、広重の「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」と四代歌川国政の「しん板猫のそばや」。前後期で入れ替えがあるのだけれど、幸い、どっちも後期の展示になったので、同時に楽しめる。他にも、「猫の牛肉屋」とか、「猫の温泉」とか、「猫の海水浴行」とか、実に楽しい。

Img_2623

Img_2622

Img_2627

Img_2624

 湘南新宿ラインで帰浜。

Img_2628

 川崎マイラーズ的中、はむほーを確認して、早々に就寝。

Img_2626

2023/5/16:建物公開2023「邸宅の記憶」@東京都庭園美術館

◆横浜→東京:はれ:9836歩:東京都心の最高気温=27.5度

 今日は、朝から気温がぐんぐん上昇して夏の陽気。そして、東証もぐんぐん続伸して、TOPIXは、33年ぶりの高値。さすがにそろそろ・・・という気がして少し売却。

 午前中は、ディアナでお当番。Aさんと交代して、東横線~目黒線で上京。白金台へ。

Img_2585

Img_2586

Img_2588_20230518081301

 実家へ行く前に、久しぶりに庭園美術館へ。この4月から、SANAAの妹島さんが館長に就任。恒例の建物公開ということで、旧朝香宮邸のアールデコをゆっくり堪能できる。この期間は、写真撮影もOK。今回は、3階というか、屋根裏というかのウインターガーデンも公開されている。

Img_2591_20230518081301

Img_2593

Img_2594_20230518081301

Img_2597

Img_2601_20230518081401

Img_2606

Img_2608

 企画展示がない分、宮様の備品などが展示。ゴルフクラブとか、ロイヤルコペンハーゲンのペンギンなど。ゴルフはかなりお好きだったようで、東京倶楽部の会長だかで、朝霞市という地名は、東京倶楽部が移転した際に、宮様の名前をいただき、かつそのままでは畏れ多いということで、朝香→朝霞となったとのこと。

Img_2596_20230518081301

Img_2599_20230518081301

Img_2600

Img_2602

Img_2603_20230518081401

Img_2604_20230518081401

 夜は、実家で、読売戦など見て、早々に就寝。

Img_2615_20230518081401

Img_2616_20230518081401

Img_2620_20230518081401  

2023/5/4:ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2023♪

◆横浜・東京:はれ:9541歩:東京都心の最高気温=25.7度

 今日も朝から爽やかに晴れて、風もなく、1年に1度あるかないかというくらいの行楽日和。今シーズン初の半袖シャツに、ジャケットをひっかけて、東海道線で上京。久しぶりの国際フォーラムは、4年ぶりに開催されるラ・フォル・ジュルネ♪

Img_2376_20230505075901

Img_2378_20230505075901

 3年前に中止になったベートーヴェン特集。まずは、ホールCで、福間洸太朗さんのピアノソロ。幻想曲ト短調、ピアノ・ソナタ13番。後半は、ベートーヴェンぽくないなと思ったら、スクリャーヒンさんのピアノ・ソナタ第2番から幻想曲ロ短調だった。

20230504

 次の公演までは、2時間。ラ・フォル・ジュルネは、国際フォーラム内にキッチンカーが出てたり、サロンコンサートがあったりと会場内でいろいろ楽しめるのだけれど、あまりにも気持ちのよいお天気ということで、仲通りを散策。はとバスが続々と出発していき、オープンルーフのバスは、外国人でぎっしり。この天気なら、みなさん、どこに行っても楽しめるだろう。

Img_2382

Img_2388_20230505080001

Img_2387_20230505080001

Img_2386_20230505080001

 昼食難民になるかと思っていたら、東京駅近くのバァのようなお店にすんなりと入場。窓際のお席で、ビアとパスタをいただいて、午後は、ホールAへ。5000人収容の大ホール、いつも後方席ばかりだけれど、今回は早めに手配したので、前から6列目という良席。日本センチュリー交響楽団、角田鋼亮さんの指揮で、ベートーヴェン交響曲第3番は「英雄」を堪能。名前は知っていたけれど、この曲は部分的にも聴き覚えがなかった。忘れないうちに復習しておくといいんだろうけど。

Img_2390

20230504a

 午後になっても風もなく穏やか。東京駅まで歩いて、TRAINIARTさんで、定ペン観測を済ませて、帰宅すると、今季初先発の北山くん6回ノーヒットからの継投で、1ー0ではむほー!すばらしい休日☆

Img_2394

Img_2393_20230505080001

Img_2396_20230505080001

 

2023/4/25:世界ペンギンの日にさかざきちはる「ペンギンアパートメント」@芳澤ガーデンギャラリーへ行く

◆横浜→市川→横浜:はれのちくもり:7241歩:船橋の最高気温=17.9度

 本日は、世界ペンギンの日。毎年この時期に、南極のアメリカ基地に、アデリーペンギンがよくやってきたことに由来するという。

 実におめでたい日、ということで、東証続伸を確認して、横須賀線グリーン車で出発。Wifi&AC100完備のE235系もだいぶ増えてきた。

Img_2246

 江戸川を渡って、市川駅で下車。先日の補欠選挙の余韻が残る駅前の通りを北へ歩く。京成の踏切を渡って、真間川も渡って、芳澤ガーデンギャラリーに到着。庭園は、藤の花がいい感じだ。

Img_2230_20230425185201

Img_2231_20230425185201

Img_2235_20230425185201

Img_2233_20230425185201

Img_2243

 お目当ては、もちろんさかざきちはるさんの「ペンギンアパートメント」。坂崎さんは、市川の出身なんだね。

Img_2236_20230425185201

 前後期に分かれての開催で、前期は、伊勢丹で恒例の「ペンギン100態」の過去の作品を、「売れてしまって手元にないので書き直した」という500点!「動くペンギン」、「ペンギンといきもの」、「ペンギンと色」、「ペンギンと鳥」、「ペンギンとねこ」の5つのコーナー(アパート)に分かれている。いきものの中でも、猫だけ独立しているのがうれしい。展示室は、撮影禁止だけれど、無料の図録に全500点が掲載されているのもすばらしい。

Img_2241

Img_2239_20230425185201

Img_2248_20230425185301

Img_2237

Img_2244_20230425185301

 午後からは、どんより曇ってきた。帰宅して、ゆるゆるばん馬を見ながら、お鍋で野菜を補給して、早々に就寝。

Img_2252_20230425185301

Img_2253

 

2023/2/23:『笑の大学』に参戦!

◆横浜・東京:くもりのちはれ:8010歩:東京都心の最高気温=14.4度

 まだ慣れないけど、天皇誕生日。ようやく一般参賀も再開されたようだ。

 午後から上京。実家に顔を出して、骨折中の母の様子を確認して、ゴミ出しだけ手伝って、バスで恵比寿経由渋谷へ。スクランブル交差点はすごい人出だ。

Img_1165

 東武ホテル1階のPRONTOさんで、kecoさんと合流して、春~G.W.の作戦会議。

 方向性が見えてきたところで、公園通りを下って、PARCOさんへ。リニューアル後初のPARCO劇場、本日は、三谷さんの『笑の大学』に参戦である。

Img_1166

Img_1167

 25年ぶりの再演、三谷さんの芝居の中でも最高傑作との声もあるようで、チケット確保が困難を極めたけれど、なんとかゲットしたお席は、中央やや後方、リニューアルしただけあって、傾斜もあって、まずまず見やすい。

 戦前の検閲官と脚本家のやりとりということで、休憩なしの1時間50分、内野聖陽さんと瀬戸康史くんの一本勝負。今回は、演出も三谷さんがやったみたい。もちろん面白かったけど、やっぱり、ちょっと単調で、最後も予想できちゃったかな。初演時は、西村雅彦さんと近藤芳正さんだったのね。映画化もされたようだけれど、舞台の前に、ラジオドラマが初演だったとは知らなかった。

 20時前には終演で、外階段で1階まで降りるけれど、PARCOさん周辺は、あまりにぎわってなくて、センター街へ向かうにつれて、外人さんと若者が湧いてくる。もう公園通りから文化が発信される時代ではないんだろうねぇ。そして、駅周辺には、あいかわらず高層ビルがどんどん建てられているけれど、渋谷文化圏育ちの小生も、まったくついていけてないよ。。。

Img_1171

Img_1168

 

2022/12/14:「ショウ・マスト・ゴー・オン」に参戦!

◆横浜・東京:はれ:6172歩:横浜の最高気温=16.5度

 4時に目が覚めたので、枕元のiPadで、AbemaTVでソッカーを見てみる。アルゼンチン2-0で前半。その後、寝落ちして、6時半に目が覚めたら、アルゼンチン3-0で勝利。へんな態勢になっていたのか、起きたら腰が痛いよ。。。

Img_9993_20221215100501

 昼間は暖かかったけれど、風が強く、その風が北寄りに変わって、冷え込み始めた夕方に東横特急で上京。渋谷で乗り換えて、三軒茶屋へ。ここもかなり久しぶりだ。

Img_9996_20221215100501

Img_9997_20221215100501

 三茶パティオ口でkecoさんと合流して、まずは、ドトールで作戦会議。来年の日程表とにらめっこしながら、あーだこーだと検討するのは、楽しい時間だけれど、来年の日程は、週末の交流戦がGだったり、パ・リーグでも週末に同じカードが妙にかぶったりして、ちょっとイマイチだねぇ。

 駅直結の世田谷パブリックシアーさんに転戦。本日は、「ショウ・マスト・ゴー・オン」。三谷さんの初期の作品で、実に28年ぶりの再演。当時はお芝居を見る習慣がなかったけれど、それでも評判は聞いていたくらいなので、とても楽しみ。当然、チケット争奪は困難を極めたけれど、なんとか平日夜のB席を確保。3階席後方で、よくぞ残っていたというようなお席だけれど、かなり前にせり出していて傾斜もあるので、全体はよくみえる。

Img_0009_20221215100501

 実は、今回、出演者のコロナ陽性が相次いで、そのたびに、三谷さんが代役を努めて、公演中止を最小限におさえてきた。まさに、「ショー・マスト・ゴー・オン」(幕が上がったら、何があっても最後まで続けなくてはならない)を実践してきたのだけれど、先週も浅野さんが陽性になって、水曜の夜のみ休演。これ、チケット持ってた人は、辛いよねぇ。。。幸い、今週から浅野さんも無事に復帰したようで、本当によかった。。。

 30年前の本多劇場では、西村雅彦さんが演じた舞台監督の役は、鈴木京香さん。京香さんのお芝居を見るのは、もしかしたら初めてかもしれないけど、格好よくて、素敵だわ。3階席だから、役者さんの細かい表情まではわからないけれど、この作品は、登場人物も多く、動きも大きいので、舞台全体が俯瞰できるのも悪くはない。基本的には、芝居はいい席で見るに越したことはないけれど、このB席5000JPYは、なかなかオトク感があるよ。

 ストーリーは、ホントバカバカしくて、笑いの連続。ウエンツ君、シルビア・グラブさんなどがバタバタする中で、なんだかよくわからない役の藤本隆宏さんの鹿児島弁、初演のときは、原作者(栗林)の役だったというスタッフの父親役の小林隆さんなども、とにかくおかしい。

 おかしい理由を語るのは野暮なので、とにかく、盛大に笑って、楽しく帰宅して、ラストの場面の京香さんの乾杯でこちらも呑みたくなってしまったので、プシュっと飲って、心地よく就寝♪

Img_0010_20221215100501

より以前の記事一覧