2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2024/7/13:ANAスーパーバリューで行く!エスコンフィールド、待望のルーフオープンゲーム最高!

◆札幌→北広島→千歳→東京→横浜:はれのち時々あめ:16287歩:札幌の最高気温=24.5度

 本日もエスコン。14時開始だから、ゆっくりでいいのだけれど、なぜか、フレップ&ハリーホーク撮影会が当選してしまったので、11時45分集合。しかしながら、昨日の今日で、ぐったりなので、早起きは無理。撮影会はあきらめることにして、レンタカーの返却も2時間延ばして、11時すぎの快速エアポートで出発。

 スーツケース持参なので、北広島からタクシーに乗ると、11時50分くらいには、エスコンに到着。まだ間に合うかもと集合場所へ急ぐと、撮影会参加OK。ファイティーキャップにファイティーTシャツ、90年代の縦縞ユニで、フレップ、ハリーホークと記念撮影を済ませて入場。

Img_3802

Img_3794_20240717082001

Img_3799

Img_3792_20240717082001

 そして、本日は、エスコン観戦8試合目にして、待望のルーフオープンゲーム!青い空の下、緑の芝が映える。いやぁ、これは、すばらしいの一言。やっぱりボールパークは、屋根を開けてこそだよね。北の大地のファンは、札幌ドームに慣れた人も多いからか、必ずしもルーフオープンが大歓迎されていなようで、雨の可能性がかなり低く、暑すぎず寒すぎない日を慎重に選ぶので、なかなか開かないのだけれど、もっとどんどん開けてほしいよね。レンタカーを返したので、今日はビアも飲める。試合前から、もう気分最高の野球観戦。ホークスは、柳町くん、正木くん、広瀬くんと慶応ボーイ3人が並んでスタメン。そして、ファイターズは、待望の1番センター浅間くんだ!

Img_3803_20240717082001

Img_3806_20240717082101

Img_3808_20240717082101

Img_3809_20240717082101

Img_3810_20240717082101

Img_3812_20240717082101

Img_3824_20240717082301

Img_3817_20240717082301

Img_3818_20240717082301

Img_3826

◇2024/7/13:○F 3-2 H(北広島)

 ファイターズは、2軍でもなかなか結果が出なかったバーヘイゲンが今季初先発。球速はソコソコ戻ってきたようだけれど、あいかわらずクイックがダメで、走られ放題。それでもなんとか5回2失点と試合は作った。

 ホークスは大津。レイエス選手が孤軍奮闘するけれど、なかなか打線が繋がらず。落ち着いてきたところで、はちきょうさんをいただきながら、2杯目のビア。

Img_3841_20240717082401

Img_3835_20240717082501

Img_3850

 帰りの飛行機の都合で、7回途中で、退場。実は、今日は、試合後に花火大会もあるのだけれど、チケット購入時点では、わからなかったのよね。夕方になっても、空気は爽やかなので、スーツケースを転がしながら、北広島駅まで歩くことにすると、8回表のピンチをヤマーンがしのいで、その裏にチャンス到来。昨日まったく打てそうもなかった津森を攻略して、同点に追いついた?というところで、北広島駅へ到着すると、ちょうど駅のビジョンに上川畑勝ち越しタイムリーが映って、構内に歓声が!

Img_3866_20240717082501

 そして、9回表、何やらピンチで、恐る恐る快速エアポート内でYahoo速報を更新すると、なんとか勝利!!!

 例によって、早めに球場を出て、空港に行くと、飛行機は遅延というパターンだけれど、モニタ付の787の新型機では、GAORAが見られる。ちょうど試合後の花火大会の生中継をやっていて、盛大な花火を眺めているうちに小雨模様の羽田に到着。4泊5日とけっこうな大旅行も、ルーフオープンとはむほーで無事大団円♪

Img_3867_20240717082601

Img_3868

Img_3869_20240717082601

Img_3876_20240717082601

 

2024/7/12:ANAスーパーバリューで行く!栗山の名店「味道広路」を堪能からのエスコン死闘も無念

◆北広島→由仁→栗山→北広島→札幌:はれのちくもり一時あめ:10931歩:札幌の最高気温=27.6度

 7時起床。お部屋からは、フィールドは見えないのだけれど、屋上から見られますよとのことで、階段で上がってみると、素晴らしい眺め。ちょうどルーフオープンのスタジアムを一望できる。いやぁ、これはすばらしいよ。

Img_3712_20240716150901

Img_3716_20240716150901

Img_3713_20240716150901

Img_3717

Img_3718_20240716150901

 朝食会場はないので、9時からオープンする敷地内のパン屋さんで軽くいただいてから、いったんエスコンを後に。栗の樹スタジアムは、今日も休業中なので、由仁ガーデンさんを久しぶりにひやかしてから、また栗山町へ。

Img_3724_20240716150901

Img_3725

Img_3730_20240716150901

Img_3733_20240716150901

 本日は、kecoさんのお誕生日ランチということで、「味道広路」さんへ。食べログ4.39という衝撃のスコアで、以前、移住体験したときにも、気にはなっていたけれど、今回、早くから予約して、待望の初参戦。広い個室でゆったりといただく。

Img_3734_20240716151001

Img_3746_20240716151001

 お品書きがないので、説明はほとんど忘れてしまって、解説できないのだけれど、ほとんどが北海道産の食材で、繊細な味付けがどれも絶妙。お酒が飲めないのが残念だけれど、2時間かけて、ゆっくり美味しく堪能。いや、ホントに美味しかった。語彙不足でうまく表現できないので、お写真で。

Img_3735_20240716151101

(イカはどこだっけ?)

Img_3736

(えーと。。。)

Img_3737

(鱒と左は、たしかヒラメ・・・)

Img_3738_20240716151401

(ゴボウとコーンと。。。左の焼き魚は、ふわっふわ)

Img_3739_20240716151501

(函館のマグロだったかな?)

Img_3740_20240716151501

(ツブともずくと。。。)

Img_3741_20240716151601

(えーと・・・)

Img_3742

(グリーンピースのおじやに雲丹が隠れてたんだっけ)

Img_3743_20240716154301

Img_3744

Img_3745_20240716151801

(ごちそうさまでした)

 少しドライヴしてから、再びエスコンへ。今日からの6連戦は、ファイターズ50周年シリーズで、今日は、記念ユニが配布。ファイティーも復活。ブルペンシートとやらを確保したけれど、立ち上がらないとブルペンは見えないね。

Img_3752_20240716152901

Img_3757_20240716153001

Img_3759

Img_3761_20240716153001

◇2024/7/12:●F 4-5 H(北広島)

 ホークス先発は、スチュワート・ジュニア。高校生の時に全米ドラフト上位指名を蹴って、ホークス入りした彼ももう24歳だけれど、今年、いよいよブレイクの気配。155キロのストレートと、スプリットか何かの変化球のコントロールがよく、打てそうもない。一方の加藤くんも今日もテンポよく安定の制球。2時間ちょっとで終わっちゃいそうなので、早めに何か食べ物でも調達と思い、いったん場内散策に出たが、ここから試合が動く。。。

Img_3767

 5回に1点先制されるも、6回に万波くん2ランで逆転。池田が復帰して、厚みを増した中継ぎ陣、あと1点あれば・・・と思っていたのだけれど、8回に杉浦が打たれて、同点に。こうなると、ホークスの中継ぎは、ヘルナンデス~津森とつながれて、打てそうもない。延長戦。。。

 10回表、田中正義が、柳町くんに被弾。。。よりによって、柳町くんにやられたか。もはや、これまで・・・と思ったら、10回裏、石井くん同点弾!

Img_3769_20240716153101

Img_3775

Img_3784_20240716153201

 11回表を、宮西からヤマーンでしのぐと、その裏、2死2、3塁のチャンスで、田宮くん。北の国からも盛大で、これは、なんとかなるのでは?と思ったけど、無念。

 12回は、もうピッチャーいないよと思ったら、なんと上原。2死2塁から、栗原敬遠で、斎藤に交代して、山川勝負は、わからなくもないけれど、その山川が内野安打で、満塁となってしまって、近ちゃんに回ってしまい、スリーボールとなってしまっては、万事休す。2点タイムリー。まぁ、打つよね。押し出しじゃなかっただけヨシとするよ。

Img_3786_20240716153201

 さすがにお客さんが帰りはじめた12回裏、なんと先頭の代打浅間くんがホームラン!1点差!さらにチャンスを作るも、最後は、郡司くん無念で試合終了。いやぁ、疲れた。。。でもミスらしいミスはなく、最後は、ホークスとの地力の差という感じだから、これは、仕方ない。

Img_3791_20240716153201

 試合終了が22時半を過ぎて、今日は車で来ていて助かったと思ったのだけれど、未舗装のフレップ駐車場は、真っ暗で誘導員も不在で、弱気な車が1台いると、全く外に出られない。駐車場脱出に20分くらいかかって、札幌市内に入る時には、日付が変わる。

 本日のお宿は、オープンしたばかりのウィンダムガーデンさんで、何やら外資系と思われる。部屋はきれいで悪くないのだけれど、提携駐車場がないという。仕方がないので、すすきののジャンボ駐車場に停めて、チェックインしてから、コンビニでお買い物して、シャワーを浴びたら、25時すぎ。長い1日、ぐったり就寝。

Img_3783

 

 

2024/7/11:ANAスーパーバリューで行く!エスコンフィールド、tower eleven hotelへ!

◆旭川→千歳→北広島:はれ時々くもり:3863歩:旭川の最高気温=28.9度

 北の大地3日目。本日は、新千歳空港でkecoさんをお迎えするのだけれど、予定していた1420着のエアドゥ運航便が欠航になってしまったという。平日午後便でも満席が多く、簡単に振替はできず、羽田1600で新千歳1735着とのこと。昨日の自転車でぐったり気味なので、レイトチェックアウトをリクエストして、12時すぎに出発。けっこう蒸し暑い。

 時間はたっぷりあるから、美瑛~富良野経由というテもあるのだけれど、面倒になってしまって、PAで休憩しながら、道央道を淡々と進んで、新千歳空港へ。

Img_3697_20240716105001

Img_3700

 18時頃にkecoさんをお迎えして、エスコンフィールドへ。今日は試合はないのだけれど、球場内のホテル「tower eleven hotel」に宿泊するのだ。

Img_3701

Img_3720_20240716105101

 4階でチェックインして、お部屋へ。フィールドが見えるお部屋は高いので、パークビュー。それほど広くないけれど、内装はなかなかおしゃれだ。

Img_3706_20240716105201

Img_3704_20240716105201

Img_3705_20240716105201

Img_3703

 夕食は、試合のない日も営業しているスタジアム内のレストランでいただく。ラストオーダー20時、さすがに平日は、営業店舗が限られていて、売り切れも多く、なんとか、ビアと焼き鳥丼を確保。ニッポンハムのブランド鶏「桜姫」は、なかなか美味しい。

Img_3707_20240716105301

Img_3708_20240716105301

 温泉の営業が21時までで心配したけれど、宿泊者は、24時まで利用できるとのことで、助かった。温泉から眺めるスタジアムは、この時間でも真っ暗ではなくて、ビジョンには、日韓戦の宣伝などが映っている。

Img_3709_20240716105301

 お部屋の大きなテレビで、レベッカのスペシャル番組を見て、ゆっくり就寝。

Img_3710

 

 

 

2024/7/10:ANAスーパーバリューで行く!レンタサイクルで天売島一周!

◆羽幌→天売→羽幌→旭川:くもりのちはれ:4883歩:羽幌の最高気温=21.7度

 久々の和室もなんとか眠ったようで、6時すぎに起床。朝食ヴァイキングには、羽幌産甘エビが食べ放題とうれしい。

Img_3593

 8時の高速船に乗れば、焼尻島にも上陸できるのだけれど、8時半のフェリーで。ゴロ寝は腰が痛そうなので、1等を奮発。お祭りの関係か、地元の子供たちの盛大なお見送りを受けながら出航。1時間半の船旅で、天売島へ到着。

Img_3594

Img_3598

Img_3601

Img_3607

Img_3615_20240715173201

Img_3671_20240715173501

 島内一周は、約12キロ。電動アシスト付き自転車を借りて出発だ。

Img_3618

 オロロン鳥で有名な天売島、かねがね気になっていたのだけれど、今では、天然記念物に指定されていて、なかなかお目にかかることはできないようで、もっぱらウミネコが幅を利かせている。いきなり、繁殖地を通るようで、盛大に乱舞。八戸の蕪島もすごかったけれど、こちらもなかなかだ。落とし物に当たらないよう、恐る恐る通過。

Img_3621_20240715173401

Img_3623_20240715173401

Img_3628_20240715173401

Img_3634

 気温は20度くらいなのだけれど、どんより曇って、日本海からの西風が冷たい。前半はけっこうな上り坂で、途中からは一方通行。最近の電動アシストは、かなりパワーがあるようで、なんとか降りずに登り切った。獲得標高160mということで、ツールの山岳に比べたら、20分の1くらいだけれど、すでに汗だくで、息が上がってきたよ。。。

Img_3639

 後半、島の東側を下る頃には、太陽も出てきていい感じになってきて、ビューポイントで休憩しながら、2時間くらいで無事に島内一周。港の食堂で、海鮮ラーメンをいただき、ひと息つく。帰りは、高速船で羽幌へ。

Img_3654

Img_3651_20240715173501

Img_3660_20240715173501

Img_3670_20240715173501

Img_3667

Img_3674

 今日は、旭川泊まりということで、昨日のルートを逆に戻るのが最短のようだけれど、それもつまらないので、苫前から239号で士別方面へ。同じ国道でも、オロロンラインとちがって、こちらは、道の駅もなく寂しいし、舗装もところどころ凸凹していて、通る車も少ない。そして、ここ苫前町は、日本史上最悪の熊被害のあった場所で、吉村昭さんの小説「羆嵐」の舞台にもなっているところで、怖い。幸い、熊は出なかったけれど、キツネさんが登場。車を見ると、向こうから近づいてくる。

Img_3677

Img_3680_20240715173601

Img_3681

Img_3686_20240715173701

Img_3684

Img_3689

 朱鞠内湖への国道275号と合流するあたりには、廃線になった深名線の旧添牛内駅が残っていた。さらに進んで、トヨタのテストコースの横を過ぎると、ようやく士別で、人口2万足らずの小さな市でも、久しぶりの街の景色に少しほっとする。日本最北の士別剣淵インターから道央道で、旭川までは、1時間あまり。なんとか明るいうちに東横インさんにチェックインして、早々に就寝。

Img_3691

Img_3692_20240715173701

Img_3694_20240715173701

 

2024/7/9:ANAスーパーバリューで行く北の大地、日本海オロロンラインで羽幌町へ!

◆横浜→東京→旭川→北竜→留萌→小平→羽幌:くもりのちはれ:8814歩:羽幌の最高気温=22.4度

 4時45分起床。4泊5日ともなると荷物も多い。ファイターズのコロコロを転がしながら、5時30分のみなとみらい線から、横浜、京急蒲田乗り換えで、羽田空港第2ターミナルへ。ラウンジでひと休みして、55番ゲートからのANA4781便は、久しぶりのAIRDO運航でこれまた久しぶりの旭川空港へ。

Img_3523_20240709191101

Img_3524

Img_3529_20240709191101

Img_3530

 ハイシーズンでお高いので、軽で申し込んだニッポンレンタカーさんは、ぎょろっとしたお目々のスズキのハスラーさんで出発。

Img_3531_20240709191201

 7月の旭川空港スタートといえば、旭山動物園~美瑛・富良野と行くのが定番コースだろうけど、小生は、北上して、旭川北ICから道央道、深川JCTから深川留萌道へ。鉄道は廃止されたのに、無料高速だけは、どんどん整備される。留萌本線まで廃止されるとは思わなかったよねぇ。。。

Img_3536_20240709191301

Img_3544_20240709191301

Img_3543_20240709191301

 当初は、留萌まで直行予定だったけれど、ホームページをチェックしたら、北竜のひまわりが、見頃のようなので、ひまわりの里へ。しかるに、まったく咲いていない。以前は、8月に来たから、おかしいなとは思ったのだけれど、ホームページの開花状況が、昨年の見頃のまま更新されていないようだ。ひどい。

Img_3547_20240709191301

Img_3548_20240709191301

Img_3550_20240709191301

 気を取り直して、深川留萌道へ戻って、留萌へ。黄金岬。北の大地の岬は、かなりあちこち行ったけれど、ここは、たぶん初めて。海岸が柱状節理なんだね。そして、道の駅るもいからは、旧留萌駅がみえる。寂しいねぇ・・・

Img_3551_20240709191401

Img_3552_20240709191401

Img_3553

Img_3554

Img_3556

Img_3558_20240709191401

Img_3559

Img_3560

Img_3561

Img_3562_20240709191401

Img_3564_20240709191401

 国道232号、オロロンラインを北上。予報より、天気もよくなってきた。小平町の道の駅鰊番屋は、重要文化財の旧花田家番屋に併設。いわゆる鰊御殿というやつだよねぇ。今では、想像もつかないけど。

Img_3565_20240709191601

Img_3566_20240709191601

Img_3569

Img_3570

Img_3573

 風力発電の風車以外は、何もない海岸線を北上して、羽幌へ。ちょうど、何やらお祭りが行われているようだ。フェリーターミナルで、明日の下調べをしてから、道の駅ほっとはぼろ併設のはぼろ温泉サンセットプラザさんへチェックイン。腰が痛いので、久しぶりの和室がちょっと辛いけれど、まずは、併設の温泉で汗を流す。今日も東京は熱そうだけれど、こちらは、22度。露天風呂も快適だ。お部屋に戻って、サッポロクラシック♪

Img_3575

Img_3577_20240709191801

Img_3579_20240709191801

Img_3576_20240709191801

 夕食は、羽幌産の甘海老を堪能して、食後には、隣接のバラ園を散策。涼しくて快適。お部屋に戻ると、お布団が敷かれていたので、早々に就寝。

Img_3582

Img_3589

Img_3588

Img_3590

20240709

 

2024/6/19:ANAタイムセールで帰浜

◆登別→千歳→東京→横浜:はれ:4057歩:千歳の最高気温=26.1度

 マリオットより瀧本の方がよく眠れた。館内では、インバウンドな方をたくさん見かけたけれど、朝風呂も空いている。今日もとても爽やか。社台のツアーで来ていた頃は、妙に寒い日が多かったけれど、今回は、6月の北の大地らしいすばらしいお天気に恵まれた。

Img_3334_20240621132701

Img_3335_20240621132701

 道央道を1時間走って、レンタカーを返却。給油精算の時に、

「アップグレードされたクルマは、よかったけれど、燃費が悪くなっちゃいますよね」

 と、お姉さんにひとくさりしてみたけれど、

「こちら都合でのアップグレードでしたか、それはどうも」

 とスルーされた。まぁいいけど。

 一昨日が妹の誕生日で、毎年、この時期に空港からメロンを送っていたのを思い出したので、めいっこにメロンを送ることにする。送料を確認する店員さん、

「(送り先は)どちらですか?」

「川崎です。」

「あのー、川崎って、何県でしょうか?」

「・・・」

 空港内でも繁盛している「センカ」さん、大丈夫かな。それに、長沼の道の駅から送った方が、メロンもだいぶ安かった。そりゃそうだよね。持ち帰るおみやげならともかく、送るのだったら、空港じゃない方がいいね。

 帰りもスーパーバリュー価格の12時半のANA62便。弟子屈さんで味噌ラーメンをいただいて、ラウンジでひと休みと思ったら、12時には搭乗開始の表示が出て、びっくり。20分前には、もう優先搭乗も終わっていた。搭乗率も5割くらい。

Img_3336_20240621132701

Img_3337_20240621132701

Img_3340_20240621132701

 ほぼ定刻に羽田着。あちぃ。14時30分のバスから、ちょうど横浜駅改札口前に停車するから便利。さきたま杯中敗から、ひと息入れて栄冠賞に転戦するも中敗。早々に就寝するしかないようだ。

20240619x

 

 

2024/6/18:ANAタイムセールで行く!栗山町、白老牛、第一滝本館

◆長沼→栗山→白老→登別:くもり時々はれ:2776歩:白老の最高気温=22.1度

 枕もベッドも柔らかすぎて、あまりよく眠れなかった。この時期の北の大地、4時くらいから明るくなってくる。それでも、3度寝くらいして、7時すぎに起床。

 昨日買っておいたパンを持参して、ロビーラウンジでコーヒーとともにいただく。テラス席もあるのだけれど、雲が多めで、南風もやや強いので断念。今日は少しじめじめしている。もっとも、関東から九州の太平洋側は大雨というから、降ってないだけでもありがたい。相客も少ないので、広いデスクで昨日の日記も更新。

Img_3288_20240620143201

Img_3290_20240620143101

Img_3291_20240620143102

Img_3289_20240620143201

 9時半すぎにチェックアウト。本日は、久しぶりに瀧本に泊まる予定だけれど、直行しては早すぎるので、まずは、栗山町へ。栗の樹ファームは、あいにく閉館中。栗山さんも忙しいのかな。隣接する「エコビレッジ湯地の丘」の分譲地は、だいぶ空きが少なくなってきた。そろそろ真剣に検討しないと。

Img_3294_20240620143301

Img_3301_20240620143301

Img_3302_20240620143301

Img_3295

Img_3296_20240620143301

Img_3299_20240620143301

 中心部に戻って、5年前に移住体験した「リーズン93」を確認。こちらは、お隣が整地されて、新たに分譲が始まっている。ここなら、コンビニもスーパーも、パラダイスヒルズの温泉へも歩いていける。こちらも一区画300万円台とリーズナブルだ。どっちがいいかな。

Img_3305_20240620143401

Img_3309_20240620143301

Img_3307_20240620143301

 ポツポツと雨が降ってきたけれど、234号を南下して、追分ICから道東道へ入る頃には、天候も回復。

 白老ICで高速を降りる。せっかくなので、「ごちそう亭」で白老牛のステーキかハンバーグでもと思ったら、あいにく定休日で、お隣の「おもてなし亭」へ。同じいわさきさんの経営で、こちらは、炭火でジウジウと焼くスタイル。盛り合わせセットで、昼から盛大になってしまった。さすがに旨いけれど、ちょっともたれる。ソフトドリンク、ライス、スープ、デザートまで付いて5000JPY。

Img_3318_20240620143401

Img_3317_20240620143401

Img_3310_20240620143401

Img_3311_20240620143401

Img_3314_20240620143401

 道央道に戻って、登別東IC。温泉街は、すでにアジアの方多数。久しぶりの第一瀧本館。もしかしたら、昨年は一度も来ていないかも。2年ぶり40回目くらいかしらん?

Img_3321_20240620143401

 久しぶりなので、いろいろ変わっていて、南館がリニューアルされて、快適なツインルーム。動かなくなってしまった大金棒だけれど、中のお人形が、ギャラリーコーナーへ移設されて健在なのがうれしい。ビデオで当時の映像と音楽も流れる。地下には、またラーメン屋さんも復活していて、大浴場へのエレベーターホール前には、ドアが設置されて、キーで開けるようになっている。

Img_3324_20240620143401

Img_3325

Img_3328_20240620143501

Img_3329_20240620143501

Img_3330_20240620143501

Img_3333_20240620143501

 その大浴場は、4時から25時までの営業となったようだけれど、大きな変化はなく安心。15時台だからなのか、お日帰り様も宿泊客も少なくゆったり。金蔵の湯を独泉できるのはありがたいのだけれど、ちょっと熱すぎた。

 これも久しぶりのマッサージで全身をほぐして、お部屋でサッポロクラシックをグビって飲って、ファイターズサヨナラ負けを確認して、早めに就寝。

Img_3332

 

2024/6/2:北海道フロンティアリーグ応援からのエスコン、福島くん初勝利&水谷くん初ホームランで快勝♪

◆札幌→北広島→千歳→横浜:はれのちあめ:10949歩:札幌の最高気温=21.5度

 2日目は、8時半にロビー集合。36号線を南へ走って、久しぶりの札幌ドームにご挨拶だけれど、今日の目的地は、そのもう少し先。羊ヶ丘通りを南下してから、熊さんの出てきそうな森の方へ入っていくと突然駐車場が現れて、少し歩くと、スタジアムが!

Img_3063_20240605103701

Img_3065_20240605103701

Img_3068_20240605103801

 札幌スタジアム。名前は大きく出たけれど、少し立派な草野球の球場という感じ。そして、今日は、北海道フロンティアリーグの公式戦が開催されるのだ!

Img_3070_20240605103801

◇2024/6/1:○石狩 5-3 美唄(札幌)

 全国に増えてきた地域リーグ、北海道にも、フロンティアリーグというのがあって、特に石狩レッドフェニックスは、タイガース~ファイターズの坪井智哉監督ということで、かねがね気になっていたのだ。ちなみに、相手の美唄ブラックダイヤモンズも、ファイターズOBの金子洋平監督だ。

Img_3066_20240605103901

Img_3077_20240605103901

Img_3092

 本来なら、昨日、石狩か美唄へドライブがてらと思っていたのだけれど、昨日は、もう1つのチーム、士別サムライブレイズの主催で、さすがに士別となると遠くて、札幌まで戻るのが大変。そして、今日、日曜日は、たまたま年に1度の札幌スタジアムでの開催にあたったようだ。

 前回のオイシックスよりも、さらに少ない観衆は、まぁご家族その他で2~3百人というところだろうけれど、プレイボール前には、国歌が流れ、場内アナウンスや応援団もいるし、ネット配信などもある。そして、何より、両チーム投手の制球がよく、守備もしっかりしていて、けっこう締まった試合だ。

Img_3085_20240605104001

 ちょっと風が強いけれど、よく晴れて、草野球日和。15年ぶりくらいに出してきた坪井タオル持参で、のんびり観戦。北海道には、もう2チーム、富良野と旭川にあるのだけれど、なぜかリーグが分裂してしまったのが残念。それでも、フロンティアリーグの優勝チームは、秋には、独立リーグチャンピオンシップに参加できるので、BCリーグや四国アイランドリーグと戦うことができる。秋に、ドラフトにかかるような選手が出てくることを期待しつつ、5回まで観戦したところで、エスコンへ転戦。

Img_3087

Img_3094_20240605104001

Img_3097_20240605104101

◇2024/6/2:○F 9-2 DB(北広島) 

 ファイターズ先発は、福島くん。今年、育成から支配下登録された21歳は、ここまで好投を続けているけれど、リリーフが打たれたりして、まだ白星がない。田中正義の配置転換も決まったようだけれど、今日こそは、打線の援護で楽な試合にしてあげたいと思ったら、2回、田宮くんツーベース、水野くんスリーベース、野村くんタイムリーと2000年生まれの3人で2点を先制!

Img_3099_20240605104101

Img_3104_20240605104101

Img_3109_20240605104101

 さらに3回には、水谷くん2ベース、ぐんぐん郡司くんのタイムリーに、牧のエラーもからんだところで、田宮くんが、ライトスタンドへ特大の第2号!すばらしい!これは盛大だ!!!

 大量リードで安心して、散策へ。外のテラスで、ラーメンフェスタみたいのが開催されていて、なかなか美味しいラーメンをいただいているうちに、水谷くんプロ初ホームランで追加点!すばらしすぎる!

Img_3114_20240605104201

Img_3113

 2年目のエスコン、もろもろのオペレーションもずいぶん改善されてきた。ベイファンの方も今日はあきらめて、グルメやら場内散策に専念しているようだ。

 福島くんは、7回100球の好投。8回は矢沢くん、9回はザバラ161キロで締めて快勝までギリギリ見届けて、車内でHBCラジオで、プロ初勝利福島くんとプロ初ホームラン水谷くんのヒーローインタビューを聴きながら空港へ。

Img_3117_20240605104201

Img_3124_20240605104201

 帰りの新千歳空港も、ベイユニの方で盛大で、お土産さんに行列。この週末は、おそらく数千人単位で遠征に来ていただろうから、羽田便にしめる割合はかなりのものだろう。前回のトラジャに続いて、今回も推し活の効果を実感する遠征。金曜、土曜日と勝利したから、ベイファンの方々も北の大地を満喫してくれたことだろう。

Img_3125

 そして、ラウンジで安田記念の結果を確認。香港のロマンチックウォリアー完勝!!!残高不足で縮小されたのが惜しまれるけれど、それでも、遠征代の半分くらいは、回収できた。すばらしい!

20240602x

20240602y

2024/6/1:今季初観戦は、ベイブルーに染まるエスコンで無念

◆横浜→千歳→北広島→札幌:はれ:9883歩:札幌の最高気温=20.4度

 5時45分起床。足の方は、なんとか7割方回復したかな。6時45分発の京急、直通の急行で羽田空港第2ターミナルへ。おなじみの8時発のANA53便で北の大地へ向かう。機内は、青のベイユニの方多数。週末の交流戦、ベイスターズは、今年、エスコン初登場ということで、遠征の方々で埋まって満席での出発だ。

Img_3030_20240605102501

 新千歳空港でkecoさんと合流して、ニッポンレンタカーさんで、見慣れないミニバンみたいのをゲットして出発。まだ時間は早いけれど、早めにエスコンへ。今季初エスコン、そして、開幕戦も欠場したので、1軍の試合は、これが今季初観戦なのだ。

Img_3035_20240605102501

 今回は、3階のバックネット裏。満員の土曜日でも、ファンクラブ割引で、3500JPYだから、ダイナミックプライシングが流行る昨今では、かなり良心的なお値段。ただし、ここでも、外野両翼には、ほんのわずかに死角はある。そして、ビジター席だけでなく、3塁側を中心に、ベイスターズファン多数で、スタジアムの半分近くがベイブルーに染まる。

Img_3057

Img_3052

◇2024/6/1:●F 3-4 DB(北広島)

 ベイスターズ先発は、立教出身のアンダースロー中川くん。オリ自由契約から育成経由での復活。神宮で何度も見てきたので、敵ながらがむばって欲しい気もある。初回、神宮でも何度も対戦したであろう郡司くんのヒットから、マルティネスタイムリーで先制。

Img_3054_20240605102601

Img_3058_20240605102601

 ファイターズ先発は、加藤くん。今日もストライク先行で、飄々と投げるのだけれど、2回伊藤光に被弾。。。

 4回にも、伊藤2ベースから、梶原タイムリーで追加点。その裏、五十幡くんヒットもあいかわらずの盗塁死後に、マルティネス6号で1点差。それにしても、五十幡くんは、脚の速さの割に、盗塁成功率があまりにも低い。

 ベイは、早めの継投で、5回から佐々木千隼へ。

 7回裏、ブレイク中の田宮くんと水野くんのヒットでチャンスを作って、目下絶好調の代打水谷くんが同点タイムリー!交流戦に入ってから、神がかった活躍だ。

 流れ的に、これは、勝てそうだと安心していたら、9回、田中正義が登場して、牧に被弾。。。開幕から安定していた投球を続けてきたのに、ここへきて、これで3試合連続の被弾だ。。。

Img_3059_20240605102601

 9回裏は、森原に抑えられて連敗。昨日、今日と、勝てそうな試合を接戦で落としてしまった。

 ホテル代の高騰続く札幌の中では、比較的リーズナブルで、最近よくお世話になっている相鉄フレッサインへ。ベイユニの方々は、早くもすすきのへ繰り出しているようだけれど、我らは、ホテル併設の蕎麦屋で、290JPYのサッポロクラシックとハイボールで乾杯して、お蕎麦とおつまみをいただき、早々に解散。

Img_3061_20240605102601

 忘れないうちに、明日の安田記念の投票。今年のメムバーなら、香港の英雄ロマンチックウォリアーで勝てるはず。マイルのスペシャリストではなくて、2000mを得意としているのも、安田記念には、好都合。年に一度あるかないかの、予算3万円で大勝負の予定が、なんと投票用口座の残高が・・・それでも、単勝8千円、もう1頭の香港馬、ヴォイッジバブルも含めて馬連総流しで合計1万8千円の大勝負だ!

Img_3046

Img_3044

 

2024/3/19:記念弁当で大団円

◆千歳→横浜:くもり時々ゆきのち時々はれ:5573歩:横浜最高気温=12.5度

 今朝も2度くらい目が覚めたけれど、まずまずよく眠れた。外はまた盛大な雪。朝食は、朝はホテル専用営業のやよい軒さんで、焼鮭定食をいただく。

Img_1751_20240325162901

Img_1753_20240325162901

Img_1754_20240325162901

 東証反落を確認しつつ、3度目の北斗の前面展望を眺めてくつろいでから、備品を返却して、10時チェックアウト。JR北海道の制服で記念撮影。

Img_1756_20240325162901

 千歳駅に着くと、また特別快速通過の時間にあたってしまう。1時間に5本あるのに、次の電車まで21分も空くのは、遺憾。

Img_1766_20240325162901

 iPhoneはつながるけど、なぜかMacからはWifiがつながらないサクララウンジでひと休み。いつのまにかまた雪が盛大になってきて、到着機遅れで、各方面遅延多発。幸い、小生の羽田行きのみが、定時出発予定と思ったら、折返しと思われる便が、目の前まで来て、ゲートにたどりつけず苦戦。なんとか到着したものの、やはり折返しは15分の遅れ。

Img_1769_20240325162901

Img_1771_20240325162901

Img_1777_20240325162901

 その後、さらに出発も遅れて、1時間近くの遅れでなんとか羽田到着。横浜駅の崎陽軒さんで、予約しておいた「北陸新幹線 福井・敦賀開業記念弁当」をゲットすると、宅配ポストには、JRE MALLさんからは、枕カバー、バスマット、ランチョンマット、眼鏡ケースが到着♪

Img_1784

 ランチョンマットを敷いて、福井さんの「いちほまれ」などが使われたお弁当を美味しくいただき長い旅も大団円。

Img_1788_20240325162901

Img_1790

Img_1791_20240325162901

 

 

より以前の記事一覧