2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2021/2/1:目黒をてくてく(球春到来)

◆東京・横浜:くもりのちはれ:11158歩

 今日から2月。プロ野球もキャンプイン。東京も午前中はどんより曇って冷たかったけれど、午後から日も差してきた。実家の帰りを利用して、今日もてくてく歩く。

 目黒駅からスタート。権之助坂ではなくて、行人坂を下る。学生時代には何度か通ったはずだけれど、こんなに急だっけ。今日から私の履歴書が始まったホリプロがこんなところにあったのも知らなかった。雅叙園をすぎて太鼓橋で川を渡って、山手通りは歩道橋で渡る。

Img_0335

(子供の頃からお世話になった目黒駅も立派になった)

Img_0337

(私の履歴書でおなじみのホリプロはここだったのか)

Img_0338

Img_0339

(大黒天さん)

Img_0340

Img_0341

(雅叙園さん)

Img_0342

(太鼓橋で目黒川を渡る)

Img_0343

Img_0346

(これは・・・)

Img_0347

Img_0348

(山手通り。地下には首都高速中央環状線)

Img_0349

Img_0350

 最初の目的地は、目黒不動尊。目蒲線で通学していたから、「不動前」の駅は何百回も通ったけれど、肝心の不動尊は初参戦。駅の方からくれば、参道っぽくなっていて、急な坂を登るようだけれど、裏から来たので、あっさり到着。

Img_0351

Img_0352

(目黒不動尊初参戦)

Img_0353

Img_0357

 さらに路地をてくてく。このあたり、目黒競馬場の跡地。「元競馬場」のバス停も不動前と同じくらい子供の頃からおなじみだけれど、競馬場はどこにあったんだ?

 残念ながら、根岸とちがって、ほとんど何もの残っていないのだけれど、細い路地の不自然なカーブは、どうやら当時のコースの名残りのよう。ちょうど半周くらいカーブしているから、このあたりが1~2コーナーと思われる。

Img_0358

(目黒競馬場の1〜2コーナーのカーブ跡!)

Img_0359

Img_0360

Img_0361

Img_0363

 目黒通りのバス停のところにある銅像はトウルヌソル。目黒競馬場で行われた第1回ダービーを記念するのだから、優勝馬ワカタカの方がいいんじゃないかと思ったけれど、トウルヌソルは、そのワカタカをはじめ、トクマサ、ヒサトモ、クモハタ、イエリュウ、クリフジと種牡馬として6頭のダービー馬の父になっていて、これは、サンデーサイレンス、ディープインパクトと並ぶ史上最多だというから、やはり偉大な馬である。

Img_0368

(名馬トウルヌソル号)

Img_0370

Img_0366

(子供の頃、よく通りました)

 目黒通りを渡って、バス通りをてくてく。右側、中目黒方向が崖になっていて、眺めがいい。大塚山公園は工事中。このあたり、細い道ばかりで、五叉路とか六叉路みたいな変則的な交差点と一方通行がやたらと多い。クルマでうっかり入ると大変なことになりそうだ。

Img_0371

Img_0372

(狭小住宅さん)

Img_0375

(進入禁止ばっかり・・・)

 梅の花がきれいな小さな公園は、帰宅してから調べたら、「なべころ坂緑地公園」で、目黒川方向への急な坂は、鍋が転がりそうだから、「なべころ坂」を名前がついているとのこと。しまった、よく見なかった。。。

Img_0376

Img_0380

 駒沢通りへ出て、少し戻ると、目黒区役所。区民じゃないから別に区役所に用事はないけれど、この建物は、旧千代田生命本社で、村野藤吾さんの代表作のひとつ。千代田生命が破綻した後、よく買い取ってくれたよね。中も見学すればよかったのだけれど、さすがに疲れてきたので先を急ぐ。駒沢通りから祐天寺の駅の方に向かって、なかなかいい雰囲気の商店街を歩いていて、さて、祐天寺はどこだっけ?と思ったら、祐天寺は駒沢通り沿いだったじゃないか・・・もう引き返す元気もないので断念。何やら尻切れトンボになってしまったけれど、バスや電車ではなじみのあるエリアもやっぱり歩くとちがう発見があるねぇ。

Img_0382

(千代田生命本社を買い取った目黒区役所は村野藤吾さんの代表作のひとつ)

Img_0384

Img_0385

Img_0386

Img_0387

Img_0388

Img_0391

Img_0393

Img_0394

20210201

 帰宅すると、オリオンビールが到着。ネットで買ったら、なんと奄美大島のお店で、はるばる船でやってきたけれど、なんとか球春到来に間に合った!GAORAキャンプ中継を見ながらプシュッと♪♪♪

Img_0418

(球春到来♪♪♪)

Img_0421

Img_0431

 

2021/1/30:お当番。

◆横浜:はれ:4977歩:横浜の最高気温=9.0度

 今日も冬晴れだけど、冷え込みは厳しい。今日は、ディアナでサロンのお当番。開店直後は10度くらいまで下がっているし、空気もカラカラ。換気のために窓も開けているので、寒い寒い。来客も少なく、17時に閉店して帰宅。

Img_0307

Img_0304

Img_0305

 夜は、お肉とキャベツをじうじうしながら、MacBookをAQUOSにつないで、ばんえい競馬を観戦。柏林馬事公苑特別は、一線級の好メンバー。ホント、いい時代になったねぇと思うのけれど、結果は大敗。

Img_0311 

Img_0312

 マイネルダビテが37歳で大往生とのこと。重賞勝ち馬ではシンザンの記録を更新する長寿記録らしい。同期が、メリーナイス、マティリアル、クールハートだから実になつかしい。ペーパーオーナーで盛り上がってた頃だねぇ。

 20時からは、今日も中井精也さんのZOOM講演会。今日は「1日1鉄傑作選」。いつもの公園の写真から、一畑電車、いまは無くなってしまった興浜南線や標津線、若い頃の中井さんの衝撃的な写真となつかしい201系、などなど楽しいおしゃべりとともに今日もあっという間の60分。

20210130

2021/1/25:旧根岸競馬場一等馬見所に参戦~横浜山手散歩♪~

◆横浜:はれ:12561歩:横浜の最高気温=13.6度

 南岸低気圧が去って、朝から青空。風もなくいい感じ。週半ばからは、また雨の予報もあるようなので、東証反発を確認して、さっそく散歩に行く。

 桜木町まで歩いて、根岸線で山手へ。駅前の外人墓地がさっそく崖の途中。反対側へ抜けられたら便利なのだけれど、NGのようなので、引き返して、再び登る。車が入れないような狭い路地や階段を抜けて、登りきったところが、旧根岸競馬場跡の根岸森林公園。根岸競馬場(横浜競馬場)は、日本最初の洋式競馬場で、江戸末期、1866年に外国人居留地の娯楽施設として建設されたというから歴史は古い。帝室御賞典(後の天皇賞)や横濱農林省章典四歳呼馬(後の皐月賞)も行われていて、祖父もよく通っていたらしいのだけれど、残念ながら戦前に休止。米軍の接収を経て、返還後は、JRAに払い下げられたのだけれど、周辺の宅地化が進んで、競馬場としての復活はならず、公園と博物館になっている。

Img_0134

Img_0135

Img_0136

Img_0137

Img_0144

Img_0145_20210203080501

Img_0146_20210203080501

Img_0148_20210203080501

Img_0149_20210203080501

Img_0150_20210203080501

Img_0151

Img_0153

Img_0152_20210203080501

 馬の博物館はお休みだけれど、公園には入れるので、園内を半周。ちょうど競馬場でいえば、3~4コーナーを曲がるところかなと思いながらテクテク。けっこうアップダウンがある。そして、反対側の開けたところにある立派な建物が今日のお目当ての「旧根岸競馬場一等馬見所」。当時のスタンドが今も残っているのだ。唯一解体をまぬがれたスタンドは、産業遺産には指定されているのだけれど、修復もされずボロボロで廃墟のよう。とはいえ、小生の競馬の師である祖父が通ったスタンドを間近で見るのはなかなか感慨深いものがある。祖父は、わざわざニューグランドに1泊して参戦したとよく話していたっけ。

Img_0154_20210203080501

Img_0156

Img_0161

Img_0165

Img_0170

Img_0172

Img_0181_20210203080501

Img_0180

Img_0175

 今日は、空気が澄んで、高台のスタンド跡からは、この週末でだいぶ雪が増えた富士山がくっきり。府中の東京競馬場も富士山がよく見えるので「フジビュースタンド」の名がついているけれど、こちらも立派な富士山ビュー。さらに遠くには、南アルプスらしき山々も。そして、東の方向には、みなとみらい地区が見えるから、昔は海もよく見えたんじゃないかしらん。

Img_0168

Img_0182

Img_0183_20210203082001

Img_0169

 すぐお隣はまだ米軍管理地区で星条旗も翻っているけれど、帰宅後に調べたところでは、どうやら近く返還される方向で、米軍住宅も退去済みとのこと。仮に一体が再開発されるのならば、この馬見所は、壊さずに記念施設として大事に保存・整備してほしいものである。

Img_0177

Img_0167

 元町方向に向けて、尾根筋のバス通りを進んで、横浜共立学園のあたりで左へ坂を下る。何やら由緒ありそうな洋館は、横浜山手214番館。旧スウェーデン領事公邸で、横浜市指定有形文化財なのだけれど、実は、お隣の横浜共立学園の校舎が、なんとヴォーリズさんの設計。こちらも文化財に指定されているらしい。しまった、よく見なかったよ。。。

Img_0187

Img_0188

Img_0189

Img_0191

 階段を降りると、地蔵坂。このあたりの傾斜はホントにすごい。崖の上の建物は横浜女学院かな。

Img_0192_20210203081401

Img_0194

 石川町の駅をすぎて、元町の商店街を抜けて、みなとみらい線で帰宅。足がパンパンだよ。。。

Img_0195

Img_0198

Img_0202

Img_0205

 夕方から、今日も楽天競馬のYouTube「ゆるゆるばんば」を見ながらばんえい参戦。カンシャノココロ快勝で、中日スポーツ賞的中!売上も好調のようで何より♪

20210125

 

2021/1/6:ばんえい金杯小敗

◆横浜:くもり:9052歩:横浜の最高気温=7.4度

 週末に寒くなるとのことだけれど、今日も朝からどんより、ひんやり。十分寒いじゃないか。ジャンプ観戦並みの重装備で散歩へ。マスクにsuicaペンギン耳あてにsuicaペンギンエコバッグ。傍から見たら怪しい人だよね。

 女神橋から海沿いへ。マリーンウォークも赤レンガ倉庫もゴーストタウンのように閑散。山下臨港線プロムナードで、山下公園へ。おなじみのローソンも閉店している。。。

Img_9632_20210112093501

Img_9634_20210112093501

Img_9637

 公園の端まで歩くと、うわさのガンダム発見。世代的にはほぼドンピシャなのだろうけど、小生はご縁がなくて、よくわからないので、有料入場はしない。なるべく端の方に建てたのだろうけど、外から見えちゃうよね。

Img_9642

Img_9641

 このまま戻れば平坦で楽なコースだったのだけれど、うっかり谷戸坂を登ってしまい、一杯に。。。何度来ても谷が急すぎる。横浜の地方気象台は、こんな丘の上にあったんだ。

Img_9645

Img_9646

 なんとかアメリカ山公園へたどりつけば、ここが駅の5階相当で、エレベーターで降りられる。ここへ出口を作ったのは英断だよね。1階で乗り換えて改札をくぐって、ホームは地下4階だからすごい高低差。

Img_9648

Img_9649

Img_9651

 早々に帰宅して、早々に入浴して、早々にビア。楽天競馬LIVEのゆるゆるばんばを見ながら、ばんえい十勝金杯に参戦するも小敗。早々に就寝しようと思ったら、ばんえい1レースで不適切騎乗で騎乗停止のニュースが。。。う~ん、これは。。。せっかく売上好調なんだから勘弁してほしいよね。。。

20210106y

 

2021/1/3:天馬賞中勝♪

◆東京・横浜:はれ:2241歩:東京都心の最低気温=-0.4度

 2日は、母とめいっこと義弟でささやかに集まって、スパークリングワインで乾杯して、お肉をジウジウと焼く。めいっこからは、誕生日プレゼントもいただいた。元旦の日記の疑問点について、少したずねてみるも、あまり話は噛み合わず。ユーミンは知ってるけど、MISIAは知らないみたいだった。初打ちの帯広記念は小敗。

Img_9495_20210104131801

 そのまま実家に泊まって、午前中は駅伝中継を見る。先日歩いた保土ヶ谷付近が映ったと思ったら、すぐにそごうの前に来ちゃうんだから、ホント速い。9区で3分の差を確認して、実家を出たのだけれど、帰宅前には、駒大があっさり逆転して驚く。毎年書いてるけど、ホント、適度に波乱とドラマがあって、実にtoto向きなんだけどねぇ。今年だって、3連単当たらないよね。

 BSで呑み鉄を見ながら昼ビア。最近は、昼ビアはだいぶ控えていたのだけれど、正月くらい。いや、隠居に盆も正月もないような気もするが。

Img_9498

 川崎は、報知オールスターCが的中して、小勝。ばんえいは、明け5歳限定の天馬賞で、メムロボブサップが2年連続の世代3冠。今後が楽しみ。3着に伏兵ジェイエースが突っ込んできて中勝。

Img_9500

20210103x

 西川くんのポスティング不調。残留はまぁうれしいけれど、なんか突然読売と金銭トレードとかありそうでちょっと不安。どうしてもいうなら、陽選手と交換で・・・

 10月末から毎週続いていた5分間花火は、今日が最後。夏は盛大にできますように。

Img_9513

Img_9541

Img_9543

 

2020/12/31:高知県知事賞大敗(年末ジャンボ大敗)

◆横浜:はれ:2566歩:横浜の最高気温=7.5度

 大晦日。例年なら高知競馬、高知県知事賞に参戦しているのだけれど、遺憾ながら断念。ならばということで、聖子ちゃんの武道館のチケットをゲットしたのだけれど、遺憾ながら断念してリセール。仕方がないので、久しぶりにみなとみらいホールのジルベスターコンサートで静かに年を越そうかと思うと、なんとブックフル。。。終夜運転がないから、遠くの人は来られないし空いているだろうと思ったら、年越しではなくて22時終演なのだという。ちなみに、みなとみらいホールは来年から改修なので、しばしのお別れ。五輪まで引っ張るつもりだったのだろうけど、何も横浜美術館と同じタイミングで改修に入らなくてもねぇ。。。

 冬型が強まって寒いけれど、空気は澄んで、遠く房総半島の山々までよく見える。混みあうスーパーで食材を調達して、ふく西さんで、年越し天ぷらのテークアウト。

Img_9381

Img_9383

 昼ビアをいただきながら、JSPORTSでブライトンの南アフリカ戦の再放送。何回観てもしびれるよねぇ。テンションも上がってきたところで、さて。。。

 年末ジャムボ&年末ジャンボミニ大敗。

Img_9384_20201231194701

 水沢競馬・桐花賞小敗。

 笠松競馬・東海ゴールドC大敗。

 園田競馬・園田ジュニアグランプリ中敗。

 tck・東京2歳優駿牝馬大敗。

 高知競馬・高知県知事賞大敗。

20201231x

 。。。

 みなさまよいお年をお迎えください。

Img_9386

 

2020/12/29:旧東海道をてくてく。(東京大賞典大敗)

◆横浜:くもり時々はれ:11392歩:横浜の最高気温=14.1度

 暮れも押し詰まってきたけれど、どうやら明日から寒くなるようなので、年内最後の散歩日和ということで、今日も午前中から出かける。

Img_9242

 久々に相鉄線に乗って、天王町で下車。今日は旧東海道を戸塚方面へ歩く。

Img_9248

 社会人になって、最初の10年くらい通った天王町。駅は高架化工事中だけれど、ランチに通った店なんかもあるし、なつかしい景色。もっとも、旧東海道保土ヶ谷宿の跡がこんなに近くにあるとは、何度も通ったのに気づかなかった。よく見ると、他にもいろいろ案内板が整備されている。

Img_9250

Img_9251

Img_9253

Img_9257

Img_9259

Img_9265

Img_9266

 駅へ向かわずにまっすぐ進むと、東海道線と横須賀線の踏切。昼間でもけっこう頻繁に列車が来てすぐに閉まる。E235系が来ないかしらんとしばらく待っていたけれど、おなじみのやつばかり。あきらめて、歩き出したら、サフィール踊り子が来た。しまった。

Img_9272

Img_9274

 踏切を渡ると、いったん国道1号線に合流してしまうけれど、横横の狩場ICあたりで、また旧道が右へ分岐する。下調べはしてきたけれど、要所には、旧東海道の案内が出ているので、安心だ。保土ヶ谷というだけあって、左右ともにけっこう急な傾斜になっていて、川沿いの狭いところに旧街道、国道、鉄道と集まっているのがわかる。

Img_9275

Img_9278

Img_9279

Img_9281

Img_9282

Img_9283

Img_9284

Img_9285 

Img_9287

Img_9290

Img_9293

Img_9294

 左へ大きく曲がると、道は上りに。ここからは、箱根駅伝でもおなじみの権太坂。もっとも駅伝は、国道を走るので、それほどでもないのだけれど、旧道の方はかなりの傾斜だ。保土ヶ谷バイパスをまたいで、なおも上りが続く。一気に標高70mくらいまで登って、ようやく尾根筋という感じになって、開けたところでは、ランドマークタワーも見える。小さな峠越えの気分。

Img_9295

Img_9296

Img_9299

Img_9300

Img_9302

Img_9305

Img_9307

Img_9308

Img_9309_20201231082801

 しばらく高台を歩いて、焼餅坂を下ると、今度は、品濃一里塚が。一里(4キロ)毎のいわば街道のキロポストだけれど、左右にしっかり塚が残っているのはけっこう貴重らしい。

Img_9311

Img_9312

Img_9313

Img_9315

Img_9316_20201231082801 

Img_9317_20201231082801

Img_9318

 本来なら、東海道の保土ヶ谷の次の宿場は、戸塚で、まだ半分ちょっとしか来てないのだけれど、今日のところはここで離脱。右へ曲がって、坂を下って、環状2号をまたぐと、東戸塚の駅へ出られる。みなとみらいに引っ越す前は、ここの西武にもたまに買い物に来たりしたものだ。当時は、お隣はダイエーだったけれど、今は、オーロラモールになっている。

Img_9321_20201231082801

Img_9322_20201231082801 

Img_9324

 横須賀線で横浜駅まで2駅。またE217系。なかなか新車は来ない。

 昼すぎには帰宅。けっこう歩いたつもりでも1万歩とすこし。

20201229x

 東証暴騰。理解不能。小生はというと、12月配当権利落ちばかりで、むしろ含み益減少。。。動かざること山の如し。

20201229a1

 tck東京大賞典。売上は60億で新記録、オメガパヒューム3連覇の快挙、地方馬もカジノフォンテンが大健闘でいいレースだったけれど、小生はというと大敗・・・

Img_9340

 ばんえいダービー。こちらも1日の売上で7億近くと過去最高を大きく更新したようで、すばらしいのだけれど、小生はというと大敗。。。

20201229c1

 寝よう。

Img_9343

2020/12/27:めいっこの誕生日会(有馬記念大敗)

◆横浜・東京:はれ:8247歩:横浜の最高気温=12.8度

 暮れも押し詰まってきたけれど、湘南新宿ラインで上京。普段の日曜日よりだいぶ列車は空いている。池袋は、ホテルメトリポリタンさんのおなじみのコーヒーショップ・クリスダインさんで、予約しておいたケーキをゲットしてハマへトンボ返り。本日は、めいっこのお誕生日会ということで、めいっこをダシにして、suicaペンギンケーキを購入という次第。

Img_9213

Img_9214

 当初は、かながわクーポン券でビーフキッチンさんを予約していたのだけれど、諸事情により、みなとみらいで開催することになった。母とめいっこが到着して、さらにNEWPORTさんから腰塚の焼き肉弁当が到着。スパークリングワインとアップルタイザーで乾杯。焼肉弁当はなかなか美味しい。ケーキは、ムーミンのキャンドルも点けてハッピーバースデー。早いものでめいっこももう中1だから、母と小生がつきあってもらっているようなものである。

Img_9223

 やはり人出もやや控えめなクイーンズスクエアのZARAでめいっこは母に洋服を買ってもらって、みなとみらいの駅で解散。帰宅すると、有馬記念大敗。仕方がないので、佐賀競馬・中島記念で取り返そうするとも返り討ち。寝よう。。。

Img_9218

2020/12/13:白毛馬GI制覇!

◆横浜:はれのちくもり:8253歩

 ようやく朝から晴れて、パンジー、ビオラも元気になってきた。おだやかなので、久しぶりに歩いてディアナへ。朝からゲスト多数でサロンもにぎやかで何より。シクラメンを飾って、コーヒーをいただき、お昼すぎに帰宅。

Img_8768

 午後は、中山、阪神、香港、ばんえいと忙しい。阪神JFは、デムーロが突っ込んできてできあがった!と思ったら、ぱたっと止まって3着。ワイドだけ。まぁ、でも勝ったのがルメールのサトノじゃなくて、白毛のソダシだったから許そう。ブチコの初仔。みけさんと中山へ参戦してから4年半、もう子供が活躍、それもGI制覇だものねぇ。

Img_8774_20201222112101

 競走馬の白毛といえば、子どもの頃にはじめてニュースで知ったハクタイユーが第1号で、当時は、突然変異だから体質が弱いと思われていたのだから、なんとかデビューにこぎつけただけでも大したもの。そして、毛色も遺伝するかどうかもわからなかったのだけれど、種牡馬になったら、その子供のハクホウクンも白毛に出て、tckで勝利。

 サンデーサイレンス産駒のシラユキヒメの誕生から、一気に流れが変わる。自身は勝てなかったけれど、子供のユキチャンが交流重賞制覇。そして、キングカメハメハをつけたブチコは、まだら模様になってしまったけれど、力のあるところを示して、芦毛のクロフネをつけたら、また真っ白な子が生まれた。ソダシは、サンスクリット語で、純粋、輝きを意味するとのこと。新馬、札幌2歳S、アルテミスS、阪神ジュベナイルフィリーズと4戦4勝でGI制覇。最優秀2歳牝馬も確定だろう。

Img_8777

 それにしても、この白毛初の快挙も金子オーナー。ディープインパクトで3冠、アパパネで牝馬3冠、ソダシの母の父クロフネ、母の母の父キングカメハメハもすべて金子オーナーというのだから恐るべしの一言だ。

 コロナ禍で遠征も少ない中で、香港で日本馬2勝。ダノンスマッシュ、ノームコアともに、日本では、川田や横山典が乗っても、もうひと押し足りないイメージがあったけれど、最後までいい脚で快勝。ムーアにパートン。やっぱり世界の名手は上手いと思わざるをえないよねぇ。

Img_8790

 JRAの負けをばんえいターコイズ特別で少し取り返して、バルコニーから東の空を眺めるも、雲がかかって、流星群は見えず。早々に就寝。

Img_8791

 

2020/12/6:中山競馬大敗!

◆横浜・船橋:くもり時々はれ:10500歩

 久しぶりに目覚ましをかけて、6時半に起床。まぁ、結局、5時には目は覚めてたけど。7時半に出発して、総武快速線から、今日もまた市川で緩行線に乗り換えて、西船橋から武蔵野線で船橋法典。9月のデジマノハナ以来の中山競馬に参戦。

Img_8613_20201211093101

Img_8616

 今開催も席数を限定しての事前抽選で、当選者本人のみ入場できるのだけれど、当選後のお席は先着で選べるということで、遠征の友であるところのI君とタイミングを合わせて隣り(といっても1席は空くけど)を確保しての参戦。今日あたりは、そんなに倍率も高くはなかったようだ。K-Seatっていうのは初めてだけれど、ただでさえ広いお席で、ゴール前1ハロンくらいのところで、なかなか見やすい

 小生も9時すぎには到着したのだけれど、I君はすでに到着済みで、PCを立ち上げて、検討に余念がない。中央開催の土日は必ず馬券を買うという彼は、現地に来るときは、ほぼ全レース買うので、3場開催のときは朝から大変だ。近況報告もソコソコに1レースから参戦。いつもなら朝ビアなのだけど、アルコール販売休止中ということで、今日はノンアルビアで(^^;)

Img_8621

 小生は、もっぱら中山に専念。前夜検討の目の付け所は悪くなかったのだけれど、本命が勝てば相手が抜けるし、穴馬を狙えば4着でチグハグ。入場時に場内売店の300JPY割引券がついていたので、吉野家をいただいて、態勢を立て直すも、当っても損みたいのばかりで、ジリ貧。それにしても、直線の坂でけっこう入れ替わったりしてるんだけど、みなさん声を出さずに観戦マナーがいいねぇ。

Img_8619

Img_8622

Img_8623

 中京でGIチャンピオンズカップ。秋のGIは、1番人気7連勝中とかで、そんな中でも今日のクリソベリルはさらに固いのではないかと思われたけど、怪しい手応えから伸びず終了。勝ちまくっていたルメールも大敗。チュウワウィザード~ゴールドドリームっていうのは、4、3番人気とはいえ、ちょっと買いづらい組み合わせだよねぇ。。。

Img_8612

 I君とは、一昨年、昨年と福島や阪神へ遠征もしたのだけれど、今年は結局、2月の東京と今日の中山のみ。彼は、まだ新潟、函館、札幌は未踏破とのことで、来年は、このあたりへぜひ遠征したいものだね。

Img_8624

 

より以前の記事一覧

(PR)







(PR2)