« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/28

2005/5/28:●F5-13S(円山)

 北海道移転前から、夏の遠征は、何度もあったのだが、札幌記念、サマージャンプ、将棋JT杯とひっかけたこともあり、ひょっとして円山球場は、初めてかとも思ったが、98年に一度だけ来ていたようである。
 ないるさんは、10時頃から到着して、オールドユニフォームの練習を見学していたようであるが、小生は、12時に到着。さっそくメールをするが、反応がない。携帯も不通である。ボーダフォンの通信障害でも起きたのかと思うが、そうでもないようである。
 携帯の電池切れの可能性が一番高そうだが、とにかくないるさんが登場しないことには、入場できないので、球場のまわりをウロウロして待つ。すでに1塁側内野指定は、完売になっているようである。幸い、無事に、今日は、オレンジの帽子に「KANEKO 8」のないるさんと合流。携帯を落として故障したとのことで、あぶないところだった。
 バッター若松監督の始球式も終わり、Fs先発は、江尻。それほど悪いようにも見えないのだが、初回から、ゴロが、野手の間を抜けてしまう。記録はヒットながら、ちょっと見苦しい守備もあり、めった打ちという感じではないのだが、3回5失点で終了。
 打線は、1番森本が、いよいよ一皮むけたような感じになってきた。左投手ということもあるが、バッターボックスでの雰囲気が打てそうな感じになってきた。外野の高齢化が進んでいるだけに、このままいってもらいたいものである。
 神宮のヤクルト戦から3週間、打線は、ようやく打てそうな雰囲気になってきた。小笠原も最悪は脱したかもしれない。しかし、岩本にしても、佐々木にしても、随所にいいピッチングを見せながら、最後は、崩れてしまう。佐々木の3インニング目、2アウトランナーなしから、古田へ四球。ここから3失点。3イニング無失点になるところが、2・2/3で3失点になってしまう。実力といえば、それまでだが、実にもったいない。
 登別へ向かうため、7回裏、幸雄さんのヒットをみたところで退場する。島田に代打稲葉だったので、幸雄さんも代打小田かと思ったが、そのまま打たせてくれてよかった。
 試合は、大敗だったが、爽やかな北の大地の屋外でのデーゲームは、やはり気持ちがいい。札幌ドームの薄暗い中とは大きな違いがある。照明はないし、背もたれもないし、女性トイレの不足も厳しいが、週末のデーゲームは、もっと円山でできないものだろうか?


しんちゃん日記 5/28:C3勝利&北の大地

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005/05/10

2005/5/10:●F2-4S(神宮)

d050510a
 神宮球場、かなり久しぶりである。数年前に、時間つぶしに明治-東大戦を1時間ほど見た覚えがあるが、それをのぞくと、もりちゃんさんといっしょに見たオールスターゲーム以来ではないかと思う。広末涼子が始球式をした記憶があるから、相当昔である。交流試合、相手関係の目新しさもさることながら、神宮や横浜でファイターズ戦を会社帰りに見られるという意味でもうれしい。
 19時には到着したが、試合はすでに3回と早い。4回に稲葉2ランで先制。かつての本拠地で1001本目の安打がホームランである。
 その裏、1点返された後、ランナー3塁で浅いフライがセンターへ。SHINJOからダイレクトの返球で、3塁ランナースタートできず。ところが、これが、少しそれて、実松がとれず、鎌倉のバックアップも遅れ、さらに誰もホームにバックアップしていないため、送球できず。あまりにも見苦しかった。SHINJOにエラーがつくのは、ちょっとかわいそうだ。
 6回裏、青木のセーフティーバント。鎌倉、もう少し積極的に取りにいけないものか?ラミレスのサードゴロ。記録は内野安打だが、小笠原の送球が完璧ならアウトではないか?鈴木健のタイムリー。セギノール、ぜったいにとれないゴロではなかった。ちょっともったいない感じ。チーム状態の悪いときは、こんなものなのだろうけど。
 8回表、石井が登場。もうダメかと思うが、SHINJO、木元がヒット。しかし、小笠原、セギノールは、まったく打てそうな気配を感じない。案の定ふたりとも三振。たのみの島田が四球。2死満塁で幸雄さんという見せ場だけはつくったが、無念。
 札幌から何も変わっていない。木元と稲葉以外、打てそうな気配がない。とうとう貯金も0になり、ライオンズが交流戦で息を吹き返しつつあるので、そろそろ反転しないと一気に脱落する恐れもでてきた。
 それから、打者鎌倉2三振だが、打たなくてよいという指示が出ているようなやる気のない三振だった。大量リードしているときとかならともかく、若いピッチャーがこれでは、見苦しい。
 あまりにもあんまりな試合だったが、ずいぶん2時間半で終わったのはびっくり。両先発がストライク先行だったこともあるが、指名打者制でないと、多少は早いものなのか?

しんちゃん日記 5/10:交流戦in神宮の森

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/05/07

2005/5/7:○F2x-1T(札幌)

 ドームに入場すると、人だかりがしている。BBとトラッキーとラッキーの撮影会が行われているようである。しかし、トラッキーの方が圧倒的人気である。しかも、相手は2匹いる。やはり、ファイティーが必要なのではないかと思う。
 内野自由席にてないるさんと合流。甥っ子と3人で観戦。1年でだいぶ野球およびファイターズに詳しくなったようで、ないるおばさんを真似しながらの応援もうまくなってきた。
 タイガース先発は、なんと我らが下柳である。一頓挫あったが、きっちりと交流戦に照準を合わせるあたりがさすがである。片岡篤とはちがう。今日の先発は、想定の範囲内のようで、アテ馬を使うこともなく、5番オバンドー、6番幸雄さんの打順。
 北の大地のファンは、全然気にしていないだろうが、小生などは、下柳相手だと、ちょっと複雑である。しかし、小生がそんな気を使わなくても、下柳の出来はすばらしく、ちょっと打てそうもない。
 ファイターズは、江尻ではなくて、入来が今季初先発。おなじみの間の抜けたテーマ曲に乗って登場。近くの席に熱狂的な支持者がいて、
「イリキーー」
 と大きな声援が飛ぶ。この人は、他には興味がないようで、攻撃のときは静かで、投手が代わった後も一言も発しなかった。時折、
「イリキーー、スバラシー」
 とか、ピンチになると
「イリキーー、キアイダー」
 といったバリエーションがある。
 声援に応えて入来の熱投。6回まで0-0。
 7回表、ファイターズが先にピッチャー交代。入来がすばらしかったので、場内からは、ブーイング。しかし、昨日のこともあり、代えるなら頭からというのは理解できるし、1点勝負とみた選択も正しかった。問題は、ここで投入するのが井場くらいしかいないということである。案の定、ピンチを招いて、ワイルドピッチで2塁ランナーが生還するという見苦しいプレーで先制点を献上した。急遽、吉崎、さらに2死満塁となって建山。昨日の今日で、この場面での投入は気の毒な気もしたが、奇跡的に抑えて1点だけ。あとで考えれば、ここが勝負どころだった。
 タイガーズは、藤川からウイリアムス。
「向こうは、後からどんどんいいピッチャーが出てくるが、こっちは、代えれば代えるほど、悪いピッチャーが出てく
 るからな」
 との声が聞こえてくる。まったくもっておっしゃる通りでつらいところ。タイガースの中継ぎは、みな球が速い。安藤を先発に回しても、久保田が152キロ。藤川も150キロ。井場なんかタイガースなら遅い方だ。
 敗色濃厚だったが、稲葉が起死回生の同点ホームランで延長へ。横山投入。リードしていても安心できない抑えなので、同点での投入もハラハラドキドキであるが、今シーズン最高とも思える投球で、道民の信頼を回復。しかし、点がとれない。3イニング目の11回はちょっと気の毒だったが、ここも踏ん張った。
 11回裏。2死1,2塁で幸雄さんに回ってきた。北の国からの大合唱。ここでサヨナラ勝ちなら、航空券代も安いものである。祈るような気持ちで声援を送るが終了。あまりにもあんまりである。
 12回表。ピッチャーがいない。もはや小生でも岩本にすべてを託すしかないと思うのだが、なんとマイケル。あまりにもあんまりである。しかし奇跡的に抑えて負けはなくなった。
 久保田から江草、橋本。タイガース中継ぎは質量ともに豊富。稲葉のところで、さらに吉野に交代。左が3枚も使える。ここで試合時間は、5時間を超えた。
 左対左で打ちにくそうだったが、2-3からファウルで粘りに粘ってヒット。記念すべき1000本安打達成。セレモニーが行われるが、サヨナラのムードも出てきた。北の国から大合唱。木元登場。ボテボテのファーストゴロは、悪送球を誘って内野安打で劇的なサヨナラ勝ち。
 今日も小笠原が5打席4三振など、主軸がまったく打てず、内容は、散々であるが、とにかく勝ったことは大きい。今年は、大敗も多いが、接戦をけっこうものにして、決してチーム状態がよいとは思えないのだが、なんとか5割3位を死守している。
 今日の交流戦は、楽天以外、すべてパ・リーグの勝ち。うれしい反面、3位争いが厳しくなってしまうのもたしかで、セ・リーグのチームに、西武あたりを叩いてもらいたかったのだがカープでは無理か。6連戦が続く交流戦で、先発投手も不足して厳しい状況であるが、なんとか連敗を避けながら食いついていきたいところである。とにかく遠征での連敗を避けられてよかった。

ANAで行くファイターズ交流戦in北の大地

しんちゃん日記 5/7:交流戦in北の大地2

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2005/05/06

2005/5/6:●F2-10T(札幌)

 ドーム周辺では、タイガースグッズも販売され、遠征組の姿もある。交流戦緒戦がGWの北の大地とあれば、遠征にもってこいである。ライト側の外野席は、黄色に染まっている。1塁側と3塁側を間違えた人は意外と少なかったようである。
 入場するとスターウォーズのお面が渡される。この時点で、だいたい予想できたが、始球式は、SHINJOがダースベーダーで登場。かぶりものをしたまま、豪速球を投げ込み、バッターボックスのC3POは呆然と見送っていた。
 しかしながら、ビジョンには、1番センター岩本とある。あまりにもあんまりである。予告先発のない交流試合ということで元エースは、とうとうアテ馬である。SHINJOは体調が万全でないようで、結局、石本が出てきた。先発はできなくても、ダースベーダーはできるようである。
 安藤-金村の投げ合い。金村は、ボールが先行するので、2-3が多くなってしまう。要所を抑えるのはさすがだが、これでは、完投は難しそうと思っていたら、やはりあんまりなことになってしまう。
 タイガースのキャッチャーは野口。ファイターズなら任せろということなのであろう。バッティングでもヒット1本。坪井の打席の、「PL-青学-東芝-」の後の、阪神!のところでは、ライト側からも声援が飛ぶ。そういう意味では、我らが片岡がDHででも出場してくれれば楽しかったのだが、実現せず。
 7回には北の国からも聞くことができて、2-0で迎えた8回。1死2,3塁での建山への交代はやむを得ない。しかし、ちょっとしたことから、徹底的にやられてしまった。金本のセカンドゴロで併殺を焦ってオールセーフ。記録はヒットだったが、アウト1つなら、なんでもなくとれたはずで、実質はエラー。結果的にはこれが痛かったが、いかにも打てそうになかった浜中に勝負を焦って打たれたのも痛恨。ほんのわずかのことから、あまりにもあんまりなことになってしまう。場内は、六甲おろしの大合唱。ちょっとやってられない。絶妙なタイミングでタイガースファンのT氏から電話。あんまりである。
 この後の予定は、ジンギスカン→入浴→マッサージ→氷イチゴミルクと忙しいので、早々に退場したいのであるが、幸雄さんが代打に出てきそうなので、待機していると、オバンドー選手が出てきてしまった。さらにSHINJO。
 9回にも4点とられ、とにかく帰りたいのだが、幸雄さんを待つ。最後の最後、9回2アウトで登場してセンターフライ。あまりにもあんまりである。


ANAで行くファイターズ交流戦in北の大地

しんちゃん日記 5/6:交流戦in北の大地

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »