« 2005年7月 | トップページ | 2006年3月 »

2005/08/17

2005/8/17:○F4-1E(東京)

d050817ad050817dd050817bd050817c


 今季東京ドーム最終戦。ファイティーの引退試合である。19時すぎに到着すると、すでに、ないるさんから依頼されたファイティーぬいぐるみが売り切れである。あまりにもあんまりである。エース対決の投手戦そっちのけで、みな、ファイティーとの記念撮影やサインに列を作っている。
 試合の方は、金村の安定したピッチングに、金子をはじめとすると内野の守備もよかった。やはりアルモンテで失ったものは大きい。
 安心してみていられる試合だったが、8回から突然トーマスが登場する。金村は88球しか投げていないようで、まったくもって理解に苦しむが、先頭打者に四球。さすがとしかいいようがないが、どうにか抑えた。
 8回裏、小笠原タイムリーでダメ押ししたところで、セギノールに代えて代打幸雄さん。東京ドームでの1000打点達成に最高のお膳立てで、場内のボルテージも最高潮に達したが、惜しくも記録達成ならず。
 試合後は、ファイティーお別れセレモニー。お客さんがほとんど帰らない。楽天の応援団も残って、ファイティーに別れを告げる。ビジョンには、ファイティー思い出の名場面集みたいなのが流れる。最後は、応援団が贈る言葉を演奏してファイティーを送った。
 2年前の東京ドーム最終戦よりも、ある意味感傷的な気分になってしまった。来年も東京ドームの試合はあるのかもしれないが、もうこれからは、東京ドームが第2のホームという感じにはならないような気がする。名実ともに北の大地のチームになるということであろうが、美里V20に続いて、古きよき時代が、また遠くなってしまった感は否めない。小生も、何かに区切りをつけるべきのような気がしないでもないが、まぁ、難しいことを考えても仕方がないので、ファイターズのかつてのイメージソング「KidsReturn」を聞きながら、観戦記を書くにとどめる。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2005年7月 | トップページ | 2006年3月 »