« 2005/8/17:○F4-1E(東京) | トップページ | 2006/3/26:○F5-2E(札幌) »

2006/03/26

2006/3/25:○F3-1E(札幌)

d060325bd060325dd060325fd060325j

 千歳空港からバスで直行する札幌ドーム。列の後ろを探すと、1周回って反対側に並ぶのだという。ちょっと考えれないことになっている。そのわりには、1周回って戻ってくると、盛大に横入りしている人もいるし、早朝から並んだかんさんもハイタッチができないど、いろいろと不手際があった。本日の入場者42393人。今日のところは許すことにする。やはり、うしという方の時代は終わったようである。
 かんさん、ないるさんと合流。甥っ子がいつのまにか2人になっている。
 試合開始直前。ハーレーに乗ってSHINJOが入場してくる。衝撃的である。常に想像の上を行く。格が違いすぎる。ただし、本日のバッティングは、いいところがなかった。
 1回裏、WBC帰りの小笠原、初球、最初のスイングがホームラン。さすがである。世界を相手に戦ってきた戦士に一場では、やはり勝負にならないのであろう。
 楽天は、1番が鉄平と言われてもまったくわからないが、フェルナンデスの加入で、2番沖原から6番山崎武まではそれなりの名前が並んだ。7番リックというのは、いかにも安心そうであるが、後ろの少年の説明によると、マリーンズにいたショートが改名したのだという。北の大地の人々もみなずいぶん詳しくなってきた。8番の憲史というのは、川口だろう。8番川口というのは、侮れない打線である。
 途中、オーロラビジョンに、他球場の途中経過。「ソフトバンク5-0楽天」と表示されている。いかにもという感じである。「やっぱりねぇ。。。」と思うが、よく考えてみると、楽天は目の前にいる。マリーンズの間違えであるが、楽天関係者には、かなり失礼である。
 試合の方は、金村は、絶好調とはいえない感じだったが、それなりに抑え、打線もあいかわらずヒットの本数の割には、点が入らなかったけれど、まぁ安心して見ていられた。
 8回表は、昨年前半、徹底的にやられたトーマス。ジャンプ観戦に備えて、席を立つと、いきなり四球で交代。さすがとしかいいようがない。その裏は、ノーアウト1,2塁で、今日好調の稲葉。バントのそぶりはまったくなく、結局この回無得点。こういうことをやると、ライオンズあたりが相手だと確実につけこまれるのだが、その点、イーグルスは安心である。武田久-マイケルのリレーは、安心して見ていられる。井場-横山とは、えらい違いである。先発は不足しているものの、中継ぎ&抑えは、けっこう充実してきたような気がする。入来が抜け、めだった補強もされず、普通に考えれば5位が指定席となりそうな今年だが、こういうときは、案外上位に食い込んだりするものである。スカイマーク10000円、エアドゥ8600円。北の大地は身近になっている。どんどん足が向くようがむばってもらいたいものである。

しんちゃん日記 3/25:ANA無料航空券で行くファイターズ開幕戦&原田雅彦ラストジャンプ(1)

|

« 2005/8/17:○F4-1E(東京) | トップページ | 2006/3/26:○F5-2E(札幌) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006/3/25:○F3-1E(札幌):

» 3/25:ANA無料航空券で行くファイターズ開幕戦&原田雅彦ラストジャンプ(1) [しんちゃん日記]
◆横浜→札幌:はれ時々くもり  4時40分起床。あまりにも眠い。YCAT発6時の [続きを読む]

受信: 2006/03/26 10:17

« 2005/8/17:○F4-1E(東京) | トップページ | 2006/3/26:○F5-2E(札幌) »