« 2006/4/9:●F1-3L(札幌)【じじくさい(ないる)】 | トップページ | 2006/4/21:○F4-2M(札幌)【日ハム新製品(ないる)】 »

2006/04/19

2006/4/19:○F6-3B(東京)

 中1週の東京ドーム。1回裏ファイターズの攻撃。簡単に2死になってから小笠原がホームラン。さらにセギノールヒット、稲葉死球、そしてSHINJOが3ラン!仕事帰りの人の多くがドームにたどりつけないうちにほぼ試合は決まった。先発リーが安定していたとはいえ、バファローズの攻撃は、単調を極めた。先発デイビーを引っ張り、代打攻勢もなく、あまりやる気が感じられなかった。打率1割5分の中村紀洋にいたっては、まったく打てそうもない。まぁ、彼は、アメリカでも1割台だった。最初のFAのときにもう終了しているのだろう。
 7回終了までわずか2時間。安心してみていられる試合だったが、4回の追加点のチャンスにスクイズと思われるサインで、バントしたのに、3塁走者森本が突然ブレーキをかけて挟まれるなど理解不能のプレーもあり、木元や田中賢介の守備はあいかわらず見苦しく、8回、ホームランを打たれたリーを、小笠原がマウンドにいって激励して、さらに高橋信ニもマウンドにいって激励して、試合再開というところで、ピッチャー交代。憮然として降りるリー。いつまでたっても出てこない建山、など見苦しい点もあった。一方で、SHINJOだけでなく、金子、マシーアスなどのファインプレーは見事。
 坪井が2軍で調整中で、マシーアスを外野にまわして、田中賢介がセカンドでスタメン。さらに稲葉が死球で交代しても森本が3安打。レギュラーにも適度に休みを与えて、若手にも経験を積ませるヒルマン采配3年を経て、選手層がじわじわと厚くなってきた実感がある。ビッグバン打線の頃、レギュラーが全員そろうと豪華なのだが、少し故障者が出ると、橋上とか西俊児の出番となり、まったく打てそうもなくなってしまったことを考えると、ひとつの進歩といえそうだ。
 先発投手陣が不安定なので、連敗は今後もあると思うが、中継ぎ~抑えの安定感が、昨年までとは違う。W武田の疲れが心配ではあるが、岡島がイースタンで完璧な成績で待機中。今シーズン、案外楽しめそうな雰囲気がでてきた。
 これで鵜久森と幸雄さんが見られれば最高だったのだが、出番がなかったのは、残念。
 
D060419a

|

« 2006/4/9:●F1-3L(札幌)【じじくさい(ないる)】 | トップページ | 2006/4/21:○F4-2M(札幌)【日ハム新製品(ないる)】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006/4/19:○F6-3B(東京):

» 4/19:飯田橋→神楽坂→水道橋 [しんちゃん日記]
◆横浜・東京:はれ時々くもり  4時間睡眠だが、パブロンで熟睡したのか、思ったほ [続きを読む]

受信: 2006/04/19 23:23

» 4/18:引退表明について [しんちゃん日記]
◆横浜・東京:はれ  都心の最高気温22.3度。初夏の陽気。事前に予想されたので [続きを読む]

受信: 2006/04/19 23:26

» 公檻5回戦 嵐を呼ぶ引退宣言 [【非公式】世界日本ハムの間抜けblog@非公式]
北海道日本ハム6-3オリックス (日本ハム5勝 東京ドーム 18時1分 15892人) 勝 リー4試合2勝2敗 S マイケル中村10試合6S 敗 デイビー4試合2勝1敗 HR(公) 小笠原3号ソロ(デイビー) 新庄4号3ラン(デイビー) HR(檻)...... [続きを読む]

受信: 2006/04/20 06:30

« 2006/4/9:●F1-3L(札幌)【じじくさい(ないる)】 | トップページ | 2006/4/21:○F4-2M(札幌)【日ハム新製品(ないる)】 »